塾経営、塾の起業コンサルタントが語るブログのトップへ戻る
« 2009年03月 || 2009年05月 »

2009年04月30日

「JUKU経営キャンパス」in 東京国際フォーラム

「JUKU経営キャンパス」in 東京国際フォーラム
のプログラムの一つとして、本メルマガの著者・中土井鉄信の特別講演が行われます。

特別講演のテーマは、
「差別化は時代とのマッチングで決まる!」
どのようなメッセージをマーケットに発信すべきかをお届けします。


お問合せ先●tel:03-3538-2352
会場●東京国際フォーラム
日程●2009年5月10日(日)
参加費●お一人様3,000円
(懇親会費 お一人様5,000円)
主催●株式会社市進/株式会社SRJ/株式会社エドベック

Scan1.gif


Scan2.gif

2009年04月29日

「中土井鉄信」と語ろう会

3月8日、弊社が主催する〔中土井鉄信と語ろう会〕と題するセミナーが横浜で開かれました。これは、弊社が発行する無料メールマガジン「塾経営の戦略・戦術」の読者向けに開かれたメルマガオフ会です。

このセミナー、弊社としてはとてもユニークでした。何がユニークであったのかと言えば、弊社代表中土井が学習塾経営・運営のノウハウやスキルを理念として何も語らなかったという点でしょう。
では、何を語ったのか? それは中土井自身が歩んできた塾人としての軌跡でした。

官僚的な学習塾の上層部への反発やトントン拍子での出世、さらに競合学習塾がひしめく激戦地区でいかに生徒を集めたかといった武勇伝などなど…実話のエピソード、満載でした。

 〔中土井鉄信と語ろう会〕という名称からも分かるように、会場の雰囲気は和気藹々。

中土井がエピソードを語っている最中に、参加者から「すいません、今のところなんですが、具体的にはどんな風に生徒を集めたんですか?」といった質問がドンドン飛び出して時間はアッという間に過ぎていきました。午後1時30分にスタートした講演が終了したのは、5時近く。

そして講演修了後には、楽しい懇親会が待っていました。
「♪美味しいシウマイ」というテレビCMでお馴染みの崎陽軒が会場であったため、シウマイをほうばりつつ、ビールで乾杯! 
参加者同士で、あるいはMBAのスタッフを交えて日頃の塾経営の問題点や、教育情勢を話しあう姿がそこかしこで見られた1日でした。


セミナーご参加の皆様の感想を少々、ご紹介します。

J塾 塾長
中土井先生の考え方、哲学観が聴けてためになりました。
教育を事業として整備していきたいです。

C塾 経営幹部

「結果はどうでもいい。動いたことが大切である」という中土井先生の言葉に
励まされました。明日社長プレゼンを行うのですが、勇気と力をいただきました。

T塾
1年後の独立を考えていて学べるものに触れたいとの気持ちから、また毎回、中土井先生に元気をもらっているので参加しました。初心に戻ることの重要性を強く感じました。改めて、何故独立なのか、自分がどのように教育に携わっていくのか考えます。


K塾 室長
仕事をするのは「人」なので、最終的にはいつも自分と向き合い、「人」と向かうことが大切だと思いました。中土井先生の生徒数アップのエピソード、様々な会議での発言内容に触発されました。


I塾 塾長
「自信がないから準備する」。「根拠のない自信はある」。セミナー内でのこんな発言が印象に残りました。黒字経営をすすめ、社員が将来に夢をもてるようになりたい。

O塾 塾長
各職場で壁にぶつかりながら解決していった話を伺って、自分の明日以降の行動につながると思いました。


3-8.jpg

4月15日号 授業が変わる講師の育成法

◆目次
■巻頭所感
■Pick Up教育ニュース&ポイント
■達人の小技:家で語らせる
■MBA特集:授業が変わる講師の育成法
■学習塾標準化計画:面談
■イノさんのコミュニケーション道場:第72ラウンド
【あなたの仕事は何ですか?】
■誌上セミナーレポート:2007年5月人材活性コーチン具セミナーより
~社員のモチベーションを高める

「塾経営サクセスネットMBA」136 号を皆様にお届けします。

今号の特集は、学習塾の最大のサービスである授業の質を上げる
研修についてです。不景気のこの時期、少しでも生徒を集めたけれ
ば、生徒の口から授業に対して高い評価を宣伝してもらうことです。

今回の特集では、そのための研修が提案されています。ぜひ、参考
にしてください。

また、特集に関連して「達人の小技」では、授業の中身を家で語らせ
る仕掛けについて、「イノさんの『コミュニケーション道場』」では、教師
のモチベーションの核心について、NLPの視点から取り上げています
ので、併せてご参照ください。

こういう不景気のご時勢では、社員のやる気にも翳りが見えてくるもの
です。そこで、「誌上セミナーレポート」で社員のモチベーションを高める
ことについて取り上げていますので、こちらも参考にしてください。

元気で明るい塾を目指しましょう!社員が、元気で明るくなる塾作りが、
生徒を呼びます。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

「やる人(後編)」


○前回のあらすじ

「やる人」と「やらない人」。この世には2種類の人間がいるような気がする。
さて、最近、身近に「やる人」を発見して、とっても感動した。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

僕の近所に住む山田さん一家は、お父さんとお母さん、三人のお子さん
の5人家族だ。


お父さんは、三十代半ばという若さで、横浜にある大きな料亭の料理長
で、一家を支えている。


お子さんは小学2年生のお姉ちゃん、幼稚園のお兄ちゃん、そして4歳
の妹さん。


そして、お母さん。このお母さんが「やる人」だったことに、とても驚
き、感動した。


上のお子さんが小学校に上がるまえから、子供タレント事務所に通わせ
たり、ダンスや歌を習わせたりなさっていた。子供の英会話やピアノな
どの習い事をさせているのはよく聞くのだが、芸能的なことは僕も初め
てだったので、最初は驚いた。


お宅にお邪魔したとき、実際、ドラマの端役でお姉ちゃんやお兄ちゃん
が画面に登場するのを見せていただいたときはかなり盛り上がった。


お子さんに対して、かなりいろんな経験をさせたいというのが伝わって
きたので、おそらく、塾に通わせて、中学受験なんかもさせるんだろう
なと思っていた。


そのことを尋ねると、「中学受験は考えてないんです」という意外な答
えが返ってきた。


ただ、考えていないのは「中学受験」であり、お子さんの勉強のことは
ものすごく熱心に考えていらっしゃった。


上のお姉ちゃんが小学校に上がってから、いろんな塾や通信教育のこと
を徹底的にお調べになったらしい。ただ、いずれも、あまりピンとこな
かったらしい。


ならば、ということで、なんと自宅で、ご自分で塾を開いてしまった。
自分の子供に教えるのが主なのだが、どうせ教えるのなら、時間もある
し、近所の他のお子さんも呼んで始めようということだ。


他に納得できないのなら、自分がやる。その行動力に非常に感動してし
まった。なかなかできるものじゃない。


生徒をたくさん集めてそれで生計を立てようというのではないのだが、
小学校帰りの子供たちの賑やかな声が絶えない。


一番近所にできた、この新しい塾。どうなるのか今後が楽しみだ。


○登場人物は仮名です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月28日

【塾・授業の教科書】‐77の小技を教えます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月11日(月)より弊社のノウハウを満載した電子書籍
〔【塾・授業の教科書】‐77の小技を教えます〕を発売します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【塾・授業の教科書】は、学習塾で日夜、生徒に向かい合う講師、先生
方に向け、授業力を上げていだだくために執筆した電子書籍です。

本書の特色を一言で言うなら、
子どもたちの知的好奇心を刺激するための
発問を重要視している点でしょう。
また、集団指導だけでなく、これまで、あまり触れられてこなかった
個別指導の教授法に関するノウハウも盛り込んでいます。


1-1.gif

授業の構成の仕方とは?
学習塾と学校の授業とは何が違うのか?
生徒の知的好奇心を伸ばすには?
保護者に喜んでもられる授業とは何か?

こんな前向きな課題をもつ講師にはうってつけの一冊となるはずです。
(全約150ページ)

コンテンツは…
1-A.jpg


1-b.jpg


1-C.jpg

価格 9,800 円~
専用ホームページはただいま制作中です。

☆子どもの悪い点に目を瞑ろう!☆

◇子どもの悪い点を直そうとしても無理なことは、このメルマガでも何回と
なく書いてきた。それでは、どうすればよいのかということについても、何
回となく書いてきた。


◇これまでお伝えしたことを要約すると、良い点に注目して、それを子ども
に伝えていくということだ。また、当たり前のことを当たり前と考えないで、
対処することも重要となる。


◇たとえば、挨拶をしたら、その挨拶に注目して、「気分のいい挨拶だね」
とか「挨拶をあなたがしてくれるとうれしいわ」とか、対応することだ。


◇今回は、ちょっと視点を変えて、子どもの悪い点に目を瞑ることをお勧め
したい。では、どうすれば子どもの悪い点に目を瞑れるかということだが、
以下のことを参考に考えて欲しい。

◇目の前の問題に対して

 1.目の前の問題を子どもの問題か親の問題かで分けてみること。
 2.子どもの問題ならば、そのままにして立ち去ること。
 3.親の問題だと感じたら、Iメッセージで不快感を伝えること。

◇子どもの悪い行動に対して
 1.今の子ども全般が同じような行動をしているのか、と考えること。
 2.昔の自分でもたまにしていたことなのか、どうかを思い出すこと。
 3.この悪い行動は、他人に害を与えることか、どうか考えること。

 上記3つのことを基準にして、行動が当てはまるならば、ちょっと我慢
してもよいかもしれない。

◇目の前の問題に対して、また子どもの悪い行動に対して上記の基準を思
い浮かべならば、子どもと接して欲しい。多分、随分と子どもの悪い行動
に目を瞑って、子どもと接することが出来るはずだ。試してみてはどうだ
ろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月27日

■ 「失敗万歳!」

◇新入社員の方は、新しい環境に不安と期待で一杯のことでしょう。
会社は勿論、自分でも早く貢献できる人材になろうと努力するので
すが、その想いが強く、失敗を自分自身で受け容れられないこと
もよく聞く話です。

◇例えば、電話の応対もその一つでしょう。現場で、いきなり大き
な仕事を任されることは稀で、大抵、現場の何でも屋が最初の仕事
になります。

◇その一つとして、最初に課される仕事が電話応対ということにな
ります。

◇そして、失敗をしないように・・・と、マニュアルに沿って、応
対をするものの、最初のうちは、相手を確認し忘れたり、用件を忘
れてしまうという失敗もよくあることです。

◇ここで、一度失敗をすると、また失敗するのではないかと不安に
なり、電話をとるタイミングが遅れ、それ自体が指導の対象になり、
ますます行動にストッパーがかかることがよくあります。

◇そして、「なぜ自分は相手の名前を聞き間違えるのか?」
「なぜ自分は相手の用件をしっかり聞けないのか?」という心の声
が聞こえてくると、ますます失敗が取り付いてしますものです。さ
て、どうしたらよいのでしょうか。

◇まず、
「なぜ?自分は失敗するのか?」という質問を自分に投げかけない
ことが大切です。この質問は、自分の出来ないこと、欠点に目が向き
ますから、貴方の大切なエネルギーを奪ってしまいます。

◇次に、
「この失敗を乗り切ったらどうなれるのか?」
「この失敗を成功に結び付けるにはどうしたらよいか?」という質問
におきかけます。

◇「先輩のようになれる。」ことがイメージできたり、具体的な成功
への小さなチャレンジを踏み出すことができたりします。
何よりも、エネルギーが湧いてくるはずです。

◇どこに、目を向けるか。過去か?未来か?これが大きな分岐点にな
るでしょう。

◇立派に見える先輩も、失敗を繰り返し、その結果、今、自分の前に
います。失敗を前向きに捉えたからこそ生き残れてきたのです。

◇貴方の前向きを習慣化する為に
「この問題を乗り越えた自分はどんな自分か?」
「この問題を解決する為にできることは何か?」のように心の中で
つぶやいてみましょう。

◇この習慣が、貴方の前向き志向をますます増強させ、貴方の潜在的
な力を顕在的な力に変えることでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は、何かを楽しみにしている時が大好きです。連休スタートのこの日が
ゆっくり進めばいいなぁと思う今日この頃です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月24日

教頭という地位の人間が考えることなのか!

【記事】オウンゴール教頭、減給 新潟県教委「教師の信用失墜」


 朝日新聞(2009年4/22)より以下抜粋

○新潟県内で1月にあったフットサル大会で、県立直江津中等
教育学校の中学生チームのコーチだった教頭(47)が、選手
にわざと負けるよう指示し、6回連続で自陣のゴールにけり込
むオウンゴールを決めさせた問題で、県教育委員会は22日、
地方公務員法に抵触(信用失墜の行為)するとして、この教頭
を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分とした。

○県教委は「生徒を指導すべき立場にありながら、通常あり得
ない作戦をとり、子どもや保護者に与えた影響は大きい」と指
摘。「メディアで全国的に取り上げられる事態で、著しく教師
への信用を失墜させた」と判断した。

○県教委によると、日本サッカー協会が処分を発表した9日以
降、県に「厳しい対応を」などの苦情が、メールや電話で数十
件寄せられたという。


*私からのコメント

◇今回の事件は、「教師への信用を失墜させた」から問題だと
いうことよりも、教師という世界には、何でもありな状況があ
りえるのではないかということを知らしめたという点で問題な
のかもしれないと思う。


◇つまり、この作戦を考えた人間は、個人的な性格によるとこ
ろが大きいだろうが、こんな作戦を考える人間でも教頭という
立場になれるのだということが、問題なのだ。


◇まず、スポーツマンシップを全くこの教頭は、理解していな
い。試合に臨むに当たって、相手に対する誠意なるものが全く
ない。優勝することだけが目的で、そのためには、どんなこと
をしてもいいように思っている。スポーツは、勝ち負けの問題
だ。だから、相手への敬意がなければ、全く意味がない。お互
いが全力を出し切ってこそ、スポーツマンシップが成り立つも
のだ。そのことをこの教頭は全く無視して、ただ優勝すること
だけを考えていた。


◇こんな姑息な手段で優勝したところで、生徒たちが、喜ぶこ
とはないだろうし、こんな経験が人生で活きるわけがない。そ
んなことも分からなくても教頭になれるような世界が、学校の
中にあるのだ。このことが問題なのだ。この教頭にとっては、
何気なく考えた戦術かもしれないが、そうだからこそ、本質的
なことが見えるのかもしれない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月23日

小学校英語活動実践編小学6年生 Lesson3

春爛漫。気持ちの良い季節になりました。小学校でも英語活動が始まりまし
たでしょうか。英語ができるようになったら、どんな楽しいことが可能にな
るのか、問いかけてみてはいかがでしょう。動機づけがなければ意欲は継続
しません。「楽しい」で終わらせない英語活動にしていきましょう。

○テーマ2  ■今週のお題 :


また、学校で「英語ノート」を使用しない場合でも、
このメルマガの内容は、アクティビティのヒントとしてご活用ください。

◇今回、取り上げるのは小学6年生のLesson 3「カレンダーを作ろう」です。

◇語彙:

月(January, February, March, April, May, June, July, August,
September, October, November, December)
家族(grandfather, grandmother, father, mother, sister, brother)
行事(New Year's Day, Christmas, Halloween)
序数(first, second, third, fourth, fifth etc.)
季節(spring, summer, fall, winter)

◇表現:

When is your birthday? My birthday is February 8th.
In March, we have HINAMATSURI festival in Japan.
In New Zealand, Christmas is in summer.

上記のようにさまざまな語彙と表現が紹介されています。

これらを4時限で終了させ、しかも定着をはかり、運用力をつけるというこ
とまで考えると相当の無理がありそうです。
ですから、ここでは明確にポイントを絞る必要が生じます。

◇そこで第一は、簡単にカレンダーと年中行事を取り上げましょう。
そして、第二がカレンダーと家族の関係ですね。

◇指定された表現は意外と難しそうですから、まずは、
それを無視して進めます。


≪カレンダーを読ませる…ベースを作る≫

◇月の練習はほとんどの英語の歌教材に掲載されていますから、
カレンダーを見せながら覚えることができます。難しいのは序数です。

先生:Look at this. What do you call this?
児童:カレンダー
先生:カレンダー is "calendar" in English. Let's say "calendar".
児童:(アクセントを付けて)calendar.
先生:Well done. Then what is this number? (1をさして)
児童:one.
先生:That's right. This is number one. The number is "ONE"
and the day is called the "FIRST". OK?"
児童:the first.
先生:Yes, the first day of May. (5月のカレンダーの場合)
The first day of May is called "May (the) first."
Everyone. Say "May first".

このようにsecond, third, fourth, fifth, sixth, seventh位
までは先生について言わせます。

先生:(8日を指して)What is this day called in English?
児童:(It's)May eighth. …となってくれればOKです。
ならなければもう少し続けましょう。
先生:(5月5日を指して)This is May fifth. This is "Children's day.
Then (12月25日を指して). What is this day?
児童:クリスマス
先生:Yes, that's right. It's "Christmas." Say "Christmas."
と、うまくいってくれれば最高ですね。
この後は記念日や行事日当てのクイズと英語の練習が同時にできるわけです。

≪家族とカレンダー≫

◇流れからみて、Family Tree を書いて家族構成に進むと混乱します。

ですから、自分の誕生日、児童の誕生日から始め、
次第に家族のことに話を進めましょう。

先生:(自分の誕生日を指して)My birth day is this day.
What do you call this day in English?
児童:(It's)February eighth.
先生:Thank you, thank you. Please give me presents.
When is your birthday?
児童:全員でそれぞれ答える。
先生:OK. Look at this. (そう言いながらFamily Treeの一部を板書する)
This is me and this is my mother. My mother's birthday is August third.

◇次にFamily Treeにお父さんを書き込む。
先生:Who is he? Do you know (who)?
児童:Father.
先生:Yes. My father. My father's birthday is December twenty-eight.
Then when is your mother's birthday? (児童の一人を指名する)

◇このような流れで、Grandfather(Grandpa)や兄弟などを描きながら、
誕生日に焦点を当てて進めていきましょう。

◇それと、先生からの質問に児童が答えるというQAタイプが長くなると児童
も退屈する可能性が広がります。こういうときには、まとめ"wrapping up"と
して、月の歌を歌う。

クラスのその月の誕生日の児童のために"Happy Birthday"を歌うなど、最後は
全員が体を動かしたり声を出したりするアクティビティで締めくくることにし
ましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「やる人(前編)」

いわゆる「大人」であろう人種になって随分経つと思われるが、
最近、僕なりになんとなく理解したことがある。


「この世には2種類の人間がいるであろう」ということだ。

「やる人」と「やらない人」。
「やれる人」と「やれない人」と言ってもいいかもしれない。


例えば。
始める前から言い訳を考える人。
失敗を恐れすぎる人。
リスクばかりを挙げて現状に甘んじる人。
自分では何もせず、最初から他人頼りの人。
(そのくせ、文句だけは一人前に言う)


こういう「やらない人」、「やれない人」のほうが多いのではないか。
ただ「この人はこう」とはっきりとした大別は難しい。
一人の人間の中に「やる人」と「やらない人」が同居するからだ。


ある局面では「やる人」なのに、別の局面では「やらない人」だったりする。
僕の中にある大半の「やらない人」は、非常にめんどくさがり屋だ。
「めんどくせぇ」が口癖で、たいした困難でもないくせにすぐにポイと
投げ出してしまう。


それでもたまに、ホントにごくごくたまに登場する「やる人」は、非常に負
けず嫌いだ。
「くそっ!」と思った瞬間火が点いて、「見てろよ!」という気持ちが原動
力となる。


あなたの中の「やる人」、「やらない人」はどんな性格だろうか。


さて、最近、身近に「やる人」を発見して、とっても感動した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月21日

☆子どもの自己重要感は、間接的に上げられる!☆

◇この前、ある人から息子の評判を聞いた。
「いつもニコニコしていて大変子どもらしいお子さんですね。」と言われた
のだ。裏を返せば、元気がよくて昔ながらの悪がきですね!ということだろ
うが、それを家の息子に直ぐに言ってみた。

  お父さん:A、お父さんね。君のことを知っている人から、いつもニコ
ニコしていて大変いいお子さんですねって言われたよ。

   A君 :え~?・・・・。

  お父さん:そうでうか。ありがとうございます、って答えておいたけど。
Aは、いつもニコニコしているのか。凄いじゃないか!

   A君 :え~・・・。そんなことないよ。ねえ、誰から言われたの?

  お父さん:誰だったかな。忘れた。それより、Aが、色々な人に褒めら
れるのが、お父さん嬉しいな!だから、いつも元気で明るくいろよ。直ぐに
ふて腐れて変な顔しちゃダメだぞ!

   A君 :うん。わかった!
  

◇Aは、ちょっと照れくさそうだったが、それこそ、ニコニコしながら勉強
部屋に戻っていった。他人の評価をそれとなく伝える。それも悪い評価では
なく、良い評価を。たとえ、誰からも良い評価をもらえなくても、親は、た
まには、他人から聞いたといって、子どもに良い評価を伝えるぐらいの嘘は
いいのだ。嘘も方便だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月18日

■ 「○○が、ないので・・・」 ■


◇私は、よく学習塾にお勤めの若い先生方の授業を拝見する機会があり
ます。
授業を拝見した後に時間をとって、振り返る機会を持つのですが、その
中でよく若い先生方から出てくる言葉に、「今は自信がないので上手く
できません。自信がついたらできるようになると思います。」という話
をよく聞きます。


◇確かに、右も左もわからない新人であるなら自信がないのも当然です。
しかしです。「いつ自信がつきますか?」と問うと、まず答えは返って
きません。

◇これに似た言葉に、「今はお金がないので、○○ができません。
○○に参加できません。」とか「時間がないので、○○が出来ません。」
というものがあります。

◇「○○がないので△△できません。」という常套句です。
確かに自信、お金、時間が十二分にあれば何でも出来そうです。
が、・・・

◇自信も、お金も、時間も、資源です。ですから、無尽蔵ではありま
せん。量の問題でなく、与えられた資源をどのように使うかが問題な
のでしょう。

◇もし、
「限られた自信をどのように有効活用できるかわかりません。」
「限られたお金をどのように有効活用するかわかりません。」
「限られた時間をどのように有効活用するかわかりません。」と
なれば、解決策も生まれてくるというものです。

◇本当に何かを始めたいなら、できない理由が、真の障害か
どうかを吟味する必要がありそうです。

「必要だと思っているものが十分にはなくてもできることは何です
かね~?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週の日曜日、実家で我が息子ののぼり3基を家族総出で立てました。
のぼりの下で、今年初の家族バーベキュー大会を開きました。わが息子が
今どんな記憶を蓄えているのかなぁ~と考えながら、のんびりとした春の
一日を楽しみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月17日

中高一貫校は、何のために設置されたのか!

【記事】塾も対策に熱、高まる倍率 広がる公立の中高一貫教育


 朝日新聞(2009年4/13)より以下抜粋

○全国に広がる公立の中高一貫校。本来は一部の私立のような
大学進学シフトではなく、カリキュラムにゆとりを持たせるた
めにつくられたのだが、有名大学への合格者を伸ばす学校も出
ている。人気校ともなると小6の入学選抜の競争倍率は10倍
以上に跳ね上がり、塾の入試対策が熱を帯びる。

■国立大へ現役合格増

○滋賀県立守山高校(守山市)は03年に中学校を併設。今年、
中学から入学した生徒が初めて大学を受験した。京都大学の合
格実績は、過去5年間で浪人経験者の2人だけだったが、今春
は現役で3人が合格。前年は合格者がいなかった滋賀医科大医
学科にも3人が合格した。いずれも中学から入学した生徒だ。

○02年に中学を併設した岡山県立岡山操山高校(岡山市)も、
「中高一貫一期生」が卒業した昨春、東大に4人が合格した。
それまでは5年間で1人。今年も東大に4人が現役合格し、旧
帝大など入試が難しいとされる国立大学にも31人が現役で合
格した。三浦隆志教諭は「互いに切磋琢磨(せっさたくま)し、
全体の学力が高まる。高校からの入学者にも良い効果をもたら
す」。「学力だけでなく豊かな人間性もはぐくむ」というのも
教育方針だ。

○99年から設立が認められた公立の中高一貫校だが、必ずし
も成功した事例だけではない。香川県では10年度末で閉校に
なる中学もある。大手進学塾の関係者は「母体となる高校が
『ブランド校』かどうかで明暗が分かれている。過疎地に生徒
を集めるためのような学校だと厳しい」と指摘する。

○04年度以降に中高一貫化し、中学からの入学者がまだ卒業
していない高校には、千葉、小石川(東京)、洛北(京都)、
宮崎西など、伝統校や進学校が目立つ。

■新しい受験層が誕生

○しかし、人気校に入るのは簡単でない。「適性検査」と呼ば
れる、論理的な思考力や記述力をみる教科横断的な問題を突破
しなければならない。複数の表やグラフを見比べて傾向を導き
出したり、長文を読んで内容をつかんだ上で感想の作文などを
書いたりする。難しい計算や膨大な暗記が求められる一部の私
立中学の受験とは異なるが、それでも「小学校の勉強だけでは
厳しい。訓練は欠かせない」というのが各学習塾の共通した見
方だ。

*私からのコメント

◇今回の記事の冒頭に「本来は一部の私立のような大学進学シ
フトではなく、カリキュラムにゆとりを持たせるためにつくら
れたのだが、有名大学への合格者を伸ばす学校も出ている。」
とある。


◇中高一貫校は、本来カリキュラムにゆとりを持たせるために
出来たのだそうだ。しかし、最初から、そんな狙いを本当に信
じている人は多分いなかったように思う。基本的には、公立高
校回帰の先導役としての役割を公立中高一貫校は、持っている。


◇特に、首都圏では、地域の公立トップ高校やNO.2高校が、
中高一貫校になった場合は、間違いなく公立エリート校になっ
て、私立中高一貫校と対抗する役割を担うのだ。


◇またこの中高一貫校は、公立高校の難易度も上げる可能性を
持つ。なぜならば、中高一貫校になれば、その学校は、高校受
験の機会を失うことになるから、高校数が減ることになるのだ。
そうなれば、上位高校の難易度は上がる。


◇公立中高一貫校は、その地域の期待を一心に担うものが大半
だ。大学の合格実績が、どんどん出てくれば、高校受験地図は
当然変化する。そして小学校から中高一貫校を狙う生徒が増え、
受験競争が、私立中高一貫校並みになるだろう。2002年の
教育改革で目指した教育の自由化の帰結がここにあるのだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月16日

小学5年生 Lesson2−2

◇4月2日号に続いて、
小学5年生のLesson 2「ジャスチャーをしよう」の続編です。

◇Lesson 2の表現が定着するとあいさつが楽しくなります。
"How are you?""I'm fine, thank you. And you?"だけでなく、以下の
ようなあいさつも盛り込んではいかがでしょう。


先生Q:How are you doing?
児童A:I'm OK. How about you?
児童B:So nice. And you?
児童C:Pretty good.
児童D:Quite well, thank you. 

◇バラバラなあいさつが返ってくる方が自然な気がしませんか。

"I'm tired."という返答があったら、"Wow! What's the matter?"と聞き
返してみましょう。

開始の第一声が「疲れた!」では「ムッ」とするかもしれませんが、まず
受け容れて建設的な回答(ここでは「疲れている原因」)を聞き出し、原
因→結果の因果関係を伝えることが異文化間コミュニケーションの重要要
素であることを伝えられるきっかけになるかもしれません。


◇もしその子が「体育でがんばり過ぎたので疲れた。」と言えないもどか
しさを、少しの英語とジェスチャーで懸命に伝えてくれたら、相当な学習
効果があったということでしょう。うれしいことですね。


◇今日のアクティビティ=インタビューゲーム(児童同士で表現を使おう)

≪ステップ1:ゲームを行う宣言≫
先生:Let's play a game. または Shall we play a game?
児童:That's a good idea. (この表現はみんなが使えるようにしましょう)

≪ステップ2:インタビュー用のシート作成≫
文字は使えないので、聞きたいことをイラストにして表の横列に記載して
おきます。縦列には名前を書き込むようにします。これで準備はOKです。
「もの」を作成するときには、みんなに作成の手順を英語で伝えます。

先生:Let's make an interview sheet.
First, open your notebook.
Then, draw lines from here to here.(実際に板書しながら)
Then, from "right" to "left".
などのように伝えます。TPR(Total Physical Response)の利用です。

表ができれば、
Then put a "TIRED FACE" in this box. と順に指示します。

◇英語を使っての行動を重ねることで、クラスの共通語が英語であること
が児童に伝わっていきます。また、指示は具体的なジェスチャーと共に出
してください。言葉は耳から、具体的行動は目からです。


≪ステップ3:インタビュースタート≫
時間で制限するか、人数を決めるか、その両方の条件をつけるかはクラス
の状況によります。

先生:OK. Are you ready?
児童:Yes! OK! Sure. Of course. (これらの表現も定番です)
児童:Not yet. (この表現も使えるようにしましょう)
先生:Now. I'll give you ten minutes. (時計を指しながら)
Meet five friends and have an interview. OK??
児童:OK!
先生:One, two, go!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先生:Time's up!

≪ステップ3:確認≫
先生:Masami. How is Taro?
正美:Taro(He)is sleepy.
先生:Taro. Are you sleepy?
太郎:Yes, I am. I'm sleepy.
インタビューをしたクラスメイトの状況を聞いてただしく伝わった
ことを確認しましょう。児童の自信になっていきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月15日

「ハシラ」

春。生徒は新しいクラス、新しい仲間で新鮮な気持ちで新学年のスタート
を切っている。塾でも新入生を迎える数が一番多いのもこの季節。そして
新しいのは生徒だけでなく、教師も。

クラスごとに「座席表」を作成する。誰がどこに座るのかを決めるのだ。
体の大きい生徒は後ろになる場合が多い。学力的に不安のある生徒やおと
なしい生徒は教師の目に届きやすい位置に。こんな具合で考えていって、
教室に配置された机の図に生徒名を記入していき、座席表が完成する。


座席表は教室の壁に貼られ、生徒はそれを見て自分の座る座席を確認する。
また、教師用にクラス出席簿にも座席表は貼り付けられていた。まだ生徒
の顔を覚えていない新人教師や新しく異動してきた教師は、座席表を見な
がら授業を行う。


I先生が春期講習から、新しい校舎へ異動となった初日のことだ。中2の
授業で、出席を取った。通常は、名簿を見ながら出席を取るのだが、生徒
の顔と名前を覚えようと、座席表を見ながら、出席をとっていく。


座席表を見ながら、名前を呼んでいく。返事をする生徒たち。しかし、あ
る生徒のところで、止まってしまった。


「ハシラ!」


I先生が呼んでも、返事がない。


「ハシラ!ハシラはいないのか!?」


次第に困惑の表情を浮かべる生徒たち。


「ハシラ・・・」


ここで、何かに気付くI先生。座席表と教室の様子を改めて眺める。


「あっ、ゴメンね、みんな・・・」


『ハシラ』はいなかった。しかし、教室に『柱』はあった。
教室の柱が立っている位置に、座席表に「柱」と記入されていたのだ。


この後、I先生は笑いとともに生徒に受け入れられ、明るい雰囲気で
授業を行うことができたそうだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月14日

☆桜の花が美しい訳!☆

◇最近、桜の花が美しい理由を友人から聞いた。
友人曰く「大概の花は太陽に向かって咲くけれども、桜の花は、人間に向
かって咲くから、綺麗なんだ。」この友人の一言に、私は痛く感動した。
この話を聞いて、親子関係にも当てはまるなと思った。

◇私たち親は、子どもと正面から向き合わなければいけないのだ。親が正
面から向き合う時、子どもが親を信頼するようになるし、そうなれば、親
は子どもを安心してみていられるようになる。


◇桜の花と同じで、親子が、お互い相手のほうを向いてくれることで、良
好な関係になるのだ。さらに付け加えて言えば、桜は、春になれば、みん
なが綺麗だ綺麗だと声をかけてくれるから、なお一層綺麗になっていくの
だ。

  お母さん:どうしたの?何か元気がない見たいね。
   A君 :え~?・・・・。
  お母さん:元気ないんじゃない?何かあったの?
   A君 :え~・・・。どうして、そう言うの?
  お母さん:A君が、元気のない顔しているからよ。
   A君 :そうかな。そんなことないんだけどね。
  お母さん:ならいいんだけど。何かあったらお母さんに相談してね。
お母さんは、いつでもA君の味方なんだから。
   A君 :うん。実はね。学校で嫌なことあったんだよ。
  お母さん:そうなんだ!で、何があったの?
   A君 :うん。もういいんだ。大したことじゃないから。
  お母さん:お母さんに話したら、楽になるわよ。
   A君 :大丈夫。自分で解決できるから。
  

◇A君のちょっとした変化をキャッチすることが、実は向き合うというこ
とだ。気がかりな変化ならば、優しく声をかけよう。プラスの変化ならば、
元気よく声をかけて、そのプラスを増幅させよう。子どもの小さな変化に
気付くことが、親にとっての重要な役割だ。大切な時に、子どもと向き合
える準備を常日頃からしておこう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月13日

■ 「同じことなのに・・・」 ■

◇私は最寄駅に向かうとき時々バスを使います。このバスが、1時間に
1本ぐらいしかない上に、ほとんど定刻に自宅近くのバス停に着くこと
はありません。大抵、10分からひどい時には20分くらい遅れて到着
するのです。

◇定刻の5分前にバス停に着く私にとっては15分から25分の遅れを
感じ、イライラすることが非常に多いのです。そして、イライラして
いる時に心の中で言っている言葉に「渋滞等で、遅れることもあるだ
ろうが、こう毎回毎回というのは問題だ。お客様商売なのだから、
遅れることを前提にした時刻を表示するべきだ」と・・・

◇ところが今週、自宅で時刻表を確認して到着5分前にバス停に向
かったところ、すぐにバスがやってきました。早すぎると思いながら
バス停の時刻表をみると、なんと私が自宅で確認した時刻表は休日用
で、平日はそれより10分前でした。つまりバスはいつものように15分
の遅れで到着していたのです。このとき私の心の中の言葉は、
「遅れてくれて助かった。ラッキー!」でした。

◇バスが遅れる。という事実は同じなのに、いつもと違い、この日の
私はバスの遅れを自分の幸運として感謝するような気持ちでした。

◇事象が同じなのに、捉え方が時と場合によって変わるのです。

◇普段は、「何故バスが遅れるんだ!」とイライラと怒りに包まれて
いたわけです。そして、ここでの問題は『バスが遅れる』ことのよう
に捉えがちですが、私の状態によって捉え方に違いがあるということ
は、私のバスの待ち方、時間の過ごし方の問題であったことを再確認
しました。

◇バスの遅れは、直接的に私の手に負えることではありません。
手に負えないことをあれこれ悩むより、自分でできることに焦点を
あてることの方が、合理的でした。

◇クライエントのご相談にのっている時はわかっているつもりでしたが、
いざ自分のこととなると失念していました。

気づきがあったことで、私、井上のコーチングも更に
バージョンアップできそうです。

◇皆さんもイライラした時ちょっと考えてみてください。
『貴方のイライラや怒りの感情の矛先にある出来事は
貴方の手に負えることでしょうか?』

◇もし、手に負えることなら積極的にチャレンジです。
もし、手に負えないことであれば、自分の状態をコントロールする
だけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
真新しいスーツを身にまとった若者をたくさん街で見かけます。

彼らにどんな環境が訪れようと、夢の実現に邁進してもらいたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月10日

学力調査の見直しをするべきだ!


【記事】学力調査、現方式賛成は3割 65教委、朝日新聞調べ


 朝日新聞(2009年4/5)より以下抜粋

○21日に3回目が実施される文部科学省の全国学力調査をめ
ぐり、65ある都道府県・政令指定都市の教育委員会に朝日新
聞がアンケートしたところ、小6、中3の全員に毎年実施する
今の調査を今後も長く続けるべきだと考える教委は21(32
%)にとどまることがわかった。簡素化したり、期間を限定し
たりして見直すべきだとする教委が19(29%)あり、23
教委(35%)は考えを示さなかった。


○国の教育政策について教育委員会が実名で答えるアンケート
で、ここまで賛成意見が少ないのは異例。国語と算数・数学を
出題する調査は毎回50億円以上費やされ、自民党のプロジェ
クトチームは昨夏、無駄遣いだと結論付けている。教委の回答
でも「予算を教員増に回してほしい」といった声が目立ち、今
後、さらに議論になりそうだ。
 
○アンケートは3月中旬に送付。今の調査について「できるだ
け長く続けるべきだ」「期限を決めて続けるべきだ」「数年に
1回に変えるべきだ」「抽出調査に変えるべきだ」「中止すべ
きだ」の五つの選択肢で質問した。
 
○「長く続けるべきだ」と答えたのは21教委で、理由は「継
続的にやらないと教育の評価材料にならない」(福岡県)など。
これとは別に、2教委は「その他」として「他の学年、教科に
も広げるべきだ」(茨城県)、「対象学年、教科を検討すべき
だ」(香川県)と答えた。
 
○しかし、異論は根強い。中止を求める教委はなかったが、
「抽出に変えるべきだ」が9、「期限を決めて」「数年に1回」
がいずれも7(複数回答)で、計19教委がやり方の変更を求
めた。こうした教委からは「実態把握は数年に1度の抽出調査
で十分。莫大(ばくだい)な予算を教職員の増員などにあてる
べきだ」(京都市)、「指導の改善を図るためには5年程度や
れば十分」(愛知県)といった声が上がっている。「学校現場
が振り回されている」と制度を批判する担当者もいた。
(葉山梢、星賀亨弘)


*私からのコメント

◇今回の教育委員会の調査は、一つの救いのように思える。悪
名高き教育委員会にも良識はあったということだ。毎年、毎年
莫大な予算を割いて学力調査をすることの意味はないと、私も
思う。


◇アイデア次第では、「高校入試」を学力調査の代用資料にす
ることだってできるのだから、こんな税金の無駄使いはもうそ
ろそろ見直した方が良いのだ。


◇学力偏重に対するアレルギーは、この数年間で完全に脱した
のだから、こんな全国学力調査を継続する意味は、もうないは
ずだ。ぜひ、来年度から、廃止してもらいたいものだ。この調
査を文科省が、取り上げてしっかりと議論をしてほしい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月09日

小学6年生 Lesson2

◇小学6年生のLesson 2のアクティビティもLesson 1に続いて
アルファベット。ここでは小文字の紹介。

◇小文字指導で絶対にはずせないポイント

これは日本語の文字と全く異なり、□の枠内に収まらない文字が
あることです。

小文字はそのサイズで基本的な3種類に分かれます。
1.一階建ての文字    a,c,o,x,z など
2.二階建ての文字    b,d,f,h,l など
3.地下室があるサイズ   g,p,q,y など

◇英語用のノートにある基準線とその上の線の間にある文字が一
階建て、基準線から一番上まで行くものが二階建て、基準線から
下へ出るものが地下室ありの文字という意味です。子どもたちに
はわかりやすい表現です。

◇今回は文字の判別が中心なので、手助けアクティビティを紹介
します。

≪小文字感覚を体でつかむ≫

生徒を横1,2列に座らせる。
ABCの歌をCDで流し、全員で歌う。歌いながら一階建ての文
字は椅子に座り、二階建てでは立ち上がり、地下室有ならばしゃ
がむという動作をする。二階建てであれば声も高音で、地下室有
の文字の場合は声も低くする。だれかが間違ったら最初からやり
直し。

≪マッチングゲーム1≫

大文字のカードと小文字のカードそれぞれ26文字を1セットず
つの52枚を床に並べてマッチングゲームを行う。単にゲームだ
けでは何の意味もないので、大文字と小文字のペアを見つけたら、
そのアルファベットをしっかりと発声させるなどの工夫をしまし
ょう。

≪マッチングゲーム2≫

大文字のカードを順不同(ランダム)に黒板に貼り付ける。生徒
は小文字カードを持って、黒板の大文字と小文字ペアをつくる。
タイムトライヤルやチーム(個人)競争をすると楽しくなります。
生徒に渡す小文字カードも順不同にしておくとさらにハードルが
高くなり楽しめます。


≪英語文字を読むShow and Tell(注*)≫

Tシャツ、バック、ペンケースなど身の回りのものには英語が書
かれているものが多数ある。それらを持ち寄って、アルファベッ
トを読んでみる。

例)クリスマスソングのCDであれば、それを見せながら。

生徒:Hello. My friends. This is my favorite CD.
     It says "C, h, r, i, s, t, m, a, s"
     It sounds "Christmas".
     This is Christmas song CD. Thank you.

(注*)Show and Tell
物、チャート、絵などを見せ(Show)ながら、それらについてお
話(Tell)をすること。プレゼンテーション技能を身につける方
法の一つ。


次回は小5のLesson2-2をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月08日

「鈍感」

「かわいそぉ~~」と言われて、一瞬、何のことだか分からなかった。
「うん?」という僕の疑問顔を見たのだろう。典子(中2)が注意の
意味も込めて説明してくれた。


汚い話で恐縮だが、僕はおなかが緩い。トイレが近い。こればかりは
どうしようもない。どこかへ行くときには、途中でトイレに行く時間
を計算して、家を出ることも少なくない。


と、いうわけで生徒が授業中トイレに行くことに関しては非常に寛容
である。「ガマンなんかしないで遠慮なく言いなさい」と、最初に強く
言っている。


ただ、生徒も偉いもんで、授業中にトイレに行くことはほとんどない。
ちゃんと休み時間に済ませているのだ。

さて、ある日の中2の授業。一番前の席に座る理子が演習中、「先生」
と小声で僕を呼んだ。


「・・・・・?」


聞きづらくて、「えっ?」と言ったが、理子がもう一度言う前に理解し
た。


「あぁ、トイレか、いいよいいよ、遠慮すんな、行ってこい!」


トイレに立つ理子。彼女が教室を出たときに典子が「かわいそぉ~~」
と言ったのだ。


「もう、先生、そんなに大きな声で『トイレ』って言っちゃ駄目だよ。
女の子なんだから、もっと気を使わなきゃ!」


生徒に教えられることは少なくないのだが、このときも「あぁ、そう
いうもんか」と初めて理解した。


鈍感。デリカシーがない。女性にもてない理由の一つもこのとき分か
った気がした。男は単純なのになぁ、と思いつつ、次は、絶対気をつ
けようと固く心に誓うのだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月07日

「2009地方塾活性化セミナー」in 松山

「2009地方塾活性化セミナー」のプログラムの一つとして、
本メルマガの著者・中土井鉄信の特別講演が愛媛県・松山で行われます。

特別講演のテーマは、
「不況に打ち勝つ塾経営とは-生徒集客のポイントはこれだ!-」
四国の方はお楽しみにしてください。

詳細は
http://www.shijyukukai.jp/seminar/details/2009local/090419.phpでご確認を!

お申し込み・お問合せ先●全国私塾情報センター(株式会社私塾界)
(tel:03-3987-0838、上記ホームページからも可能です)
会場●松山市総合コミュニティーセンター 第4・5会議室
日程●2009年4月19日(日)
参加料金●無料ご招待

☆金髪の少女!☆

◇学習塾に勤めている時に、こんな生徒がいた。入塾した日は、その生徒
の髪の毛は、黒くて普通の髪型だった。それが、その次の時には、金髪に
なっていた。当然、少女は、金髪で塾に行くことはいけないことだと知っ
ていたが、なぜかその日は、金髪で塾に来たのだ。


◇驚いたのは、その日の教科担当だ。「なんだ!?この生徒は」と思った
のだろう。彼女を見るなり、「なんだ!その髪の毛は!家に帰って黒くし
て来い!」と怒鳴って、その生徒を帰そうとした。ちょうど、隣の教室で
授業をしていた私は、その騒ぎを聞きつけて、その生徒を預かった。受け
持ちのクラスには、問題演習をさせて、その生徒と話をした。

   中土井 :どうしたんだ、その髪の毛?
   Aさん :え~?・・・・。
   中土井 :この前は、普通の髪の毛の色だったじゃないか。
   Aさん :そう。いつもは、この色なんだけど、これじゃまずいと思
ってスプレーで塗っていたんだ。
   中土井 :今日は、どうしたの?
   Aさん :今日は、スプレーで塗るのが間に合わないから、塾を休む
よりいいかと思って、そのまま来たんだ。
   中土井 :偉いじゃん!そうだよ。塾を休むより来た方がいいからな。
でも、B先生は、君を見て驚いて、なめられちゃいけないと思って、叱っ
たんだな。Aさんも驚いただろう?急に叱られて。
   Aさん :むかついた。・・・・。
   中土井 :そうだよな。でもB先生は、事情を知らないからな。でも、
この髪、ちゃんと染め直して、黒くしなければダメだぞ。君もそう思って
るんだろ?
   Aさん :まあ。
   中土井 :じゃあ、教室に入ろうよ。B先生に言っておくから。君の
勉強したいって気持ちは分かったよ。次までには、髪の毛黒くして来いよ。
   Aさん :わかった。
  

◇Aさんは、この一件以来、髪の毛を黒して、塾に通い続けた。Aさんは、
何かあると私のところに来て、色々と相談するようになった。時には厳し
く、時には優しくAさんと接したが、Aさんにとっては、私は話の分かる
先生だったのだろう。それは、Aさんの事情を聞いてあげたその日が、き
っかけだったのだ。悪いと思われる状況の中でも良いことはあるのだ。そ
のことを私たちは、汲んであげることだ。そうすれば、関係はきっと以前
よりも良くなるはずだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月04日

■ 「新人を迎えた皆さんに」 ■

◇先日、入社を迎える大学を卒業したての新人とお話をする機会に恵ま
れました。表面では、新社会人になることに夢と希望を持っているよう
に見えましたが、内面ではいろいろ不安を抱えているのだということを
あらためて感じました。

◇社会人になって、人の役に立ちたいというAさんに・・・
私:「人の役に立てていると感じる時はどんな時ですか?」
A:「『ありがとう。』と言われたときです。」
私:「あなたが他者から、『ありがとう。』をいただく為にできる
ことは何ですか?」
A:「相手の立場になって行動することです。」
私:「『ありがとう。』を、いただく為にできることは具体的にどんな
行為ですか?」
A:「・・・」

◇Aさんは、社会人になって、社会貢献、他者への貢献を第一に挙げ
ているにもかかわらず、具体的な目標を持てていなかったのです。

◇だからご自分の課題と感じていたのかもしれませんね。「何をして
いいのかわからない。」という状態だったのかもしれません。

◇一般的な会話では、
「貴方は社会人になってしようと思っていることは何ですか?」と
問われ、
「人の役に立つことです。」
「それは、すばらしいですね。がんばってください!」
といった感じでしょうか。

◇是非、貴方の集団に新しく入ってこられた方に、一歩踏み込んで
聞いてみてあげた下さい。

「貴方がしたいと思っていることが
できていることを何でわかりますか?」

「その状態になる為に貴方に具体的にできることは何ですか?」

◇皆さんがいろいろなアドバイスをし
新しい環境に入られた方が、具体的に「これをすればいいのだ。」
「これだけはやりたい。」と感じられることを
見つける手助けをしてさしあげてください。

後輩達があなたの集団に所属できたことを誇りに思えるように・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この1ヶ月ほど、肩が張り、喉が痛く、頭が痛くてだるい日々が続きま
した。
いつもの風邪かと思っていたら、甲状腺がはれてホルモンバランスが崩れ
ていたのだそうです。

私が、普段何も認知していないホルモン。されど、知らないうちに私の
からだの調整をしていてくれていたのです。

私が気づかないところで支えていてくれたものの存在を病んで感じた次第
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月03日

子どもに情報の意味づけを!

【記事】生徒が「先生を流産させる会」 いすに細工、給食に異物


 朝日新聞(2009年3/28)より以下抜粋

○愛知県半田市の市立中学校で、担任に不満を抱いた1年生の
男子生徒十数人が「先生を流産させる会」と称し、妊娠中の
30代の女性教諭に対し、いすのねじを緩めたり、給食に異物
を混入したりしていたことが分かった。

○同市学校教育課によると、生徒らは今年1月から2月にかけ
て、教諭の車にチョークの粉やのりなどを混ぜ合わせてふりま
いたり、いすの背もたれのねじを緩めたりしたほか、消臭や殺
菌、食品添加物などに使われるミョウバンを理科の実験の際に
教室に持ち帰り、教諭の給食に混ぜたという。

○見かねた周囲の生徒が2月下旬、別の教諭に伝えて問題が発
覚した。担任がけがをしたり、体調を崩したりすることはこれ
までなかったという。
 
○学校側が事情を聴いたところ、席替えの方法や部活動で注意
されたことへの不満を口にする生徒がおり、「先生に反抗しよ
う」という話が持ち上がったのがきっかけだったことが分かっ
た。学校はその後、保護者を呼んだうえで生徒を指導し、生徒
らも反省の態度を示しているという。

○校長は「個々にはいい子たちで、最初は信じられず、仰々し
いネーミングにも驚いた。ただ軽いのりからエスカレートした
ようで、計画的とまでは言えない。命の重さについて、より指
導を徹底していきたい」と話している。


*私からのコメント

◇子どもの世界が、どんどん悪い意味で大人化してしまってい
る。その要因の一つは、情報のフラット化だろう。


◇以前ならば、情報は、階層的に流れていた。たとえば、大人
の持っている情報と子どもの持っている情報には、大きな格差
があった。大人から子どもに流れる情報に、大きな操作があっ
た。子どもが知って受け止められる情報の量と質が、考慮され
ていた。


◇実は、それは、子どもと大人だけのことではなかった。大人
の間でも情報量の格差があったのだ。一部の特異な情報は、そ
れを受け止められる大人しか入ってこなかった。それが、今は
どんな情報でも簡単に手に入れることが出来るようになった。
もっと言えば、望むと望まざるとに関わらず入ってきてしまう
ようになったのだ。


◇ニュースやドラマによる情報は、見るものに大きな影響を与
える。子どもたちは、何の免疫もないまま、それらの情報を受
け止めるから、社会で起こっていることとして当たり前のこと
なのだと受け止めてしまう。大人でもそういうところがあるの
だから、子どもでは尚更だ。


◇ニュースは、特異なニュースを世界中から取り寄せて流し、
ドラマは、どんどん過激なものを流すことによって、視聴率を
獲得しようとする。その結果、情報の受け手である私たちは、
どんどん感覚が麻痺し、今までの判断能力を超えてしまって、
そんな状況ならこの程度は、大したことはない。そんな感覚に
襲われるだろう。情報のフラット化は、私たちの社会的な行動
をどんどん壊していくのだ。


◇だから、子どもが、社会的な情報を受け止める時には、親が、
あるフィルターの役目をすることだ。親が、注釈を付けて、情
報を子どもに伝えるべきだ。


◇たとえば、家庭でテレビを見ている時に、いろいろとやって
はいけないことを語るべきだし、ドラマで出てくる事件は、社
会の中ではあってはならないこと、またそのような事件は、架
空のことで、そんな事件が、社会ではなかなか起こらないから、
ドラマになるのだということ、そのような注釈が必要なのだ。


◇また、良いニュースや感動的なドラマなら、人生の教訓的な
注釈も必要だ。情報操作は、社会的には危険な行為だが、教育
の中では当然行なわれて然るべきことなのだ。その辺を私たち
は、間違えてはいけない。情報をシャットアウトするのではな
く、情報に解説なり、意味を与える教育が、今必要なことのよ
うに思う。


◇しかし、まだまだ子どもの世界も、捨てたもんじゃないと思
ったのは、「見かねた周囲の生徒が2月下旬、別の教諭に伝え
て問題が発覚した」という点だ。こういう生徒が、多くなって
いくように、私たち大人達は、子どもの世界に良いメッセージ
を発信していくことしかない。その意味でも、わたしたち大人
は、子どもに情報の意味づけをしていこう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月02日

小学5年生 Lesson2-1

◇小学5年生のLesson 2のタイトルは「ジャスチャーをしよう」
です。感情や様子をあらわす表現を覚えて、自分の状態を相手
に伝えることを学びます。

私はこのレッスンで、
★1.プレゼンテーション力をつける。
★2.自己紹介を発展させる。

この2点に利用しようと考えます。

◇基本語彙は
happy, sad, angry, hot, cold, sleepy, tired, fine, hungry,
thirsty, full

◇基本表現は How are you?
I'm happy.

Are you happy?
Yes, I am. No, I'm not.
I'm not sad.などです。

◇語彙の紹介はレッスンの最初に子どもたちに少し「エッ!?」
と思ってもらうことから始めます。感情や様子はジェスチャー
で表しやすいので、先生は思いっきり大げさに見本を見せまし
ょう。生徒の食いつきがポイントです。


◇準備する教具
感情や様子を表した絵カードなどを準備しておきましょう。で
きれば、絵カードはラミネートをして、後ろにマグネットを貼
り付けておくと便利です。

≪ステップ1:態度で示そう…show≫
先 生:Hello, everyone. How are you today?
児童全:I'm fine, thank you. How are you?

ここで先生は、おもいっきり大げさに。(倒れるように)

先 生:I'm tired!
児童全:? ? ? ? ? ? ?
先 生:(元気に)Everyone.
Ask me "How are you?" (再度尋ねることを促す)
児童全:How are you?

先生は、大きなあくびをしながら。
先 生:I am "sleepy".

児童全:???!!!!!!!(何人かが気付き始める)

≪ステップ2:確認しよう…confirm≫

ここで先生は、tiredの絵カードを黒板にはりつけます。
先 生:OK, everyone! This is "tired".

生徒がわかるまでジェスチャーと絵カードで様子を表しま
しょう。爆笑が起きるくらいが良いです。

生徒に示すジェスチャーは大げさでなければ上手く伝わり
ません。是非お宅で、鏡の前で試したり、ご家族に見てい
ただくなどして実験をしてみてください。


次に、sleepyの絵カードからそれぞれの絵カードを同様に
生徒にHow are you?といわせながら、ジェスチャーをし、
(あてっこをしても良いですが)カードを黒板にはります。


生徒たちにも大げさにジェスチャーをしてもらい、英語の
発音も大合唱させてください。

≪ステップ3:試してみよう…try≫
その後、先生が生徒たちにHow are you?と質問をしてく
ださい。生徒一人ひとりにジェスチャーをさせて答えさせ
ましょう。恥ずかしがり屋さんも意外に今まで見せなかっ
た面を見せてくれるかもしれません。

レッスンのポイントは、生徒たちをのせることです。生徒
がのるかどうかは先生のジェスチャーの面白さにかかって
います。子どもたちとジェスチャー競争をするくらい楽し
く進めてみてください。


次回は6年生のLesson 2です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新渡戸 稲造

逆境にある人は常に「もう少しだ」と思って進むとよい。
いずれの日か、前途に光明を望むことを疑わない。

◇先週、久しぶりに39度の熱で一日中家の中にいた。私は、熱が出
ると気が弱くなって、世界の終わりのようになってしまう。体温計の
数値に弱いのだ。


◇午後になって熱が少し下がったので、まだ見ていないDVDでも見
ようと思って、「シンデレラマン」というラッセル・クロウ主演の実
話に基づいたボクシングものを見た。まさに、今日の言霊のような映
画だった。どんな時も希望を捨てないで、もう少しで苦労から解放さ
れると思って、主人公が自分の責務を果たしていくのだ。気の弱くな
っていた私には、凄く効く特効薬だった。


◇生きていれば、良い時も悪い時もやってくる。それが人生というも
のだが、そんな単純なことを私たちは、いつも忘れてしまう。良い時
は、良い時で有頂天になって、悪くなるのを忘れてしまうし、悪い時
は悪い時で気分が沈んでしまって、良くなることを忘れてしまう。


◇状況に左右されて私たちは、気分を上下させるが、実は、どんな時
にも忘れてはならないことは、前途には、今以上の光明が待っている
という希望だ。


◇辛い時には、この言霊を思い出そう。直ぐそこに、自分が望むもの
が隠れているのだ。闇の中の道は、闇が晴れるまで歩き続けることだ。
これが、人生の鉄則なのだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年04月01日

4月1日号 不況下の夏期講習設計を考える

◆目次

■巻頭所感
■Pick Up教育ニュース&ポイント                   
■達人の小技:授業の受け方指導                            
■MBA特集:不況下の夏期講習設計を考える                    
■月刊塾経営の視点:2009年4月度                  
■イノさんのコミュニケーション道場:第71ラウンド  
「基本動作の徹底」                  
■数で読む教育:「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」より

「塾経営サクセスネットMBA」135号を皆様にお届けします。
今号の特集は、「不況下の夏期講習設計を考える」です。不況の中、
学習塾の競争相手は、明らかにベネッセやZ会などの通信教育系に
なっています。例年以上に通信教育の宣伝が増え、通信教育の受講
数が、急激に伸びているといいます。それは、利便性もさることな
がら、価格の安さが、この時代にマッチしているのです。そういう
状況の中で、今年の夏期講習はどういう設計をしたらよいのか頭の
使いどころです。ということで、今号の特集は、その夏期講習の設
計のヒントを提供しています。簡単に言えば、今年は「最軽量化」
です。いわゆる「スクーリング型」講習の提案です。ぜひ、参考に
してください。

 また、今号の「塾経営の視点」では集客の仕込みを取り上げてい
ます。夏期講習の集客の前に仕込みを徹底させて、出遅れてくる生
徒獲得に注力しておきましょう。
 今年の春は、中小塾もそうですが、大手学習塾も、非常に厳しい
状況です。夏期講習までに何をするのか、しっかり計画を立てて臨
んでください。苦しい時こそ、チャレンジすることです。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

3月16日号 定期テスト対策の流れ

◆目次
■巻頭所感
■Pick Up教育ニュース&ポイント                   
■達人の小技:準拠教材とルーチンの宿題                      
■MBA特集:学習計画から指導まで~定期テスト対策の流れ           
■学習塾標準化計画:3ヶ月アプローチ
■イノさんのコミュニケーション道場:第70ラウンド
【宿題忘れの対処法】 
■誌上セミナーレポート:
2007年7月授業スキルプレゼンテーションセミナーより ~授業構成 

「塾経営サクセスネットMBA」134号を皆様にお届けします。


 不況に打ち克つ塾経営のキーワードは、「個への密着」だと私は
思っています。メルマガでもここ数回にわたって言っていることで
すが、地域密着から個人密着にどんどんシフトすることが、非常に
重要なことなのだと思います。


 今号の特集は、そういう意味で、地域密着の象徴でもあります
「テスト対策」に関連するものです。このテスト対策が、地域に対
する密着を表すとすれば、その中身である、テスト対策の指導は、
実は個人密着です。その度合いが、テストの得点を左右することは、
当然のことですが、その構造をしっかり意識して、指導するかどう
かで、結果は大きく違ってくるはずです。今号の特集は、指導の流
れを押えるものですが、ぜひ、指導内容として個人に踏み込み、何
を暗記させるのか、何を演習させるのかを徹底的に具体的に考える
ようにしてください。

 また、今号の「達人の小技」を合わせて参照していただき、日常
での指導に対しても、基礎学力の養成を忘れずに行うようにしてく
ださい。ルーチンの宿題の有無が、実は、基礎学力的には、非常に
重要なことなのです。

 今年は、春期講習ならびに、新年度の集客の出足が遅いようです。
4月・5月の連休明けまで気を抜かずに集客に取り組むように計画
を作り直してみてはいかがでしょう。不況の影響は、徐々に出始め
ているようです。最後まで諦めずに集客に臨んでください。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

「授業」

中学生に実施した何かのアンケートで、「どんな授業がつまらないですか」
という質問があったのを覚えている。


大多数が「先生が一方的に話をし、板書する授業」は「つまらない」と回
答していた。


ならば、一方的でない授業が生徒の望む授業に近いということになる。双
方向。教師が生徒に質問を投げかけ、生徒が考え、答え、その答えに対し
て教師や別の生徒が反応をする。そういう授業だ。


自分の経験からも、後者のような授業が生徒にとって面白いんだろうな、
というのは分かっていたし、生徒が思考する場面が多いので、理解度や定
着度も高い。


だから、授業前はたくさんの発問を考えた。質問に対してどんな答えが返
ってくるのかを予想した。誰に当てようかということも考えた。わざと生
徒がひっかかって間違える発問も考えた。双方向の授業は、教材研究や準
備が非常に大変なのだ。しかも、全てが上手くいく、という会心の授業は
数えるほどしかない(もっとも、これは僕が未熟なだけだが)。


しかし、毎回、双方向授業を行っていたかと言えば、そうではない。学年
や時期によっては、一方的な授業も必要ではあるが、必要ない場面で実際
一方的な授業を行ったこともある。


なんとなくウマが合わないクラスや、良い発問が浮かばないときなどはど
うしても一方的になってしまう。授業では僕の独壇場。ずっとしゃべりっ
ぱなしである。


大変なように見えて、実はこれはものすごく楽な授業だ。生徒の表情や理
解も関係なく、ただしゃべっていれば良い。発問なんてしないから、生徒
の反応によって授業内容を変える必要もない。ただ、生徒は面白くない。
確実に。


やっぱり授業は教師ではなく、生徒が目立たないと駄目なんだ。


今日は4月1日。新年度の始まりである。生徒たちが「楽しい」、「面白い」
と感じる授業にたくさん巡り合えるといいなぁ。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

毛沢東

古いものを打ち倒さなければ、新しいものを打ち立てることはできない。
古いものに道を閉ざさなければ、新しいものに道を開くことにならぬだろう。

◇今日の言霊は、成長に関わるものだ。成長とは、新しい自分を創造
することだ。今までの自分を踏み台にして、未知な領域に踏み込んで、
何かを捕まえることだ。その何かが、新しい自分ということなのだが、
そのためには、今日の言霊も言うように、今までの自分の古い考え方
や行動を打ち捨てて、新しい考え方や行動を取ろうとしなければなら
ない。


◇成長したから新しい考え方や行動が出来るのではない。古いものを
捨てる決断をし、新しいものを取ろうと決断するところから、成長が
始まるのだ。


◇だから、成長しようと決断することは、自分を追い込むことになる。
今までの自分をいったん否定し、自分を裸にしなくてはならないから
だ。成長には、痛みが伴うのだ。その痛みを受け入れて、前に進もう
とする時、私たちには、成長が保証されるのだ。


◇現状を否定するだけの勇気を持とう。現状を否定すれば、それだけ
リスクは増大するだろうが、そうしない限り、新しい自分は、創造で
きないのだ。勇気を持って、現状を否定し、新しい現状を創造してい
こう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

塾の起業、経営に役立つMBAのメルマガへの登録はこちらから

MBAをお気に入りに追加する 塾経営のサクセスネットMBAのホームページはこちらへ

カレンダー

2010年08月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
塾の起業、塾経営についてお電話ください。045-651-6922まで。