塾経営、塾の起業コンサルタントが語るブログのトップへ戻る
« 2009年12月 || 2010年02月 »

2010年01月30日

■ 夢と実現方法 ■

◇やる気がないのは、明確な夢がないからだ!と考えると、行動を起こ
すためには、夢が必要だということになります。

そこで、やる気のないと感じる人に向かって、
A:「お前はやる気がない。お前の夢は何だ?」
B:「夢ですか。ないですね。」
A:「だからやる気が起きないんだ?」
B:「そうかも知れませんね。」

とても夢は見つかりそうにありませんね。

◇ところで夢を持っても、実現することが困難だと感じると、
私たちは、どうするでしょう。

◇実現可能なところまで小さくすることを考えます。そして、究極的に
は夢を取り去ることも考えられます。

◇夢がなければ、夢と現実のギャップに悩む必要はなくなります。
もう行動をしなくていいのです。こんな思考の持ち主なら、夢は持た
ない方が得策なのです。

◇そんな思考の人を相手に先ほどのような会話では、とても夢は発見
できないでしょう。そこで、行動を促す夢を引き出すために、コーチ
ングでは、次のような質問を投げかけます。

「何でもできるとしたら、何をしたい?」

「何でも手に入るとしたら、何がほしい?」

◇「何でも・・・」という言葉は、これから起きる行動を一旦棚上げ
するパワーがあります。行動に自信を持てない人からでも、比較的夢
が引き出しやすくなるのです。

◇そして、目標が決まったら、実現方法をセットで考えることが夢を
持ち続け、やる気を継続するのに必要です。

◇夢の実現方法を知ることで、継続的に夢を持ち続けることができる
のです。「目標に向かって頑張れ!」だけでは、頑張れないのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、後ろを歩いていたおばあさんに声をかけられました。
「これはあなたが落とされましたか?」
「どうもありがとうございます。」とお礼を言って、お別れしました。
赤の他人の集まりだと思う町の中で、小さな手助けでも、うれしいもの
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月29日

教育が世論に負けているのではないか?

【記事】学力テスト「自主参加希望」47%…読売新聞調査

読売新聞(2010年1月20日)より以下抜粋

○追跡調査の意義重視
民主党が全員参加から抽出方式への移行を決めた全国学力テストにつ
いて、全国の47%にあたる約840の市区町村教委が、抽出対象外
となった学校の「自主参加」を希望していることが、読売新聞の調査
でわかった。

○「抽出校以外不参加」としたのは9%。検討中の教委も多いため、
参加希望はさらに増えるとみられる。

○全国学力テストは、小学6年と中学3年の全員を対象に2007年
以降、昨年まで3回実施。川端文部科学相は「県ごとの水準が把握で
きれば十分」として32%の抽出に切り替えたが、現場では児童生徒
や学校ごとにきめ細かく学力を把握する必要性を感じている実態が浮
き彫りになった。

○調査は、参加希望を取りまとめている都道府県教委を中心に市区町
村教委にも聞いた。その結果、東京23区を加えた市区町村1783
教委のうち、約840の教委が、抽出に漏れた学校の参加や問題文入
手を希望。そのほとんどは全校での参加や問題入手を望んでいた。

○石川、山口、高知、佐賀、大分の5県は、県内の全市町村が参加を
希望。県教委が全校参加を呼びかけた茨城のほか、秋田、香川、宮崎、
沖縄の4県も9割以上が参加する方針だ。

○参加希望の理由としては、「第1回テストの時の小6が今回は中3
になっており、子供の変化をつかむ良い機会」(愛知県新城市など)
といった追跡調査の意義を重視する意見が多く、「全国との比較の中
で授業の改善につなげられる」(宮崎県日南市)など、全国テストの
必要性を訴える声も目立った。「ほとんどの学校が問題を使いたがっ
ている」(大阪府泉南市)、「全員平等に受けさせたい」(京都府舞
鶴市)など抽出化に疑問を投げかける声もあった。

○文科省は、自主参加の場合、テスト用紙は配布するが採点や分析費
用などは自治体の負担としている。不参加の市町村の多くは自己負担
分の予算の不足を理由にあげており、「財政当局と相談中」(大阪府
忠岡町)という教委もあった。鳥取県は費用を県で負担する方針を表
明している。

○テストは4月20日実施予定。文科省が抽出校を通知し、自主参加
の意向を聞いたのは昨年末で、最終的な参加状況がまとまるのは早く
ても今月末とみられる。教員を育てることに特化した制度をつくりた
いとしている。(編集委員・山上浩二郎)


*私からのコメント

◇1999年に火がついた学力低下問題から10年が経ったが、未だ
に世の親たちは、学力問題を教育問題だと思い込まされているような
ところがある。学校は、学力をつけるところだと思い込まされている。
だから、学校や教育委員会が、学力に対して蔑な姿勢を見せようもの
なら、どんなクレームが上がるか分からないような、そんな雰囲気が
世間にはある。


◇そういう世間の雰囲気に負けて、全国学力テストの参加を自主的に
決めている自治体もあるように思うが、どうだろうか。また学習指導
の実効性を調べたければ、一つの学校内でも出来るはずだ。


◇猫も杓子も右に倣う必要はないのだ。世間に負けて、右往左往する
ようなことのないように、教育行政は、しっかり指針を持つべきだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月28日

一時限の進め方-6

◇ひと月ほど前にALTとして活躍している先生方の小さなパーティに
お邪魔しました。米、英、加、豪、比、印と日の12,3名ほどでし
た。全員顔見知りですが、ナチュラルスピードの英語の世界です。何
とか自分の話題に持ち込もうと必死に過ごした時間でした。

◇話題があっちに飛びこっちに飛んでくる日常会話では聴解力と瞬時
の反応(quick response)がとても大切です。耳の柔らかい段階から
英語に触れられる小学生がうらやましいと思いつつも、さらに能力を
磨く必要性を感じた時間でした。

◇前回は活動の準備1としてインタビューシートの作成まで終了しま
した。英語活動をする場合には実際の作業を英語で伝えることが大切
であることは幾度も触れました。英語で伝え、児童がその通りに作業
を終えたときにきっちりと褒めることで、児童は英語が理解できたと
いう確信をもてます。英語に興味を持って自らモチベーションを高め
るには、「認める指導」が不可欠です。

◇活動の準備2です。インタビューの方法を伝えます。これがまた大
変なように聞こえますが、極力簡潔にしましょう。

◇ティームティーチング(以下TT)の場合と単独の場合に説明を分
けます。

◇TTの場合には…Look at us.と言って注目させてから、説明しな
がら実際の動作を行います。

説明:
T1:Hi. Can I ask you a question?
T2:Yes. (Sure. Of courseでも可)
T1:Do you like soccer?
T2:Yes, I do. (Yes, I do. I like soccer.でも可)
T1:Oh, really. Thank you. Bye.
T2:Bye.
以上です。
ここまで説明してから、一人ボランティアを募ってT1かT2と
一緒にみんなの前でやってもらいましょう。

◇単独の場合…児童に協力してもらいます。やってみたい子であ
れば誰でも構いません。(クラス運営上いつも決まった子に任せ
ると他の子のモチベーションが下がるので止めましょう。)

上記のTTの場合と同様にやってみてください。注意点は、同じ
ことを2回はやってみることです。他の子にやってもらったり、
児童同士で1回やってもらったりすることで、全員の理解度は高
まります。


◇まず1つだけの質問をするように促しましょう。最初は全員の
英語と動きがスムーズになるための練習です。一度にいくつもの
質問をやるよりも、段階を踏んで質問を増やして行くことで、定
着も確実になります。

◇質問人数も3人程度にしましょう。3人終了したら、その場に
座ってもらうなど分かりやすい工夫をしましょう。
"Interview three friends. If you finish, then sit down. OK."
と説明をしてスタートします。

◇全員が終了したら、本番です。そこで再度「例」を示して質問
する内容を確認します。Look at us again, please.と言って
次の具体例を示しましょう。

T1:Hi. Can I ask you some questions?
T2:Sure.
T1:Do you like baseball?
T2:No, I don't.
T1:What sports do you like?
T2:I like soccer and basketball?
T1:Wow. I like basketball, too. Thank you. Bye.
T2:Bye.

◇アクティビティは決して幼稚なことの繰り返しにならないよう
に工夫してください。そうかと言って複雑になって日本語で説明
が必要になってしまうことがないように配慮しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月27日

「気付いてない」

1年半前とまた同じ現象が起こり、改めて思い出す。


最近、仕事の関係で東海地方のある都市と関わりがある。H市というそ
こそこ名の知れた街ではあるのだが、全国的に超有名かというと、そん
な感じでもない。


テレビを見ても、新聞を読んでも、H市の名前を目にすることはほとん
どない。


しかし、それが変わった。ここ最近、H市の名がかなり目に飛び込んで
くる。いったいなぜだろうと考えて、同じだと気付く。


以前も書いたが、1年半前。僕は初めて自分の車を持った。国外で暮ら
すことになった身内から安く譲り受けたのだ。


するとどうだろう。街中でけっこう走っているのである、僕のと同じ車
種が。


それまでは、ただの「車の一群」だったのだが、自分の車を持ったとた
ん「お友達カー」として同じ車種だけ選別するようになったのだ。


もちろん、僕が車を持ったのを機に、同じ車種がグッと増えたわけでは
ない。現象はなんら変わっていない。変わったのは僕の意識だ。


というわけでH市。おそらく、これまでもテレビで、新聞で、同じ頻度
で、事件なり、ニュースなりがあったのだろう。結局、僕は見えていな
かったのだ。そこにあるのだけれども。


こんな話をI先生にすると、ステキなひと言をおっしゃってくれた。


「チャンスはみんなに平等にあるのかもしれないけど、見えてないって
ことなんだろうね」。


意識を変えれば、見えてくる世界があるのかもしれません。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年01月26日

☆入学試験で不合格だったとき!☆

◇首都圏では、中学入試のスタートが1週間後に迫った。今年も合格不
合格に一喜一憂する毎日が始まる。第1志望校に合格した子どももそう
でない子どもも、そして全部落ちて公立中学校に行く子どもも、まずは
人生最初の関門を経験する。つまり、合格不合格に関係なく、中学入試
を終えて新しい世界に入っていくことになるのだ。

◇合格した子どもは、少しの間は、ちょっと休憩させてもいいし、次の
夢の確認をしてみてもいいが、不合格になった子どもには、やはりケア
が必要だ。受験校に落ちて、喜んでいる人間はまずいないから(表面上
は強がっている場合があるが)、その痛手が個人によって違うにせよ、
ケアをする必要がある。


◇不合格の子どものケアをするのは難しいのだが、前提として親が子ど
も以上にショックを見せてはいけない。これがまず重要なことだ。そし
て何より子どもの悔しさを共有してやることだ。


◇また、自分の失敗の体験やこの入試がゴールではないことや、こうい
う失敗の経験が多ければ多いほど、色々なことを学べるのだと話してや
ることだ。加えて、「もう一回入試を受けられるとすれば、今度は、ど
ういう風に勉強したい」と聞いてみてもいい。


◇入試で不合格になった経験を大切にすることが大切なのだ。

お母さん:残念だったわね。
Aさん:・・・。
お母さん:Aちゃん、元気出しなさいよ。
Aさん:元気だよ。
お母さん:悔しいこと、悲しいことは、これから一杯あるわ。だから、
今のこの悔しさや悲しさを覚えておくのよ。そして、次は、こんな悔し
さや悲しさを体験しないように頑張るのよ。そういう意味で、いつも結
果は次のためのステップなのよ。元気だしてね。
Aさん:ありがとう・・・。


◇躓くことは悪いことではない。親が失敗に拘っていつまでも失敗を引
きずっていることが、子どもに余計なプレッシャーをかけることになる。
ぜひ、親から気分転換をしてほしい。子どもにはまだまだ人生の試練が
あるのだから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月23日

■ やる気は価値観の中にある ■

◇人は、意味で生きる動物です。一般の動物は、ただ生きるために生き
ています。食べて、身を守って、子孫を増やすだけです。

◇そして、意味とは、人それぞれの存在のよりどころということになる
でしょうか。これを価値観と呼ぶことにします。価値観は、生き方の
羅針盤です。

◇自分が生きるためには、チャレンジが必要だとか、安定が大切という
観念です。チャレンジを価値観にしていれば、果敢に新しいことや高い
目標に取り組んでいる時、生きていることを実感するでしょうし、安定
が価値観の人であれば、現状を守ることに積極的に取り組むことでしょ
う。

◇さて、社会生活をしている時は、そのまま自分の価値観で行動できな
いことも多々あります。所属している集団が、安定という価値観を持っ
ていたとしたら、チャレンジの価値観は、ないがしろにされ、この人の
行動は制限されることでしょう。

◇また、安定の価値観を持っている人が、チャレンジの価値観の集団に
所属していたら、守りの行動は評価されず、存在価値を見出すことも
できないかもしれません。

◇このような状態を強いられたとしたら、やる気が損なわれることは、
予想できます。

◇そして、集団の他のメンバーに彼を理解することは不能となり、彼に
とっても集団を理解することは出来ないことでしょう。

◇これでは、互いに不幸です。この解消法は、互いの価値観を知ること
から始まります。やる気がない、周りは理解してくれないというラベル
を貼るのは、相手の価値を理解していない証拠です。

◇そして、価値が理解できたら互いの価値に沿って、落としどころを
考えます。チャレンジ集団で、安定価値観の人を積極的にさせるんで
あれば、

「安定を大切にしているんだよね。君の大切にしている安定を更に強固
にするために、○○に取り組んでみないか」

◇「なぜ、やる気がない」と批判するよりは、行動を促せるのではない
でしょうか。

◇相手の価値観を理解し、尊重することでしか、相手の行動を変える
ことは出来ないのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週、ある土地で女性ドライバーのタクシーに乗りました。
ドライバー曰く「私、来月が誕生日なのです。寒い中で、臨月を迎えた
母はどれだけ大変だっただろうと感謝しています。」とおっしゃるの
を聞いて、自分も来月に誕生日を控え、そんな感謝の気持ちを考えても
みなかったことに気づきました。
祝われるより、母に感謝を伝える日にしようと思いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月22日

週5日制を撤廃したらどうだろうか!

【記事】土曜授業「月2回までOK」 都教委、公立校に通知


朝日新聞(2010年1月15日)より以下抜粋

○東京都教育委員会は14日、都内の公立小中学校が土曜日に授業を
行う場合、月2回まで認めることを決め、区市町村教委と都立校へ通
知した。学力向上を重視し学習内容を増やす新学習指導要領の実施を
控え、授業時間増を望む学校が多いため、基準を明確化し実施しやす
くする狙い。ただ、週5日制の理念を踏まえ、地域交流の要素を盛り
込むなどの配慮をしている。


○都教委によると、土曜授業の内容は、学力の定着を図る授業のほか、
地域住民を講師に招いた総合的な学習の時間など。いずれも地域住民
に公開することが条件で、「地域や家庭で過ごす時間を増やす」との
週5日制の趣旨を踏まえたとしている。

○月2回の上限も、「半分以上の土曜に授業をしては週5日制と言え
ない」(都教委担当者)との配慮からだ。土曜授業を行うかどうかは、
区市町村教委や各校に委ねる。

○国の中央教育審議会は2008年1月、地域住民への学校公開や校
外での体験学習などの形で土曜を活用するよう促した。都教委は同年
12月に土曜授業を容認し、自然体験活動や公開授業に使えるとの見
解を通知。都内の多くの公立小中学校ではすでに、授業参観や運動会
が実施されている。

○小中学校で11~12年度に導入される新指導要領では授業時間が
従来の指導要領と比べ週1~2コマ増える。今年度から移行期間に入
っており、授業時間が一部増えたことから、都教委は来年度から各校
で土曜授業が年15回程度、実施されるとみている。

○文部科学省の担当者は「地域への授業公開を増やす取り組みと考え
ており、週5日制と矛盾しない」と話した。


*私からのコメント

◇今から18年か、19年ほど前に、文科省(当時は文部省)あるい
は神奈川県教委(はっきりしないがそのどちらかだったと思う)から
学校週5日制について調査があった。


◇ちょうど大手学習塾にいた私は、その調査に答える立場にいて、
「地域社会が崩壊し、会社全てが週休2日の労働環境になっていない
現状で、土曜日に地域社会が子どもたちを受け入れ、育てるような施
策には、疑問がある」と応えた。そして、それよりは、「学校を中心
に地域社会を形成するような取り組みをしてほしい」と注文した。


◇今回の記事の中に私の注文に近い主旨があること知って、少しは良
かったなと思ったが、結局、学力偏重へシフトすることで、学校週5
日制は、なし崩し的に週6日制に戻っていくことになるのではないだ
ろうか。


◇もしそうだとすれば、学力偏重主義とのバランスを取るために、明
確に土曜日の活用方法を規定して、月~金では、教科授業を中心にし
たものにし、土曜日は、毎週地域社会に開かれた場として、総合学習
の時間や公開講座のようなものにあてたらどうだろう。


◇土曜日は、学校が地域社会の拠点になるような活動をする日と規定
し、シルバー世代を中心に子どもたちとの交流の場に学校がなればよ
いのではないだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月21日

一時限の進め方-5


◇小学校英語活動の内容に即した新教材が学習塾向けにも発刊されて
きています。内容を見るとこれまでのような英会話と教科書英語(文
法学習、受験英語など)という棲み分けが消えつつあり、言語として
の英語基礎力を獲得させる方向に変わりつつあります。それに合わせ
て指導する側も指導スキルをどんどん進化させていかなければいけな
いのでしょう。


◇前回は既知事項(復習)を活かしての導入から流れるようにメイン
テーマの指導に移る手法を紹介しました。今回は表現定着のアクティ
ビティです。

◇文部科学省は定着不要としていますが、学んだことを知識化するこ
とは自然な要求です。定着がなければその先に進む能力は生まれませ
ん。定着は学習の自然な行動として考えましょう。

◇定着させるのは語彙と表現です。自然に伝えたい言葉が口から出る
まで繰り返し発話練習をしましょう。

◇単語を置き換えての反復練習や丸暗記は英語活動の意図に反します。
コミュニケーション活動からも離れます。児童にとって単純作業は苦
痛です。そこで、代表的アクティビティであるインタビューゲームを
利用しましょう。

◇インタビューは相手の意見を聞くことですからコミュニケーション
活動の意義に合致します。相手の話をたずねることが目的になるので
タスクベースカリキュラムとして機能します。

◇誰に声をかけるか、何人に声をかけるか、どの位の時間で行動する
かなどさまざまなストラテジーを考えて行動するので、いろいろな能
力を使います。

◇前回から利用している"like"と"スポーツ"を用いるとすれば、イン
タビューで利用する表現は以下の3つが考えられます。

Do you like baseball? (相手はYesかNoで答えるのみ)
Do you like baseball or tennis?
(相手は2者択一するか、2者とも好きなのか、
この2つともNoなのかYesなのかを考えて答えます)
What sports do you like?
(相手は自分の好きなスポーツを考えることができます)

◇この3つは上記のように発話レベルも思考レベルも異なりますから、
順にやりましょう。時間が限られていれば、2回や3回に分けて実施
すれば良いです。

◇活動の準備1…インタビューシートの作成
これは児童がノートに作成すれば良いです。以下のようにやってみて
ください。

◇Please make a three by four grid on your notebook.
と言いながら縦に3列横に4列の表(grid)を作ります。
(板書で実例を示しながら書かせましょう)

それから、縦にはインタビューをした人の名前を書くように指示し、
横枠にはスポーツのイラストを描かせてください。いよいよインタビ
ューの開始です。

◇このような全体アクティビティを行う場合は、時間を区切るか人数
を決めるかをしましょう。優先を人数にした場合には目標人数を終了
した人から座らせる。間延びしないように先着10人が座ったら終了
とすると楽しさが倍加します。子どもたちはスピード競争などが大好
きです。

◇このアクティビティは次回も続きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月20日

「弁当屋のあんちゃん」


確か、中学生のときだ。僕の住むど田舎にもチェーンのお弁当屋ができた。
仕出し弁当はあったのだが、お弁当を専門に売る店は初めてだったように
思う。

もの珍しさも手伝って、部活が終わってからたまに買いにいった。その後
夕飯も食べるのだから、育ち盛りとは恐ろしい。おじさんまではいかない
坊主頭の30歳ぐらいの小太りのあんちゃんがいつも対応してくれた。


人口の少ない田舎なのに、そのお店はその後も続き、人口の少なさゆえに、
他に弁当屋ができることもなく、僕が高校を卒業しても、まだ健在だった。


東京の大学に入学し、田舎にはあまり帰ることもなく、帰省しても、その
お弁当屋のことなんてすっかり忘れていた。


就職したての頃、法事かなにかで帰省をした。買い物を言いつけられ、自
転車に乗って用を済ませ、ついでに何の気なしに、ぶらっと遠回りをした
その途中、そこにその人はいた。


まったくおんなじチェーンのお弁当屋は、まったく変わらぬ姿で存在して、
店先に、完全におじさんになった小太りの坊主頭のあんちゃんがいた。店
先を掃除していたのだ。


驚きと懐かしさで「まだ、あったんだ!あの人もまだ働いてるんだぁ!!」
と心で叫んだ。自転車の速度を緩め、お弁当屋を数秒眺めてしまった。


そのとき、だった。

「こんにちは!!」

あんちゃんが大きな声で僕にあいさつをしたのだ。あまりに突然のことで
僕は何も言えず、伏し目がちに通り過ぎてしまった。


僕のことを覚えていたはずはない。お弁当屋へはいつも大勢で行き、僕は
その中の一人だった。坊主頭の中学生のときとはすっかり容貌も変わって
いる。


すると、あのあんちゃんは、誰かが通るたびに、こうして元気良くあいさ
つをしているのだろう。もう何年も、屈託のない、さわやかな感じで。


今では思う。どうして「こんにちは」と言えなかったのだろうと「よく買
いに来たんですよ!」となぜ伝えなかったのか。


それからだ。お店の人なんかになるべくひと言かけるようになったのは。
「ごちそうさま」とか、「ありがとう」とか、「大変ですね」とか。


あの弁当屋のあんちゃんは、ど田舎で、今日も店先を掃除しながら、道行
く人にあいさつをしていることだろう。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年01月19日

☆頑張れ!受験生!☆

◇高校受験や中学受験のシーズンがやってきた。受験生は、入試が
近づいてくるに従って、だんだんと不安になって、やるべきことも
手につかない状況になってくる。そんな中で、お母さんが出来るこ
とは、受験生をさらに不安にさせないことだ。そして健康面での配
慮だ。


◇まず、お母さんは、勉強のアドバイスをすることを極力避けた方
が良い。お母さんも不安になっているから、子どもにあれやこれや
言いたくなるかもしれないが、じっと我慢することだ。勉強が手に
つかない子どもを見ると、ついつい小言を言ってしまいたくなるだ
ろうが、そこをぐっと堪えて、見て見ぬ振りをすることだ。


◇小言を言う代わりに、勉強のスケジュール(計画)をもう一度子
どもと作り直して、勉強時間を確保することだ。計画の中身は、で
きるだけ具体的にすることだ。学校の教科書や参考書、問題集を入
試までに終わらせるように、ページごとに区切って、予定を立てる。
その時に、無理な計画を立てないことだ。


◇もう一つお母さんとして注意してほしいのが、生活のリズムだ。
就寝時間を12時にして、朝型にしてほしい。できれば、早く寝て
早く起きるようにしてほしい。朝学習を家で行なえるようにしてほ
しい。学習する内容は、作業系(計算問題、英単語、漢字、社会や
理科の一問一答など)を中心に15分、3セットか4セット。1時
間はやってほしい。
  

 お母さん:もうそろそろ朝型にした方がいいんじゃない?

  A君 :嫌だよ。眠たいじゃん。

 お母さん:入試は、朝からあるわけだから、朝、力が出るように
した方がいいのよ。それに、夜更かしは、風邪引きやすいんだから。

  A君 :でも、勉強する時間が減っちゃうよ。

お母さん:大丈夫よ。朝一時間勉強して学校行けばいいのよ。

A君 :眠くてできないよ。

 お母さん:慣れれば大丈夫。高校合格した人は、みんなやってい
たらしいわよ。

  A君 :それいつの話?

 お母さん:お母さんの時代の高校受験の話よ。何か文句ある?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月18日

■ ネガティブをポジティブに換える ■

◇最近、私は歩くのが遅いとしみじみ感じています。自分では軽快に歩
いていると思っているにもかかわらず、後ろから近づく人に次々に抜か
れていくのです。そんな最近の体験から自分は歩くのが遅いと感じた
わけです。


◇私が遅いと感じたのは、抜かれるという事実を体験として意識した
からです。私と同じように抜かれる人でも、抜かれることに意識が向か
なければ、遅いとは感じないはずです。

◇ところで、私は一般的に「抜かれること」にいい印象はもっていま
せん。そんな私だから歩いている時に、そこに意識が向いたのです。
この意識させる元が私の価値観の一つなのです。私たちの周りで起き
ているあらゆることの中から、体験と意識するのは、価値観の仕業な
のです。

◇何気ない、「私は歩くのが遅いとしみじみ感じています。」という
発言の中に、重要な情報、つまり価値観が隠れていたのです。

◇ところで、「彼は飽きっぽい。」とか「彼は頑固者だ。」なんて言っ
たり、人から聞くことがあります。こんな言葉も見逃さなければ、言葉
を発した人が何に意識を向けているかわかりますよね。「飽きっぽい」
や「頑固」を良しとはしていないことが窺えます。「飽きっぽい」こと
「頑固」なことは、嫌なのです。

◇そして、そんな価値観を持っている人が「君は飽きっぽい。」とか
「君は頑固者だ。」と言われたら、急に怒り出すかもしれません。
また、自分自身で自覚するようなことがあれば、落ち込むことになる
でしょう。

◇意識していないことには、気づきも特別な感情もわかないのです。
悩みやネガティブな感情は、自分の価値観がないがしろにされている
という警告なのです。

◇逆に考えれば、悩みやネガティブな感情は、成長の機会なのです。
そして、成長に向けて、反対語を意識してみましょう。

◇例えば、「私は、飽きっぽい。」と感じた時、「私は集中力をつけた
いんだ。」と言い換えてみたら、集中力を高める為に何をしようかと
ポジティブに解決策を考えられますね。

◇誰かが、「自分は、××だ。」とネガティブな発言をしていたら、
反対の意味の言葉で返してあげましょう。
「もしかしたら、君は、○○したいんだね!」
と。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年末から、春?の教育コーチングに関する本の出版を目指して、原稿
執筆中です。
今月が締め切りというハードなスケジュールですが、
「あなたのお役に立ちたい」
と悪戦苦闘中です。さあどうなることでしょう。是非見守ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月15日

子ども手当と教育の関係


【記事】「子ども手当」どう使う? 7割は教育、3割は生活に


朝日新聞(2010年1月12日)より以下抜粋

○2010年度からの給付が予定されている「子ども手当」をどう使
うか、博報堂が保護者に意識調査をしたところ、3分の2が「教育や
育児」に使うと答えた。一方、「生活全般」に使うとする人も3割お
り、生活財源ととらえる家庭も少なくないことをうかがわせた。



 
○同社が継続的に生活調査をしている首都圏、関西圏の約5千人のう
ち、給付対象の中学2年生以下の子どもがいる保護者に、09年秋に
実施。1418人から回答を得た。
 
○手当の使い方を、時期と使途に分けて尋ねると、「将来、教育で使
う」が42.5%、「年度内に教育で使う」が24.8%。両方合わ
せると、時期にかかわらず教育目的に使う人が67.3%になる。こ
れに対し、「年度内に生活全般で使う」と答えた人は24.5%、
「将来、生活全般で使う」も6.4%いた。

○回答者全体で具体的な使い道をみると、「学校の費用全般」
(18.9%)、「スポーツクラブ」(16.2%)、「学資保険な
ど」(16.0%)といった項目が多かった。子ども手当支給開始後
に中学に進学することになる小5以下の子どもをもつ保護者に、私立
中学受験との関係を尋ねると、「給付されたら検討」が8.4%あっ
た。博報堂広報室は「子ども手当の給付で教育市場が広がる可能性が
ある」とみている。(井上秀樹)

*私からのコメント

◇昨年の総選挙で政権交代をしたいがために、民主党が色々打ち出し
た政策の一部が、この「子ども手当」だ。景気刺激策としての色彩が
非常に強いものだが、「子ども」と銘打ってあるために、教育との関
連性が強固にイメージされる結果になった。


◇経済格差による教育格差の是正を大義名分に行なうものだろうが、
この「子ども手当」は、教育とはあまり関係のないものだ。昨年支給
された定額給付金が、形を変えて、子どもがいるいないを条件とした
ようなものだ。だから、その手当をどう使うかは、家庭状況に負って
いるのだ。子どものために直接的に使おうが、間接的に使おうが、全
くどうでもいいものだ。


◇正直、こういう手当が出るのは、国民としては異論はないだろうが
(子どものいない人たちは文句の一つもあるかもしれないが)、こう
いう施策で、日本の教育がどうなるものでもない。学習塾業界は、ビ
ジネスチャンスとして捉えるだろうが、教育的な観点からすれば、こ
の手当は、日本の教育の水準を上げるようなものではない。


◇そういう意味で、この名称「子ども手当」は、偽善的なものだ。子
どものための手当と銘打ってみても、あまり子どもには役には立たな
いし、子どもの教育に国が投資しているわけではないのだ。


◇こういうご機嫌取りの施策はいらないから、日本の教育のために組
織的な投資を政府には考えてほしいものだ。景気対策のカンフル剤な
らば、「子ども」を利用しなくても、大義名分はいくらでもあるはず
だから。


◇蛇足ながら、事業仕分けといいながら、訳の分からない国会議員
(勉強不足の国会議員)が、パフォーマンスをやっているだけの見直
しも、必要ない。もっと事情の分かっている国会議員による事業仕分
けを期待したい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月14日

一時限の進め方-4

◇今年の成人の日は11日でした。Coming-of-Age Dayという英語が成
人の日に当たるようです。

◇前回まで2回に分けて活動のスタート方法をご紹介しましたので、先
へ進みます。今回は前回の復習から本時間への繋がりをご紹介します。

◇授業でも英語活動でも前回の授業(活動)の復習からスタートする点
は同じです。留意点は、その復習が本時間の内容につながらなければい
けません。児童を混乱させることなく本時間の導入に復習を使いましょ
う。

◇前回範囲が世界の国々と食べ物についてのレッスンで、今回は好きな
スポーツがテーマだとします。食べ物とスポーツとは無関係ですから、
「好き」という言葉に着目してそれを関連させるようにプランを作りま
す。

◇国とその国の食べ物を紹介し、思い出しをさせてから、その食べ物が
好きか、嫌いかを確認するアクティビティをして、「好き」、「嫌い」
が使えるようにしてから、スポーツに関する話題に転換します。
(食べ物の紹介部分が前回の復習になり、前回に学んだ語彙と表現を思
い出させることができます。)

実際例)
(前回まで利用した世界地図と国旗カード、食べ物の絵カードを準備)
先生:What country is this?
児童:(It's) Italy.
先生:What do they eat?(スパゲッティの絵カードを示して)
児童:(They eat)spaghetti.
先生:That's right. Do you like spaghetti? (絵カードにハートマ
ークなどつけることや例を幾つか示してlikeの意味を伝える。…本時間
の語彙紹介)
児童:Yes, (I do).
先生:What country is this?
児童:It's America.
先生:What do they eat?(ステーキの絵カードを示して)
児童:They eat steak.
先生:Do you like steak?
児童:Yes,(I do).(No, I don't.)
先生:様々な絵カードを示しながら個別に質問をする。
先生:(野球の絵カードを示して)What (sport) is this?
児童:(It's)baseball.
先生:Yes. That's right. Do you like baseball?
(これで本時のポイントにソフトランディング)

◇このように、復習から自然に流れるように進めましょう。

◇指導のポイントは、「既知事項を利用して未知事項を紹介する」こと
です。これは英語学習のみならず全ての学習にとって最も自然な導入方
法です。

◇次回は、表現定着を促す練習について触れます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月13日

「名前」

ある塾の先生と生徒の話になり、「アトム」君という名前の男の子がいる、
ということを聞いた。会ったこともなく、名前だけで話題にしてしまうの
は申し訳ないのだが、ちょっと興味もわいてくる。

アトムというからには、やっぱり理科は得意なのかと聞くと、あいにく理
数系は苦手とのこと。妹の名前は、当然、「ウラン」ちゃんだよね、と馬
鹿な質問をしてみたが、妹はいないらしい。


心優しいイイ子だけど、百万馬力でもないし、空も飛ばないよ、と先に言
われてしまった。なんともたわいなさ過ぎる会話である。


最近は、いろんな名前を持った、というか、両親に付けてもらった子供が
多い。そんじょそこらの名前では驚かなくなった。お父さん、お母さんの
いろんな想いが詰まってるんだなぁと感じる。


全国高校サッカー選手権で優勝した山梨学院大附属高校の選手に「未蘭」
という名前の選手がいた。「ミラン」と呼ぶらしい。


サッカーで「ミラン」とくれば、イタリアのサッカーチーム「ACミラン」
から名前をとったことは想像に難くない。「ミラン」という名を背負い、し
かも、全国優勝までしてしまうのだから、まったく素晴らしい。


後で知ったのだが、この選手のお父さん、有名なサッカージャーナリスト
で、やはり「ACミラン」から名前を付けたそうだ。「蘭」はオランダの意
味もあるとのこと。


子供のいない僕であるが、もし、子供ができたのなら、と考えてしまう。
やっぱりプレッシャーのかからぬ無難な名前が一番かな、と小市民な僕は
思ってしまうのである。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年01月12日

☆コミュニケーションについての復習!☆

◇私は、子育ての講演会などで必ず最初に絵を描いてもらって、コ
ミュニケーションの難しさを実感してもらう。たとえば、三角形と
か富士山とか、色々なものを紙に書いてもらうのだが、誰一人とし
て同じ三角形や富士山を書く人はいない。単語一つの簡単なものを
絵にしてもらっても、同じ絵はないのだ。


◇同じ情報を聞いて、各々が絵にした結果は、実に多様な絵になっ
ている。誰一人として同じ絵を描く人はいない。三角形とか富士山
という同じ情報を各々が、人それぞれの解釈で絵を描くことになる
から、同じ絵にはならないのだ。コミュニケーションとは、そうい
うことだ。発信する情報の意味は、その情報を受け止める人に依存
しているのだ。


◇つまり、こちらが意図したとおりに相手は受け止めてくれる保証
はないのだ。100%意味が伝わることは、コミュニケーションで
は、なかなかないことなのだ。


◇だから、子どもに何回も同じことをいうのは、当然なのだ。何回
も何回も言わなければ伝わらないものなのだ。このことをしっかり
覚えておいてほしい。そうすれば、「何回、同じことを言わせるの
よ!」と怒ることも減るはずだ。


◇だから、考えようによっては、子どもが親の言うことを聞かない
のは、実は親が子どもに伝わるように話をしていないからなのかも
しれない。


◇話せば分かるというのは、分かるように話せば分かるということ
だ。その積み上げがない限り、親が何を話しても何も子どもに伝わ
らないかもしれない。このことを意識して子どもたちとコミュニケ
ーションを図っていこう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月09日

■ げ・ん・き・ですか~。 ■

◇先日、学習塾の教室長Aさんから相談を受けました。自分が責任者で
ある教室の生徒の集まり状況が良くない。そこで、打開策を求めて相談
してきたのです。


A:「生徒が集まりません。これから何をしたら良いでしょうか?」
私:「具体的なことの前に、今のあなたの声に張りを感じられませんが、
今どんな感じなのですか?」
A:「自信がなくて、どうしたらいいかと思って・・・」
私:「自信がないんだね。」
A:「そうなんです。」
私:「ところで、君の教室に来ている生徒や保護者は、今の君の姿を
見て、明日も君の塾に来たい、友達に紹介したいと思うかね?」
A:「思いませんね。」
私:「そうだね。今の君の話を聞いているだけで、私も君の塾に通い
たいとか、通わせたいとか思わないね。」
A:「そうですよね。」
私:「そうでしょ。状況が良くなくて自信がなかったり、不安があるのは
わかるけど、何のために塾で働いているのかね?」
A:「そうですね。生徒にも保護者にも元気を与えて、信頼してもらう
ためです。」
私:「今の君の話し方では、それは実現しないじゃないかな。何をするか
の前に、信頼されるに値する態度で日々の業務に取り組むことが
大切なんじゃないかな?空元気でいこうよ!」
A:「わかりました!!」

これで相談は終了しました。

◇自分を認めてもらいたいと思うなら、まず明るさと元気が必要だと
いう基本中の基本を忘れている人が増えている気がします。

◇こんな時代だからこそ、明るく元気に過ごしましょう。
仮に病気であっても、つらい現実を抱えていたとしても・・・

あなたは今、元気ですか?

あなたは今、明るいですか?

◇明るいあなたに、人も幸運もついてきますよ。実感!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年末、友人の書画個展に行ってまいりました。会場で小2のわが息子
筆をお借りして一筆!
「元気に遊ぶ」カシャッ!
ブログに載った自分の写真に誇らしげでした。
http://ameblo.jp/negotodo/day-20091227.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月08日

アウトプットを重視する教育へ!

【記事】学力テスト265校対象に今年4月


読売新聞(2010年1月3日)より以下抜粋

○小学6年と中学3年が全員参加していた全国学力・学習状況調査
(学力テスト)が来年度から抽出方式に切り替わるのに伴い、宮城
県内では公立小中学校の4割にあたる265校が対象校に選ばれた
ことが分かった。


○対象校以外も、希望すればテストを受けられるが、文部科学省の
集計には含まれず、採点費用は自治体負担となる。県教委と仙台市
教委は15日までに各校の参加意向を取りまとめ、文科省に報告す
る方針だ。

○本県では、公立小(全443校)の33%にあたる145校、公
立中(全219校)の55%の120校が文科省による無作為抽出
で対象校となった。テストへの参加は市町村教委の判断となる。ま
た、これまでのテスト結果は、課題の分析などに活用してもらうた
め、文科省が市町村や学校ごとに集計して提供してきたが、抽出と
なった今回は都道府県別の集計しか行わない。

○都道府県ごとの対象校数は、児童生徒数や学校の規模などに応じ
て文科省が決定。全国では小学校約2万1800校(25%)、中
学校約1万1000校(44%)が抽出され、小中合計の抽出率は
32%だった。

○学力テストは2007年度から国語と算数・数学で毎年実施。4
月20日に行われる新年度は、年間58億円かかる費用を大幅に圧
縮するため抽出方式に変更するが、全員調査を求める声も強く、希
望参加も認める。


*私からのコメント

◇全国学力調査が廃止されるのは、いいことだ。税金の無駄遣いだ。
私などは、もっと抽出率を下げてもいいと思っている。ただし、こ
のテストが残るからには、今まで以上にしっかり結果分析をしても
らいたい。それも指導効果の分析をしてほしい。


◇この3年間で、子どもたちの生活習慣と学力の問題、親の所得と
子どもたちの学力の問題は、ある程度予想がつく範囲で、分析がな
されたが、指導の実行性については、ほとんど分析されていないよ
うに思う。あるいは、あるのかもしれないが、世間に公表されてい
ないか、知られていないのが、現状だ。ぜひ、指導の実効性を検証
するような分析を期待したい。


◇また、記事の中に「全員調査を求める声も強い」とあるが、学力
テストを仕掛けにして、勉強をさせていたり、このテストを動機付
けにして、勉強を促していたからなのだろう。


◇そういうことで言えば、今度は、現場がどういう工夫をして勉強
の動機付けをしていくかが、問われることになる。出来れば、その
方面に税金を使ってほしい気がする。1年に1回だけの診断では意
味がないのだ。教育は、インプットよりは、アウトプットに重点を
かけた方がよい。そういう意味で、アウトプットの機会を現場でど
んどん増やす方向へ舵を切ってほしい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月07日

一時限の進め方-3

◇1月7日は七草粥の日ですね。春の七草【芹(せり)、薺(なずな)、
御形(ごぎょう)、はこべら、仏座(ほとけのざ)、菘(すずな)、
蘿蔔(すずしろ)】を餅とともに粥にして食べると万病を防ぐといわ
れ、10世紀頃に朝廷で儀式化し現在まで伝わっている行事だそうです。


◇日本の文化や習慣を海外へ発信することも英語学習の大きな目的で
すから、このような機会にチェックをしてみることも大切です。ちな
みに「粥」はporridge 春の七草は seven spring herbsで説明がで
きます。

◇活動のスタートの方法パート2です。英語の早口言葉とAlphabetの
発音で口慣らしをしスマイルで気持ちも整えましたか?
それでは、活動開始です。


◇"Hi! Shall we start today's lesson? Ah, you look tired.
Are you tired?"と始めてみるのも一つの方法です。
給食前の4時限目では、Are you hungry?でスタートをし、昼食後の5
時間目だと Are you sleepy?でスタートをするというのもありです。
要するに言葉は心のメッセージを伝える道具ですから、きまり表現に
慣れてきたら、ちょっと心のシーズニングで味付けしてみましょう。


◇さて、挨拶後のアイスブレイクの続編です。気力を集中させるため
に体のウォーミングアップで声だしを行いましょう。


◇全員を起立させます。少しお互いの距離を置きます。人数が20名程
度であれば、大きな輪を作ってお互いに見合わせます。そこで1分程
度身体のストレッチをしましょう。
Shrug your shoulders.(肩をすぼめて)、Relax.(リラックスして)
を数回とBend your knees.(ひざを曲げて)を数回こなしてから、
Breath in.=Inhale(息を吸って)、Breath out.=Exhale(息を吐
いて)を2~3回繰り返し、Breath in and keep it.(息を吸って、
留めて)と言って時間を計るタイムトライアル。


◇Let's produce your voice as long as you can.
(できるだけ長い時間声をだしてね)。
Produce your voice as high (low) as you can.
(できるだけ高い〔低い〕声を出してね)。
Produce your voice as loud as you can.
(できるだけ大きな声を出してね)という行動をします。


◇音域を広げることと声量のある声にするトレーニングです。児童に
は、大きな声を出して元気になろうという意図が伝われば良いのです。


◇これでいよいよ英語指導(活動では指導と言ってはいけないようで
すが、実際に指導をするわけですから指導という表現を使います)を
始めます。この時に、今の声だしとの意図的な連続性がなければ何の
ために声だしをやったのかが不明確になります。ここがクラス運営で
はとても大切です。


◇先生の指示する行動、児童が実施する行動にはすべて意図がなけれ
ばいけません。ですから、次の項目へ進む際も教師は大きな声(叫び
声ではありません。元気で通る声です。)で元気よく進めてください。


◇上手い流れとは、導入時に本時の指導で必要な語彙や表現を思い出
させることです。「思い出し(いわゆる復習)」をどのように進めて
いくかは次回以降でお伝えします。それまで、皆さんは以下の条件で
どのように進めるかを少し考えておいてください。


◇仮に今回の内容が大きな蕪の物語を使って劇を行う活動の第一回目
だとします。必要語彙は家族の呼び名、野菜や果物の名称、職業の名
称と、蕪を引き抜いたり、引っ張ったり、手伝うという動作を表す語
彙だとすれば、どのようなアクティビティを用いて思い出させるかで
す。


◇上手くない指導は前回の内容をそのまま復習することです。今回と
関連していないことを持ち出すと児童はただただ混乱してしまいます。
そうしないように上記の条件に従って工夫ある活動プランを考えてお
いてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月06日

「恐怖」

小4の生徒を教えていたときのこと。教えて間もないそのクラスで、ある
女の子が宿題を忘れてしまった。その子に僕は尋ねる。

「今日は、宿題、どうしたの?」

と、突然、泣き出した。僕の心中は「えーーーーっ!!」である。別に怒
ったわけでもなく、優しく、本当に優しくきいたつもりだったのに・・・。


後で分かったのだが、その女の子は、男の先生に習うのが初めてだったそ
うで、やっぱり僕のことが怖かったらしい。僕よりもっとコワイ先生はた
くさんいるのになぁ、と思いながらも、ちょっと落ち込んでしまった。

先日、ある本を読んで知ったのだが、人間が持った最初の感情は「恐怖」
だったそうだ。危険から身を守るために「恐怖」という感情が必要だった
らしい。


人間が今よりもずっと「動物」に近い状態だったころの話だろうから、非
常に納得である。いつも勇猛果敢に立ち向かっていったのでは、命はいく
らあっても足りなかっただろう。


そう考えると、「怖がり」だったり、「臆病」だったりする子供は(いや、
子供に限らず、大人も)より「生きようとする力(本能)」が強いと言え
るかもしれない。


こんなに優しい(?)僕に対してでさえ、恐怖を感じて泣いてしまった
あの小4の女の子は、たくましく成長していくのかもしれないなぁ。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年01月05日

静岡新聞の「この人」欄で紹介されました

弊社代表の中土井鉄信が
静岡新聞の「この人」欄で紹介されました。

sinbun.gif

☆一年の目標を決める!☆

◇新年明けましておめでとうございます。新しい一年の始まりです。
今回のテーマは、目標を決めるです。目標をお子さんと話し合いな
がら紙に書いて、誓いを立ててみてください。

 お母さん:A君、2010年の目標を決めようよ。

  A君 :やだよ。めんどくさいよ!

 お母さん:お母さんは、目標を決めたわ。
      ほら、こうやって「今年の誓い」を作ったわ。

  A君 :お母さん凄いねえ!でも僕はいいよ。

 お母さん:そう言わずに。A君の今年の目標は何よ。目標って言っ
      ても、別に学校の成績をどのくらい取るとか、そういう
      ことでなくてもいいのよ。やりたいことや去年できなく
      て、悔しい思いをしたこと、今年は、そんな思いをした
      くないということを挙げてみてよ。今年、何を一番やり
      たい。そして何を達成したい。もし、それがやれたり、
      達成したら、A君は今年の12月にどうなっていると思
      う。

  A君 :えー?全然思い浮かばないよ!


◇今年の目標を色々質問しながら以下の項目について明確化すること
だ。その時に、必ず紙に書いて、記録に残しておくことが大切だ。

1.何をしたいのか。その理由は何か。
・何をするのか。
・なぜするのか。
・いつするのか。
・どうやってするのか。

2.何を達成したいのか。その理由は何か。
・何を達成したいのか。
・なぜ達成したいのか。
・どうやって達成するのか。
・いつまでに達成するのか。

3.目標が達成されたら、自分はどうなっているのかを具体的に書く。

◇以上の項目を話し合いながら書くことで、色々と明確になっていく
はずだ。そうしたら最後にその紙をコピーして目立つところに貼って
おくことだ。本人の部屋とみんなが見ることができるところに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年01月04日

1月4日号 中土井鉄信インタビュー2010年の展望と対策(前編)

◆目次

■巻頭所感                 
■Pick Up教育ニュース&ポイント             
■達人の小技:共有する                            
■MBA特集:新春特集~中土井鉄信インタビュー
2010年の展望と対策(前編) 
■チラシのヒント:伝わっているか?
■塾通信のネタ探し:児童生徒の問題行動調査より

「塾経営サクセスネットMBA」153号を皆様にお届けします。

 あけましておめでとうございます。本年もマネジメント・ブレイン・アソシエイ
ツ(MBA)をよろしくお願いします。

 2010年が、スタートしました。今年最初の特集は恒例の「2009年の展望と対策
(前編)」です。昨年は、1月に学研が創造学園や早稲田スクールの株式を70%取
得するところからスタートし、年末にZ会が栄光ゼミナールと業務資本提携をする
ニュースで終わりました。

 今年は、昨年以上に系列化・グループ化の流れが加速するかもしれません。業界
の再編の動きから目を逸らすことができないかもしれません。

 しかし、今年の最重要課題は、昨年同様、景気対応と生徒の囲い込み対策です。
そして、今特集でもお伝えするように2011年の準備です。つまり、教務力の充実で
す。昨年同様、大手学習塾の大幅値下げや小学生の囲い込みは続くでしょうから、
中小学習塾には、大手学習塾に負けない独自の付加価値を創造し、地域の民間教育
機関として生徒・保護者の支持を獲得するために先鋭的に行動したいものです。小
誌もそのための応援をしていきたいと思っています。

 どうかこの一年、小誌を宜しくお願いします。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

12月15日号 保護者面談 

◆目次

■巻頭所感                 
■Pick Up教育ニュース&ポイント             
■達人の小技:受験期の学習指導                         
■MBA特集:保護者面談                             
■塾運営成功事例:しっかりと伝える
■誌上セミナーレポート:学習塾成功フォーラム2008.ライブ1より  
~講習問合せ対応

「塾経営サクセスネットMBA」152号を皆様にお届けします。
 
 今号の特集は「保護者面談!」です。私は、20年前、一日15件、20日間の保護者
面談をして、保護者面談の目的を自然と発見しました。保護者面談の目的は、子ど
もの学習状況を伝えることでも、提案を説明することでもなく、面談しているこの
自分を信頼してもらうことなのだ!ということです。  

 毎日、15件の保護者面談をして、10日近く過ぎた頃、この考えは自然と思い浮か
びました。先生に任せるという言葉が保護者からどんどん出てきたのです。「そう
か、こういうことだったのか!」と思ったものです。

 信頼を勝ち得るために、面談で子どもの学習状況を伝えたり、提案の説明をする
のだということです。今号の特集では、その辺のロジックが説明されています。参
考にしてください。

 また、今号では、「達人の小技」で「受験期の学習指導」に触れています。入試
までの短期決戦のシナリオ作りについて書いています。ぜひ、参考にして、今年の
受験結果を万全なものにしてください。

 冬期講習まで約1週間となりました。機会損失のないように、臨戦態勢で最後の
最後まで踏ん張りましょう。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

■ 新年を迎えに行く! ■

◇私たちは、複数の課題を持っています。目の前の都合の良い課題ばか
りに目を向けていると、私たちの大切な課題をないがしろにしている
ことがあります。

◇そんな時、私たちは、「何かしっくりしないなぁ。」とか、「何か
生活の中で視界がすっきりしないなぁ。」とか、「生活の中で後ろ向き
な言葉が聞こえるなぁ。」と感じるのです。こんな場面に遭遇した時、
課題の棚卸しをしてみませんか。

◇普段意識していない課題についても点検していきます。

◇さあ、どんな課題があるでしょう。勉強や仕事の課題。友人関係の
課題。家族の課題。経済的な課題。生活環境の課題。自己成長の課題。
健康の課題。社会とのかかわりの課題。などなど。


◇あらためて点検してみると、満足できている課題と満足できていない
課題が明確になってきます。そして、何かひとつの課題に注目し、何に
満足しているのか、何に満足していないのか点検します。

◇すると、不思議なことになります。正体のわからない、欲求不満を
明確にしようと、複数の課題分析をしてきたにもかかわらず、課題同士
がつながってくるのです。

◇例えば、お金に課題に注目しましょう。お金を稼ぐのは仕事です。
そして、お金の使い道を考えると、生活環境の改善のため。自己成長や
学びのため。健康のため。友人や家族との友好関係のため。というよう
に課題同士でつながりがあることに気づきます。

◇「何だ、つながっていたんだ。」と感動するかもしれませんが、
振り出しに戻った感覚に悩むかもしれません。
「結局何をすればいいんだぁ!」と・・・。

◇でも、心配はいりません。複数の課題がつながっているのなら、
あなたが取り掛かりたい課題ひとつに注目して取り組めばいいのです。
だって、みんなつながっているのですから、ひとつの課題に対する
取り組みは、他の課題にも影響を与えるものなのです。

◇「何をしたら効果的?」なんて悩んでいる間に、手につけたいこと、
すぐに出来そうなことから始めてみれば、あなたの人生の満足度は
確実に上がってくるでしょう。

◇いつも「やろうかなぁ?」なんて考えていること。いつも「気に
なっている」あのことを、5日以内に始めてみませんか。新しい年を
迎えてから!なんて言っていると、いつまで経っても始まりません。

◇さあ!あなた自から、あなたの良い年を迎えに行きましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年度の本メルマガの配信は、今号が最終となります。今年度も読者の
皆様に支えられて、年を越せそうです。大変ありがとうございます。
新年の配信スタートは、1月9日(土)とさせていただきます。
皆様、良いお年をお迎えください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

塾の起業、経営に役立つMBAのメルマガへの登録はこちらから

MBAをお気に入りに追加する 塾経営のサクセスネットMBAのホームページはこちらへ

カレンダー

2010年08月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
塾の起業、塾経営についてお電話ください。045-651-6922まで。