塾経営、塾の起業コンサルタントが語るブログのトップへ戻る
« 2010年03月 || 2010年05月 »

2010年04月28日

「字を書くということ」(前編)

「字を書く」ということにコンプレックスを持っている人が意外と多いこと
に驚く。
僕が書道をやっていることを話すと「字がきれいに書けるといいですよね」
としみじみとお話になる人が結構いるのだ。


しかし、よく考えてほしい。日常生活で字を書くことなんてそんなに多くは
ないと思うのだがどうだろう。
このメルマガはもちろんのこと、職業柄、毎日文章を書いたり、資料を作成
したりする。しかし、それらは全てパソコンで行う。


構想を練るのにシャーペンを片手に思いついたことを紙に書いていくのだが、
それは誰かに見られることを想定していない。
殴り書きだが、自分さえ読めればよいので問題ない。


だから僕は「どんなときに上手に書けるといいなと思います?」と尋ねてみ
る。
すると、返ってくる答えで多いのが「芳名帳」。結婚式や展覧会などで、芳
名帳に自分の名前を書かなければならないときに「上手く書けるといいな」
と思うらしい。


そんな場面、年に何回もないと思うのだが、それだけ印象が強いってことは、
自分の字を他人に見られるって相当なプレッシャーなのだろう。


先日、あるお母さんとお話したら、幼稚園や小学校の持ち物に子どもの名前
を書かなくちゃならないので、それがやっぱり嫌なのだとか。
上履きだの、雑巾だの、ノートだのってかなりの数になる。お子さんの名前
を書くことにプレッシャーを感じるお母さんって多いのかもしれない。


「じゃぁ、『お子さんのお名前上手に書けます講座』とかやったら、人が来
ますかね?」と冗談で言ったら、「絶対、来ますよ!私行きたいですもん!!」
とのこと(いつか、ホンキで考えよっと)。


「字を書く」という話と「小学校」という話題が出たところで、ふと思い出
したことがある。小学校2年生のときの僕の思い出だ。


○次回へ続く。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年04月27日

子どもを甘やかすことと無関心でいること!

◇学習塾の先生から二つの相談を受けた。
一つは、中学校2年生の男子とそのお母さんのことだ。
その中2の男子は、テニス部に入っているが、勉強はいい加減で、よく塾を
休むそうだ。
部活で疲れると塾を休み、部活の朝連があると塾を休むそうだ。
お母さんに言っても、暖簾に腕押し状態で、お母さんも子どもの要望を受け
入れて、子どもを指導することはないようだった。
こんな生徒と親にどう指導していけばよいのかという相談だ。

◇もう一つは、子どもに無関心な親に対する相談だった。
子どもは中学3年生の女子で、この子どもが何をしようが、全く関心を持っ
ていない親なのだ。
勉強も部活動も高校進学も、全部自分で決めなさいという親だ。
だから、塾でお母さんと話をするのだが、「全て子どもに任せてあるので、
子どもに聞いてください」と言うばかりで、話にならないそうだ。

◇私が、この二つの相談に対して共通しているなと思ったのは、この親たち
は、子どもに対して、愛情を持っていないということだ。

◇一つ目の相談の親は、子どもに対して非常に甘いので、子どもとの軋轢は
生じないが、子どもが、いろいろな障害を乗り越えていくことができなくな
るし、結局、他の子どもがやっていることをやれないまま成長してしまう。

◇つまり、現実とどう折り合いをつけていくかということを子ども自身が学
ばないで大きくなっていくことになるのだ。
こんな不幸なことはない。

◇二つ目の相談も子どもに全てを任せることで、子どものセルフ・エスティー
ム(自己重要感)が損なわれる可能性がある。
自分の親が自分に関心を持ってくれないのだから。そして、大人のアドバイ
スがもらえないのだ。
こんな辛いことはない。どちらも、子どもの成長を願っていないのだ。

◇アドバイスとして、子どもには、「自然の結末」と「論理的な結末」を体
験してもらうしかないので、しっかり指導していくことをアドバイスした。
親には、子育てを避けている原因をしっかり聞くことをアドバイスした。
そして、子どもにどんな大人になってもらいたいのかを聞いて、そういう大
人になってほしければ、こういうアプローチをとった方が良いのだとアドバ
イスをしたほうが良いとアドバイスした。

『親がいなければ子どもは育ったない!そう思って、子どもに関心を持つこ
と!』
   
※意識して最近は、敬体で文章を書くようにしているのですが、意識しない
と常体になっていました。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年04月24日

詰まったパンチ

◇先日、書類をファイリングするために簡易的な穴開けパンチを使って
いたのですが、途中で穴が開かなくなりました。使いすぎでパンチの切
れ味が悪くなったのかと。パンチの裏を見ると、今までのかすが溜まっ
ていて、穴をふさいでいたことにようやく気づきました。

◇かすを捨ててパンチの穴を復旧したところ、以前のようにスムーズに
穴を開けることができました。かすを捨てれば、元の切れ味が復活した
のです。

◇ふと、「私たちも同じかも・・・。」と感じました。そう、私たちも
何かに詰まると、私たちの真の能力が発揮できないのです。パンチと同
じように詰まったら、吐き出せばいいのかもしれません。

ちょっとしたニュートン気分です。そして、何を吐き出すか?です。

◇私たちのかす。それは、過去かもしれません。私たちは過去に拘って
能力を発揮できていないことがあります。普段は、適度に処理をしてい
るのかもしれませんが、たまたま捨て忘れると、詰まった状態になるの
かも知れません。

◇詰まったら、そう、過去を吐き出してみることです。

いいことも悪いことも・・・。

◇そういえば、先日4日間の研修で、参加者同士で互いにたくさん会話
をしてもらいました。4日間のプログラムを終了した時には、スタート
時とは全く違った表情と態度を示す参加者の姿を思い出し、彼らも4日
間で多少過去を捨てることができたのかもしれないとあらためて感じま
した。

「あなたのかすは、今どこにありますかね?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年04月23日

抽出方式の何が問題なのか!

【記事】抽出「学テ」、不便になった。25億円節約したが… 

読売新聞(2010年4月21日)より以下抜粋

○全校参加から抽出調査になった「全国学力・学習状況調査」(全国学
力テスト、学テ)が20日実施された。


○データ蓄積不能、自己採点には限界

○新政権は抽出化で費用を約25億円節約したが、全国の小中学校は平
均して3割の抽出校と4割を超えた希望参加校、不参加校に分かれ、こ
れまで可能だった学校や市町村ごとのデータの蓄積はできなくなった。
希望参加校からは採点への戸惑いの声もあがっており、抽出化の「狙い」
はいまだ見えない。(社会部 梅村雅裕、石井明美)
 
○何のための抽出か

○今回、都道府県単位での抽出率は統計上の理由でバラバラになった。
多くの学校が参加を希望し参加率は73・5%にのぼったが、「不参加
だった学校も、保護者は参加させたい思いが強いだろう」という声が文
部科学省内にもある。

○こうした点も踏まえ、川端文科相は20日の閣議後の記者会見で、
「希望参加の採点の問題、希望した学校の意見などの検証はしっかりやっ
ていく」と述べた。
だが、同じ頃、大阪府の橋下徹知事は府庁内で「民主党は完全に民意を
見誤った。(全員参加に反対している)教職員組合の声だけを聞いた」
と批判を繰り返していた。

○川端文科相は就任直後、「予算削減」を主な理由に抽出化を決めた。
テストの趣旨も、都道府県レベルで学力が把握できれば問題ない、との
考えで、教組の主張とは関係ないとした。

○ただ、学テにはもともと、個々の学校が学力の課題を把握し改善につ
なげるという目的があった。
都道府県が対策を講じるためにも市町村別データは必要なはずだが、抽
出では分からない。
費用は約58億円から約33億円になったが、失うものも大きい。
文科省幹部の一人は、「高校授業料無償化の実現のため、学テの予算を
少しでも削る必要があった」と打ち明けた。

○学力テストの分析にかかわった耳塚寛明・お茶の水女子大副学長(教
育社会学)は、「抽出調査で都道府県別のデータは正確に把握できるの
で、国にとっては十分だろう。
ただ、市町村別や学校別のデータの比較はできなくなり、都道府県など
にとっては困ったことだと思う。
数年に1度は全員調査を行い、きめ細かく学力の状況を把握してもいい
のではないか」と指摘している。

*私からのコメント

◇学力テストが、全国一斉から抽出になった。私としては異論は何もな
いが、この記事を見る限り、教師が、生徒の学力について、自分の物差
しを持っていないということが、分かる。

◇記事の中に「学テにはもともと、個々の学校が学力の課題を把握し改
善につなげるという目的があった」とあるが、こんなことは、自分の学
校でテストを作って分析すれば、できることだ。
そして、そうすることが、教師の仕事の一つであるはずだ。
それを怠っていたことが、問題なのだ。そう考えた方が良い。

◇全国学力テストのような無駄なことにお金を使うよりは、教師や教材
教具にお金を使った方が、賢明だろうと思う。
診断を良くしても、処方箋もなく、その対応策もないようでは意味がな
い。

◇学校は、学校として自校の生徒の学力を分析し、処方箋を考え、対策
を実行すればよいのだ。
国は国で、抽出したテスト結果を分析して、教育行政に活かせばいいだ
けだ。
抽出にしたのだから、無駄を省いたお金の使い道をもう一度考えた方が
良いのだ。
公立高校の無償化における予算だけにあててはいけないように思う。


+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2010年04月22日

初回の授業で雰囲気を作ろう‐3

◇児童A:「何言っているかわからないよぉ。」という児童の日本語発言に、
英語のみというルールを決めた学校ではどのように対応したらよいでしょう。
みなさも工夫されましたか。


◇ここで考えることは、全員の力を利用することです。
全員が日本語モードにシフトチェンジする前に、速やかに動きましょう。

◇準備1 「?」マークのサインを用意する。

◇準備2 何がどのようにわからないのかを知らせる児童が使うカードを用
意します。
たとえば、
"What do you call this?"、"How do you say ○○ in English?"
"I beg your pardon."、"What?"、"Please speak slowly."
などをイラストにします。

◇準備3 これらのイラストの意味(日本語)をカードの裏に書いておく。

◇準備4 これらのカードの見方(イラストが示す意味が理解できないと大
変)を普段から英語で練習しておく。

◇オンリーイングリッシュで指導をする場合には、言葉ではなく道具が大
きな働きをします。
そして、それに対する上記のような準備、ルールを知る、トレーニングをす
る。ということを行う必要があります。英語がわからないのですから、さま
ざまな視覚メディア(小道具)とジェスチャーの工夫が必要です。

◇オンリーイングリッシュで過ごすことを決めた場合に、児童が納得いかな
いままであることは十分に考えられます。
だからと言ってルールを崩してはいけないので、活動後の時間を使って、しっ
かりフォローをしておきましょう。

◇その場合でも、直訳指導ではなく、「どんな意味だと思った?」という問
いかけで児童に答えさせ、正し(大体の場合正しいので)ければ、しっかり
と正しい理解であること伝えましょう。
違っていたら、再度挑戦させるくらいの毅然とした行動が必要です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年04月21日

「坊主」

2月初めのことだが、坊主頭にした。知っている人に会うたびに、「何をや
らかしたんですか?」と100%きかれてしまった。
普段、そんなに素行が悪い印象なのだろうか・・・。

理由は特にない。強いて言えば、「前から一度したかった」ということか。
今は、自宅のバリカンを使って自分で刈るのだが、最初だけは、結構な長さ
のある刈った髪の毛の処理が大変だろうということで、1000円でやってくれ
る床屋に行った。

おっちゃんが「本当にいいの?」と言いながらも、(床屋だけにか)まさに
間髪入れずに僕の後頭部にバリカンをぶち込んだ。鏡越しに見るおっちゃん
は、バリカンを片手に半笑いだった。

その夜、僕の坊主姿を見たヨメさんの第一声は

「囚人みたい」。

なるほど、それはこの夫婦生活における僕の立場を象徴しているのかもしれ
ない。富士には月見草が、坊主には横ジマ服がよく似合う。

残難ながら、横ジマ服は持っていなかったので、着ることはないのだが、坊
主頭にニット帽が欠かせなくなった。もちろん、寒いからである。

このところの不安定な天候により、4月も後半なのに手放せない。温かい日
が来たかと思えば、翌日は冬のような寒さ。この原稿を書いている今日も横
浜の最低気温は6度。耳までずっぽしニット帽をかぶって外を歩く。

そんな様子を見たヨメさんが囚人の僕に言う。

「いつまで、その帽子かぶってんの?もう春だよ」

囚人は答える。

「春とか関係なくって、寒けりゃかぶる。季節なんか関係ない。真夏だろう
が、その日の気温がマイナスだったらゼッタイかぶる!!」

我ながらいいこと言うなぁと思ったのだが、囚人が生意気な口をきいたから
だろうか、ヨメさんは意外にも不機嫌な顔になった。また屁理屈言ってると
思ったのかもしれない。

でもでも、と思う。そういう状況判断が重要なんじゃないの?春だから、夏
だからって、そんな大枠に囚われていいの?実際に目の前に起こっている状
況で物事って判断するものじゃないの?もっと考えようぜ!

なんていう心の声は封印し、今日もニット帽を目深にかぶるのだった。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年04月20日

子どもに罰を与えない!

◇私たちは、ついつい子どもを叱ってしまいます。たとえば、テーブルの上
のグラスを倒して、牛乳をこぼしてしまえば、何をやってるの!と子どもを
叱ってしまいます。
部屋が汚いから、部屋のおもちゃを片付けなさいと注意しても、子どもがな
かなか部屋を片付けなければ、おもちゃをゴミ袋に詰め込んで、捨てるまね
をします。
子どもを脅しながら、部屋を片付けさせようとするのです。
それほどさように、私たちは、様々な罰を子どもたちに使って、指示・命令
を子どもたちに行使しています。

◇しかし、この罰を使って子育てをしていると、思わぬ弊害が出てしまう場
合があるのです。今回は、その罰の弊害を考えたいと思います。


『罰の好ましくない効果』
   
◇罰を使って、子育てをしていると、次のような弊害が起きる可能性があり
ます。

1.罰する人がいなければ、子どもたちは、不適切な行動を取ってしまいや
すくなる。
  子どもたちは、罰する人と罰しない人を区別するようになって、人の顔
色を見ながら、自分の行動を取ってしまうようになる。
罰する人がいなければ何をしてもいいと思うようになる可能性がある。
また、親の判断に依存的になって、何をやるにしても親の言うことを聞
くようになってしまう可能性がある。

2.不適切な行動を罰するだけでは、適切な行動を学べない。
  不適切な行動を罰するだけでは、適切な行動を学習できない。
子どもの行為を罰するだけでは、行為をするという意欲も失われてしま
う可能性があるので、不適切な行動をしなくなるが、適切な行動もしな
くなる可能性がある。

3.罰も子どもの行為に関心を示す一つの行為になるから、不適切な行為を
強化する可能性がある。
  親に無視されるよりは、罰せられることで、自分に関心が向くので、子
どもは、関心を引くことに成功したことになっていまい、不適切な行為
が続く場合がある。
  
4.罰を与えると親を憎むようになる。
  子どもは親に愛されたいが、親から罰を与えられ続ければ、親を憎むよ
うになる。愛している親を憎むようになれば、その憎しみは、非常に深
いものになる可能性がある。

◇自分のストレス解消のために子どもに八つ当たりしながら、子育てをして
いる親はいないと思いますが、罰を使う頻度が多くなっていれば、その弊害
が出る可能性があります。
罰による子育ての比率を極力下げるように意識してみてください。

『恐怖で子どもを動かしてはいけない。罰を子どもに与えても何も生むこと
はない!』


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年04月19日

ニーバの祈り

◇「明るい人だなぁ。」と感じる人の話を聞くと、今までの人生が必ず
しも順風満帆ではなかったことに驚かれます。


◇過去に家庭環境の問題、友人関係の問題、病気の問題、仕事の問題、
子どもの問題などなどを抱えたという事実です。

◇今の笑顔とは全く想像もつかない過去を聞かせてもらうと。私は、
言葉にならないあいづちで「そんなことがあったんですか~」と応えま
す。そして、「そんなご苦労をされてきたのに、なぜ今そんなにも明る
く前向きにいられるのか」という疑問を投げかけます。

◇すると、よく「開き直りかな!?」と返ってきます。確かに色々な悩
みを抱えている時、開き直ることができればどんなに幸せかと思うこと
があります。

◇では開き直りの極意がどこにあるのかと関心を持って、「開き直りと
は何か」と訊ねれば、「自分の手の及ばないことに意識を向けないこと
にした」なんて返ってきます。

◇手に及ばないことに、意識を向けなければ、悩む必要がなくなるので、
笑顔も明るさも、そして幸せをも手にすることができるのです。

◇開き直ることは、神を信じることと似ているかも知れませんね。
「ニーバの祈り」をふと思い出しました。

◇以下、アメリカの心理学者ニーバが唱えた祈りです
「神よ、変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気を
われらに与えたまえ」

「変えることのできないものについては、それを受けいれるだけの冷静
さを与えたまえ。」

「そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ」

◇「開き直り」していますか?

あなたの意識はどこに向いていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハンドルを右に切れば、右に曲がります。なぜ、そんな簡単なことを日
ごろの私たちは忘れてしまうのでしょうか。
右に曲がりたかったら、ハンドルを右に切ればいいだけなのに・・・。
そんなことを、ふと感じた今日この頃です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年04月16日

週休2日制も議論をしたほうがよい!

【記事】増える「2学期制」導入の公立小中5年で倍…授業時間確保 

読売新聞(2010年4月14日)より以下抜粋

○学ぶ内容や授業時間が増える新しい学習指導要領の完全実施を前に、何と
か授業時間を確保しようと、行事を少なくできる「2学期制」の導入や夏休
みを短縮する動きが公立小中学校を中心に広がっている。

○来年春から小学校で使われる教科書も分厚くなるだけに、教師の間では
「内容をしっかり教えるには時間が必要」との声が強まる一方だ。

○「特に高学年で授業時間の余裕がないので多いに越したことはない」今春
から2学期制を導入し、授業14時限分を積み増した新潟市立曽野木小の青
木祐一校長(57)が話す。
同市の市立小では従来の83校に加え同小など4校が新たに2学期制を取り
入れ、全体で75%を超えた。

○2学期制は、10月の連休などを境に1年を二つに分ける。
従来の3学期制に比べ、始業式、終業式を1回分省略することなどにより
10~15時限ほど授業時間を確保できるほか、教師が通知表作成などにか
ける時間を子供と向き合うために使うことも可能だ。

○文部科学省の調査では、2009年度、2学期制を実施している公立小は
21・8%(4668校)、公立中23%(2284校)。04年度の
9・4%、10・4%からそれぞれ倍増した。

○来春から使われる新しい小学教科書では、算数、理科で現行と比べ平均ペー
ジ数が30%以上増える。
福岡市のモデル校として2学期制を試行する市立博多小の中島健次教頭
(45)は「分厚い教科書でも授業ができるゆとりがほしい。
2学期制は広がるはず」と語った。
各教委によると、東京の江東、目黒、足立、東村山など11区市、仙台、千
葉、静岡、北海道・石狩市などでは全公立小中で導入済み。
横浜市も小学校は7校を除く338校で取り入れている。

○「通知表の回数が減ると子どもの成績が把握しにくい」といった保護者ら
の声を受け、3学期制に戻したケースもあるが、「1時間でも授業時間を生
み出したいのが現場の本音」(横浜市教委)という声が強い。

○一方、09年度から夏休みなど長期休業を短縮したところも、公立小
10・5%(2257校)、公立中8・9%(883校)で「増加傾向が続
いている」(文科省教育課程課)。

○夏休みの短縮は、東京では足立、板橋、江戸川区などですでに全公立小中
に広がり、武蔵村山市でも今年から全公立小で始める。

○江戸川区立小岩小は、昨年に続き、夏休みを5日短くするほかにも、学年
によって新指導要領の標準より週1~2時限、授業時間を多く確保した。
東京都算数教育研究会副会長でもある子安茂同小校長(58)は、新教科書
では中学から移ってくる内容もあると指摘、「初めて教える若手教師は授業
時間が足りるか不安を抱えている。丁寧な授業ができるよう環境を整えたい」
と話す。


*私からのコメント

◇学習量の増加に伴って、当然、学校の授業日数の問題が議論されてしかる
べきだと思うが、学校の週休2日制については(東京都が見直しをする気配
を見せているが)、抜本的な議論がない。

◇それは、教員の週休2日を確保したいためなのだと思うが、ここは、思い
きって踏み込んで議論してもいいのではないだろうか。
3学期制や2学期制の議論では足りないように思うが、どうだろうか。

◇「ゆとり教育」を導入する際に、私も含めて多くの人が「学習量のゆとり」
よりは学習時間を長くして、「理解するための時間のゆとり」を確保した方
がいいと思っていたはずだ。
しかし、文科省は、教員の週休2日制の確立を優先させて、学習量を削減し
た。そして、その結果、ゆとり教育に対する反動が生まれて、今回、大幅に
学習量が復活する。
2001年から比べるとなんと40%以上も全教科で増える。

◇言ってみれば、今回の学習指導要領の改訂は、週休2日制のスキームを大
幅に飛び出てしまうのだ。
だとすれば、2学期制の導入で乗り切ろうとする姑息な帳尻合わせはやめて、
学習内容を理解するための時間的な余裕を確保した方が良いのではないだろ
うか。

◇子どもたちには、時間的な余裕がないと言って、「ゆとり教育」を導入し
た趣旨を尊重して、今度こそ、時間的な余裕を確保する方策に転換した方が
良いのではないだろうか。
教員の労働時間を変形労働時間制に変更して、週休2日制を見直すことも必
要だと思うが、どうだろうか。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年04月15日

初回の授業で雰囲気を作ろう‐2

◇毎回「これは英語でなんと表現したら良いだろう?」という疑問が先生を
成長させます。そのたびにメモし、調べてください。

◇「英語で何と言うのだろう?」と思った瞬間に
"How do they say ○○ in English?"と口に出しましょう。
自分の行動を英語で表すことが語学力を伸ばします。

◇普段から教師が英語を意識していると、児童にもその気持ちが伝染します。
クラスの雰囲気は一層「英語」に染まります。

〔実例:児童の日本語を英語に直す〕

児童A :(英語がわからないので)「何言っているかわからないよぉ。」
先 生:(アイコンタクトをして)"A." "Say 'Question!'"
ジェスチャーやボードなどを使って、「?」状態を示します。
児童A : "Question!"
先 生: Yes, A. What is it?
児童A :「何言っているかわかりません。」(笑)

◇このまま英語だけで進めるかどうか、意見の分かれるところですが、基本
は子どもが納得して英語を使ってみる環境を作ることです。

◇一瞬の日本語タイム利用

先 生:(全員に)「何を言っているかわからない時ってあるよね。
そんな時は今のA君のように手を挙げてQuestion?と言ってください。
"OK? Let's practice. Yes? Question! Question!"
これを動作をつけて、速やかに全員にやらせます。
この時に、「?」マークのサインボードを準備してあると児童の理解と納得
はすばやくなります。

◇5、6年生になると、「腑に落ちない」ことは納得しません。それが連続
すると、自分で自分の行動を認めることができないので、その科目から自分
を遠ざけます。
要するに英語が嫌いになるのです。ですから、説明するべきところをしっか
りと説明することは彼らにとって大切なことなのです。
その瞬間に新しいことを学んでもらうことが重要です。

◇次回へ続きます。
次回は英語だけ納得させる方法です。みなさんならどうしますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年04月14日

「つながる」

ご存知の方も多いと思うが、「twitter(ツイッター)」という140文字
制限のショートブログが流行っている。あのオバマ大統領も選挙期間中に活
用したらしい。


詳しくは省くが、「フォローする/フォローされる」という関係で、他人の
書き込み(つぶやき)を見たり、そのつぶやきに返信したりする。知らない
人であっても割りと気軽にフォローできるという文化がある。
私自身は昨年始めたのだが、最近ようやくコツや面白さが分かってきた。


さて、ツイッターをやる中で、違和感を覚えることがあった。「つながる」
という言葉である。


例えば、「ツイッターで多くの人とつながることができて嬉しいです!」と
言った具合だ。何度か目にした。


人それぞれの「感覚」の問題なので、悪いとは思わないが、自分の感覚とは
ずいぶんと違うなぁと感じた。軽いのだ。
そんな簡単につながるものなのかなぁと。


ネット上で自分のつぶやきに誰かがコメントしてくれた。それは嬉しい。
僕も経験があるのでよく分かる。
しかし、それは僕の感覚では「つながる」ではない。「つながる」とはお互
いに多くの時間を共有し、意見を交わし、反論し、共感し、そうしてできて
いくものだと思う。


つながる一つのきっかけではあると思うけれど、「つながる」とは違う。
これが僕の感覚だ。


「つながる」を使う人は若い人が多いように思う。今の若者のつながりは僕
のよりも、ずっと軽いのだろう。それが悪いとは思わない。
この感覚なら、多くの人と知り合いになれる可能性は高いだろうし、軽いつ
ながりは、一方、断ち切るのも簡単だろう。
煩わしさもなく、それはそれで結構なことかもしれない。


なんてことを書くと、おっさん丸出しなのだが、そういうことを自覚しつつ
思うのは、それでも「つながりましたね!」なんて言われたら、絶対、反発
しちゃうんだろうな、ということだ。
ま、誰も僕となんてつながろうとは思わないんだろうけど。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年04月13日

自分を肯定できる子どもに育てる!

◇対人関係で重要なことは、自分自身と他人をどういう風に見るかというこ
とです。
対人関係の構えという考え方が交流分析にはありますが、その考えによると
次のようになります。

 組み合わせ1:自分=肯定、他人=肯定(自分も他人もOK)
 組み合わせ2:自分=肯定、他人=否定(自分はOKだが、他人はNO)
 組み合わせ3:自分=否定、他人=肯定(自分はNOだが、他人はOK)
 組み合わせ4:自分=否定、他人=否定(自分も他人もNO)


◇この4つの組み合わせは、子育てをする際にも参考になる思います。
例えば、こんな心理で子どもと接しているかどうか振り返ってください。
  
  お母さんの私はOKで、子どものあなたもOKだ。
  お母さんの私はOKで、子どものあなたはNOだ。
  お母さんの私はNOで、子どものあなたはOKだ。
  お母さんの私はNOで、子どものあなたもNOだ。

◇まずは、お母さん自体が、この組み合わせの中でどんなスタンスを無意識
のうちにとっているかです。
「どうせ私は何もできません。あなたにお任せします」とか、「どうせお母
さんの言うことなんか聞かないんでしょ!勝手にしたらいいわ!」なんて表
現を使うようであれば、それは、もしかすると、自分を否定しているのかも
しれません。
自分自身を肯定できない何かがあるのかもしれません。

◇親が自分自身を肯定しているかどうかは、重要なことです。
子どもに取ってみれば、どんな親も素晴らしい親なのです。
いろいろな思いはあるでしょうが、ぜひ、自分自身を肯定してください。
子どもにとっては、親がいるだけで幸せなことなのです。
どんな大人であっても親は親なのです。自分自身を肯定してください。

◇そして、子どもに対しても肯定的でいてください。
自分の子どもなのです。親の期待に応えられない子どもでも、いいではない
ですか。
親は子どもがいるだけで幸せなはずです。子どもを肯定してください。
親が子どもを肯定しないと子どもは自分自身を肯定できないものです。
ぜひ、子どもがいることを肯定してください。


『自分自身を肯定することが、子育てで重要なこと!』


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年04月12日

きれいなもの再発見 

◇桜はなぜきれいなのか?

私は、桜に私たちが意味を加えているからではないかと思います。

◇桜を見ると、心の中に人それぞれの美しい歴史が蘇ってくるはずです。
年度のスタートに咲く桜に、自分の未来を託しているかもしれません。

◇私たちは、知らず知らずのうちに、「桜は、きれいな花だ!」という
先入観を持って見ているからこそきれいに見えるのではないかと思うの
です。

◇何も桜がきれいでないと言いたいわけではありません。桜を見るよう
に、私の周りには美しいものであふれていると思えたら、新たな発見が
あるずです。

◇この世に、絶対的にきれいなものと汚いものが混在しているのでは
ありません。一般的に汚いと敬遠されるものが、「自分は汚い存在で
いよう!」なんと決めているわけがありません。私たち自身が決めてい
るだけです。

◇私たちが、「きれいなだ!」と形容すれば、自ずと心豊かになります。
であるならば、先入観を一旦取り外して、きれいなものやきれいなと
ころを発見できたら素敵です。

◇幸せは、たくさんのきれいを発見する私たちの心から生まれます。

さあ、きれいもの探しを始めましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜ベイスターズは、今年も負け越しのスタートです。負けとも負けて
も3年越しのファンである10歳のわが子の一途さに学ぶところが多々あり
ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年04月09日

学校や教員の世界が、なぜ世間の常識からズレるのか!

【記事】「先生の家の猫の名は?」私立高教諭、定期試験に出題

朝日新聞(2010年4月5日)より以下抜粋

○福岡県柳川市の私立杉森高校(鐘江茂光校長)で、理科を担当する40代
の男性教諭が昨年度の食物科3年生の「生物1」の中間試験で、自分の飼い
猫の名前や好物、愛車のナンバーなどを出題していたことがわかった。


 
○この中間試験は昨年5月下旬に行われた。飼い猫の名前などは「授業でと
りあげた事項」として出題された。
「先生の家の留守番をしているのは( )という名前の茶トラの野良猫で、
最近は『 』がお気に入り」という文章を完成させるよう求めた。
免疫に関する別の問題も空欄を埋める形式だったが、答えが「語群」として
挙げられており、最後から逆に記入していけば正答となるようになっていた。
 
○学校関係者によると、この教諭は2008年秋に採用され、昨年度は食物
科の1年生と3年生の授業を週8時間受け持った。
こうした問題は担当のクラスにだけ出しており、平均点は90点台前半のこ
ともあった。
別のクラスと比べ20~30点高かったという。
 
○昨年11月、外部から指摘を受け、同校が調査。
教諭は校長による厳重注意処分とした。
鐘江校長は「授業中の自分の話を聞いてくれているかを確認したくてペット
のことなどを出題したとのことだった」と説明した。
 
○同校では3月末、教員免許の期限が切れた非常勤講師2人が5年3カ月に
わたり授業していたことや、教諭3人が免許外の授業をしていたことが発覚
していた。


*私からのコメント

◇今回の事件のようなことが、全国の学校や教師の間で普通に行なわれてい
るわけではないということを断った上で、言及したいことがある。
それは、学校や教員の世界が、社会の常識からズレてしまうことについてだ。

◇どうして、学校や教員の世界が、社会の常識とズレてしまうのか。
それは、特殊な論理がまかり通ってしまうからだ。
そして、その論理が第三者の目で検証される機会が少ないからだ。

◇まず、特殊な論理とは、学校を最優先に考える志向から来るものだ。
教育の場である学校には、「子ども-教師」の関係を縦の関係として捉える
傾向がある。
そして、その関係の帰結は、子ども観に現れる。

◇子どもは、人間として未熟で、未熟であるがゆえに、教師のやることなす
ことに対して、文句をいう存在ではなく、従属する存在なのだという子ども
観だ。

◇こんな子ども観を今頃持っている人間なんていないはずだ!と思われるか
もしれないが、しかし、口に出すか出さないかは別にして、こういう子ども
観が学校の論理の底流にはあるのだ。
だからこそ、今回のくだらない試験を大の大人が大丈夫だと思って出すのだ。
子どもは文句なんか言わないだろうと。

◇そして、第三者の目で検証される機会が少ないというのは、教師の自律性
と学校の自律性に関わることだ。
この問題は、慎重に論じる必要がある。政治的に自律していることと専門家
として自律していることが、建前上求められるからだ。

◇だから、このメルマガの紙面では、詳細に論じられるものではないが、第
三者の目ということに関して言えば、学校が地域に開かれることと、誰が責
任を持って学校を良くしていくのかを明確にすることだ。

◇この方針があれば、今回のような事件は起きないだろうし、全国で起こっ
ている学校や教師の事件は、件数が減るはずだ。
そうなれば、学校や教師は、きっと今以上に信任されるはずだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年04月08日

初回の活動で雰囲気を作ろう

◇新学期開始です。今回からは英語活動の実践をしばらく続けます。


◇初回の授業は一年間のクラス方針を示す場です。

◇5年生は(前学年から活動を始めている場合は別として)初めて英語活動
に入ります。
初回の授業で雰囲気を作る(創る)ことができれば、それ以降へのモチベー
ションが創り出せます。6年生は昨年と違う印象をつけます。

◇ポイントは「楽しさ」です。
楽しさとは歌やゲームで時間を過ごすことではありません。
ちょっと気合を入れた結果として知識や技能を手に入れたことを実感するこ
とです。

◇それには、アウトプット機会の確保が肝心です。
アウトプットを増やすと、承認(ポジティブに評価する)機会が増えます。
すると、子どもの向上心にスイッチが入ります。

〔実例:あいさつの導入〕

先生:(体全体を使いスマイルいっぱいで)H-E-L-L-O!

◇みんな何と応えたら良いか不安気です。
すかさず、両腕で招くように、HELLO.と応えさせます。出来なければ、さら
に元気にHELLO!を繰り返します。
誰かが、小さな声で、Hello.と言うのを聞き漏らさず、その子に、Very GOOD,
○○. (○○は児童名)と言ってそのように応えることが正しいというこ
とを暗に伝えます。

◇すかさず、全体にHELLO!に投げてHello.が返るようにします。声が小さけ
れば、ジェスチャー付きで、Speak out! 

◇全体が大声でできた瞬間に、Very Good! Everyone. 
その後は個々にHello. のトレーニングです。

◇一人ひとりにVery Good, ○○. と大声とスマイルと拍手や親指をグッと
立てたジェスチャーで承認していきます。
声を出すだけでも大変な内気な児童でもその子なりに頑張って声を出した時
は瞳が微笑んでいます。
発音がはっきりしないときには、口の形や舌の位置を示しながらHello.と
はっきりと言わせます。うまくできた時に Very good.です。

◇ここでの指導チェックポイントは次の3点でしょうか。
1.挨拶Hello. には Hello.で応える(言語面)
2.Hello.の発音方法(音声面)
3.大きな声でスマイルとアイコンタクト(行動面)

◇「行動・チェック・修正・承認」の流れを完成させます。
これにより、児童はこの活動が英語で、「新たなことを学ぶ活動」というこ
とを理解します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年04月07日

「親父のひと言」

先日、親父が田舎から横浜へやってきた。東京で仕事があったらしく、その
夜、久しぶりに一緒に酒を飲んだ。

数年前、大病を患い、大手術をしたせいで、以前のようにはたくさん飲むこ
とも食べることもできないが、しゃべることに支障はない。
軽く助言も頂戴した。言いつけは素直に守りたいと思う。


本人が知っているかは分からないが、術後5年生存確率30%と医師から言
われていた。その5年を過ぎて2~3年になる。
手術が終わったら海外旅行に行くことをモチベーションに生還した。


一般のサラリーマンならとっくに定年なのだが、自営のため、まだ現役で働
いている。自分の親父ながら「コイツはなかなかやるな」と思わせる。
尊敬に値する男だ。


とにかく厳しい人だった。勉強のこと、学校生活のことに関して怒られた。
母のように小言をしょっちゅう言うのではない。年に1、2回呼ばれて正座
させられて怒られるのだ。


僕が社会人になって、このときのことを親父が話したことがあった。
どうして、厳しかったのか。


「義務教育は、自分の子供が人様のお金で学ばせていただいているわけだけ
ん、いい加減なことはさせられんわね」。


義務教育。それは決して無料ではない。国民の税金でまかなっている。
つまり、自分が働いた金ではなく、多くの人からお金を出してもらって学校
で学ばせていただいているということだ。それを無駄にしていいのか。
しっかりと勉強するのが人として正しい道だろう。親父の考えはそういうこ
とだったらしい。


面白いというか真面目というか面倒くさいというか。変なところが頑固な田
舎者だ。だが、僕は、こういうの、決して嫌いではない。


公立高校の授業料が無償化になり、私立高校生には就学支援金が支給される
ことが決まった。このニュースを見て、親父のひと言をふと思い出した。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年04月06日

子どもに感謝する!

◇私が、理事を務める私立高校の新入生ガイダンスが、4月1日にあった。
そのガイダンスで、保護者の方に、私の方から、約30分お話をさせていた
だいた。
今回は、そのことを書こうと思います。

◇皆さん、目を瞑ってください。そして、お子さんが、生まれた時のことを
思い出してください。どうですか?思い出していますか?

◇あの時の感動を思い出せましたか。あの時、皆さんは、自分の子どもが生
まれて、感謝したはずです。「生まれてきてくれてよかった!ありがとう!」
そう思ったでしょう?子育てで、ちょっと子どものことでイライラしたら、
思い出してください。

◇次に、生まれてから1歳までのことを思い出してください。
皆さんは、今では当たり前にやっていることをその当時は、お子さんに全く
していないのです。それは、何だと思いますか?

◇それは、叱るということです。
1歳までの間では、基本的に赤ちゃんは叱られないのです。
いつもほめて、認めて、笑顔で、コミュニケーションを私たち親は取ってい
るのです。
それは、赤ちゃんが1歳前後になった時に起こる大事件の準備のためです。
その準備のために、勇気を与え、自信を与えようと私たち親はしているので
す。

◇赤ちゃんが、一人で立つという事件の準備のために。
自立するために、私たち親は、赤ちゃんのセルフ・エスティーム(自己重要
感)を高めておくのです。
そうやって、子どもは第一の自立をするのです。

◇次は、第二の自律を子どもにスムーズにしてもらうようにしなければなり
ません。
ぜひ、子どもの当たり前にできていることを認めてください。叱るよりも、
認めることです。
そこから、子どものセルフ・エスティームは高まります。そして、自信をもっ
て、親から自律していけるのです。

◇ぜひ、お母さん、お父さん、このことを覚えておいてください。

◇最後にもう一度、子どもに感謝しましょう。
めぐり合った奇跡に感謝しましょう。
そして、子育てに疲れたら、子どもが生まれた時のことを思い出してくださ
い。あの嬉しかった日のことを!

『子どもがいるだけで幸せだったあの時を思い出し、子どもに感謝しよう!』

+────────────────────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+────────────────────────────────────────────────+

2010年04月05日

機械化人間を超える

◇昨今の不景気は、雇用の問題を大きくクローズアップさせています。
しかし、雇用の問題は、オートメーション、パソコンの普及と共に始ま
っていました。


◇何も文句を言わず、プログラムされた指示をまじめにかつ正確に行う
機械は、社会の雇用環境を変えてきました。
何よりも、機械は定期的なメンテナンスをしていれば、安価で仕事をし
てくれることが重宝されます。

◇回転寿司における自動寿司握り機は、それを象徴しています。寿司職
人として一人前にするまでに育て上げるには、長い年月と費用がかかり
ます。
しかし、機械は、購入のコストとメンテナンスの費用があれば、購入段
階から一人前の仕事をしてくれます。もちろん、ベテランの職人の域に
は達しないでしょうが・・・。

◇私たちは、自らの時間を犠牲に仕事に従事しています。だからこそ、
多くの対価を期待するのは当然です。
しかし、機械を超える仕事をしなければ、残念ながら機械に取って変わ
られるのは必然です。

◇だから、技術や資格といったところで、究極は機械と戦うようなもの
で、その分野では叶いません。どうしたら機械を越えられるのか?

◇それは、機械の弱点を理解すれば自ずと理解できます。機械は、既に
プログラムされていることしかできません。
そして、機械には将来の展望や人間の中で臨機に存在することはできま
せん。

◇人間には機械にない可能性があります。この可能性とは、仕事のため
に学び成長すること、仕事を通して社会に貢献することです。

◇機械の投入を恨んでも仕方ありません。プログラムを越えた学びと社
会貢献の意識こそが個人が雇用問題、ひいては、生きることの課題をク
リアできるのではないかと思います。

あなたにとって働くことの究極の目的は何ですか?

そして、今現在あなたは何を学んでいますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年も桜を感じられる自分が存在していることに感謝です。
今年も街でたくさんのフレッシュマンに出会えることに感謝です。
今年も入学、進級に期待を膨らませている子どもたちに出会えることに
感謝です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年04月02日

学力低下から偏重へ!そして、学力格差へ!

【記事】小学校教科書、算数・理科3割増 11年春から脱ゆとり

朝日新聞(2010年3月30日)より以下抜粋

○ 文部科学省は30日、2011年春から小学校で使われる教科書の検定
結果を発表した。
学習指導要領が「脱ゆとり」の方向で全面改訂されたことに伴い実施された
今回の検定では、各社が申請した教科書のページ数は現行の教科書に比べて
軒並み増加。文科省によると、各社平均で算数が33%、理科が37%、全
教科の合計でも25%増えた。

○文科省によると、今回の検定には15社が148点を申請。上下分冊を含
めると延べ数で計280冊になり、検定意見による修正の手続きを経て、す
べてが合格した。

○小学校の教科書は、教える内容を3割減らした98年度の学習指導要領改
定に伴い、00年度検定で分量が大幅に削減された。
だが、学力低下批判の高まりを受けて03年度検定から検定基準が変更され、
学習指導要領の範囲を超える「発展的内容」の記述が可能になると、教科書
の分量が一転して増加した。
その後、08年に学習指導要領が改訂され、算数と理科を中心に教える内容
と授業時間数が増えたことから、今回の検定に提出された教科書はさらに分
量が増加した。

○指導要領の範囲を超えた発展的内容のほか、過去の内容をおさらいする反
復学習が随所に出てくるのが特徴だ。
また、知識の暗記だけでなく、活用する力を育てようとする仕立てが多く登
場した。


*私からのコメント

◇ゆとり教育は、誰でもが、学力低下を招くと懸念していた。
しかし、それが、本当に学力低下を招いたのかどうかは、はっきりと実証さ
れてはいない。

◇1980年代後半から続く学力低下傾向に拍車がかかったことは確かなよ
うだが、それすら、はっきりしないのだ。
しかし、ゆとり教育は、学力低下問題を教育問題にしたことだけは確かだ。
そして、日本の教育界における学力偏重に対するアレルギーを払拭したのだ。

◇だから、昨今の日本の教育は、学力問題を中心に語られるようになった。
そして、学力養成に関わることであれば、誰でもが、賛成するような雰囲気
になったのだ。

◇さて、今回の記事だが、ゆとり教育に慣れた子どもたちは、大変な苦労を
するかもしれない。
学習内容が、難しくなって、そして量が増えるのだ。学校だけの授業では、
多分、落ちこぼれてしまう可能性が高くなるだろう。
そうなれば、出来る生徒と出来ない生徒の格差が今以上に大きくなるのだ。
学力格差が、今以上に大きくなるはずだ。

◇実は、この結果を出すことが、ゆとり教育を導入する目的だったのだと私
は思っている。
文科省は、大衆教育とエリート教育を明確に分けることが、近い将来の理想
像なのかもしれない。
そのために、ちょっと遠回りをして、ゆとり教育を導入したのだ。

◇2002年の教育改革で、教育の自由化は、確保されているのだ。
その時にも言ったように、自分で自分の子どもの教育を考えることだ。
学校に自分の子どもの教育を任せてはいけない時代にそろそろなっているの
かもしれない。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年04月01日

初回の授業で雰囲気を作る

◇4月第1号がApril Foolに大当たり。
今日の内容が信頼されるか否かは浅井のこれまでの行動によりますね。

◇ブラッシュアップ4(表現を覚えて自分の言葉にしよう)

英語だけでレッスンができることは理想です。一朝一夕にはいきませんが、
「その日のために」トレーニングを繰り返しましょう。

発音練習と違って表現は使って覚えます。と言っても誰かとの対話練習は必
要ありません。一人のシャドートレーニングでOKです。
対話実践の場はこれから毎週訪れます。日々上達するので毎回子ども達を驚
かしましょう。

覚える表現は「クラスルームイングリッシュ」です。主に行動指示表現です。
(命令表現が多いので、ALTに使うと失礼になる場合がありますから、ご注
意を。)

場面に即した表現をまとめて覚えます。題材は文部科学省制作の『小学校外
国語活動研修ガイドブック』を推薦します。
付属のCDを利用して、場面ごとの表現を覚えましょう。

さて、覚え方はCDの英語を、そのまま真似して記憶します。これまで発音
の練習をしているので、真似る力も聞き取り力も伸びていますよ。

最初は頭の中で日本語から英語へ転換をするでしょうが、そのうちに、何か
を取ってきて欲しいという場合には、Please bring me 物. だな。
大声を出して欲しいから、 Speak loud. とか Speak up. だな。
だったら、素早く動いて欲しいときは、 「動く・素早く=Move quickly.
Move fast.」だな。というように応用ができます。

中学英語を思い出し、それを場面に即して使えるようにするだけですから、
容易に感じるはずです。

その後、実際の授業を想定してイメージトレーニングです。
(これが最も大切です)

例えば、授業の開始は・・・
Hello everyone. Let's start today's English Lesson.

歌を歌うときは・・・
Let's sing ○○ song.  

注目を引いて自分を見てもらう時は・・・
Look at me, everyone. だな。  そのうちに感情がこもって、Looooook
at Meeee. EveryO-ne という感じかな。 ということになります。

授業の終わりは・・・
That's all for today. See you next time.  See you. Seeeee Ya!

だな、ということを繰り返します。

慣れてくると、「こんな時はなんと言うのだろう?」という疑問が湧きます。
チャンスです!そのときに覚えた表現はしばらくは忘れません。

次回から、新学期のレッスン具体例に進みます。その都度、ティーチャー
トークを紹介して行きますので、ご期待ください。
練習しておいてくださいよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

塾の起業、経営に役立つMBAのメルマガへの登録はこちらから

MBAをお気に入りに追加する 塾経営のサクセスネットMBAのホームページはこちらへ

カレンダー

2010年08月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
塾の起業、塾経営についてお電話ください。045-651-6922まで。