塾経営、塾の起業コンサルタントが語るブログのトップへ戻る
« 2010年05月 || 2010年07月 »

2010年06月30日

「合格一つ。」

夏を制する者は受験を制す。

かなり手垢の付いた表現ではあり、「本当にそうなの?」と疑う人もいるか
もしれないが、実際、夏の勉強は非常に大切だ。


40日近くも学校が休みになる「夏休み」の期間をいかに有効に過ごすか。
仮に、通常、学校に通っている時間を塾での学習にあてたとしたら、それは
かなりの学習量となる。

特に、中学受験生。彼らの学習量は半端ではない。
朝からお昼を挟んで夕方まで授業をやり、授業が終わってからそのまま塾に
残って宿題や復習をこなす。
中には、昼と夕方の2食を塾でとる生徒もいる。家は寝に帰るだけという状
態だ。

受験生にはお盆休みもない。たいてい塾の合宿か、志望校別などの特訓授業
がある。
それらに参加しないとしても、塾から宿題がたくさん出される。

とにかく「ここまでやるのか」というくらい勉強する。
教えていながら頭が下がる思いだった。
僕は、集中してこれほどのことを徹底的にやったという経験がない。
勉強する子どもたちは尊敬に値する。

だからこそ。

個人の志望校はいろいろあると思う。中には難しい受験校もあるだろう。
目標を持って最後まであきらめずに取り組んでほしい。

しかし、その一方、どこの学校でもいいからとにかく『合格』を勝ち取らせ
てあげたい。
全滅のまま、公立中学進学という状況だけは避けてほしいと願う。

勉強は無駄にはならない。それは理屈で分かっている。
しかし、ものすごい時間をかけ、遊びたいのを我慢して勉強しているのだか
ら、彼らには結果を与えてあげたいのだ。

第一志望校以外には行かない。だから、他の学校は受けない。
その考えはよく分かる。行かないのだから、受けても意味がない。
しかし、残念ながら、全員が第一志望校に受かるわけではない。

行く、行かないに関わらず、『合格』という結果を残すための受験という選
択もあることを覚えておいてほしい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年06月29日

誰の??

先日朝の通勤電車の中で不思議な光景を目にした。

電車が少し遅れていたので混んでいたのだが
ふと見るとそこに男性用の靴が。

なぜ、こんなところに靴だけが??
座っている人が脱いでいたのか?

それにしては、向きが逆だし、
靴と座っている人の間には立っている人がいる。

では、この靴はいったい誰の??
立っている人??
誰か靴を忘れて降りた??

自分の位置からは立っている人の足元は見えない。
かなり気になりながらも降りる駅に着いてしまった。

いったいあの靴は誰のだったのだろうか・・・

6月15日号 効果的な問い合わせ対応を考える

◆目次

■巻頭所感
■Pick Up教育ニュース&ポイント
■達人の小技:叱るということ①
■MBA特集:効果的な問い合わせ対応を考える                  
■塾運営成功事例:個々への提案
■誌上セミナーレポート:2009年9月度生徒が集まるイベント作りより
~イベントの意味

「塾経営サクセスネットMBA」164号を皆様にお届けします。

 今号の特集は、「効果的な問い合わせ対応を考える」です。夏期講習が迫り、これからどんどん皆さんの学習塾には問い合わせが増えてくる時期です。今号の特集は、その問い合わせに対して、しっかりとした対応と印象的な対応をしていただこうと企画しました。集客時期では各学習塾に問い合わせがきます。その中で変な応対をしていては当然選ばれることはありません。少しでも印象のよい対応で安心してもらうことが重要なことです。今号の特集を参考にして、素晴らしい対応を心がけてください。
 また、今号では、「誌上セミナーレポート」でイベントの意味を取り上げています。イベントは、一般生との接点創造のツールです。また、在籍生を活性化させる仕掛けです。7月のイベント参考にしていただければ幸いです。
 在籍生には6月中に夏期講習参加の確認を取りましょう。7月の1ヶ月間は、一般生獲得に集中してみてください。6月末までに7・8月の業務計画をもう一度見直してみてください。9月の成功のために。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

6月1日号 業務の基本視点

◆目次

■巻頭所感
■Pick Up教育ニュース&ポイント
■達人の小技:個別指導の間違い授業術
■MBA特集:業務の基本視点
■チラシのヒント:目玉企画の中身                
■塾通信のネタ探し:すきなならいごと/きらいなならいごと

「塾経営サクセスネットMBA」163号を皆様にお届けします。

 今号の特集は、「業務の基本視点」です。学習塾の業務は、基本的にコミュニケーションに関わるものが多いはずです。塾通信も掲示も授業も面談もすべてコミュニケーションに関わることです。コミュニケーションに関わることですから、業務を行なうということは「相手のセルフ・エスティームを高めるということ」になるはずです。そういう視点で業務を見直してみてください。この特集には、具体的な視点があるはずです。ぜひ、参考にしてください。
 また、今号では、「チラシのヒント」で夏期講習のチラシのヒントになるであろう話題を取り上げています。何を売るのか、利便性は高いか、効果性はどうか、ぜひ、この夏のチラシで何を売るのか一つ工夫をしてみてください。

 6月は、保護者面談の時期です。保護者面談を全員と行なって、夏期講習の参加率を100%に近づけましょう。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

5月15日号 新人職員の壁とは

◆目次

■巻頭所感
■Pick Up教育ニュース&ポイント
■達人の小技:テスト対策の流れ
■MBA特集:新人職員の壁とは
■塾運営成功事例:夏期講習設計のヒント                     ■誌上セミナーレポート:2009年9月度塾人スキルアップセミナーより
~個別指導授業の失敗 

「塾経営サクセスネットMBA」162号を皆様にお届けします。

 今号の特集は、「新人職員の壁」です。私は、その昔、大卒を採用する面接官と内定者研修の責任者兼講師をしていましたが、新入社員の能力格差や性格格差が非常に大きかったことを今も覚えています。私とは生育歴の違う若者が、これから社会人になっていくという時に、何をして上げられるのかと悩んだものです。
 今号の特集は、そういう新人職員のある種の壁に焦点をあてています。「なぜ、こんなことも出来ないのか!」と失望する前にぜひ一読ください。新人職員の壁がどの辺にあるのか分かっていただけると思います。また、指導のポイントも参考になるのではないかと思います。
 また、今号では「塾運営成功事例」で夏期講習の設計のヒントを取り上げています。まだ設計が定まっていないのであれば、利便性と効果性と投資性の観点で考えてください。例えば、利便性の強調は、日程と時間帯です。昨今の学校は、終業式も始業式もばらばらになっています。どの学校に合わせて講習をスタートするか、また講習を終了させるのか、狙いを定めて設計をしてください。
 夏期講習の成功のステップとして、5月は保護者へのDTSを徹底してください。


マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

5月1日号 生徒ガイダンスマニュアル

◆目次

■巻頭所感
■Pick Up教育ニュース&ポイント
■達人の小技:理想の共有
■MBA特集:生徒ガイダンスマニュアル
■チラシのヒント:対象に合わせる                
■塾通信のネタ探し:なりたい人物像  

「塾経営サクセスネットMBA」161号を皆様にお届けします。

 今号の特集は、「生徒ガイダンスマニュアル」です。私が室長だった時代は、この生徒ガイダンスを定期的に行って、生徒のモチベーションを上げていました。このガイダンスは、私の得意とする校舎運営スキルです。今でもコンサルの柱にこの生徒ガイダンスを置いています。校舎運営の本質は、その校舎が生徒や保護者にどうモチベーションをかけるかと言うことです。この生徒ガイダンスが上手くできるかできないかは、校舎に生徒が集まるか集まらないかの非常に大きな境目なのです。ぜひ、今号の特集を参考にして、貴塾でも生徒ガイダンスに力を入れてください。

 また、今号では、「達人の小技」で「理想の共有」と題して、生徒指導における、承認のあり方を取り上げています。生徒の素晴らしい姿勢や態度を承認して、その生徒の理想をその生徒の中に求めるのです。この生徒の中に理想を求めるというのが、重要な点です。ぜひ、こちらも方も参考にしてください。生徒ガイダンスでも使える手法です。

 最後になりますが、夏期講習の設計をしっかり行ってください。5月の中旬には、完成させ、6月7月の2ヶ月を集客に当てましょう。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

4月15日号 自塾を分析しよう!

◆目次
■巻頭所感
■Pick Up教育ニュース&ポイント
■達人の小技:相手が求めていること
■MBA特集:自塾を分析しよう!
■塾運営成功事例:保護者面談での質問例
■誌上セミナーレポート:子どものやる気を引き出す教師アプローチより
~「聴く」ということ

「塾経営サクセスネットMBA」160号を皆様にお届けします。

 今号の特集は、「自塾を分析しよう!」です。自塾について客観的に分析してみることは非常に重要なことです。5年前の自塾の生徒層と現在の生徒層を比べてみると、案外違っていたりするものです。それを知らずに、5年前と同じような思考で、現在の自塾を考えてみると、当然、ミスジャッジが起こることになります。

 ぜひ、自塾の分析を定期的に行ってください。自塾の分析が、マーケットにおける適切な戦略構築には必要なのです。
 また、今号では、「塾運営成功事例」では、保護者面談で必要な質問例を取り上げています。面談だけではなく、DTSのトーク例としてもご活用ください。保護者から様々な情報を引き出し、把握することが非常に重要な校舎運のポイントです。保護者とのコミュニケーションを重視して、この1年に取り組んでください。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

4月1日号 夏期講習の集客成功に向けて!

◆目次

■巻頭所感 p. 1
■Pick Up教育ニュース&ポイント p. 2
■達人の小技:既習事項と結び付ける    p. 3
■MBA特集:夏期講習の集客成功に向けて! p. 4
■チラシのヒント:アクションポイント p. 8                
■塾通信のネタ探し:首都圏中学入試状況  p. 9

「塾経営サクセスネットMBA」159号を皆様にお届けします。

今号の特集は「夏期講習の集客成功にむけて!」です。春期講習や新年度の生徒募集はどうだったでしょうか? 集団指導塾に生徒が戻りつつあるようですが、集客に対する戦略がどうなのかで、結果は分かれたようです。

もし、今春の集客が思うようにいかなかったのであれば、夏期講習までに取り返すように考えることです。そのために今号の特集を参考にして集客戦略を作ってください。
講習の設計で言えば、時代は、未だに「安・近・短」です。そして、集客的に言えば、お得感を出しながら、徹底的に告知をしていくことです。今号の特集では、その辺の取り組みに言及しています。ぜひ、参考にしてください。

また、今号の特集と併せて「チラシのヒント」もご参照ください。生徒集客をトータルに考えることが、成功に第一歩になるはずです。

生徒密着を心掛けて、夏期講習まで退学者を抑えてください。新規入会者からの紹介を徹底的に引き出す4月にしてください。

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

目標設定について

◇今回は、目標設定について考えたいと思います。

『可能性のある目標設定を!』


◇例えば、100メートルを9秒5で走れたら、1億円を進呈しましょうと
いう懸賞があったとしたら、皆さんはこの難題に挑戦しますか。

◇多分、私たち大人は(肉体的に鍛えている人は別にして)誰も挑戦しない
だろうと思いますが、どうしてでしょうか。
それは、自分にとって、ハードルが高すぎるからです。
挑戦しても出来る気がしないからです。

◇人間は、完全に不可能なことに挑戦することはほとんどないといっていい
と思います。
稀代の天才か、とんでもない大馬鹿野郎以外には、そんな難題に取り組みは
しないのです。

◇それでは、この課題は、どうでしょうか。
100メートルを25秒で走れたら、1億円を進呈しますという課題。
この課題に対しては、皆さん、もしかしたら、挑戦するかもしれません。

◇私なら、取り組んで1億円頂こうと必死になります。
以前に25秒を切って100メートルを走れた経験があるひとなら、もしか
したら出来るかもしれないという実感がありますから、挑戦してみようと思
うのです。

◇人間は、自分が出来そうな課題に対しては、取り組む意欲が沸くものなの
です。
努力しても到底無理な課題は敬遠して、出来そうな課題に取り組んで、達成
感を感じたいものなのです。

◇だから、目標設定は、大きな目標だけに終わらせないで、その大きな目標
を達成するための、小さな目標を設定して、積み上げていくことです。

◇子どもにとって、これだったら出来そうだという小さな目標を設定して、
達成感を実感させることです。
目標を達成したら、楽しいのだということを経験させましょう。

◇ただし、小さな目標を設定したら、次に大きな目標までの道筋を見せるこ
とです。
そうしないと到達イメージが持てないからです。
到達イメージが強くあったほうが、意欲が強くなるものです。

◇全体像が分かっていたほうが不安感が少ないのです。
やる気は、目標を持った時に、出てくるものです。そして、目標は達成した
時のイメージが強いほうが、意欲が増すと言うものです。
ぜひ、達成可能な目標から徐々に大きな目標に向かってほしいと思います。


『可能性のある目標を設定しよう!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年06月28日

福岡から名古屋へ

昨日は、福岡で弊社主催の「人材育成セミナー」が実施されました。

福岡は遠方ということもあり、講師の3名(弊社代表中土井、シニアコンサルタントの井上・浅井)がお伺いし、私も含めた事務方は会社のある横浜で留守番をしていました。

そして、今日、福岡での講演内容をビデオで見ると、私が東京で聴いた「人材育成セミナー」と内容がだいぶ変わっていました。理論の骨子は同じなのですが、その肉付けの仕方がまったく違っているのです。

東京会場のセミナーがあったのが5月30日(日曜日)。福岡は6月27日(日曜日)。この1ヶ月余りであったエピソートが、そこかしこに盛り込まれ、話の膨らみ方が大きく変わっていました。

fukuoka.gif


どちらが良いとか悪いとかではないんです。
実感するのは、人の話というのは、生き物だということです。

福岡で傾聴してくださった皆様にとって
弊社のセミナー、九州流の味付けはいかがだったでしょう。

ご満足いただけるものであったことを切に祈っています。


さて、次回の「人材育成セミナー」は名古屋会場で
7月4日(日曜日)に実施されます。
名古屋会場の味付けはどんなものになるのやら????
福岡に負けず劣らずの逸品となるはずです。

会社の人間であることを度外視して、聴衆の一人として楽しみです。

最後となりましたが、福岡会場にご参加してくださった皆様、
長時間のセミナー、お疲れ様でした。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


(T)


無意味な我慢解放のススメ

◇中学3年の入試の2ヶ月ほど前、友人と計画を立てた。
入試が終わったら、一緒に旅行に行こうというものでした。

◇自分の将来のための勉強だと頭で感じながらも、不安との戦い苦痛で
しかたなく、その苦痛に打ち勝つためのモチベーションのツールとして、
旅行を選んだのでした。
自ら、人参を目の前にぶら下げたようなものでした。

◇ところで、もし、我慢することなく入試勉強中でも旅行に行っていた
らどうなっていただろうかと。
1日勉強しないことが大きく入試の合否を左右するとは思えない。
したいことを我慢するほどに入試勉強している実感によって、自分自身
の真剣さを自分自身に訴え、不安解消をはかっていたように感じます。

◇今思えば、不健康な戦略だったような気がします。
自分で自分の首を絞めているようなものだったから、常に緊張と疲れの
中にいました。

◇そして、意外にも最近似たような戦略で生きてきた人に出会い、この
ような信念を持つ人が多いのではないかと感じていました。
もし、そんな予備軍が若者の中にいるのなら伝えたいと思います。

◇もっと人生は楽かもしれない。
ストイックに生きることで初めて結果を手に入れられるという信念は自
分の才能を発揮しきれていないのかもしれないと・・・。

◇その時々でやりたいと思うことと目の前の本業の課題と同じ時間軸に
あったとしても、何も関連付ける必要がないかもしれないし、「やりた
いことをしたから、本業の課題をクリアーできないという根拠はどこに
あるのか?」考えてほしいと思います。

◇やりたいことをして生き生きしているからこそ、本業に力が発揮でき
ることは少なくないはずです。

◇私は、本業で疲れている人に必ず聞いています。

「今やりたいことは何か?」と・・・

そして、本業の課題解決より、やりたいことを実現する方法をいつも
一緒に考えています。

◇やる気に真っ向対決する方法もありますが、ちょっと下がって助走を
つけて一気に本業の問題が解決できることも少なくないはずです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎度ご紹介しております。私も執筆に参加した本が出版されました。
1冊家に帰って子どもたちに見せたところ、パラパラページをめくった
小3の息子一言曰く、「この本売れるのかな~?」
皆さん!わが子の疑念を是非払拭することにご協力ください。(ペコ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年06月25日

教育環境を整えることが重要だ!

【記事】公立小中学校、1クラス35人~30人検討へ 文科省


朝日新聞(2010年6月19日)より以下抜粋

○文部科学省は、法律で定められている公立小中学校の1学級あたりの
上限人数を、現在の40人から35人程度に引き下げる方向で近く検討
に入る。
小学校1、2年生については、特にきめ細かい指導が必要だとして、さ
らに少ない30人とすることも視野に入れている。
来年の通常国会での法改正を目指す。実現すれば、1980年度に45
人から40人になって以来、約30年ぶりとなる。


○中央教育審議会(文科相の諮問機関)が18日、新学習指導要領で指
導内容や授業時数が増えることや、いじめ、不登校など生徒指導上の課
題が増加していることなどを踏まえ、(1)「40人」の引き下げが必
要(2)小学校1、2年生はさらなる引き下げの検討が必要との提言骨
子をまとめた。

○上限人数の具体的な数字は盛り込まれなかったが、文科省はこれを受
けて、教員や保護者、教育関係諸団体からの意見聴取の結果なども踏ま
えつつ、35人程度とする方向で検討に入る予定だ。(青池学)


*私からのコメント

◇教育の質を向上させるためには、教員の資質の向上と教育環境の向上
が必要だ。
今回の記事は、1学級あたりの生徒数を少なくして、教育環境を改善し
ようとするものだ。
学力差の大きな生徒を少しでも少人数で指導できるようにすることは、
教育の質を向上させるためには、重要なことだ。
特に、指導教科別に人数が変えられる方がいいが、それができなくても、
1学級40人よりは、35人が良いだろうし、できれば、20人学級ぐ
らいにできれば、言うことはない。

◇昨今は、教員の資質を問う声が多いが、それは、養成するというより
は、採用試験等で、見抜くべきことだ。
そして、ある程度資質のある教員を採用して、OJTを徹底させること
で、教員の教授レベルは向上していくだろう。
それと今回の記事のように、教育環境を整えることが、重要なことなの
だ。
教員に無理な共有をするよりは、1学級あたりの人数を変えることが大
切なことなのだ。

+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

馬子にも衣装

「馬子にも衣装」を、私は「孫にも衣装」とは勘違いはしていなかった。
しかし、意味を取り違えていたかも知れないと感じる体験をした。


辞書には、
「ちゃんとした衣装を身につければ誰でも立派に見える」(大辞林)
とある。

中身がなくとも、覆っているもの(衣装)で、見栄え的にレベルアップして
見えるということだと思っていた。だから、身なりに気をつけようと・・・

しかし、衣装そのもので、見栄えが変わるというわけでもなさそうなのだ。


友人から高級外車を1泊2日で借りた。マイカーの大衆車との違いに、まごまご
しながら運転をしていたのだが、駐車場に停めれば、隣の車から私の借りた車に
熱い視線が浴びせられているのに気づいた。

ガソリンスタンドでは、店員が借りた車を覗き込むように見るのだ。
「どこかをぶつけてしまったのか?」
との心配は無駄だった。
高級車に関心を持ってのことだったことが、数分もしない間にわかった。
燃料が満タンになっても、店員は私を解放してくれないのだ。
あれやこれやと訊ねてくるのだ。


結局、私はいつもの私ではいられなくなった。背筋を伸ばし、落ち着いて、
低めの声で応じることになる。

その後は、運転していても、ニヤニヤした顔は許されず、クールな顔つきで
ハンドルを握り続けることになるのだ。


「馬子にも衣装」とは、衣装で中身をごまかすことではなかったのだ。
衣装に合わせた自分を創造するのだ。だから、立派に見えるのだと・・・。


しかし、私が他者から立派に見えていたかどうかは疑問ではある。
「似つかわしくない車に乗っている奴!」
という評価をもらっていたことはやはり否めない。


1泊2日では、私自身を変えるまでには至らなかったかもしれない。

とにかく緊張で疲れた貴重な体験だった。

2010年06月24日

自分なり

弊社では、セミナー・講演活動を年に数十本行います。
その都度、ご参加の方々に、当日のフィードバックと
今後の活動の参考のためにアンケートをご協力いただいております。


さて、今朝、とある理由でここ1年間のセミナーアンケートを
まとめて見返しておりました。
そうして違和感を持った文言に出くわしたのです。


「自分なりに」。


お一人ではありません。
何人かの方が、アンケートの中で「今日のセミナーの内容を自分なりにやってみます」という内容をお書きになっていました。。


「自分なりに」。

もちろん、やるのはご本人ですから、どうしてもその人の色や、やり方が出てくるものです。
それは仕方ありません。


しかし、この「自分なりに」には

『あなたたちの言うことは分かったのですが、
私が実行するのは、自分が納得できた部分だけに関してですよ』

というメッセージが言外に聞こえてきてどうしようもないのです。
(私のひねくれた性格のせいかもしれませんが・・・)


「自分なりに」。


この文言から『全面的には受け入れるわけではないですよ』、
という斜に構えた態度のようなものを感じて僕は嫌いなのです。


「『自分なり』になんかやってもしょうがないだろ」。

これが僕の(あくまで僕の、です)正直な気持ちです。


自分の今までを、一旦留保し、『他人なり』でとにかくやってみる。
こういう姿勢も成長するためには大切ではないかと思うのです。


そうでなければ、いつまでたっても「自分」という枠組みを
越えらえれないじゃありませんか。


実際にやってみて、それからいろいろ考えればいいと思うのです。
やってみて「やっぱり自分なりのやり方が正解だ!」と思えたほうが、
「自分なりに」なんて最初から殻に篭るよりもずっといいと思うのです。


「自分なりに」。


なんだか最初から逃げ腰の態度にも見えるし、
なんだか傲慢で謙虚の見えない姿勢にも見えるのです。


「自分なりに」。


もしも、僕がこう思ったとき、自分自身に危機が訪れていると
僕は自分のことを判断したいと思います。


荒木

レッスンのアイデア集4

じとじと湿った季節になってきました。Rainy season(梅雨)です。
この時期には蒸し暑さがつきものです。「蒸し暑い」はIt's humid.です。
シャツが肌にまとわりつく蒸し暑さには It's muggy, isn't it?
がピッタリです。

◇今回のアクティビティはTPRの応用です。
ある程度表現を学んだ高学年用です。

TPR(Total Physical Response)指導法はインプットを中心とし、通常、
アウトプットを伴いません。
しかし、英語活動のベースがコミュニケーションですから、ここでは発話に
重点をおきます。

≪例≫
目的:動作表現の体得。I, we, you, he she, theyの人称の体得
方法:ステップ1
グループの代表者に前に出てもらい。先生と同じ行動をしてもらう。
他の生徒は英語と行動を合致させるために見ている。
ここでは、walk, stop, jump, stop をテーマにする

ステップ2
先生はグループ側に来て、Look at them. They are walking.と言いながら、
行動している生徒たちを指さします。(両方に指示を出すので、大変忙しい
ですよ。)
次にstopと号令をかけ、さらにjumpと号令をかけます。
グループには、Look at them again. They are jumping.と言います。

◇この行動を1回通したら、グループ側の児童にも、声を出させます。
They are walking. They are jumping.と発話をさせましょう。

◇What are they doing? What is Kenji doing?などの質問を投げかけても
良いですね。

◇英語ノートでは取り扱わない「進行形」表現ですが、行動を学ぶには「進
行形」の表現はとても役立ちます。指導範囲を広げても良いでしょう。

次回は I, you, we, も利用してアクティビティを広げていく状況を紹介し
ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年06月23日

就職希望者対象<進路講話>

今日は、私が理事を務めている高校で、就職希望者のための進路講話を行なった。

高校3年生の彼らに、まず私が伝えたかったことは、将来に対する彼ら自身の希望についてだ。
次に、就職試験で何が求められているかということだ。

高校3年生の彼らは、真剣に私の話を聞き、私の質問を受けとめ、社会に出るために
何が必要なのかを考えていた。

そんな姿を見て、私は、「こいつらまともだ!」と思った。

誰もが、自分の人生に希望があることを知れば、まともになれるのだ。

子どもに人生の希望を知らせる。そんな教育を大人はすることだ。
自分の将来に希望があることが実感できるように、促していけばよいのだ。


今日の講話で私は彼らに、次のような質問や指示をした。

Q1.君たちが、30歳なったら月給は、いくらほしい?

<ウォーミングアップの質問。30歳の自分のイメージを促す質問>

Q2.自分の名前を綺麗な字で書く。

<誠実と言うことの意味を説くための話題づくりのための指示>

Q3.君たちが30歳にあったら、自分はどういう風になっていたいのか?
   そして、希望どおりになった自分の周りには、どんな人がいるのか?

<具体的な将来のイメージが自分の中にできれば、それが今のエネルギーになる
ということ、そして将来の目標を持つことで、苦しい今を乗り越えられるという
ことを気づかせるための質問>


最後に、面接に必要な基本姿勢を伝えた。

つまり、「元気で明るくいること」

素直であることを表現するために、
「笑顔」

「腹から声を出すこと」

「眼を見ること」

「姿勢を良くすること」

こんなことを伝えて、終了した。

私は、彼らが自分の人生に責任をもつためには、
「自分自身が日々小さな決定しているのだ」
ということを知らせることが必要不可欠であると確信している。

そんなことを知らせる第一歩の講話だった。

「One for all, all for one.」

恥ずかしながら、小説「三銃士」(アレクサンドル・デュマ)の中の一説だ
とさっき知った。

あなたもご存知であろう、有名な言葉、「一人はみんなのために、みんなは
一人のために/One for all, all for one.」である。

僕が最初にこの言葉を知ったのは、あるラグビーがテーマの学園ドラマだっ
たと思う。もう20年以上も前だ。

先日、この言葉を久しぶりに聞いた。都内にある有名な私立小学校の先生か
らである。

2年生の担任であるY先生。20代のスラっとした長身のイケメンで、話しっ
ぷりは爽やかだし、物腰が柔らかく丁寧できっと生徒・保護者からも人気が
あるのだろうと思わせる人である。

ご自分のお父さん、お母さんのことを小さい頃から「父上」、「母上」と呼
んでいるという面白い話もしてくれた。

このY先生のクラスの目標が「一人はみんなのために。みんなは一人のため
に」である。

みんなに一致団結して物事に取り組んでもらいたい、他の人のことを考えら
れる優しい気持ちを持った人間になってほしい、という思いがあるとのこと。

見かけによらず(?)とても熱いハートを持っていることをうかがわせる。
熱い人。時にうっとうしがられるかもしれないが、僕は大好きだ。

私立といっても、皆さんが思っているような恵まれている家庭ばかりとは言
えず、母子家庭の生徒もいれば、最近の経済状況で大変な家庭も少なくない
んです。

本当に心配そうに語る彼の顔を見て、心底応援したくなった。若い人たちが
もっともっと活躍できる日本であってほしい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年06月22日

和み

私のデスクの上には和みがあります
それはパンダのマウスパット。

先日までは富○通の普通のものを使っていたのですが、
Sさんのデスクになんとかわいいパンダを発見!!

「Sさんそのパンダかわいいですね」
「ご自分で持ってきたんですか?」
などと話していたら
「よかったら取り替えましょうか?」と・・・
えーーーー!!
ほっ欲しいけど・・・
なんか催促したみたい・・・でも・・・
ちゃっかり取り替えてもらっちゃいました(笑)

そしてそのパンダは私のデスクの上で
私を和ましてくれてます。
パンダちゃん今日も1日よろしく!!

Sさん本当にありがとうございます。
大切にしますね。

☆子どもの反抗期を歓迎しよう!☆

◇今回は、子どもの反抗期について考えたいと思います。

『反抗期は自律のスタート』

◇お母さんは、子どもが反抗期になると自分の子育てが間違っていると思い
がちですが、そんなことを気にしなくても良いと思います。
私のところにも反抗期の相談が多くありますが、私は、反抗期があることは、
大変喜ばしいことだと思っています。

◇人間は、親から自律=自立する存在なのですから、親に対する反抗は、自
律=自立のスタートだと思ったほうが良いのです。

◇人間は、生まれて数ヶ月経つと自分と他者を認知します。
その最初の他者が大概は親で、なおかつ生命維持の大本ですから、子どもは、
その他者を自分の心の中に取り込んで、「内なる他者」として、自分のモデ
ルにします。当然、無意識的に。

◇そのモデルを基に「社会的な自我(ME)」を形成します。
そして、その「社会的な自我」を仮面にして、社会生活を営むようになりま
す。
反抗期は、いわば「内なる他者」と自分の関係を問い直すことなのです。
「自分は、親のものじゃない!自分自身のものだ!」こんな原始的な問いが
子どもの心の中で発せられるようになります。

◇そして、「内なる他者」を否定して、新しい「内なる他者」を探し出すよ
うになります。
この時に、「内なる他者」(=親の価値観)を否定し出すようになるので、
親に対して反抗するのです。

◇今まで大切にしてきた自分のモデルの「内なる他者」を否定してしまうの
ですから、「社会的な自我」も不安定になり、外見も変わってきます。
当然、言葉遣いも変わってくるかもしれません。

◇「内なる他者」を否定するということは、親が大切にしてきた価値観を否
定することと同じですから、当然親との関係も対立的になっていくのです。
この時期、親子の間では、精神的な「親殺し」、「子殺し」を行なうことに
なるのです。
そうやって子どもも実は親も自律=自立していくものなのです。
だから、反抗期があることは良いことだと言うのです。

◇それでは、親は完全に否定されてしまうのでしょうか。安心してください。
全く新しい人間を「内なる他者」にするのかといえば、そうでもないのです。
丸々親を「内なる他者」に掴みなおすことはあまりありませんが、そうだか
らといって、全く親を消し去ってしまうこともないのです。

◇反抗期の後には、自然な形で、親との和解があり、「内なる他者」の構成
メンバーに親の要素もまたしっかり入っているものです。
だから、安心して反抗期を受止めてほしいと思います。
反抗の後には、和解が必ずあるものです。自分とは違う価値観を主張する子
どもの成長をしっかり見守ってあげましょう。子どもが反抗期になったら、
もう少しで春が来ると言うことです。

『子どもの反抗期を歓迎しよう!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年06月21日

元気ハツラツぅ!


夏の通勤途中で一番うれしいもの、それはオロナミンCです。

時折、オロナミンCの試供品が、会社のある関内駅前で配られるんですね。

もちろん、ティッシュなどとは違って人気があって、
立ち止まってもらっている人も見かけます。

本日は、隣の隣の席に座っているAさんがゲットしました。


・・・・・うらやましいなぁぁぁあああ!

とにもかくにも

元気ハツラツぅ?

元気ハツラツぅ!

カラ元気でも、
今週も元気に1週間を過ごしたいと思います。

(「ぅ」は正式に入るみたいです。大塚製薬のHPでも入っていました)

(T)

コーチングよ永遠に

◇コーチングは最近では広く知られるようになってきました。
コーチングの効果を肌で感じて活用されている方もいらっしゃる一方で、
コーチングブームは下火になってきているような気がします。
コーチングが飽きられてきたではないかと心配しています。

◇コーチングは、若干変わった質問をします。だからこそ、使うことに違和
感を持つ人も多いでしょうが、一方では何か新しい成果が得られる可能性が
目を引いてきたことも事実でしょう。

1.なぜ君は一歩踏み出さないんだ!

2.君の一歩を止めているのは何でしょう!?

◇1の詰問調は相手にプレッシャーをかけ、自律的に考え行動する成長を阻
害するという反省から、2の質問のスキル(拡大質問)が提唱されるわけで
す。

◇2の質問は、一歩を踏み出さないその人自身を問い質すことを止め、その
人が動けないのは、その人を止めている別の存在があるという前提に立って
質問するわけです。

◇私たちは、自分自身のことに比べて、人のことはよくわかるものです。
これは自分自身を棚上げして、比較的客観的に見れるからでしょう。

◇2の質問は、本来なら自分の中に別のものがあるわけがないのですが、別
のものを仮定することで、自分自身を棚上げして、自分自身を客観的に見る
ようにするための指示なのです。

◇質問は、ある意味「質問に沿って考えよ!」という指示なので、質問され
たら暗に答えを強要されているようなものですものね。

◇さて、初めて会った人やあまり会話をしたくないと感じている人から、先
ほどのような質問を受けたらあなたは、素直に応えることができるかという
ことが問題になります。

◇まず、答えられません。または、答えたくないですよね。
「この人になら答えてもいい」と相手が思ってくれない限り、本当の答えは
引き出せないのです。

◇さあ、あなたなら、どんな人だったら「応えてもいいな」「応えたいな」
と感じますかね。
きっとその答えが、あなたのコーチングが有効になる第一歩なのです。

◇私は、コーチングのスキルが魔法の杖ではないと思っています。
会話を深めるツールです。ツールを上手に使ってコーチングの良さを実感し
ていただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロ教師の「最強」コーチング術 入門編(明治図書出版)が発売されました。
私も共著で参加しています。市場に出回る7月7日にキャンペーンを実施す
る予定(別途ご案内差し上げます)です。
先生向けにスキルだけでないコーチングをお伝えしていると自負しておりま
すが、果たしていかがでしょうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年06月18日

自死する子どもをださないために!

【記事】川崎の中3自殺「息子の遺書は告発」

読売新聞(2010年6月14日)より以下抜粋

○神奈川県川崎市多摩区の市立中学校3年生の男子生徒(14)が、い
じめられていた友人を救えなかったと悔やむ内容の遺書を残して自殺し
た問題で、生徒の父親が13日、読売新聞の取材に応じた。


○親は「無念の一言。片方の腕をもがれたような思い」と語り、「息子
が残した遺書は、遺書の形をした告発だと思っている」と、学校側に真
相解明を強く求めた。
「明るくて優しくて、正義感の強い子だった」。父親は疲れ切った表情
で語った。

○単身赴任中で、生徒に最後に会ったのは5月29日夜。もう少し頑張
れば野球部のレギュラーになれる、翌週末からの修学旅行が楽しみ――。
塾への送り迎えの途中、そんな普段通りの会話をしたという。

○修学旅行では、家族への土産に3種類の八つ橋を買ってきてくれた。
「兄と祖母がチョコレートが好きなのでチョコ味、私がイチゴが好きな
のでイチゴ味。自殺を覚悟していたから、恐らく私のためだけに買って
きたのだろう」。
帰宅した翌日に命を絶たれ、「なぜ一言相談してくれなかったのか」と
嘆いた。

○横書きの遺書には、「先立つ不孝をお許しください。14年間育てて
くれてありがとう」と、家族への謝罪と感謝の言葉がつづられていた。
さらに、他人に役立ちたいと思いながら生きてきたと記し、友人を守れ
なかった自身を責める内容が書かれていた。
数人の名前を挙げ、憤りをあらわにする表現もあったという。
父親は自殺後初めて、友人がいじめられていたと聞いた。

○川崎市教委は、いじめについて「把握していない」としている。
父親は「学校からは毎日謝罪の言葉をもらっているが、真実が知りたい」
と述べ、「明らかにしなければ、(息子が)浮かばれない」と訴えた。


*私からのコメント

◇この記事の真相は分からないが、中学生が自死を選ぶことは、尋常な
ことではない。
何か大きな問題があったとしか言いようがないが、生きるということの
意味を小さいうちから、私たち大人は子どもに伝えることだ。

◇生きるということは、親や他人と繋がっているということで成り立つ
ものだと伝えることだ。
一人で生きて、一人で死ぬということではないのだ。

◇記事の中にも少年は、他人に役立ちたいという思いがあったとあるが、
そういう思いを現実の中で知らしめて行くことが、大人の努めのように
思う。
少年を取り巻く環境がどうだったか分からないが、生きるということの
意味を子どもたち同士で言い合える環境だったらと思うと残念でならな
い。

◇私たちは、一人一人皆かけがいのない存在だ。
他人から重要だと思われている存在だ。
子どもたちも大人たちも共に、一人一人が大切な存在なのだ。
そのことをもう一度自覚することだ。

◇そのために、相互の存在を認めるためのコミュニケーションをしっか
り取り続けることだ。
このような不幸な事件は、二度と起こさないようにしたい。

少年の冥福を祈る。

+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

著名人

ある講師登録のサイトに登録しようかと、いろいろ探していました。
私達をブラックボックスにしまっておくのは、ダンボールに入ったままの
みかんのようなもので、手にとって食べてももらえないでしょうし、
旬の味を楽しんでもらえないと考えたからです。

問題はひとつ。


登録には審査があります。著名な方は問題なく審査を通ります。


ここで私はふと疑問を感じました。


著名人とは何者か?


時は私が中学3年の国語の時間。
先生がある作家の名前を紹介してくれました。
「○○という方は、有名な作家です」

すかさず、私は、「僕は知りません。それでも有名な人ですか?」

先生曰く、「お前が知らなくても有名な人は有名なのだ!」

これだ!


審査員が知っていようと知っていまいと、「私達は著名人だ!」と言い張ってみよう!かと考えている今日この頃だ。


追い討ちをかけるように目の前のA氏が言う
「本を書いたのだから、きっと著名人ですよ!」

益々自信が湧いてきた。が・・・。

もう少し考えてみようと思う。自分達が著名人であるかどうかを・・・。

2010年06月17日

負けたのです。

お昼ご飯を買いに行ったスーパーは冷んやりとして心地良く。
だから負けてしまった。


暑い。


梅雨の只中にもかかわらず、横浜の今日の空は元気いっぱい青空で、
「よっしゃー!」ってカンジの最高気温30度。真夏日。


これまでも暑い日や蒸す日はあったのだけれども
オフィスの窓を全開にして、エアコンをつけずにいた。


じんわり浮き出る額の汗をふきながらも
スタッフの誰一人として「冷房いれましょ」とは言わなかった。


しかし午後2時30分。ついに。


IMG_0130.jpg
冷房スイッチオン・・・・。なぜか敗北感。


このまま温暖化が進むと日本もやがて亜熱帯地域となるはず。
ホントは、たかが真夏日ぐらいで音を上げてはダメなのだ。


エネルギー節約のため酷暑日にならない限りエアコン禁止。
今度のミーティングで提案してみよっかな。




ゼッタイ、却下だろうな・・・・・。




荒木

レッスンのアイデア集3

◇今回は「消えたものは何? 記憶力強化」ゲーム(アクティビティ)です。
別名"What's Missing?" です。

◇先生の掛け声は、"Let's find(see) what is missing." です。

◇児童のレスポンスは、"OK. That's a good idea." ですね。

≪例≫
目的:新しい語彙の理解と定着。(どんな語彙にも使えます)

付随要素:集中力を生かす。記憶力を強化する。イメージと音を合致させる。

方法:クラス全員での個人戦

1.先生は新しい英単語のカードを示しながら発音をする。
  生徒も発音する。(このときには意味は学習されています)

2.黒板にカードを順番に並べます。(磁石で貼っても良いです)

3.再度全員で、音の確認をします。

4.全員で枚数を数えます。(何枚あるかを確認します)

5.全員に目をつぶらせます。
  "Close your eyes and cover them with your hands like this." と
  言ってジェスチャーを加えて指示します。

6.その間に先生は1枚のカードを抜き取ります。

7.目を開けさせます。"OK, everyone. Open your eyes."

8.再度数えます。"Look at the cards and count the numbers again."

9.質問します。Now you know one card is missing. What is missing?

◇手を挙げて答えさせます。得点をつけても良いですが絶対ではありません。
それよりも記憶力をしっかりと誉めてあげることです。
" Oh, your memory is perfect." "You have a good memory."
"You are genius." などです。

◇1枚抜き、2枚抜き、3枚抜きと続け、カードが減ってきたら、黒板に貼っ
てある順番を入れ替えたりして、盛り上げます。


次回は6月24日です。さらにアクティビティの紹介が続きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年06月16日

「最高の演出」

最近、横浜の結婚式場のウエディングプランナーの男性(Tさん)と知り合
いなり、いろいろとお話しを伺った。

その中で一番印象深かったのが「最高の演出」。これまでのプランナー稼業
でTさんが「これが僕の一番の演出だった」という話をしてくれた。


そのお二人は、新婦はもちろん、新郎もちっちゃくて、本当に「カワイイ」
というお二人だったんですよ。

結婚前だから当たり前かもしれないですけど、それでも他の人たちと比べて
もとっても仲が良くって、打ち合わせの最中は、机の下で必ず手をつないで
いるんです。

こういう仕事をしている僕でも「もう、なんだよ、アツアツだなぁ、チェッ」
ってなるぐらいなんですよ。

それで、当日なんですけど、披露宴の入場前。すごく緊張しているんですね。

「じゃぁ、大きく深呼吸しましょうか、ハイ、吸って~、吐いて~」ってや
ったりしたんですけど、入場する際の二人が腕を組んだ状態のまま、もう緊
張でガチガチなんです。

そこで、パッと閃いたんです。「じゃぁ、二人、腕組むのをやめて手をつな
ぎましょうか」って腕をとかせたんです。

二人も「えっ」ってカンジだったんですけど、ニコッと笑って恥ずかしそう
に手をつないだ瞬間、扉を開けたんですよ。「ここだ!」って。

これが、今までで最高の演出ですね。もちろん、セット組んだり、会場を工
夫したりっていうのはありますけど、一番と言われたら、これですね。


演出ってド派手な何かかと思ったら、「手をつながせた」というものだった。
しかし、納得。二人の二人らしさを最高に引き出すのが演出だとしたら、こ
れ以上のものはないだろう。

こちらから何かを与えるのではなく、その人の「その人らしさ」を最大限に
引き出す。こういうことの重要性を一つ教えられた。

与える量と引き出す量。与えるばかりではダメ。きっと、そのバランス。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

みかん

先日、事務所でダンボール一杯のみかんをいただきました。
みんなで山分けすることになっていましたがいっこうに食したり、
持ち帰る人は現れません。

それどころか、床の上におかれたみかん箱は、歩く際の障害にもなり、
喜ばれるはずのみかんは、まるで邪魔者のような存在でした。
Image068.jpg

そこで、一工夫すると、まんまと私の策にはまったT氏。一つみかんを
取り上げ、ワイルドに皮を剥き、スタッフに配ってくれました。


ちょっと酸味が強く「すっぱすぎないか?」とのコメントもありましたが、
私には、好みの酸味でおいしく食しました。皆で、昼のひと時、初夏の旬を
堪能いたしました。


ダンボールに入ったままのみかん(食べ物)では、あらためて手に取って
みようとする気持ちが起きないのかもしれないと思い、棚に上げ箱から
いくつか取り出してみかんが直接見えるようにしました。

Image069.jpg


すると思いもよらず、さわやかなみかんの香りが部屋に漂い始めました。
目で見て、鼻で香りを感じて、私たちは始めて、行動するに至ったわけです。
口々においしいと言う言葉を聞くことで、益々食欲をわかしたわけです。
きっと今日は持って変える人が増えることでしょう。


どんなに素敵な物も、ブラックボックスに入ったままでは人に影響を与えない。


どんな素敵なものも、五感に訴えかけないと人の行動を誘発しないということ
でしょうか。

そんなことをあらためて感じた今日この頃でした。

2010年06月15日

訪問販売

昨日会社に、洋菓子の訪問販売が来ました。
ワッフルや北海道のチーズケーキや、
いろんな地域のお菓子で、その他全部で7種類くらいありました。

その中で気になったのが「もっちんプリン」というお菓子。
見た目は大福のようでちょっと黄色く、薄っすら焦げ目が付いている。
大福の中がプリンクリームってわけではなさそうだ。

気になる・・・かなり気になる・・・
って事でお買い上げ。
ついでに、メープル味のワッフルも一緒にお買い上げ(笑)

お願いをしてちょっぴりまけてもらっちゃいました(^^)V

買ったからきっとまた来てくれるだろうな~と
すでに次回を心待ちにしてます。

次は何を買おうかな~♪

反映的な聞き方

◇今回は、子どもの感情を理解する話の聴き方について考えます。

『反映的な聴き方を心がけよう』

◇前回も子どもの真意を聴くことに意識を集中しようと書きましたが、その
意識が出来たら、次は、どういう対応を子どもにすれば、子どもが話しをし
てくれるのかを考えてみます。
そのためには、反映的な聴き方というのが非常に役に立つはずです。

◇反映的な聴き方というのは、子どもの話す内容から子どもの気持ちだと思
うものを言葉にして投げ返すというものです。
子どもの気持ちが、嬉しそうならば、「嬉しかったの?」とか、悲しそうな
らば、「悲しかったの?」というように言葉にして子どもに返してあげるこ
とです。

◇前回の例で言えば、こうなります。

子ども:「お母さん、明日から学習塾行かないよ!」

母さん:「どうしたの?」

子ども:「塾の先生が嫌なんだよ!」

母さん:「先生に何か怒っているの?」

子ども:「そうだよ。あの先生、えこひいきするんだよ!」

母さん:「先生がえこひいきするから、怒っているのね?」

子ども:「そうじゃないんだ。僕の間違った答えをみんなに言ったんだ」

母さん:「恥ずかしかったのね」

子ども:「うん、・・・」

◇子どもの気持ちを親が類推して、子どもに投げかけることで、子ども自身
が自分の感情に気がつきます。
そうすると、子どもの中でその感情を処理することが出来、子どもの感情的
なしこりが消えていく場合があるのです。

◇そういう時に、この反映的な聴き方が、有効になってきます。
親が子どもに対してなんでもかんでも解決しようとしなくて済むようになり
ます。

◇子どもの感情に集中して話を聴いてみましょう。
そのためにこの反映的な聴き方を試してみてください。

『子どもの感情に焦点を合わせて話を聴こう!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年06月14日

昔サッカー小僧

今となっては見る影もないのですが、
子どもの頃、サッカーをやってました。

凄い弱小チームで、ちょっと強いチームと
試合をすると、15対0なんてラグビーのような
スコアで負けることもありました。

私、そんな弱小チームの背番号「10」でした。

ペレと一緒です。
マラドーナと一緒です。
今の日本代表で言えば、中村俊輔選手と一緒です。

できたばかりのクラブの第一期生で、先輩のいないチームに
比較的早く入部し、「10」番をもらっただけで、
サッカーが上手かったわけではありません。

クラブを卒業して30年近く。

もうクラブは無くなっているかな、と思いグーグルで
検索すると、そのクラブ、まだしっかり活動していました。

ホームページの写真を見ます。
当時と同じユニホームでした。
戦績を見ます。
昔よりずっと強くなっていました。

後輩諸君、がんばっております。


いよいよ今日ですね。

ドカーンといってほしいものです。

日本VSカメルーン。


今、サッカー小僧
そして、無数の昔、サッカー小僧の夢をのせて!

(T)

褒め言葉

◇褒められると誰でも嬉しいものです。褒めなれていないと、ちょっと
照れくさくなることもありますが、少なくても悪い気はしないものです。

◇褒め方にも種類があることに気づかれていますか。
次の5つの褒め言葉を読み味わって、一番嬉しいものを選んでみてくだ
さい。

1.「あなたは立派な学校(会社)に通って(勤めて)いますね」

2.「あなたの行為は立派ですね」

3.「あなたは高い能力をお持ちですね」

4.「あなたの価値観や考え方は素敵ですね」

5.「あなたの存在がすばらしいですね」


◇いかがだったでしょうか?
私は、5の「存在」を褒められるのが一番嬉しさを感じますが、あなた
はいかがだったでしょうか。

◇1~4は、人のある側面について褒めています。
褒められた人にとって、その側面が自分自身の総てだと認識していれば、
最高の褒め言葉になりますが、一般的には条件付の褒め言葉で信用レベ
ルです。

◇一方5は、その人の長所も短所も含めて無条件に存在を褒めているの
で、この褒め言葉は信頼のレベルと言えるでしょう。

◇時に私たちは、褒めているつもりが相手のいまひとつ浮かないリアク
ションに戸惑うことがあります。
もしかしたら、褒めている視点が相手の求めているものと違っていたの
かもしれません。

◇そして、最高の褒め言葉は、無条件で、信頼レベルの褒め言葉「あな
たに感謝します」「(あなたに)ありがとうございます」でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近は自宅に居ながらにして本が手に入る時代。
それでも、久しぶりに書店に出かけてみると、当然ながら膨大な数の本。
なぜか身体の底からが震えるような感動を覚えました。
まるで秘密の花園へ来たような、未知との遭遇のような興奮状態に驚き
でした。皆さんもそんな経験ありますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年06月11日

免許お宅が増えないことを祈りたい!

【記事】教員免許に「上級」新設も 文科相、中教審に見直し諮問


朝日新聞(2010年6月3日)より以下抜粋

○川端達夫文部科学相は3日、教員養成や免許制度のあり方を総合的に
見直すよう、中央教育審議会に諮問した。
文科省の政務三役は、通常の教員免許に加え、学校現場で教員経験を積
んだ後に大学院で学んで得られる上級免許を新設し、教員免許を「2ラ
ンク制」にすることを念頭に置いている。
年内にも中教審の報告を得た上で、早ければ来年の通常国会に関係法の
改正案を提出する考えだ。


 
○民主党内には、通常の教員免許とは別に、8年程度教壇に立った後、
各地の教職大学院で単位を取って学校経営などの専門性を身につけた教
員に「専門免許状」を与えるという案がある。
義務化はしないが、一定の専門性を備えていることの「証明」とし、校
長や教頭へ登用する際の判断材料にも活用するという考え方で、中教審
はこの案をベースに検討する方向だ。
 
○ただし、現場の教員には「教師は子どもと向き合うのが本分で、免許
の種類でランク付けするのは誤りだ」という批判もあり、議論になると
みられる。
 
○教員養成をめぐり、民主党は昨年夏の総選挙のマニフェストで、学部
4年と大学院修士課程2年を合わせた「6年制」を打ち出し、教員免許
の取得に修士修了まで義務づけることを検討していた。
教員の質を向上させるには、教育実習の期間を1年程度にまで延長し、
よりていねいに教育すべきだという考え方だったが、その後「6年制で
は学費負担が重くなり、教員志望者が激減する」という指摘が強まって
いる。

○文科省の政務三役は、教員養成にかける時間を増やすことは必要だが、
大学院で学ぶ期間は2年にはこだわらない。
学費については公的に支援する――という考えを示しており、中教審は
くわしい制度設計を検討する考えだ。(青池学)

*私からのコメント

◇教員の質的向上は、まずは、採用段階での問題と現場でのトレーニン
グの問題だ。
まずは、採用の前段階として、教員免許をとるために、どんなトレーニ
ングをするかを吟味した方が良いが、それは、期間の長さの問題ではな
い。
そして、厳しいことだが、もともと資質のない人間を採用しないことだ。
これが一番の問題だ。その次に重要なことは、現場にたって教師が、ど
ういう先輩から指導を受けるかということだ。

◇今回の記事を見ると、免許を2種類にするというが、こんな発想をす
ると、免許お宅が、幅をきかせかねない。
勉強好きな人間が、ただ目的もなく取得して、上の立場になるという茶
番が起こりかねない。
免許で階層を作るのではなく、実力が階層を作ることだ。
資格によって階層を作ろうという発想から脱虚することだ。
教師は、人間を大人にしようとする職業だ。
手続きを問題にしたり、文書を問題にしたりする仕事ではないのだ。
人間を真正面から見る仕事なのだ。資格の問題ではないのだ。


+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2010年06月10日

レッスンのアイデア集2

6月5日(土曜日)のPCI主催「小学校英語のセミナー」へご参加くださっ
た皆様、ありがとうございました。
次回は様々なアクティビティをさらに数多くご紹介します。


◇今回は「カラーを探そう」ゲーム(アクティビティ)です。
Treasure Huntと言っても良いでしょう。

◇先生の掛け声は、"Let's go treasure hunting." です。

◇児童のレスポンスは、"OK. That's a good idea." ですね。

≪例≫
目的:色と形と数を表す語彙、音、意味の理解と定着
付随要素:他教科学習とのリンク
方法:グループ線または個人戦
1.先生が大きな声で「色」=日本語で叫びます。

2.全体で教室のどこかに隠してある色のカードを探します。
  カードは様々な形や違う大きさのものを数枚用意します。
  さらに、カードの裏面に数字(得点)を書いておくと楽しさが増えます。

3.指定された時間(1分程度)で各自がカードを見つける。

4.最後に集めたカードの色、形をしっかりと言えたら得点になる。

5.得点はカードの裏の数字が規準になる。

6.色が言えたらその数字の点数をゲットします。

7.形も言えたらさらにその点数を足します。

8.数字が言えたらさらにその点数も加えます。

9.黒板に全員(または全グループ)の各得点を足し算や掛け算と足し算の
  混合計算式を書きます。

10.数式を英語で言えて正解まで出せたら、合計点数を2倍します。

◇集めたカードの枚数が少なくても、上記のような条件をつけることで、大
逆転も可能ですから、最後まで、緊張が解けません。

◇このアクティビティもタスクベースという考えが根底にあります。
タスクベースはアクティビティの基本であることを先生は記憶していてくだ
さい。


次回は6月17日です。さらにアクティビティの紹介が続きます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

変換

何かの講演の事例で蛍光灯の仕組みを聞いた。


蛍光灯の中は真空なのだそうだ(そんなことすら知らなかった)。
真空放電によって放たれた電子が管中の水銀蒸気にあたり、紫外線を出す。
この紫外線が蛍光物質(白く塗ってあるやつ)にあたり、明るく輝くということだ。


で、この蛍光灯。触ると熱い。これは、電気が熱に変換されたから。
電気というエネルギーが全て「明かり」に変換されるのではなく、
変換されなかったエネルギーが「熱」に変換される。


(非常に曖昧な記憶なので詳細を知りたければぜひ調べてください。)


この話しを聞いて、ふと思った。
「エネルギーはエネルギーのままでは有用ではない」。


電気は電気のままでは役に立たない。
蛍光灯によって「明かり」に変換されるからこそ役に立つ。


ガソリンはガソリンのままでは意味がない。
燃やすことによって動力に変換されて車を走らせる。


つまり『エネルギーを変換する』という行為が非常に重要なのだ。


ならば、と思った。
自分の中にあるエネルギーも変換しなければ意味がないのではないか、と。


例えば、「元気」というエネルギー。
自分の中にみなぎっているのは結構だが、
「おぉ、今日は力があふれている」と思うだけではダメだ。


そこで変換。


「元気」を「声」に変換してみる。
声にすれば、周りの人を勇気付けることができる。
(「うっとおしい」と思われるかもしれないけれど)


「歩く」という行為に変換すればポスティグやチラシ配りができる。
「授業」に変換すれば、生徒が喜んでくれる。


「自分エネルギー」。
どんどん有用な変換を行いたいものである。


荒木

2010年06月09日

近い将来の大臣も夢でない!

新しい内閣が昨日誕生しました。
政治的な話は抜きにして感じるところがあります。

それは、大臣の方々の年齢です。
行政刷新担当大臣は42歳
公務員制度改革担当大臣は46歳
国土交通大臣は48歳
厚生労働大臣は49歳
総務大臣は50歳と言う若さです。


勿論、10代から20代の年齢の若者からすれば、決して若いとはいえないかも
しれませんが、子どもの頃の私の感覚では、大臣は60~70歳でなれるものと
思っていましたから驚きです。


また、大臣は二世議員だったり、家柄で決まっていた印象もありました。
しかし、今回の大臣の方々は首相をはじめ、極一般的な家庭出身者も多い
ようです。

さあ、こうなれば私にもチャンスが出てまいりました。
今回はお呼びがかかりませんでしたが、次の内閣では、大臣のお声がかかるかも
しれないと・・・。

そんな冗談も言えるくらい、大臣が身近なものになってまいりました。
まあ、私は辞退?しますが・・・。


今回の組閣から思うことそれは、「若者よ!大志を抱け!」ということです。
時代は君たちの力を求めています。


そして、おじさんも、おばさんも負けてはいられません。

そんなことを感じる今日この頃です

「見せたくない」

社団法人日本PTA全国協議会が公表している「子どもとメディアに関する
意識調査」をご存知だろうか。


この少し固い調査名は知らなくても「保護者が子供に見せたくない番組」の
調査結果が毎年、ニュースなどで紹介されているのを見たことがあるだろう。


この「子供に見せたくない番組」というのは「子どもとメディアに関する意
識調査」の中の調査項目の一つに過ぎない。それをメディアが大きく取り上
げているというわけだ。


先日公表された、平成21年度の調査結果資料をざっと眺めた。見せたくない
番組の番組名が「内容がばかばかしい」などの理由とともに掲載されていた。


一方で「子供に見せたい番組」も調査されていた。クイズ番組、教養番組が
上位を占めている。見せたい理由の多くが「知識が豊富になる、学習の助け
になる」である。


テレビを見せながらも、なおかつまだ勉強させたいということなのだろう。
なんという貪欲さ!(その気持ちは分からいでもないが・・・)


まぁ、しかし、「見るな」と言われれば余計見たくなるものである。僕の子
どもの頃もそうだった。「ニュースを見なさい!」とよく言われた。


「ニュース番組」も見せたい上位に挙がっている。でも、と思う。最近の政
局を伝えるニュースの中身は「見せたくない」の上位にランクしてもおかし
くないかもしれないなぁ。


理由はもちろん、「内容がばかばかしい」である。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年06月08日

タイミング??

週末は地元のお祭りでした。

毎年の事なのだが、なぜが出かけると必ず
お神輿にあたってしまう。

出かけようとしたらお神輿で止められ、
行きに当たらなければ、帰りに止められ。
必ず1回は遭遇してしまう・・・
運が悪ければ、行きも帰りもあってしまう。

そして毎年同じように
「またお神輿だよ・・・」と思う。

なので、今年は土曜が仕事だったので
出かけられないので、いいだろうと思っていたのに
仕事の行きと帰りにあってしまった(汗)

歩きなので止められることはないが、
人がたくさんいてなかなか前に進めない。

なせこんなにタイミングが悪いのだろうか・・・

2010地域教育活性化セミナー in 松山

■全国私塾情報センター主催■
「2010地域教育活性化セミナー in 松山」

●開催日
2010年6月20日(日) 10時~18時30分

●開催場所
えひめ共済会館
(愛媛県松山市三番町5-13-1 TEL.089-945-6311)

中土井の基調講演は17:30~18:30です。
テーマ「不況に打ち克つ塾経営 ―生徒集客のポイントはこれだ!-」


詳細はこちら

seminarttl0620%5B1%5D.gif

学書展示会特別セミナー

6月7日。今回も(株)学書さまにお招きいただき、
展示会にて特別セミナーを行いました。

今回のテーマは「生徒を集めるプロの授業術とは!」でした。

午前の部、午後の部、両方ともたくさんの方にご参加いただき、
本当にありがとうございました。

子どもの真意を聴こう!

◇私たちのコミュニケーションは、2重の意味の中で繰り広げられるもので
す。
言葉は、表現面(デノテーション)と内容面(コノテーション)からなって
います。

◇たとえば、「愛しているよ」という言葉は、「愛しているよ!」という表
現面(=耳で聞けたり、文字で読めたりする面)と「一生君を守るよ」とい
う内容面(表現面から汲み取れる意味の面)からなっているのです。
だから、言葉をそのまま受け止めていい時と言葉の奥にある意味を探って受
け止めなければならない時があります。

◇昔を思い出してみてください。
小学校から中学校の時にかけて、悪ガキだった私は、よく女の子から「あん
たなんか大嫌い!」と言われたものです。
そして、その大半が、本当に嫌いだったのだと思いますが、残り少ない何人
かの女の子は、きっと私のことが嫌いだったのではなく、「好き」だったか
ら、気を惹くために言っていたのかもしれません。(この解釈も大きな誤解
かもしません)。

◇言葉の世界は、「大嫌い」という表現が、「大好き」と言う意味を持ちう
る世界なのです。
表現の奥に隠れた意味をどう汲み取るかが、大切になってくる所以です。

◇だから、子どもの話しを聴く時に、一番注意してほしいのが、子どもの真
意を聴こうと意識を集中することです。
何で子どもがこんな言葉を使うのだろうかとか、何で子どもは、こんな表情
で話すのだろうかとか、この話しをすることで子どもは何を私に伝えたいの
だろうかとか、そういう子どもの真意を一生懸命聴こうとしてください。

◇子どもの真意が、どこにあるのか、そういう関心で親が子どもから話しを
聴いてあげることが非常に重要なことだと思います。
言葉尻を聞いて、すぐに反応しないようにしたいものです。

◇次の会話を読んでみて、AとBのお母さんの対応の違いを感じてください。
 

子ども:「お母さん、明日から学習塾行かないよ!」

母さん:「えっ!何で?月謝がもったいないでしょ!」

子ども:「塾の先生が嫌なんだよ!」

母さん:「何言ってるのよ!また塾の先生に怒られたんでしょ?」

子ども:「違うよ!とにかく、もう行かないよ!」

母さん:「駄目よ!しっかり行きなさいよ!」



子ども:「お母さん、明日から学習塾行かないよ!」

母さん:「どうしたの?」

子ども:「塾の先生が嫌なんだよ!」

母さん:「どんなところが嫌いなの?」

子ども:「えこひいきするんだよ!」

母さん:「ひどい先生ね。何かあなたもえこひいきされたの?」

子ども:「そうじゃないんだけどさ。いきたくないんだ!」

母さん:「先生が嫌なほかに、何か理由があるの?」

子ども:「うん、・・・」


◇子どもが話すことを聴くということは、子どもの気持ちに即して、親から
積極的に子どもの真意を聞き取ることです。
そのために、子どもの言うことを追認しながら、子どもの真意が分かるよう
な質問を投げかけてみてください。
言葉の奥に隠れた意味を聞き取るように、意識的に会話をするようにしてみ
ましょう。


 『子どもの真意を聴こう!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年06月07日

締め切り

皆様の学習塾の
夏期講習は、7月20日前後から始まるのではないでしょうか?

それ以前にも講習の設計や、提案、広報・宣伝活動などなど
事前の準備でお忙しいことと思います。

かく言う私も、ただいま夏期講習のまっただ中。

というもの、弊社の顧問先を中心に夏期講習チラシの
制作をしているからです。

たった今、
印刷会社から電話がかかってきました。

「ハイ、締め切りは●月●日ですね」

「間に合いそうですか?」

「・・・・・・・・」

「間に合いそうですか?」

「頑張ります!」

ブログは、これくらいにして、
制作を依頼してくださった方のために無い智恵を絞ります。

(T)

落ち着いて! 

◇思いとは裏腹に、相手に正反対のメッセージを送ってしまうことが私
たちの会話では起きることがあります。

◇怒っている人に対して「落ち着いて・・・!」とか「冷静に・・・!」
といった発言も、そんな誤解を生む可能性を秘めています。

◇怒っている人が、この言葉を聞いて、本当に落ち着いてくれたり、冷
静になってくれればいいのですが、
「落ち着いているよ!」
「至って、冷静だよ!」
と返される時があります。

◇怒っている人にすれば、相手が冷静で、自分だけが勝手に怒っている
という姿は、自分が蔑まれ手いるようで、火に油を注がれた気持ちにも
なります。
「何様のつもりだ!」
「なぜ自分の気持ちをわかってくれないのか!?」
と更にイライラ感が増してくるのです。

◇そんな時は、燃える火に油を注ぐことをやめて、相手の燃えるものが
総て燃え尽きるのを待つのが一つの方法です。

◇また、ペーシングが有効です。
相手の怒りのペースに合わせて反応するのです。
もちろん、一緒に怒っては、それが油になりかねませんから、ちょっと
興奮気味に声のトーン、表情、態度を合わせるのです。
すると、相手に変化が現れてきます。それを気に徐々にあなたの冷静な
ペースに持ち込みます。

◇すると、不思議なことに怒っている当人から、「そんなに興奮しなく
てもいいよ」なんてたしなめられたりすることさえあります。

◇私たちには、いつも自分のありのままを認めてほしいという願望があ
ります。「どんなあなたの状態も至極当然である」と認めてくれる相手
に、私たちは心を開くものなのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
保険やのお姉さん?がみえて、名前を伝えると次回お会いした際に姓名
診断を持ってきてくれました。
「血を見るのが嫌な優しい外科医」「他人の宝くじに一騎一憂する運命
予報士」なる診断を見ながら、確かにそういう面があるなと納得してい
ると、「上司から引き立てを得て実力以上の評価を受けながら・・・と
いう暗示」という文面に喜ぶべきか?悲しむべきか?複雑な気持ちにな
りました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年06月04日

件名 Re

電子メールには、色々な機能がありますね。
その中で、最近、私が気になった機能が件名のRe機能です。


自分が送るメールに件名をつけます。そのメールの返信として
相手からメールが送られてくると、「Re:日曜日の件」と
いうよに自分が送った件名の前にReマークがついてきます。


様々なメールのやり取りの中で、
「自分が送ったメールの返信だな!」とか、
「あの件だな!」
って一目瞭然です。開いてみるまで、中身がわからないという
不安がなくなります。

ところが、先日、ある問いあわせに対して、時間をおいてからの
メールの送信を送ることになったので、「(遅れて)すいません」
と件名をつけて送りました。

相手から、「ありがとう。~」という内容の返信が届きましたが、
件名をみると「Re:すいません」

そして、そのまま次の送信、返信のやり取りをしていると
件名はいつまでも「Re:すいません」がついて回るのです。


最初のメールに気軽につけた「すいません」が後々まで響いて
くるのです。いつまでたっても謝罪をし続けているような複雑
な気持ちになりました。


やり取りしたメッセージの中身は、明るい話題だったのに・・・
短いながらに(件名)の重要さを肌で感じた今日この頃です。


表題や冠で、印象が決まってしまうものですね。

教育行政をどんどん開かれたものにすることだ!

【記事】文科省、独自「事業仕分け」 6月3・4日、学力調査も対象

朝日新聞(2010年5月31日)より以下抜粋

○文部科学省は6月3、4日、東京・霞が関の同省内で独自の「事業仕
分け」を実施する。
12の事業を対象に、有識者を集めて予算の使い方について検証する。

○「仕分け」の対象は、全国学力調査に関する契約、「生涯学習フェス
ティバル」事業、「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」、
科学技術振興調整費のあり方など。予算は総額で2147億円にのぼる。
事務処理などを外部委託する際、契約の透明性が保たれているかという
点も焦点になるという。
 
○「仕分け人」は行政刷新会議が送り込む4人と、文科省が選ぶ4人の
計8人の予定。
文部科学政務官が対象事業の問題点を指摘し、担当課長が事業について
説明。
それを踏まえて仕分け人が議論し、評価を下すという流れだ。
議論の中で、資金の流れがどうなっているか、何に使われたか、具体的
な金額を含めて明らかにする。
 
○文科省はこの「独自仕分け」について、一般の約140人に傍聴して
もらうことにしている。
実施時間は3、4の両日とも午前10時~午後5時。
先着順で、事前登録は不要。インターネットの中継もある。


*私からのコメント

◇民主党政権が誕生してから始まった事業仕分けだが、文科省も独自に
やりだすことは、非常にいいことだと思うが(政権が担当する事業仕分
けを牽制してのものかもしれないが)、その前に、日本という国の教育
における教育の到達点を示すことが、先決だし、その議論をすることが
大切なことだ。

◇方針にそって、予算がなされるわけで、方針が明確になっていないも
のを予算の都合で、仕分けられるというのは、ちょっとおかしいように
思う。

◇文科省の今までの政策は、右往左往するように見せて、直実に、エリー
ト教育と大衆教育の二極化を推し進めてきたはずだ。
こういう事情をもっと明確にして、広く世間に問うべきだ。
そうしなければ、国民のジャッジは、非常に偏ったものになるだろう。

◇ぜひ、この機会に、色々な情報や方針や将来展望を知らせてほしい。
また今までの文科省の政策に対する自分たちなりの評価を聞いてみたい
ところだ。


+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2010年06月03日

進行速度が違うのだ。

小学生で好きになってから一番最初に観たのが
1986年だから、今からもう24年前にもなる。


メキシコで開催されたその大会の一番のスターは
自国を優勝へ導き、大会のMVPにも輝いた
「マラドーナ」というアルゼンチンの選手だった。


当時、それは、海外の国同士の戦いであり、
日本にとって、まだ夢の大会だったことを覚えている。


もうすぐサッカーのワールドカップが始まる。


今年は南アフリカでの開催だから冬の大会だ。
サッカー好きの僕にとっては、睡眠時間を削っての観戦の日々となる。


日本代表の最近の不甲斐ない出来に怒っている人も少なくないだろうが、
それでもやっぱり楽しみにしている人は多いはずだ。
そもそも出場国は日本だけではない。


日本のスポーツにおいてサッカーが野球と人気を二分するようになったのは
Jリーグが開幕した93年頃からだろうか。


僕は、サッカーだけでなく、野球も好きなのだが
生で観戦するのなら、野球のほうにちょっとだけ軍配が上がる。


せっかくの観戦となれば、試合を見るのはもちろん、
それ以外の要素も十分に楽しみたい。


となれば、欠かせないのは食と酒である。


ビール片手にスポーツ観戦。
これからの季節は最高だ。


この「ビール片手に」が合うのはサッカーではなく野球なのだ。
(もちろん、僕の勝手な個人的見解)


サッカーは時間が決まっている。
前後半合わせて90分ちょっと。ハーフタイムをいれても2時間弱。


試合中は、ほとんど試合が止まることがない。
展開がめまぐるしい。10秒あれば1点入ってしまう。


ビールのタブに目を向け、プシュッと空けているスキに
ゴールが決まってしまうということもある。


そんなに点が入るスポーツではないのに
生観戦で、これではちょっとせつない。


とにかく目が離せないのがサッカーなのだ。
(またそこが醍醐味でもあるのだが)
ゆっくりとビールを味わう心の余裕がない。


その点、野球は違う。
全体的な進行はゆっくりだ。


全9回、それぞれの表と裏。
攻守の交代だけで10回以上の「間」がある。


試合中だって、タイムもあれば、ピッチャー交代もある。
監督の猛講義で数分中断なんてこともある。


今年は、ビデオ判定も導入された。
審判がビデオに釘付けの間は当然試合は進まない。


良い意味でとても牧歌的なのが野球観戦なのだ。
ゆっくりとビールを味わう余裕がある。


青空の下でビール片手に眺める野球も良し。
夜空の下、ナイターの明かりの中、
ビール片手に眺める野球も良し。
(そういう点でドーム球場はちといただけない)


忙しくてなかなか行けないのだけれど、
近いうちに野球観戦に行きたいなぁと思う。


ちなみに贔屓のチームは千葉ロッテマリーンズ。
川崎時代からのファンだ。


ワールドカップで日本代表が勝つのと同じくらい、
ロッテの勝利も嬉しいのである。


荒木

レッスンのアイデア集1

◇学校での英語活動も軌道に乗ってきた頃と思います。
そんな時に、また、勘違いショッキングレポートが浅井の耳に飛び込んでき
ました。

◇「浅井先生。家の小3の息子も英語が始まったんですよ。ノートにアルファ
ベットの練習をしていました。」

◇落語の落ちのようなものです。漫才であれば、ずっこけ状態です。

◇英語活動を円滑に進めるためには、目的に合致した教具やアクティビティ
が必要です。
そのストックは数多く持っていた方が活動のバリエーションを広げることが
できます。

◇これからしばらくは、アクティビティのバリエーションを増やすお手伝い
をしていきましょう。

◇アクティビティを人数枠の規準別に整理すると・・・
1.大グループでのアクティビティ
2.小人数グループでのアクティビティ
3.ペアワーク(2人でのアクティビティ)
4.ソロワーク(1人でできるアクティビティ)

大グループでは、競争スタイルが効果を発揮します。
具体的なアクティビティとして、カード探し(Treasure Hunt, Card Finding
game)ゲームや、カラータッチ(Go and touch something "color".)など
があります。

カード集めゲーム例
目的:様々な形容詞(様子や状況を表すことば)の意味と音の理解
方法:1.クラスを5名~8名程度のグループに分けます。
   2.全体の代表1名が、ある様子をジェスチャーで表現します。
    (例えば、I'm sleepy.に相当するジェスチャー)
   3.それを見て、各グループの代表がYou are sleepy.と叫びます。
   4.それを合図に各グループのカード探索部隊が、教室のどこかに隠
     されているsleepyのイラストカードを探しに行きます。
   5.見つけるまでのスピードを競います。

次回は6月10日です。「カラーを探すゲーム」を紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年06月02日

「遊び塾」

『外で友達と遊ぶ子ほど「高学歴・高収入に」』というちょっと刺激的な新
聞記事を先日読んだ。


『子ども時代に自然に触れたり、子ども同士で遊んだりした体験が豊かなほ
ど学歴が高く、大人になってからの収入も多い』とのことだ。

「ホントかよ~」とちょっと疑いたくなるような調査ではあるのだが、20~
60代の計5千人にインターネットを通じて実施したそうだから、それなりの
信憑性はあるのだろう(もっとも、インターネットでこのようなアンケート
に答える環境にある層の5千人であるのだが)。


さて、そうなると、将来子どもを高学歴・高収入にするために「自然体験や
子ども同士で遊ばせる体験」をさせたいという保護者が登場してもまったく
おかしくない。
机の上の勉強だけでなく、体を使ってせっせと遊ばせなければならない。


が、しかし。都市部では子どもが安心して遊べる広い場所が少ない。
テレビゲームや携帯ゲームなどに慣れ親しんだ子どもたちが今さら「鬼ごっ
こ」や「ママゴト」に興じるとも思えない。


そこで、登場するのが「遊び塾」だ。
安心して「学べる」環境を用意し、子どもを「強制的に」遊ばせる。
遊びの「指導」も行う。


例えば「缶けり」の授業。
缶けりのルールを図解入りのテキストで解説する。危ないから裸足で缶は蹴っ
ちゃダメ、なんて指導もする。
一人の生徒がずっと鬼にならないような配慮もする。(あ~、面倒くせぇ。)


夏休みには合宿を行う。当然、朝から晩まで遊び倒す。
山コースの生徒はキャンプ、虫捕り、山登り。
海コースは、水泳、魚釣り、スイカ割り。
どちらのコースも夜の線香花火は欠かせないなぁ。


なんて、妄想が広がったのだが、こんな塾じゃ、お金は取れないよなと現実
にふと戻る。


でも、待てよ、とも思う。お金なんて取らなくてもいいじゃないか。
塾の無料イベントで「缶けり」やればいいじゃないか、なんて思う。
勉強はできないけど、ガキ大将的なたくましい生徒が登場するかもしれない。


そういえば、自然体験の合宿なんて、もう沢山実施されている。何を今さら
だった。


あっ、「キッザニア」なんて、考えてみれば、あれは超本格的で規模のでっ
かい「ママゴト」じゃないか・・・。


ついつい昔は良かったみたいな発想になりがちだけど、今はもう昔ではない。
子どもを取り巻く環境も全然違う。
今の子どもが大人になってもきっと「昔は良かった」と思うのかもしれない
なぁ。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年06月01日

いつの間に??

先週に続き会社にある花がまた
咲いていました。

ベランダに置いてあって、土には苔が生えているし
花が咲く植物だと思っていなかったので、気にもしていなかったのです・・・

なのに昨日、綺麗な花が咲いているじゃないですか~
枯れてると思っていたのと、花をつける植物とは
思っていなかったので、ダブルでビックリ!!

IMG_1305.JPG

IMG_1306.JPG


いつ咲いたのかな・・・
先週は咲いてないよな・・・
蕾あったのかな・・・
なんていろいろ考えてました(笑)

って、こんな事を書いていますが
気づいたのは私ではなく、Iさんなんですけどね(汗)

来週はまた何かが咲いていたりして~なんて思ってます。

先週蕾だったアンスリウムの蕾はまだ咲きそうもないです。

相手の関心にそって話を聴く!

◇子どもと向き合うことは、非常に重要なことです。
最近は、コーチングが子育てにも浸透してきて、子どもの話を聞かないとい
けないということが、言われるようになりました。
今回は、子どもの話をどう聴いたらいいのか、考えてみたいと思います。

『余計なことを考えながら子どもの話を聞く』

◇こんなケースは、ないでしょうか。

子ども:「お母さん、今日ね、学校でね、太郎の奴と喧嘩しちゃった!」

母さん:「へえ・・・。喧嘩したんだ?何で?」
(お母さんは、心の中で今日の夕飯の献立のことを考えている)

子ども:「太郎の奴が、意地悪なこと言うんだ!」

母さん:「そうなんだ。だから喧嘩しちゃったんだ?」
(もうそろそろ夕飯の支度を始めようか、もう少し待とうか、考えている)

子ども:「見てよ!お母さん。怪我しちゃったよ!」

母さん:「大したことないんでしょ!?喧嘩なんかしちゃ駄目よ!」


◇このケースは、子どもの話を聞くというよりも、お母さんは、ただ子ども
の会話に合わせているだけで、子どもが、お母さんに話すことによって、何
を伝えたいのかということを考えて対応をしていません。
これでは、子どもの話を聞いているとは言えないのです。

『自分の関心で子どもの話を聞く』

◇次にこんなケースではどうでしょうか。

子ども:「お母さん、今日ね、学校でね、太郎の奴と喧嘩しちゃった!」

母さん:「えっ!太郎君は、大丈夫なの?」
(お母さんは、太郎君に怪我がないかどうかを気にしている)

子ども:「そんなの知らないよ!太郎の奴が、意地悪なこと言うんだ!」

母さん:「そんなの知らないよ、じゃないでしょ!どうだったのよ?太郎君
は?」
(太郎君に怪我でもあったら大変なことなのよ!とお母さんは心配している)

子ども:「太郎の奴より、僕のほうが怪我したんだよ!見てよ、お母さん!」

母さん:「太郎君には、怪我はなかったのね!?」


◇子どもと話をする時に、子どもの関心のあることはなんなのか、このこと
を念頭において、子どもの話を聴くことです。
そうしないと、上記のようなケースになってしまいます。

◇子どもの話す内容から、お母さんが勝手に自分の興味の赴くままに、話を
聴こうとすると、子どもは、話す意欲が、なくなってしまい、子どものセル
フ・エスティームが下がってしまうのです。
自分はお母さんから重要だと思われていないと。

◇喧嘩の当事者同士の怪我は心配でしょうが、今、目の前にいる子どもに関
心を示しながら、しっかりと子どもの話を聴くことです。

◇会話が成立しているように見えても、実際、正確なキャッチボールは出来
ていないことが多いものです。
相手の関心で話を聴くということは、難しいことです。
ぜひ、意識しながら他人の話を聴くようにしてみましょう。


 『相手の関心で相手の話を聞こう!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

塾の起業、経営に役立つMBAのメルマガへの登録はこちらから

MBAをお気に入りに追加する 塾経営のサクセスネットMBAのホームページはこちらへ

カレンダー

2010年08月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
塾の起業、塾経営についてお電話ください。045-651-6922まで。