塾経営、塾の起業コンサルタントが語るブログのトップへ戻る
« 2010年07月 || 2010年09月 »

2010年08月31日

夕焼け

先日友人といた時の事。

ふと空を見ると、とても綺麗な夕焼け空。
空はまだ青いのに雲に夕焼けがうつり雲だけが赤く染まっていた。

すごい綺麗と思い写真を撮ろうと思い
カバンをあさっていたら、友人が
携帯でパシャリ!
同じタイミングで友人も空を見ていたらしい。

その後二人で撮影会(?)をしていました。

IMGP1043.JPG

8月15日号 生徒のモチベーションを向上させる基本理論と実践

◆目次

■巻頭所感
■Pick Up教育ニュース&ポイント
■達人の小技:効果的な発問の種類
■MBA特集:生徒のモチベーションを向上させる基本理論と実践
■塾運営成功事例:講習の継続追い込み策             
■誌上セミナーレポート:2010年6月度塾人スキルアップセミナーより
~やる気について

「塾経営サクセスネットMBA」168号を皆様にお届けします。

 今号の特集は、「生徒のモチベーションを向上させる基本理論」です。学習塾は、生徒のやる気を引き出すことを仕事としています。やる気のある生徒を教えるのは、それほど難しいことではありませんが、やる気のない生徒を教えるのは、大変なことです。しかし、やる気がないと見えた生徒が、たった1回の授業で大変身するのです。私は、そんな経験をこの夏に久しぶりにしました。私が理事を務める学校で、高校1年生の国語の授業をした時です。生徒のやる気を引き出すことの根本原理を知っていれば、やる気を引き出すことはそれほど難しいことではありません。ぜひ、今号の特集と誌上セミナーレポートを参考にして、自分なりのモチベーション理論を作ってください。

 また、今号では、「塾運営成功事例」で講習の継続追い込み策を取り上げています。講習の継続作戦の確認をもう一度して、9月の在籍生を拡大させましょう。

 9月から12月の業務計画をもう一度見直して、さらに綿密な計画をこの8月中に作っていきましょう!
 

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

8月1日号 マニュアル作成のポイント

◆目次

■巻頭所感                 
■Pick Up教育ニュース&ポイント             
■達人の小技:お盆休みの宿題                          
■MBA特集:マニュアル作成のポイント                     
■チラシのヒント:基準を提示する
■塾通信のネタ探し:親の接し方と子どもの学力


「塾経営サクセスネットMBA」167号を皆様にお届けします。

今号の特集は、「マニュアル作成のポイント」です。学習塾は、人的サービスですから、サービスを行なう人によって、そのサービスの質が違ってきます。そのサービスの質を高いレベルで統一させていこうというのが、マニュアルの狙いです。
 大手学習塾で経営幹部に抜擢された時に、私は一番最初に室長マニュアルを創りました。入社3年目でしたが、各室長の格差が大きいと感じていたからです。そして、私のような室長を増やすことが、社業を伸ばしていくには一番いいと思ったので、私の経験をそのマニュアルにこめて創ったものです。その後、私がその大手学習塾を退職した後も、そのマニュアルは7年間使われていました。大分役に立ったのでしょう。ということで、今号の特集では、マニュアル作成のポイントを簡単に説明しています。ぜひ、参考にして、校舎運営や授業運営の質的向上を企ててください。
 また、今号では、「塾通信のネタ探し」で面白いデータがあります。生徒のモチベーションをかける材料として、またイベント企画の参考資料として活用できると思います。ぜひ、全職員の共通情報としてご活用ください。
 夏期講習の継続状況は、どうでしょうか。9月の在籍生の確保は、この8月のお盆前までにはメドをつけ、8月後半からは9月以降の業務計画を練り直すようにしてください。そして、講習欠席者のケアをお忘れなく!
 暑い夏を元気に明るく乗り越えましょう!

マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信

真剣に叱る!

◇このメルマガでは、あえて叱ることに対して触れてきませんでした。
それは、日常的に子どもに小言を言っているだろうし、親が子どもを叱る時
は、真剣に叱っているだろうから、叱ることをそれほど取り上げなくてもい
いと思っていたからです。

◇しかし、ここ数回、保護者の方と面談していて、子どもに対しての姿勢が、
どうも人ごとのようになっていることに気がついたのです。
「あなたのことなんだから、しっかり考えてあなたが決めなさい」というよ
うな発言を保護者の方がする場面が何回となくあります。
その発言を聞く度に、わたしは、ここで叱ってこそ、親なんだけどな!と思
うのです。

◇例えば、子どもが高校を中退しようとする時に、親が、真剣に子どもに問
うことです。
そして、もし子どもの判断が安易なところに傾いたら(子どもが自分の将来
に対して本気で考えないで判断していたら)、当然、親は子どもを真剣に叱
ることです。
子どもの目を見据えて、全精力をかけて、叱ることです。
最近、そういう場面がないのです。

◇教師と生徒でも余りありません。
先日、私は、大人が真剣に叱るとはどういうことかを伝えたくて、あるクラ
スの男子生徒を真剣に叱りました。
その生徒の目を見据えて、あらん限りに声を張り上げ、校舎全体に響き渡る
声で。

◇私の真剣さをそのクラスの誰もが、認めてくれ、それ以後、クラスの姿勢
がよくなりました。
当然、その男子生徒もがんばるようになりました。
命を賭けて叱ることが大切なことなのです。
ですから、しょっちゅう、叱ってはいけないのです。


『叱る時は、命を賭けて叱る!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

ウィリアム・ジェームズ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ウィリアム・ジェームズ
+─────────────────────────────────+
物事をあるがままの姿で受け入れよ。
起ったことを受け入れることが、不幸な結果を克服する第一歩である。


+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇今日の言霊は、非常にシンプルだが、非常に難しいことだ。
私たちには、無意識に自己防衛する機能が、心の中に付いている。だから、
物事をあるがまま受け入れることは、非常に難しいのだ。

◇例えば、「酸っぱいブドウの論理」を思い出してほしい。
ある日、キツネが、道を歩いていて、美味しそうなブドウを見つけた。
そのブドウを食べようと、一生懸命ジャンプをして、ブドウを取りに行くの
だが、ブドウが、高いところになっているので、どうしても取れない。
そこで、このキツネが言うのだ。
「あのブドウは酸っぱい。だから、自分は食べないのだ」と。

◇あるがままの事実をキツネが、受け入れれば、キツネのプライドは傷つく。
ジャンプ力がなかったという能力の無さが、皆に分かってしまうからだ。
そこで、言い訳を考え、その場を去るのだ。
キツネは、この瞬間に何も学ばない。
ジャンプ力を鍛えて、そのブドウを取ってやろうとは、思わないのだ。

◇しかし、よくよく考えてみれば、キツネにとって、ジャンプ力が、それほ
どないことが、そんなに自分自身を傷つけることなのか。
そんなことはない。
しかし、少しでも傷ついてしまうことが、耐えがたいのだ。
だから、自己防衛が働いてしまうのだ。

◇私たちの日常でも、このようなことはいくらでもある。
そして、その大半は、自分自身が大して重要だとも思っていないことで、自
己防衛をしてしまっている。

◇それを意識的に止めてしまうことだ。
そうすれば、随分とあるがままの姿を受け入れやすくなるはずだ。
あるがままを受け入れても、私たちは、自分自身の本質は何も変わらないの
だ。ちょっと恥ずかしいだけだ。
ぜひ、現実を受け入れ、そこからスタートを切ろう。
それが、一番自然なことだから。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月30日

ちょっとだけでも、中身をご覧くださいね

今、2010年の秋のMBAセミナー情報をお知らせするDMを、
以前セミナーに来てくださった皆様やお付き合いがある方にお送りしています。


写真にあるような5枚をコツコツ
心を込めて、社員みんなで袋詰めしました。

できれば、セミナーにご参加くだされば幸いです。

損はさせませんよ。

IMG_16011.jpg

セミナーの詳細ホームページはコチラ

ポチッと画像をクリックしちゃってください!

    ↓
jukucho-2.jpg

……ポイ捨ては、ご勘弁を。
ちょっとだけでも、中身をご覧くださいね。

(T)


エピクテートス

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:エピクテートス
+─────────────────────────────────+
人生のどんな状況にあっても、自分自身と対話し、この対話によってどれだ
け得るところがあるか自問することを忘れないことだ。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇今日の配信で、2400号となりました。
この「考えるヒント・今日の言霊」を発行してから、もう少しで、丸8年が
経とうとしています。
なんとかここまで続けることができたのは、読者のみなさん、荒木君をはじ
めとした会社のスタッフの皆さんのお蔭です。
本当にありがとうございました。
また、私自身が、このメルマガを書くことで、この8年弱、随分と成長をし
ました。このメルマガにも感謝をしたいと思います。

◇私は、この8年弱、このメルマガを書くことを通して、随分と自分と対話
をしてきた。
選んだ言霊にインスパイアされて、自分の中の経験知を引っ張り出し、言霊
に対する解釈は、自分にとって嘘のないことなのかどうか、あれこれ考えて
きた。

◇言霊の作者は、どういう文脈でこの言霊を考えたのか、そして、自分だっ
たらどういう風に表現しようとするだろうかと、自分自身を問うてきた。
私にとっては、この経験は、非常に良い経験だった。

◇この経験を通して、私は、今日の言霊が言うように、どんな状況でも自分
自身と対話する習慣が身に付いた。
自問自答を繰り返せば、それだけ、自分の心が定まってくる。
これは、自己成長には、大きな効果だ。

◇ぜひ、皆さんも前へ向かうための自問自答をしてほしい。
きっと、自分の中で何がが強くなっていくはずだ。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月28日

バーナード・ショー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:バーナード・ショー
+─────────────────────────────────+
人は自分の問題を環境のせいにばかりしている。私は環境など信じない。
世間で頭角を現わす人物は、自分の望む環境を自ら探し求める人物であり、
もしそれが見つからない時は、自分で創り出す人物である。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私たちの人生は、私たちの責任で何とかなるものだ。
だから、自分のおかれた環境が、どうであろうと、全ての問題は、自分の問
題なのだ。

◇他人の所為したり、環境の所為にしても、問題は全く解決しない。
自分が問題を解決しようと思わない限り、問題は、何も解決しないのだ。

◇今日の言霊が指摘しているのも、そういうことだ。
自分の望む環境がなければ、それを探すか、創り出さない限り、自分の望む
環境は、手に入らないのだ。

◇何もしないのに、自分の望む環境が勝手に目の前にやってくるなんてこと
は夢のまた夢だ。
そんな都合のいい夢は、見ないことだ。
他人任せ、環境任せの人生になってしまうから。

◇自分の人生に責任を持とう。人生というステージは、自分のものなのだ。
そこでの主役は、どうしても自分なのだ。
自分でどうにかして、人生のステージで主役を張ることだ。
それが、人生の流儀なのだから。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月27日

教育格差を解消する施策として、ぜひ予算をとってほしい!

記事】返済不要の奨学金、低所得世帯の高校生向け検討 文科省

朝日新聞(2010年8月26日)より以下抜粋

○低所得世帯の高校生向けに返済不要の奨学金制度を創設するため、文
部科学省は、2011年度の予算要求に関係費用を盛り込む方針を決め
た。
入学金や教科書代、学用品代など、授業料以外にかかる費用をまかなう
ために支給することが想定されている。

【○文科省は今年度、公立高校の授業料を無料にし、私立の生徒にも相当
額を支援する「高校無償化制度」を始めた。
しかし、低所得世帯ではかねて自治体などの制度で授業料が免除されて
いることが多く、「苦しい世帯にメリットがない」「余裕がある世帯に
も支給され、逆に教育格差を広げている」との批判が出ていた。
文科省は新しい奨学金によって低所得層の就学を支援し、無償化制度の
弱点を補いたい考えだ。予算要求額は今月末に公表するという。

○文科省は昨年も同様の奨学金の創設を検討。
年収350万円以下の世帯の高校生45万人を対象にするとして10年
度予算に123億円を要求したが、高校無償化の予算確保を優先した結
果、全額カットされた経緯がある。
今回は「再挑戦」となるが、厳しい財政事情の中、要求がそのまま認め
られるかどうかは不透明だ。

○文科省は他にも、削減が続いてきた国立大学運営費交付金や、有利子
奨学金に比べて貸出枠が小さい大学生向けの無利子奨学金の予算増も予
算要求に盛り込むとしている。


*私からのコメント

◇家庭における経済力が、子どもの教育の質を決定するし、子どもの将
来における進学意欲を決定する。
だから、今回の予算請求は、非常にいいことだ。
返済前提の奨学金を作っても、経済力のない親の子どもは、どうしても、
奨学金を申請するのは、及び腰になる。
返済不要の奨学金があれば、随分と利用するようになるし、高校側も進
めやすい。
こういう制度が、実質的な経済格差を解消する方向に向かうように思う。
ぜひ、実現させてほしい。

◇このメルマガも、この号で、400号を迎えました。
ここまでやってこられたのも、読者の皆さん、また会社のスタッフの応
援のお蔭です。
本当にありがとうございました。
どこまで続けていけるかわかりませんが、今後とも応援よろしくお願い
します。


+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

ドワイト・アイゼンハウアー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ドワイト・アイゼンハウアー
+─────────────────────────────────+
人生は、もっとよい世界を切り開こうと努力する場合に、初めて生き甲斐の
あるものとなる。
将来にまったく不安がなくなれば、誰一人として努力しなくなり、人類は絶
滅してしまうだろう。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇自己満足と自己肯定は、全く違うものだ。
自己満足は、現状に対してただ甘えているだけの意識だ。
もうこれでいいだろうと諦めている態度だ。
だから、自己満足からは、新しい気付きがない。
未来に向かって、さらに前進しようとは、思っていないからだ。

◇それに対して、自己肯定は、今できる自分、今できない自分を認めている
だけだ。
「今できるのは、ここまでで、それが、自分の最善なことだ。しかし、まだ
足りないことがある。次に向けて、さらに成長するために、自分に欠けてい
る何かを発見しよう!」という態度が、自己肯定だ。
だから、自己肯定は、自分の存在を肯定しているだけなのだ。
自分の能力に満足しているわけでも、自分の能力の無さに諦めているわけで
もない。

◇「今よりは、素晴らしい自分になりたい。そうなることができる自分が今
ここにいる。」そういう意識で、生きていこう。
自己肯定するとは、そういうことだ。自己満足に陥らないようにすることだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

エネルギースタンド

コンビにで、買い物をして外に出ると、なんと、そこに未来が・・・

Image098.jpg
電気自動車用の充電施設です。


私の子どもの頃は、プラモデルのように、電気で走るスマートな自動車は、
夢であり、未来の象徴でした。


電気自動車は、現在一部の地方公共団体や企業で使われているとは聞いて
いますが、環境問題の観点から、今後、電気自動車が普及が望まれる
ところです。

電気自動車が増えるためには、まずエネルギーを供給する電気スタンドが
利用者の利便性を考慮して増えることが必要なことです。


どんな便利な電気自動車もエネルギースタンドがないと活用できませんからね。

ふと、

「私たちにとってのエネルギースタンドは、十分に整備されているのだろうか?」

疑問を感じた今日この頃です。

2010年08月26日

コツコツ

頭が働かなくなってくる午後4時あたりから、
DM発送作業を行いました。


「コツコツやっていけば終わるもんですね」


とT氏。


「命みたいなもんですね。
日々、コツコツと死に近づいて・・・」


と僕。


「随分とネガティブですね・・・」。


たまに、ブラックな自分が顔をのぞかせます。

レッスンのアイデア集7

◇音楽と体育とオノマトペ◇

秋がすぐそこですね。もう新学期が始まった学校もありますね。
今回も他教科の要素をふんだんに盛り込んだアクティビティをご紹介します。

◇使う語彙と表現
We're going on ~. (~に行くよ)です。
We're going on a picnic. などに転用して利用できる表現です。
他に語彙として"splash"などオノマトペ(擬音語)を学びます。

◇教材
歌の絵本・CD"Bear Hunt"
※"Bear Hunt"という有名な童謡を利用します。
晴れた日に、お父さんと4人の子どもたちが「熊狩り」にでかけます。
野原を越えて川を渡り、森を抜けて熊を探しに行くというストーリーです。

◇教具・道具
模造紙に描いた「山」や「川」など物語に登場する野山の障害物。
(教室の椅子や机を障害物として利用することも可能)

◇音楽(チャンツでも可能)
教材によって音楽のアレンジが異なります。
もっとも良い方法は音楽の先生と相談しながらスピーディな編曲でやるのが
よいでしょう。

◇授業の進め方(前提)
低学年の場合には、音楽に合わせて、先生と一緒に行動をするだけでも十分
に楽しめます。
その代わりに、3、4回同じ行動をさせて、何をしているかを次第に解から
せるようにします。
高学年では、まず、これからクマ狩りに行くシーンを想像させます。
全体にクマや野原、山、岩、川などの自然の様子を表す単語を紹介します。
地方の小学校であれば、窓から見える自然が大いに協力してくれます。
都会の小学校では、イラストや写真を用意する必要があります。
まずは、下準備として語彙をしっかりと定着させますが、名詞が主ですから、
10分程度で理解されると思います。

次回は、実際の進め方です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エルバート・ハバード

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:エルバート・ハバード
+─────────────────────────────────+
いつまでも無知のままでいたければ、きわめて簡単で効果のある方法がある。
自分の取るに足らぬ意見と知識に満足しておればよい。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇無知とは、全く何も知らないことを言うのではない。
既に知っている知識があって、その知識が、現実から新たに学ぼうとするこ
とを邪魔することを言うのだ。
既に知っているということで、新たに何かを知ろうとせず、現実と向き合お
うとしないことを無知というのだ。

◇そしてもう一つ重要なことは、本当の知識は、知れば知るほど、新たに知
識を欲するようになるのに、無知という知識は、知ってしまえば、それで満
足してしまうようなものなのだ。
だから、取るに足りない知識という結果に陥ってしまうのだ。

◇私たちに重要なことは、まだまだ何かが足りないというプロ意識だ。
欠乏感と言ってもいいかもしれない。
もっと知ることがあるだろうと自分自身を見つめることだ。
そうすれば、無知という知識から逃れられるはずだ。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月25日

「義務なのか」

8月出産予定です。はい、僕の知り合いのお話です。


お酒大好きな彼女がお酒をやめたのは、およそ10ヵ月前。
妊娠が分かったからでした。


出産予定は8月。


夏に生まれるので、「夏」の一字を入れた名前を、性別が分かったときから
考えていました。


しかし、そうです、8月は残すところ1週間。
実は、予定日からすでに7日経ってしまいました。


そういうこともあったのでしょうが、彼女は、

「八月までに産まないと…」。

と思っていたらしいです。


初めての出産。しかも予定日も過ぎている。とても不安でとても焦る。
「産まないと」はその心情がよく分かる言葉です。
何か義務感のようなものも感じてしまいます。
「楽しみに待つ」という気持ちからは、ちょっと離れてしまっているようで
す。


「~しないと」、「~しなきゃ」。


仕事ではない。期限が決められているわけでもない。誰かに頼まれたわけで
もない。
しかし、私たちは、このような義務感で日々を生きていることが少なくない
ように思います。


つい、先日もある方からこんなふうに言われました。


「自分のこと、好きにならなきゃダメですよね」。


その人は、自分のことがあまり好きではないようです。
誰が言ったかはっきりと分からない「自分のことを嫌いなのは良くないこと
だ」というぼんやりとした世間の風潮も影響を与えているようです。


確かに、自分のことを好きであれば、日々を楽しく生きられることが多いよ
うに思います。
しかし、「好きにならなければならない」という義務はありません。嫌いな
ら嫌いでも別に構わないのです。


むしろ、義務になってしまったら、好きになんてなりようがないと思います。
「あの人のこと、好きになんなきゃ!」なんて思って誰かを好きになる人は、
まずいないでしょう。


「~しなければならない」と思ったら、ちょっと立ち止まって考えてもいい
かもしれません。それはあなたの義務なのでしょうか。


「~しなきゃ」と思ってやるのか。「~したい」と思ってやるか。
義務なのか、願望なのか。


あなたが、ちょっと窮屈に生きてるな、と思っているのなら、それは義務に
感じることが多いからかもしれません。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

トーマス・エジソン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:トーマス・エジソン
+─────────────────────────────────+
人間は思考する努力を省きたいために、ありとあらゆる方便に頼ろうとする。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私たちは、徹底的に考えて事にあたっているだろうか。
成功する人間と失敗する人間の境目は、まさに今日の言霊の指摘していると
ころではないだろうか。

◇自分自身で必死に考え抜いたことに対しての執着と誰かから借りてきた考
えに対する執着では、これは、雲泥の差があるはずだ。
当然、自分で考え抜いたことに対する執着の方が、強くて、そして真剣見が
ある。ここが成功か失敗かの分かれ道かもしれない。

◇徹底的に自分で考えて事にあたろう。
考える見本はあってもいいが、どこかから簡単に借りてきて、「ハイ!自分
で考えました!」と言って、済ますのはやめよう。

◇考える見本を自分なりにしっかり吟味し、納得がいって、自分で使ってみ
よう。
受け売りだけの考えから脱皮することだ。

◇便利な時代になったからと言って、それに踊らさせることなく、自分で考
え、そして実行していこう。
そうしたものだけが、自分の血肉になるのだ。

◇簡単に手に入れたものは、簡単に手からすり抜けていくものだ。
自分で悪戦苦闘することだ。それが、考えるということだ。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月24日

ご苦労様です

今日の朝、横浜駅で電車を待っていた時の事。
向かいのホームに作業服を着た人がいた。

その人は突然線路に降り、何か作業を始めた。

朝は電車の本数が多いのに、警備員も置かずに。
しかも、数分後に電車が来るのにって私がちょっとドキドキ。

そして、私が乗る電車が来た。
向かいの電車も来た。
その人がホームに戻った気配も無いし・・・
ホームの下に隠れたのかな??なんて思いながら
電車に乗り込むと、その人は線路と線路の隙間に
立っていた。
ちょっとビックリ・・・

こんなわずかな合間を見て作業するなんて大変だろうなと
朝から思ってしまいました。

お陰で私達は安心して電車に乗れるんですけどね。

ご苦労様です。

承認するということ

◇この夏、10年ぶりに高校生に国語を教えていますが、国語の苦手な生徒
たちなので、国語に対して関心が薄く、消極的な授業姿勢の生徒が大半なの
です。
それでも、こちらとしては、国語の勉強する意味を伝え、国語の面白みを伝
えようと悪戦苦闘しています。

◇そんな彼らとの授業で、発見したことがあります。
それは、的確に承認していけば、彼らの態度は変わってくるということです。

中土井:さあ、みんな。
「こういう場所」の「こういう」ってどういうことですか。
A君。どういうことだと思う。

生徒A:分かりません。

中土井:「こういう」の文の前後を見てみてよ。

生徒A:・・・・・。都会ってことかな?

中土井:そうそう。いい線いってる!考えれば、分かってくるじゃないか。
もうひとひねりしてみて。

生徒A:「都会のような無機質な」ってこと!

中土井:素晴らしい!よくわかった。それじゃ次いくぞ。

◇こんな感じで承認したり、誤答だった時に、ちょっと違った承認の仕方を
したりします。
「この間違え、もしかすると才能ある間違い方だな。この選択肢、ひっかけ
なんだよ。しっかり読んだら、答えがでるよ。」とアドバイスするのです。
そうすると、生徒たちは、どんどん積極的になっていきます。

◇承認は、どんな時にでもできます。
真剣に問題文を読んでいる時にも、誤答をしている時にも、ノートに板書を
写している時でも、色々な時にできます。
その都度、承認をしてみてください。
保護者が気付いた時に、いつでも承認する姿勢でいれば、子どもたちは、ど
んどん変わってきます。


『承認することで、子どもの態度は変わる!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

エブラハム・リンカーン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:エブラハム・リンカーン
+─────────────────────────────────+
もし、私が私に寄せられるすべての攻撃文を読むくらいなら、まして返事を
出すくらいなら、この事務所を閉鎖して、何かほかの仕事を始めたほうがま
しだ。
私は私が知っている最良を、私がなしうる最善を実行している。
それを最後までやり続ける決心だ。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇リンカーンは、今日の言霊に続けて、結果が重要なのであって、もし私が
やってきたことが、失敗であればこの決心は意味をなさないし、もし成功す
るのであれば、私を批判した人もきっと理解をしてくれると言っているのだ
が、まさにその通りだ。

◇私たちに重要なことは、批判に応えることではない。
自分の信じることに従って、結果を出すことだ。
結果を出せば、その時に糾弾されるか、理解されるかが明確になる。

◇結果が出ないうちから批判に対して動揺してしまうのは、私たちの決心に
とっていいことではない。
結果を出すという意味でもマイナスだ。
中途半端なものになってしまうからだ。

◇私たちは、今日の言霊の覚悟を忘れないようにしよう。
自分の信じるところに従って、徹底的に行動していこう。
自分がなしうる最善を実行することだ。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月23日

十五のこころ

なぜか幾つになっても
入道雲モクモクの夏の空を見ていると、

不来方のお城の草に寝転びて空にすわれし十五のこころ

という啄木の句が思いだされるんです。

(T)

気づきは、始まり

◇普段元気なときに、胃がどこにあるのか?心臓がどこにあるのか?意識す
ることはまずないでしょう。
不調になると、内臓の存在に始めて気づき、疲れすぎかな、食べすぎかなな
どと身体を労わる行動に出たり、お医者さんに診てもらうことになります。

◇なかには、気のせいだろうと放って置く場合もありますね。
そして、稀に後でひどい目に遭うこともあります。
私も悪化してから通院して、早く診てもらっていれば良かったと思うことは
度々あります。

◇さて、普段の生活の中でも、日頃、気づかなかったことが、異様に気になっ
たり、初めて出会ったような驚きを感じることがあります。

◇今まで、意識していなかったことを、初めて、または、久しぶりに意識し
始めるのは、私たちの中にあり、普段は意識していない心からの訴えだと、
私は感じています。

◇折角の訴えですから、大切にしてみてはいかがでしょうか。

どういう風に?

「何で自分はこのことが気になるのだろう?」

「どんなところが気になっているのだろう?」

「この気づきは、自分に何を訴えているのだろう?」

と、問いかけ、答えを言葉にするのです。

◇「何となく」「気のせい」と片付けた途端見失いがちのことを言葉にする
ことで、意識化することができます。

新しい意識化は、新しい人生の始まりです。

是非、ご自分の心の声に耳を傾けてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
残暑お見舞い申し上げます。
しかし、30℃という気温がこんなに涼しかったとは、驚きです。
35℃を超える気温に私たちの身体が否応なしに慣らされていたのでしょう。
普段の人間の弱さと、底知れぬ人間の強さを感じています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ロングフェロー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ロングフェロー
+─────────────────────────────────+
辛抱すればこそ、成功が得られる。
長い間大声で扉をたたき続ければ、必ず誰かが目を覚まして開けてくれる。
+─────────────────────────────────+


■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私たちは、我慢しなければならないことが多い。
自分の思い通りにいくこと以上に、自分の思い通りにいかないことのほうが
多い。
それは、自分以外の人間のほうが多いからだ。到って簡単な道理だ。

◇しかし、私たちは、辛抱することよりは、思い通りにいかないことを諦め
て、簡単に次に乗り換えようとしてしまう。
すぐに自分の思い通りにいくことを求めてしまう。
しかし、世間は、それほどいい加減なものじゃない。

◇今日の言霊も言うように、辛抱することだ。
ちょっとやそっとでは、自分の思い通りにいくようなことにはならない。
辛抱して、地道に努力して、そして、何年かしてはじめて、少しは自分の思
い通りにいくようになるものだ。

◇石の上にも3年というけれど、辛抱してやってみることだ。
簡単に手放していいものなど何もない。
辛抱して取り組んでこそ、自分のものになるはずだ。
成功するまでは、辛抱することだ。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月21日

ジョン・ワナメーカー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ジョン・ワナメーカー
+─────────────────────────────────+
一度に一歩ずつ登れば、高い山でも踏破できる。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇このメルマガは、2002年11月からスタートしている。
今月中には、2400号を突破する。
書き出した最初の頃は、どこまで行くのか、全く見当がつかなかったが、兎
に角、一号一号書くことだけだった。

◇今日の言霊のように、一度に一歩ずつ進んできたようなものだ。
日曜日と正月の1週間を休みにして、コツコツやってきた。
1回も休んでいない。
読者の皆さんに、元気を与えようとやってきたが、本当に読者の皆さんに元
気を与えられているかは、ちょっと自信がない。
しかし、今日も書く。

◇どうだろう。一歩一歩やることしかできないのが、人間のように思うが。
人間の強さは、一歩一歩歩むところにあるのではないだろうか。
二歩も三歩も大またで歩いてみても、長くは続かないから、結局一歩一歩と
いうことになって、そして、その積み重ねが、現在の到達点なのだ。
それでいいではないか。

◇私たちは、私たちの身の丈で生きているのだ。
その身の丈にあった歩幅で歩いていこう。コツコツ歩くしかないのだ。
一歩は小さくても、それを重ねていけば、大きな足跡になっていくはずだ。
まずは一歩。そして次も一歩。その積み重ねを信じることだ。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月20日

生き返りました!

事務所のベランダには、いくつかの観葉植物があります。


以前は、部屋の中にあったのですが、枯れかかっていたものをSさんが
太陽パワーで生き返らせようとベランダに出したものです。


しばらくは何の変化もなく処分の対象だと私は感じていたのですが、
ある鉢の植物だけが生き返りました。

さすがに、枯れているときの映像はありませんが、以前はこんな感じでした。

Image096.jpg


そして、2ヶ月前ごろから、枝から小さな芽が出て、今はこんなに葉が生い茂っています。
Image097.jpg

あの時、捨てなくて良かった!
それが率直な気持ちです。


残念ながら、別の鉢では、もう既に腐ってしまったものもありますが
一時は枯れていると思っていた植物も、環境を整えることで
生き返ることもあるのです(実際は、生き続けていたのでしょうが)。


駄目か駄目じゃないか、長い目で見られる心と余裕がほしいものです。

生い茂った葉達がそう訴えているようです。

人気取りの政策はもうやめてしまおう!

【記事】子ども手当、消費は「3割」 「大部分が貯蓄」の見方

読売新聞(2010年8月17日)より以下抜粋

○政府は今年度から家計支援策の目玉として子ども手当の支給と高校授
業料の無償化を始めた。
しかし、今回のGDP速報では、「消費の押し上げ効果は薄かった」と
の見方が大勢を占めている。
 

○子ども手当は、6月に4、5月の2か月分である1人あたり計2万6
000円が支給された。
4月からの高校授業料の無償化も、家計で消費に回す金が増える計算だっ
た。

○政府は子ども手当について、支給額のうち、約7割が消費に回るとの
試算を国会で示していた。
だが、「自公政権での定額給付金と同じ3割程度しか、消費に回らず、
多くは貯蓄されている」(農林中金総合研究所の南武志氏)との見方が
強い。

○子ども手当などの消費押し上げ効果について、荒井経済財政相は16
日の記者会見で、「分析結果が出ていないのでコメントする状況にはな
い」と述べ、回答を避けた。


*私からのコメント

◇子ども手当をどう考えるかは、色々な意見があるだろうが、私は、バ
ラマキ行政だと思う。
それは、子ども手当と銘打つならば、それなりに教育的な狙いがあって
いいはずだが、それが感じられないからだ。
明らかに、現政権の人気取りに利用されたものだ。そういう手当は、以
前にもあった。
そのたびに、効果があったとか、なかったとか言われるが、もうそろそ
ろ、こんな一時的な施策に右往左往するのは、やめた方がよい。

◇子ども手当のことに関して言えば、予想通り、高所得層は、子どもの
ために、低所得層は、家族のために、使ったのだ。
先日も、あるテレビ局のインタビューで、子ども手当についてコメント
を求められたが、全体的に子ども手当が、機能しなかったと答えたが、
その部分は、カットされて、ニュース全体が、子どもの手当が、塾通い
を助長したという風になってしまっていた。
それは、所得に余裕があるご子弟だけの話だ。子ども手当は、全体的に
言えば、予備的なことに使われたのだ。
例えば、貯蓄だったり、今まで未納だった税金や借金に。

◇一時的な思い付きで、教育を云々するのは、もうやめた方がよい。
子ども手当を考えるのならば、トータルな育児政策や教育政策として考
えるべきだ。
子育てがしやすい環境を作るとか、義務教育のインフラを整えるとか、
そういう風に使うべきだ。
教育格差を埋めようと経済支援をしても、所得格差がさらに色濃く出て、
教育格差はどんどん広がっていくだけだ。
人気取りの政策はもうやめてしまおう。


+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

坂本 竜馬

◇私たち凡人は、目的と手段をどうしても混同してしまう。
目的よりも手段を優先させてしまうことがある。
その最たるものが、自分のプライドだ。

◇目的を達成するために頑張っているのに、手段である自分を優先させてし
まうことがある。
自分のプライドが邪魔をして、土下座でも何でもすればいいのに、それが出
来ずに目的が達成されないということがある。

◇今日の言霊が言っているのが、そういうことだ。
自分のプライドを捨てて、目的に邁進しないと事が成就しないぞ!と言って
いるのだ。

◇私たちは、自分のプライドを優先させてしまうことが多い。
ここまでしてやるぐらいならば、やらない方がいいと判断してしまうが、そ
れは、実は自分のプライドを優先して、本当の目的を捨ててしまっているの
だ。

◇まあ、捨ててしまえるような目的なのだから、大した目的ではないのかも
知れないが、それでは、いつまでたっても目的は、達成されはしないだろう。

◇目的と自分のプライドを天秤にかけて、目的が大きいような、そんな目的
を持つことだ。
そして、そんな目的を持ったら、自分のプライドを打ち捨てて、その目的達
成に邁進することだ。

◇自分は目的達成の手段だと思えるような目的を持ちたいものだ。
大きな夢を持つ力を身につけたいものだ。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月19日

残暑の中の「ごめんね」が。

事務所近くの横断歩道。


照りつける太陽の光を浴びながら


赤信号が青に変わるのを待っていました。


本来なら、目の前を右から左へ横切るはずの車たちは、


渋滞のため、少しずつしか前へ進みません。


そのため、横断歩道の赤信号が


青へ変わったとき、こんな状態に。








IMG_0196.jpg






バスが横断歩道に差し掛かったまま


車道のほうが赤信号になってしまったのです。


横断歩道を反れ、バスの鼻先を横切る僕。


そのとき、運転手さんをチラッと見ました。


すると、運転手さんは、右手を手刀の形で


自分の顔の前にもってきて、


軽く首を縦にふったのです。





「ごめんね」の合図でした。





軽く右手をあげて、応える僕。


しょうがない、そんなときもあるよ。


運転手さんの「ごめんね」が


残暑厳しい夏の一日に


実にさわやかだったのです。

レッスンのアイデア集6-6

◇「夏のArt and Craft アクティビティ」続編◇

絵が描けました。
画用紙には様々な魚たちが並びました。次にこれらに色をつけます。

教師:OK. Paint your fish.
「魚に色を付けてください。」

色を付けたら、次々に質問してください。褒めてください(承認行動)。
児童:I'm finished.
教師:Very good. What is this fish called in English?

その次は、魚を切り抜きます。
教師:Then hold your scissors and cut out your fish.
「はさみを取り出して、魚を切り抜いてください。」

全員が切り抜いたら、その魚を使ったゲームを行います。
魚を調べたり、描いたり、切り抜いたりしたのは、実はこのゲームを楽しむ
ためです。

教師:OK, everyone. We are going to enjoy a fish race.
And find out who will win the race. 
Make a line here with a fan.
「さあ、これから『お魚競争』をします。誰が勝つかやってみましょう。
団扇をもってここに並んでね。」

活動内容:ぞれぞれの魚と団扇をもって一列に並びます。
魚を床に置いて、団扇で扇いで魚を前へ進ませ、どの魚が一番先
にゴールに到達するかのレースです。

低学年であれば、距離は短く、ペアで一匹の魚を進ませます。
高学年であれば、一人が進ませ、他のグループの児童がそれを妨害するとい
う方法もあります。
また、5名くらいが個人戦として、コースを競争します。
その両サイドに数名の児童が並んで横から団扇で扇いで進路を妨害するとい
う方法もあります。

個人戦からグループでのリレーまで、とにかく、楽しいのでいろいろな方法
で行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年08月18日

「道」

当たり前のことだけど、やめなきゃ、続くんだなぁということを実感してい
る。よくここまでやったなぁ、と。


こういうとき、僕は、自分で自分を素直に褒める。
「おぁ、お前は偉いぞ、よくやったぞ、素晴らしいぞ!」と。


僕の大好きな詩に高村光太郎の「道程」がある。
特にこの一節がたまらなくカッコいい。


僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る


僕の後ろに出来た道は、気付けば399。このメルマガ、本日で400号。
毎週水曜発行で、お休みは年末だけで8年目。


宿題となっている日記が面倒で書かずにいたら、先生に平手打ちを10発喰
らった小6のころから比べりゃ、人類が初めて月面着陸したぐらいの大いな
る進歩だ。


僕の道はあとどれだけ伸びるのでしょう。
でこぼこで、くねくねで細い道だと思うのだけれど。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年08月17日

夏休みの思い出を確認しよう!

◇夏休みが、あと10日前後で終わってしまいます。
学校が始まるとまたいつものように、時間に追われて、子どもたちも親たち
も忙しい日々になってしまいがちになることでしょう。
そこで、今回は、学校が始まってから前向きな会話が出来るように、夏休み
の思い出を確認しておきましょう。

お母さん:太郎、とうとう夏休みが終わっちゃうわね。
太郎  :そうだね。
お母さん:夏休みを振り返ってみて、何か思い出になったことはある?
太郎  :えー?なんだろう?
お母さん:お母さんはね、みんなで行った山登りが印象的だったわ。
     お母さんが、弱音を吐いたら、太郎が、励ましてくれたでしょ。
     あれ嬉しかったな。
太郎  :そんなことあったけ?
お母さん:あったのよ。ところで、太郎は何か印象に残ったことあった?
太郎  :なんだろう?プールかな?B雄と行ったプールが面白かった!
お母さん:何が面白かったの?どういう点が?
太郎  :え?それは内緒!
お母さん:じゃあ、夏休みに何か自分のためになったことは?
     こんなこと学んだとか、こんなことを経験できて良かったとか、
     何でもいいから。
太郎  :えー?何かあったかな?
お母さん:田舎に行く時に、太郎が、電車でお爺さんに席を譲ったでしょ。
その時どんな気持ちで席を譲ったの?
太郎  :席を譲らないとまずいかなと思って。
お母さん:どうしてまずいと思ったの?
太郎  :お爺さんが、席に座りたそうだったから。
お母さん:そう。席を譲ってみて、どんな感じがした?
太郎  :えー?まあ、普通のことをしただけだよ。
お母さん:お母さんは、ちょっと嬉しかった。他人のために太郎が、自分で
行動できたんだから。これは、夏休みの収穫じゃないかしら。
太郎  :そうかな?
お母さん:じゃあ、次に夏休みにこれは失敗だった!と言うことは何かあっ
     た。これが出来なかったとか、こんなことを今後はしないとか。
太郎  :えー?色々あったような気がするけど。
お母さん:たとえば何よ。
太郎  :そうだな?計画通りに行動することが少なかったね。
     計画が、少しずつずれてしまったこと。
     結局、計画通りにならなかった。
お母さん:そう?お母さんは、随分と計画どおりに太郎は頑張ったと思うけ
     ど。どうすれば、計画通りに出来たと思う?
太郎  :えー?もう少し、時間を上手く使えば良いんじゃないかな?
お母さん:どうすれば、時間が上手く使えるようになるのかな?
太郎  :朝起きたら、一日のやることを確認して、やってみるとか?
お母さん:じゃあ、学校が始まっても、そのことを意識してやってみたら。
太郎  :そうだね。考えておくよ。


◇長い夏休みに区切りをつけて、また9月から学校をスタートさせるために
は、夏休みを振り返ることが大切なことです。
子どもにとって何が大切なことだったのかを子ども自身が意識してくれるこ
とが望ましいのです。
そのために、夏休みの思い出を確認してみてください。


『夏休みの思い出を確認して、9月からの生活に活かそう!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月14日

権利を主張することより、権利を行使できることに感謝したい

◇電車の座席に私が座れば、どなたか一人の方が座れません。
私が座ることで、どなたかが立たざるを得ないのです。
最初に私が座っていたとしても、立っている方がいるおかげで私が座る
権利を行使できるのです。

◇このように考えると、私だけに権利があるのではなく、総ての人に平
等に権利はあります。
そして、私が権利を行使できるのは、意識するかどうかは別にして他者
の協力によります。

◇以前、プロ野球の自由席の切符をいただきました。
切符があるから大丈夫と試合開始30分前に到着すると既に満席。
いくら切符を持っていても入れないのです。

◇内野席に座る権利は与えられていながら、その権利の行使をできない
瞬間でした。
私たちが席を確保する権利を行使できなかったために、楽しい時間を過
ごせる人がいたのです。

◇私たちの権利行使には、大抵の場合、資源という制限があります。
権利を持ちながら、行使できる人と行使できない人が生まれます。

◇お盆休みの真っ最中、たくさんの人が集まる場所に出かける方も多い
でしょう。

あなたは、がむしゃらに自分だけが権利を行使することに努めますか?

それとも、皆が権利があることにちょっと意識を向けてみますか?

◇そして、もし、あなたの権利が行使できたとしたら、譲ってくれたど
なたかのおかげで権利が行使できていることに感謝したいものです。

それでは、楽しい休日をお過ごしください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「今度飲みに行きましょう!」私には嬉しい言葉です。
私が酒飲みだからというわけではあります。
何らかの出会いがあり、「もうちょっとこいつと時間を共有したいな!」
というありがたい意思の表れと感じるからです。
あなたの嬉しい言葉は、どんな言葉ですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年08月13日

学校へ行く動機付けをどこに求めるか!

記事】不登校の小中学生が2年連続減少 それでも12万2千人

朝日新聞(2010年8月6日)より以下抜粋

○病気などを除いた理由で学校を年に30日以上休んだ「不登校」の小
中学生が、2009年度は前年度より4373人減り、2年連続で減少
したことが5日、文部科学省が発表した「問題行動調査」でわかった。
中学生で大幅に減ったのが特徴だが、依然として12万2432人が不
登校で、同省は「減少傾向に転じたとまでは言えない」としている。

○不登校の中学生は前年度から4048人減り、10万105人(全体
の2.77%)。
小学生は325人減の2万2327人(0.32%)だった。

○不登校の中学生が減った理由を、文科省が都道府県の教育委員会に聞
いたところ、スクールカウンセラーなど専門家の活用▽不登校の生徒へ
の接し方を各学校で研修▽小中学校の教諭の交流人事など連携の充実、
との回答が多かったという。

○不登校のきっかけと考えられる原因(複数回答)で多かったのは、
「いじめを除く友人関係」が2万1724人(不登校のうち17.7%)、
「親子関係」が1万3916人(11.4%)、「学業の不振」が1万
2581人(10.3%)。
「いじめ」は3167人(2.6%)だった。


*私からのコメント

◇不登校については、どうすれば改善するかということを議論しても難
しいかもしれない。
それは、学校に逃げた方が、自分の生命が守られるという時代状況では
ないからだ。

◇学校は本質的には、管理と選抜の機関だから、居心地が良いという代
物では本質的にはない。
だから、敏感な子どもたちは、居心地の悪さを感じて、無理して参加し
なくなってしまうし、怠学を許す家庭は、子どもを尊重するという名目
の育児放棄をしてしまって、不登校になる。
それでもなお、学校に子どもたちを向けさせようとすれば、何かしらの
動機付けが必要だ。

◇従来のように、学校に行かなければ、将来が保証されないと言った動
機付けだけでは、今は通用しない。
勉強しないと立派な大人になれないとか、良い生活が出来ないとか、そ
んな動機付けでは不登校になってしまうような子どもたちには、通用し
ないものだ。だから、従来とは違った動機付けを考えるべきだ。

◇それでは、どんな動機付けが必要なのか。
それは、存在承認を与えるという動機付けだ。

◇私が従来から言っているセルフ・エスティーム(自己重要感)を上げ
るコミュニケーションを学校でとっていくということだ。
従来の学校は、学校に来ることが当たり前だから、それについて何も承
認をするということがない。
承認しないから、来る意欲が減っていくということが起こる。

◇人間関係の中にいる子どもたちならば、それほど存在承認を必要とし
ないだろうが(みんなから承認されるから)、不登校になってしまうよ
うな子どもの大半は、存在承認をしっかりしてあげないと、来る動機が
なくなってしまう。
不登校になるかならないかは、心の居場所が学校にあるかないかだと思
う。

◇学校の本質的な機能に期待は出来ないから、教師と子どもの関係性と
いう副次的なものに期待をするしかないかもしれないが、子どもに向き
合う教師のその姿勢が、新たな動機付けを創っていくのだと思う。
教師の本音と建前のバランスの利いたコミュニケーションに期待したい。

+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2010年08月12日

レッスンのアイデア集6-5

◇「夏のArt and Craft アクティビティ」◇

Art and Craftなど何かを英語を通して学ぶカリキュラムを
task-based curriculum(タスクベースカリキュラム)と言います。


タスクベースでは、児童は英語が学習材料であることを意識せずに行動する
ので、自然に語彙や表現が見に付く効果があります。
一方で、その場しのぎの学習になる可能性が内在しているので、解消法とし、
行動の前に、語彙や表現を練習することと、活動のまとめの時間を確保し、
そこで、活動中に使った語彙や表現を確認することが重要になります。

これを踏まえて、今回のアクティビティに進みます。
海の生物の続きで、低学年児童でも楽しめるアクティビティです。

道具:画用紙、Picture Dictionary、色鉛筆、はさみ、うちわ。

活動:Let's find a fish you see at the super market.
Picture Dictionaryから、児童が良く知っている魚をそれぞれ自由に
選びます。
スーパーなどで目にする、鮭、鯵、鰯、鰹、鮪、鯖、平目などです。

タスクベースで行動させるときには、教師の声掛けがキーポイントです。
これが希薄だと、児童は次第に日本語モードになってきます。

教師:OK. I know this fish. This is a salmon. Do you like it?
「そう、これは知っているわ。鮭よね。鮭は好き?」

教師:Do you know the eggs of salmon is called "ikura"?
「鮭の卵は『いくら』だって知ってたかな?」
Let's draw the fish you chose on the paper.
「選んだ魚を紙に描いてみて。」
You are a very good painter, aren't you?
「絵がとっても上手いね。」
This mackerel looks very tasty.
「この鯖は美味しそうね。」

このようにしながら、またお互いに質問をさせたり、絵を褒めあったりしな
がら、絵を描く時間が過ぎていきます。

次の時間は、描きあがった絵を使ったアクティビティへ続きます。

※鮭=a salmon、鰯=a sardine、鰹=a bonito、鮪=a tuna、
鯖=a mackerel、平目=a flatfish


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年08月11日

「生きる意味についての考察」

「何のために生まれてきたのか、自分が生まれたことにどんな意味があるの
か、生きる意味とは何なのか」。


私の知り合いで、この問いに対する答えが見つからず、非常に悩んでいる女
性がいる。
これは本人にとって、非常に大きな重要な問題であり、悩みである。


彼女はとても真面目で思いやりがある優しい人間で、不真面目でいい加減に
生きている僕とは真逆の存在だ。


だから、僕の意見なんて、とるに足らないものではあるが、しかし、失礼や
暴論を承知で言わせてもらえば、私は、そんなもの、いくら問うても意味の
ない、くだらないものだと考えている。


「自分が生まれた意味は何のか」。


この問いかけ、そもそも出発点がおかしくはないのか。
これは、「生まれたことには必ず『意味』がある」という前提の問いかけだ
からだ。
「人が生まれるからには、何かしら意味が必ずあるのですが、その意味の中
身は人それぞれ違います。あなたの場合は何ですか?」という問いである。


僕の考えは全く違う。「生まれたことに意味はない」と思っている。
両親が結婚し、たまたま僕がこの世に生まれた。
「両親が、子供が欲しかったから」か「種の保存」以上の意味はない。
僕という存在は必然ではなく偶然なのだ。
僕が死んでも世界は回る。きっと、みんなたくましく生きていく。


「自分が生まれた意味は何のか」。


この問いかけに悩む人が多いのは、答えがないにかかわらず、一生懸命、真
面目に答えを考えるからではないか。
ないものを捜し求めるから苦しいのだ。
「生まれた意味なんてない」と考えれば、悩まずにすむ。


ふざけんな、馬鹿なこというな、という批判の声が聞こえてきそうだが、
「ふざけた馬鹿なこと」を言っている自覚は一応ある。


そして、言いたいことは続く。


「自分が生まれた意味などない」。だから「生きていてもしょうがない」
のではない。ここは声を大にして強く強く言いたい。


「自分が生まれたことに意味などない」。だから「自由に生きればよい」。
生きる意味になんかに囚われず、自分が好きなように生きればよい。
意味なんてないんだから、後付けで生きればいい。
生きたいように生きればいい(もちろん、「何をやってもいい」というのと
は違うよ)。


人生の意味なんて与えられたものを捜すんじゃない。
優先されるべきは自分の意志だ。
意味じゃなくって意志なのだ!捜すんじゃなくって創るのだ!


取るに足らない人間の、たわごとだと思って受け止めてもらえれば幸いな今
日のメルマガである。
最近、何のメルマガだか分からなくなることが自分でも多いけど、言いたかっ
たことを書いて、ちょっとスッキリしている。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年08月10日

大収穫

前回のブログにも書きましたが、
我が家では家庭菜園をしています。

今唐辛子が大収穫なのです。

お店で買うと中国産なので、
作ってみたのですが、これがまた沢山次から次へと
出来ること・・・
水しかあげてないのに・・・

国産無農薬なので安心ですが
こんなには・・・

とりあえず干して保存できるように
している所ですが、干し終わった頃に
次が収穫できることでしょう。

F1000041.JPG
これはほんの一部。

Iメッセージを使おう!

◇IメッセージとYOUメッセージという言葉を聴いたことはあるでしょう
か。
このメルマガでも何回か出てきましたが、子どもを叱る時には、Iメッセー
ジが有効です。
YOUメッセージの叱り方と比較してみると、その違いがよく分かると思い
ます。

お母さん:太郎、朝から何をゴロゴロしているの?
太郎  :別に。ゴロゴロなんてしてないよ。
お母さん:じゃあ、学校の宿題でもしなさいよ。
なんで、こう毎日、ゴロゴロ出来るんだろうね!
太郎  :だから、ゴロゴロしてないよ。テレビを見ているだけだよ!
お母さん:そういうのをゴロゴロしているというのよ。しようがない子ね!
こんなことばっかりしてたら、ろくな大人にならないわよ!
もっとシャッキとしなさい!
太郎  :分かったよ!勉強すればいいんだろう!


お母さん:次郎、朝から何もすることないの?
次郎  :別に。
お母さん:じゃあ、学校の宿題でもしなさいよ。
     お母さんは、あなたが勉強している姿を見るのが好きだな!
次郎  :え?僕は今テレビを見ているんだけど。
お母さん:お母さんは、やることがあるのに、あなたがテレビを見て、やる
     ことをやらないのは、嫌だわ。
次郎  :分かったよ!勉強すればいいんだろう!

◇この二つの会話は、同じようなものですが、二つ目の会話には、Iメッセー
ジが含まれています。
お母さんの気持ちを直接伝えているのです。相手の行動を自分としてはどう
感じるかを伝えています。
注意を促したい時に、Iメッセージを活用して欲しいと思います。
子どもは、基本的に親の求めに対して応えるものだからです。


『Iメッセージを使って自分の思いを子どもに伝えよう!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月09日

先生、変わる!


土曜日にNPO法人ピースコミュニケーション研究所の第8回目となる
教師サポートセミナーが、開催されました。

このセミナーに、弊社の中土井や井上、浅井が講師として
参加したこともあって、私も見学に行って来ました。

受講者のほとんどは、小学校の先生方です。

会場は東京都品川区にある大井町「きゅりあん」でしたが、
東京や神奈川、埼玉などの近郊だけでなく、
山梨や静岡、群馬、栃木、茨城県などの先生方もいらっしゃって、会場は超満員です!


IMG_1498.jpg


セミナーのテーマは、
「学習塾の実践から学ぶ
授業・コミュニケーション・英語指導スキル」。

夏休みというのに、学習塾の良いところを吸収したいと多くの先生が
こうしたセミナーに足を伸ばし、一生懸命に講演に耳を傾けているの
が印象的です。

「あ~、学校教育も大きな変わり目を迎えているんだな」としみじみ。
昔の先生は、夏休みは学校に出る当番日があっても、
ほとんどはお休みのようなものでしたから…。

講演が終わった会場では
中土井や井上の著書が、飛ぶように売れていたのも印象的でした。

http://www.meijitosho.co.jp/shoseki/shosai.html?bango=4-18-251218-6

http://www.meijitosho.co.jp/shoseki/shosai.html?bango=4%2D18%2D251114%2D1

公教育の変化を予感させるような先生達の表情…

学校が変われば、
学習塾も大きく変わらなければならないのは間違いありません。

(T)

ありがた迷惑

◇知り合いのHさんから聞いた話です。
「私が『腰が痛い』と話をすると、周りの人は、やれ『あそこの医者がいい!』
とか、やれ『あのクスリがいい!』とか紹介してくれた」と言うのです。

◇さて、Hさんは、果たして嬉しかったのでしょうか?

彼曰く、
「いろいろ話してくれることには感謝するが、ありがた迷惑だ!」と言うの
です。続けて、
「私は何も『医者を紹介してくれ!』とか、『いい薬を教えてくれ!』など
とは頼んでいない!」というのです。

◇こんなHさんの発言を聞くと、「人の好意を・・・」と違和感を持つ人も
少なくないかもしれません。
私も最初は、「人の好意なんだから、そんな言い方をしなくてもいいのでは
ないか?」と、内心思いました。

◇しかし、よくよく考えてみると、Hさんの言うことも道理だなと感じます。

◇「それなら、人が困っていても、放っておけばいいのか?」とおっしゃる
方もいらっしゃることでしょう。
確かに、放っておくのは人間として希薄すぎますよね。

◇そこで、「腰が痛いのはお辛いでしょうね!?もし、私でお役に立てるこ
とがあれば遠慮なくおっしゃってくださいね。知り合いの医師もいますし、
よい薬も知っていますから・・・」

そして、後は先方に委ねるだけです。

◇これが好意かもしれません

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もしかしたら、今日から、遅くとも来週中盤からは日本全国、お盆休みで
しょうね。事故や病気などとは無縁で、素敵な休日をお過ごしください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年08月06日

無責任な体制を批判する!

【記事】英語助手と先生、授業協力したら違法 契約巡り現場混乱

朝日新聞(2010年8月4日)より以下抜粋

○英語の授業中、外国語指導助手(ALT)と日本人教員が言葉を交わ
さない――。
ALTを業者への業務委託(請負)で確保する自治体で、奇妙な授業風
景が繰り広げられている。
2人が協力して授業に取り組むと「偽装請負」(労働者派遣法違反)と
なってしまうからだ。
ルールを守れずに労働局から指導を受ける教育委員会が相次ぎ、教室で
混乱が起きている。

○「先生、英語ばっかりでわからへん」。関西のある小学校。
子どもたちが教室の端で待機していた担任の方を振り返って騒ぎ出した。
女性指導助手は早口の英語で授業を始めた。
日本語はほとんど理解できなかった。

○「日本語がわかる人が来ると思っていたので驚いた」と担任。
助け舟を出したくても出せない。「先生じゃなくてALTさんに言って」
と子どもに伝えたが、騒々しさは増すばかり。
ルール違反を承知で、通訳して一緒に授業を進めるしかなかった。

○「授業中に口ははさめません」「レッスンプランの打ち合わせはでき
ません」――。
労働局から4月に偽装請負の是正指導を受け、外国人講師の授業が7月
初旬までストップした千葉県柏市。
授業再開前に各校からの質問が殺到し、市教委が作った一問一答集の項
目は100を超えた。
業務委託が適法かどうかの分かれ目は、教員が指揮命令しないこと。
講師の授業に問題があっても直接言わず、業者から改善指導してもらう
ように、との注意が繰り返される。

○指導助手の契約は(1)自治体(教委)の直接雇用(2)労働者派遣
(3)業者への業務委託の3通り。
一定の教委はコストの抑制や人材の安定確保などのため(3)を選ぶ。
業務委託の場合は法律上、教員と打ち合わせをしたり、指導助手に指示
したりすることができない。
だがルールを守らず、労働局から偽装請負の指摘を受ける教委が続出し
ていた。

○文部科学省は昨年8月、各都道府県・指定市教委に、ALTが教員を
補助する一般的なチームティーチング(TT)は請負ではできない、と
通知。問題があれば契約を見直すよう求めた。

○文科省の調査によると、2009年度に業務委託を採用していたのは
670教委(ALT配置自治体の37.7%)。
ところが、通知後も多くの教委が見直していない。
10年度も4月1日時点で618教委(同35.4%)が業務委託を続
けていた。
09年度調査では459教委が「契約見直しの予定はない」と答えている。

○文科省国際教育課は「文科省としては、担任と指導助手が打ち合わせ
をしたり、担任から指示をしたりできるほうが語学教育上は望ましいと
考えている。しかし学校教育関係法令で業務委託を禁ずる規定はない。
労働局の指導を受けたのは残念であり、昨年の通知にそって適正な実施、
契約の見直しを指導したい」としている。(山田佳奈、清川卓史)


*私からのコメント

◇この記事を読んだ時に、二つのことが浮かんだ。
一つは、行政の怠慢。経費削減と言うよりは、英語教育に責任を負わな
い体制。
もう一つは、現場の教師の英語力に不安があって、現場で実際的な指導
ができない問題。

◇業務委託ということは、業者に丸投げだということだ。
オーラルコミュニケーションとしての英語の授業を全て、業者に任せて
しまって、後は知らない振りをしてもいいという契約が、業務委託と言
うものだ。

◇だから、教育効果に関して、現場では誰も責任を取らないということ
だ。これが、無責任体制だと言わずして何というのだろうか。

◇教育委員会が、現場の教師出身者で構成されているということから考
えても、現場の事情は分かっているはずだ。
だとすれば、現場でALTに注文も付けられない契約が、教育的に問題
があることぐらいは分かるはずだ。

◇教育委員会は、レッスンプランは前もって検討できるからいいとする
かもしれないが、実際運用してみて、初めていろいろな問題が出くるだ
ろう。

◇そして、現場で臨機応変に対応しなければならない事態になることも
あるはずだ。このぐらいは、誰だって予測できるはずだ。

◇つまり、経費の問題と天秤にかけても、業務委託契約をやることは、
無責任になってしまうことになる(結果的に)。
業務委託は、子どもたちの教育を丸投げする発想だと言われても仕方が
ないと思うが、皆さんはどう思うだろうか。


+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

ちゃりんちゃりん

歩道を歩いていたら、突然!

「チャリンチャリン~(どけどけ~)」

思わず、体を歩道の端に追いやり、自転車を見送りました。

その後、何故、自分が避けなきゃいけなかったのか?疑問に思ったわけです。


猛烈な暑さの昼下がり、自分も一生懸命歩いているのに、何故、自転車に道を
譲らなきゃいけないのか!?

避けた自分自身にさえ腹が立ってきました。


路上を走ればきっと弱者となる自転車。

歩道を走れば強者になる自転車。


自転車よ!弱者の立場の辛さを知っているなら、弱者の気持ちも理解してくれよ!!

2010年08月05日

期待の大型新人

本日、新たな仲間が事務所にやってきました。


筋肉質な黒いボディ。


見た目からは想像できないスピーディな動き。


とにかく仕事が速くて的確、しかも丁寧。















IMG_0197.jpg

カラープリンター♪




新しいおもちゃを買ってもらった子供状態です。
意味なく、とにかく印刷したくてウズウズしてます。(笑)




荒木

コメントの意図と意味

◇「夏のArt and Craft アクティビティ」の小休止 ◇

プレゼンテーションしたときにはコメントをしましょうとプレゼンアクティ
ビティのたびにお伝えしてきました。
ここで、改めてその意味を確認します。

指導の目的は学習内容を伝えることではなく、指導を通してそれまでの子ど
もをより肯定的な子どもに変えることです。
そのために、行動を承認し、それをしっかりと相手に伝えることが必要なの
です。
相手に伝える方法の一つが肯定的なコメントなのです。

私たちは肯定的なコメントを聞いて、「自分」が認められたと理解し、より
好ましい行動が取れるようになります。

さて、簡単でもっともポジティブに聞こえる表現は"I like your ~."です。
この表現は「私はあなたのこういう点が好きだ!」という肯定メッセージな
"I"メッセージ※です。

英語の時間では、先生も児童も心からこの表現が言えるようにしましょう。
コミュニケーションスキルとして感情をこめて、アイコンタクトをして、
ジェスチャーを使って、"I like your speech."、"I like your voice."、
"I like your big, big smile."などを「心を伝える」気持ちで言うことを
楽しみましょう。

日本語では"I like your speech."(僕は君のスピーチが素敵だと心から思っ
ているんだよ。)と言うことです。

日常でも、Tシャツが似合っているなども、"I like your T-shirt."と伝え
ましょう。
返答は、"Thank you very much."です。

◇意味を理解しない旧来の直訳英語だとおかしな会話になります。
A:"I like your T-shirt."
B:"Oh, It's very cheap. Shall I buy one for you?"
A:「私はあなたのTシャツが好きです。」
B:「そうですか。安物よ。一つ買ってあげましょうか?」

早く旧来の英語から、通じる英語の学習に変えていきましょうね。

※"I"メッセージ
アドラー心理学で使われる表現方法です。
「私は」を主語として、私がどう感じたかという言い方は自分の思いが鮮明
に伝わるのです。
相手の言動によって自分がどう感じたのか、相手に何をわかって欲しいのか
を真直ぐに伝える効果があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントの意図と意味

◇「夏のArt and Craft アクティビティ」の小休止 ◇

プレゼンテーションしたときにはコメントをしましょうとプレゼンアクティ
ビティのたびにお伝えしてきました。
ここで、改めてその意味を確認します。


指導の目的は学習内容を伝えることではなく、指導を通してそれまでの子ど
もをより肯定的な子どもに変えることです。
そのために、行動を承認し、それをしっかりと相手に伝えることが必要なの
です。
相手に伝える方法の一つが肯定的なコメントなのです。

私たちは肯定的なコメントを聞いて、「自分」が認められたと理解し、より
好ましい行動が取れるようになります。

さて、簡単でもっともポジティブに聞こえる表現は"I like your ~."です。
この表現は「私はあなたのこういう点が好きだ!」という肯定メッセージな
"I"メッセージ※です。

英語の時間では、先生も児童も心からこの表現が言えるようにしましょう。
コミュニケーションスキルとして感情をこめて、アイコンタクトをして、
ジェスチャーを使って、"I like your speech."、"I like your voice."、
"I like your big, big smile."などを「心を伝える」気持ちで言うことを
楽しみましょう。

日本語では"I like your speech."(僕は君のスピーチが素敵だと心から思っ
ているんだよ。)と言うことです。

日常でも、Tシャツが似合っているなども、"I like your T-shirt."と伝え
ましょう。
返答は、"Thank you very much."です。

◇意味を理解しない旧来の直訳英語だとおかしな会話になります。
A:"I like your T-shirt."
B:"Oh, It's very cheap. Shall I buy one for you?"
A:「私はあなたのTシャツが好きです。」
B:「そうですか。安物よ。一つ買ってあげましょうか?」

早く旧来の英語から、通じる英語の学習に変えていきましょうね。

※"I"メッセージ
アドラー心理学で使われる表現方法です。
「私は」を主語として、私がどう感じたかという言い方は自分の思いが鮮明
に伝わるのです。
相手の言動によって自分がどう感じたのか、相手に何をわかって欲しいのか
を真直ぐに伝える効果があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年08月04日

『ズームイン!!SUPER』から取材を受けました

日本テレビ系の報道番組『ズームイン!!SUPER』(朝5:20~8:00)
から弊社代表の中土井が取材を受けました。

内容は、「子ども手当て」についてだそうです。

明日(8月5日)放送予定だとか。

果たして、中土井は何秒、テレビに写るのでしょうか?

よろしければ、
ストップウオッッチ片手にご覧ください!

放送時間帯は、7時台という予定ですが、
なにぶんニュースなので、変更があるかもしれません。

至福のとき

昨日、直筆のうれしいお手紙を頂きました。

・・・

素敵なご本を出版なさいましたネ。おめでとうございます。

悩んでいる先生方に救いのバイブルになりそうですね。

子供達が夢を実現できる社会にしたいものですね。

・・・
Image091.jpg

6月に中土井氏と共著で出版した「プロ教師の『最強』コーチング術」を
恥ずかしながらお送りさせていただいたことに対する礼状です。

私にコミュニケーションを何たるかを教えていただいた3名の師匠
(師匠が弟子と思っていらっしゃるかは定かではありませんが・・・)の
中のお一人の先生です。

師匠の足元にも及ばない私ではありますが、師匠に祝福してもらえることは、
弟子(?)としては至福の喜びです。


世界中を見方につけたような喜びと力が湧いてきます。

素敵な方と出会えて本当に幸せです。

「健康診断にて」

先ほど、年に一度の健康診断へ行った。
この暑い中、胃の検査のため、昨晩から水分を一切取れない苦しさと空腹に
耐え、1時間強の検査を終えて帰還した。

冷たいペット茶を一気飲みし、ホットのコーヒーを飲みながらこのメルマガ
を書いている。ささやかながら、シアワセを感じる。
Tさんの「ひと仕事終えた感じですよね?」の声に大きくうなずく僕。

さて、その健康診断。一番最後にお医者さんの問診がある。
聴診器を胸と背中に当てられ、お腹を触診してもらい、医者先生が検査につ
いての説明と質問を僕にする。

概ね全く異常なし。ただ、昨年よりも4キロ痩せていた。
まぁ、自然と痩せたのではなく、夕飯の量を減らし、自転車にマメに乗るよ
うにした結果、つまり、意図して痩せたものだ。

医者先生がおっしゃった。

「痩せたね。ちょっと痩せすぎじゃない?」

「そうですかね?」と僕。

僕にとってはベストぐらいの体重と体脂肪。
痩せたというよりも、以前に戻ったという感じだ。
まぁ、でも、標準より痩せていることは間違いなく、医者先生が何ておっしゃ
るのかと身構えた。

「うん、まぁ、いいか、いいでしょう」

軽く流されてしまった。
僕がたいして気にしていない能天気な調子だったせいもあるだろうが、もう
ちょっと何か、専門的なセリフや、はっきりと目を見て「問題ないですよ」
というようなことをおっしゃっていただきたかった。
もっとも、流したい気持ちは分かるけれども(苦笑)。

と、いうわけで、お客さんの気持ち。

塾の先生も、お医者さんに似ているところがある。
生徒を患者にたとえるのはあまり好ましくないけれども、体が弱って病院へ
駆け込むのと同様に学習面で不安があって、塾へ駆け込む。

医者先生なら、体が弱った原因をつきとめ、回復のためにどのようにすれば
よいのか、教えてくれる。
そして、治療。手術なのか、注射なのか、薬で済むのか。

塾先生も同様。苦手箇所の原因をつきとめ、回復のためのアドバイスを送る。
今後、どのような勉強をすればいいのか、教材は何なのか、家庭学習はどう
するのか・・・・。
大丈夫なら、きっぱりと「問題ありませんよ」と伝える。

その道の専門家には、素人には分からない、プロとしての意見を言ってほし
いのだ。
弱点があるのなら、その対処を、問題ないのなら、自信を持って「大丈夫だ
よ」と。今日の僕がそうであったように。

「まぁ、いいでしょう」では不安になってしまうのだ。
あいまいや中途半端。そういうことのないように気をつけようと思ったので
ある。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年08月03日

またやられた!!

我が家では小さいながら家庭菜園をしています。
トマト・なす・ピーマン等々。

去年、とうもろこしに挑戦をしたのですが、
もう少しで収穫という時に食べられてしまいました・・・
犯人はアライグマです。

去年はよくアライグマの家族が出現していたので
みんなで食べてしまったのでしょう(涙)

今年はアライグマの姿をまだ一度も見ていないので
大丈夫かなと思い、去年より多く植えてみました。
が・・・やはり食べられてしまいました。

我が家のとうもろこしはアライグマの餌になってしまいました・・・
食べている所を1度見てみたいものです。
それにしても上手に食べるな。
20100728083622.jpg

良い言葉遣いを!

◇子どもが、幼稚園に行き出す頃には、いろいろな言葉を覚え、時には、親
を不愉快にさせる言葉遣いをすることがあります。
それが、小学校に上がると、更にエスカレートし、言葉遣いに関しては、悩
みの種になることが多いのではないでしょうか。

◇テレビでもふざけた言葉を遣うドラマやバラエティーがあり、子どもに良
い言葉を遣えと言っても無理なぐらい、私たちの周りは、言葉遣いに関して
乱れているような状況です。

◇こういう状況ですが、子どもの言葉遣いをどうしようもないと諦めて、放
置していてはいけないと思います。
子どもの言葉遣いがおかしい時には、親として毅然とした態度で、子どもに
接することが大切です。

お母さん「勉強するって言ってたけど、どうしたの?やったの?」

A君  「えっ!今忙しいんだよ!」

お母さん「何言っているの?忙しいなんて。ただ遊んでるだけじゃない!」

A君  「うざいんだよ!ほっといてよ!」

お母さん「じゃあ、勝手にしなさいよ!」


◇上記の会話では、お母さんの「勉強しないの」という呼びかけを、A君が
一蹴して、A君の勝利が確定してしまっています。
A君は、お母さんに立ち去ってもらって、のびのび遊ぶことが出来るのです。
多少は、後ろめたいかもしれませんが。

◇それに対して、お母さんは、A君にお母さん扱いをされずに、傷ついてそ
の場を立ち去りました。
この時に、お母さんとして、ちょっと引っかかってほしいのです。
A君の言葉遣いに。
親に対して「うざい」というような言葉を遣うことに対して、お母さんに、
ちょっと指導をしてほしいのです。

お母さん「勉強するって言ってたけど、どうしたの?やったの?」

A君  「えっ!今忙しいんだよ!」

お母さん「何言っているの?忙しいなんて。ただ遊んでるだけじゃない!」

A君  「うざいんだよ!ほっといてよ!」

お母さん「親に向かって、『うざい』とは、どういうことなんですか!
     あなたに、私は、そういう言葉遣いを教えていないし、望んでも
     いないのよ!
     そういう言葉を目上の人に向かってするとか、他人に向かってす
     るというのは、どういうことなの?!」

A君  「うるさいな!勉強すればいいんだろう!」

お母さん「勉強することはないわ!正しい言葉も遣えない人が勉強する必要
     はないわ。それよりお母さんと話しましょう。
     親に向かって、そういう言葉遣いをするあなたのことについて話
     しましょうよ。
     お母さんは、そういうことは許さないのよ」


◇こういう会話は、一見、喧嘩のように響くかもしれませんが、怒りを抑え
て、冷静に親が発言すれば、子どもは、親の迫力に負けて、しっかり聞いて
くれるはずです。

◇こういう態度が、時には、子育てには必要なのです。
何でもかんでも、子どもの思い通りには行かないことをしっかりと教えてい
くことが、重要なことなのです。

◇子どもに良い言葉遣いをしてほしいと望むならば、子どもの言葉遣いと対
決することも必要なことです。
ぜひ、子どもの言葉遣いにちょっと関心をしめしてみてください。


『子どもの言葉遣いに注目してみると、実は子どもの行動が見えてくる!』

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2010年08月02日

花火

何時だったのか、このブログで横浜から富士山が見えたという
話を書きましたが、昨日は同じ場所で花火が見えました。


ドッカーン
ヒュルルルー

シュポーン

満開の光の花が、次から次へと夜空に浮かび上がります。

消えては浮かぶ光の花を、バスを待ちながら見ていると
何かが自分の中で弾けたような気がした

とでも書けば少々は格好がつくのでしょうが、

本当は、何も考えず、
ただ呆けたように見ている自分がいました。

P8010009.jpg

(T)

自分がされて嫌なことは人にするな!???

◇「自分がされて嫌なことは人にするな!」
「自分がされて嬉しいことを人にしろ!」

こんな言葉を親や先生に言われてきた人も多いと思います。


◇この教えには、「人は皆同じ」という前提があるのだと思います。

「自分がされて嫌なことは人も嫌だし。自分がされて嬉しいことは人も嬉し
いはずだ」ということでしょう。
果たして、この教えは現実的なものでしょうか?

◇人に「こんなことをされて嫌だった」という話をしても、「私はそうは思
わない」と返されることがあり、自分は過敏すぎるのかと感じることがあり
ます。

◇同じことをされても、感じ方は人によって違うのだということを思い知ら
されるのです。

◇嬉しいことでもそうです。
私がされて嬉しいことを相手にしても、嬉しそうでないどころか、寧ろ迷惑
そうな表情をされて戸惑うことがあります。

◇やはり、人は自分とは違うのです。
勿論、同じところもたくさんありますが・・・

「相手がされて嫌なことをするな!」
「相手が嬉しいことをしなさい!」
が適切かもしれません。


◇「人は、基本的に自分とは違う人間なのです!」

この事実を私たちが受け容れられたら、今の私たちのコミュニケーションは
大きく好転するように感じますが、あなたはどう思いますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆★☆ 編集後記 ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週、茨城―上海、往復航空券が4,000円という破格の値段で、春秋航空が
やってきました。安いというよりケタが違い過ぎます。1種類の機体を保有
し、空港での駐機時間も短縮し、整備や空港使用料などのコスト削減を図っ
ているようです。航空会社の涙ぐましい努力もありますが、乗客の努力も
必要だとか。ただ、選択肢は広がりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

塾の起業、経営に役立つMBAのメルマガへの登録はこちらから

MBAをお気に入りに追加する 塾経営のサクセスネットMBAのホームページはこちらへ

カレンダー

2010年09月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
塾の起業、塾経営についてお電話ください。045-651-6922まで。