塾経営、塾の起業コンサルタントが語るブログのトップへ戻る
« 2012年12月 || 2013年02月 »

2013年01月31日

ハケット

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ハケット
+─────────────────────────────────+
いつまでも人を恨んでいてはならない。
あなたが恨んでいる人は、人生を楽しんでいる。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇人間関係は、非対称な関係だ。私が誰かを愛しているレベルは、私から
愛されている誰かが、私を愛するレベルとは同一にはならないからだ。愛
だけではない。

たとえば、私が誰かを憎んでいても、その誰かは、私を憎んでいないかも
しれない。逆に、私が誰かを愛していても、その誰かは私を嫌いかもしれ
ない。人間関係が対称な関係になることはなかなかないのだ。


◇だから、今日の言霊も言うように、自分だけウジウジ相手のことを考え
ていても、時間を無駄にするだけだ。相手は、そんなに自分のことを考え
てはくれないものだ。

それもマイナスの感情を持って、相手のことを考えてみても、人生は何も
面白くはない。まさに、今日の言霊も言うように、相手は人生を楽しんで
いるのだから、自分も嫌なことはとっとと忘れて、人生を楽しむことだ。


◇自分が思うほど、自分は世間からも他人からも注目されてはいないもの
だ。だから、伸び伸び生きていくことだ。背中を丸めて生きていく必要は
ない。胸を張って元気に生きていくことだ。人間関係は、非対称な関係な
のだから。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

「明日は晴れるでしょう」

中学英語は日常生活にとっても役立つ表現が
たくさんあります。

頻繁に登場するものほど、英語の練習には役に立ちます。
それは思い出す機会が増えるからです。

その中で今回は毎日必ず触れられる、
「天気予報」で使われる表現をご紹介します。
中学2年生で学習する未来の表現が利用できます。

例1「明日の東京は晴れるでしょう。」
It will be fine tomorrow in Tokyo area.

例2「関東地方の明日は晴れ一時曇りでしょう。」
In Kanto area, it will be fine and partially cloudy.

例3「福岡では雨のち曇りの予報です。」
In Fukuoka, it will be rainy, later cloudy.

[文法解説]
・天候、気候を表す文での主語は“it”
・予報は未来予想なので“will”を使う
・「今は晴れています」は It is fine.にwillを加えて
・It will be fine.となるのです。
※助動詞の後ろは必ず原型よ!(五七調で記憶しましょう)

文法解説は重要ですが、このような決まり表現は
①に暗記
②に反復練習です。練習方法は
TVを見ながら気象予報士の同時通訳をしてください。
4,5日繰り返すと日本語から置き換えなくても
英語が出てくるようになります。

これができたらその表現が自分の言葉になったと言えます。

★今日のワンポイント表現★

Q:“Good morning.”は何時から何時まで使える?
A:英語の世界では、深夜0時から正午までです。
正午以降は“Good afternoon.”
日が暮れたら、“Good evening.”です。
そして深夜0時から、“Good morning.”です。
---------------------------------------------------------------

That’s all for today.
Join us next Thursday.

このメルマガの作者 浅井正美の著書もご参照ください。
《板書&指導例でわかる》
プロ教師の中1英語「達人」レッスンプラン
プロ教師の中2英語「達人」レッスンプラン
プロ教師の中3英語「達人」レッスンプラン

○お問い合わせ・申込はこちら!
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
TEL:045-651-6922
mailadm@management-brain.co.jp
…………………………………………………………

2013年01月30日

「海外の日本人」(前編)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「海外の日本人」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


海外の事件・事故がテレビ、新聞等で報道されると、
「日本人の安否は・・・」「日本人の犠牲者は・・・」など、
その場に「日本人」がいるかどうかということが必ず言われます。

そして、最近も眼にしたのですが、
「その場にいたのは『日本人』ばかりではない。
『日本人』のことばかり言うのはいかがなものか」
ということをおっしゃる方がいます。


はい、確かにそのとおりです。
事件全体を報じるのに日本人だけに殊更注目する必要はなく、
他の国々の方と同列に扱うべきなのでしょう。「正論」です。


ここで、ちょっと話がそれますが、
よくスポーツニュースで「なんだよ、その報道は!」と思うことがあります。
海外で活躍する日本人スポーツ選手の報道です。


例えば、「イチロー選手活躍!4打数3安打」という映像が流れた後、
「なお、マリナーズは8対2で敗れて3連敗です」とニュースが終わります。
イチロー選手の活躍は、チームの勝利とは全く別物。
厳しく言えば、勝利に貢献できない3安打だったということになります。


試合全体の流れは全く見えてきません。
この3安打はいったいどういう試合展開の中で放たれたのか、
もしかして、ヒットを打てなかった1打席こそが
試合を左右する重要な場面だったかもしれません。


野球にせよ、サッカーにせよ、その活躍を報道するなら、
一連の流れの中でどうあったのかということまで伝えてほしいのです。


海外の「日本人」ということだけで、
何か歪んだ報道がされているような気がしてなりません。


しかし、です。


◯後編に続く。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

エマーソン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:エマーソン
+─────────────────────────────────+
どんな人でも生きているかぎり存在の必要がある。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇今日の言霊を理解することは、簡単なようでそう簡単ではない。たとえ
ば、殺人犯にも存在の必要があるのか?ヒトラーやスターリンも存在する
必要があったのか?本当に、どんな人でも生きているかぎり存在の必要が
あるのか?


◇私たちは、この言霊を前にして、素直にそうだ!と同意をしてはいけな
いのだ。「どんな人間にも」というような表現に出会ったら、簡単にイエ
スと言う前に、本当だろうか?と吟味することだ。

今日の言霊で言えば、ヒトラーでさえ、存在する必要があるのか?と極端
な質問をしてみればよいのだ。そして、ヒトラーでさえ、存在する必要が
あると自分が思えれば、今日の言霊にイエスといって良い。

ちなみに私の意見で言えば、イエスだ。ヒトラーでさえ、存在する必要が
あったのだ。彼と向き合った人間にとっては、彼は存在する必要があった
のだ。


◇私たちには、生きているかぎり固有の意味がある。その固有の意味は、
私たちと向き合っている人間がいて初めて感じることが出来る。だからこ
そ、今日の言霊は、「存在の必要」というのだ。誰にとっての必要なのか?
それは、自分と他人にとってという意味だ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月29日

学書展示会特別セミナー in 名古屋2013

1月29日に塾教材の株式会社学書さんの教材展示会特別セミナーが開催されました。

今回は、昨年11月にお話しをした「チラシ」について、更に掘り下げた新学期の集客のためのチラシの内容でした。

さて、講演の終わりに担当の中土井の元へ、若い塾人が、昨年のチラシの講演を聞いて作ったチラシを持ってきてくれました。とても良い結果たったそうです。

私たちの講演が貢献できて、講師の中土井はもちろんのこと、私たちMBA全員が幸せな気分になりました。ご参加いただき、ご活用いただきありがとうございました。

そのチラシを掲載いたします。

顔写真は表情を加工していますが、
実は本当に楽しそうな、生徒さんと先生方の写真


a1.png

d1.png

PTA連絡協議会主催「教育講演会」

1月28日(月曜日)に神奈川県西部の愛川町にて、愛川町PTA連絡協議会主催
「教育講演会」 が開催され、MBAシニアコンサルタントの
井上郁夫が講演を行いました。

今回のテーマは≪子どもの自律をうながす親のアプローチ≫
副題は「子どの伸ばし方教えます」


ご参加の方々は主に、小中学生の100余名の保護者の方々です。

皆様それぞれにお子様の成長を心から願っている中での
子育てへのヒントに大きく共感されたようです。


ご参加者の皆様からいただいたアンケート集計をお伝えいたします。

graph.png


A1.png


ジャック・キャンフィールド/マーク・V・ハンセン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ジャック・キャンフィールド/マーク・V・ハンセン
+─────────────────────────────────+
誰かのために何かをしてあげることを難しく考えてはいませんか?
それは、ほんのささやかなことで十分なのです。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇誰かのために、何かをするということは、色々な面で心に余裕がある時
だ。心の余裕が全てに影響を与える。自分のことばっかりに心を使ってい
たら、他人のことなんか、何も気にしなくなってしまう。こんな状態では、
私たちは、他人のために、何かをしてあげることはできない。


◇だから、私たちは、自分のこと以上に自分の周りに気をつかうことだ。
自分が他人にどう影響を与えるのかを少しでも良いから考えることだ。そ
うすれば、他人のために何かをする余裕が生まれる。人間は、単独で生き
ているわけではないから、多かれ少なかれ、色々な影響を与えるし、受け
るのだ。だとすれば、自分から先に色々なことを考えよう。


◇今日の言霊で言うささやかなこととは、そういうことだ。自分が他人の
ために配慮すること、そのことがまずは他人のためにする第一歩だ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月28日

「その人なりの意味づけサポートがコーチング」

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「その人なりの意味づけサポートがコーチング」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━
以下の会話例を読み、味わってみてください。

相談者「今の会社がいやなんです」
コーチ「どんなところが?」
相談者「結果ばかりで人の努力を認めてくれません。人の努力を認め
    てくれるような会社を探そうと思っています」
コーチ「そんな会社が見つかるといいですね」


コーチ「ところで、結果ばかりこだわることはなぜ問題なのですか?」
相談者「会社なので、結果を求めることは当然だと思うのです。
    でも、がんばっても結果がでないこともありますよね。
    それを結果が出ないことだけをとりあげて、アーだ、コーだと
    言われるとやる気がでません」
コーチ「やる気が出なくなると、なぜ問題なのですか?」
相談者「やる気がなくなればいい結果も出なくなります」


コーチ「もし、いい結果がでないけれど、『よくがんばったね』と
    言われたらいかがですか?」
相談者「結果が出なかったけれどがんばって良かったな。と思います。
    さあ、今度もがんばろうと思います」
コーチ「次回はどのようにがんばろうと思っているんですか?」
相談者「前と同じようにがんばろうと思います」
コーチ「前と同じようにがんばるといい結果はいつごろでますか?」
相談者「いつかは言えないけど、がんばっていれば必ず結果はでます」
コーチ「あなたが、上司だったら、今のあなたのような発言をする部下
    をどう思いますか?」
相談者「そうですね。がんばってくれているのはわかるけど、いつ
    いい結果が出るのかわからないようでは不安ですよね。
    許せませんね~」


コーチ「さあ、あなたが本当に望んでいることは何でしょうか?
    結果が出なくても努力を認めてくれることでしょうか?」
相談者「いいえ違いますね。いい結果の出せる人間になることです」
コーチ「なるほど・・・。どうしたら、結果の出せる人間になれます
    かね?」
相談者「そうですね・・・」
コーチ「今の上司に、アドバイスをもらうというのはどうでしょう。
    今まで、『教えてください』とアドバイスを求めたことは
    ありますか。」
相談者「ありませんね~」
コーチ「もし、あなたが『結果が出せるようになりたいので、相談に
    のってください』とお願いしたらどうなりますかね」
相談者「聞いたことがないので、はっきりはわかりませんが、
    他の人が聞いた時は、丁寧にアドバイスしていました」
コーチ「そうですか。それでは、相談をお願いしてその結果また
    お話をしませんか」?
相談者「わかりました。まず相談してみます」


この結論を最初に伝えて、相談者が納得してくれたらどんなに楽で
しょう。そうはいかないところが人のおもしろいところです。

相談者は結論より、自分が納得する意味がほしいことも多いのです。
+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

ルソー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ルソー
+─────────────────────────────────+
人は自由に生まれ、いたるところで鎖に繋がれる。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇私たちは、今日の言霊に従えば、生まれてくるときは自由で、だから赤
ちゃんは自由気ままで、大人になればなるほど、鎖に繋がれて、どんどん
不自由になっていくということだ。思い当たる節はある。そうかもしれな
い。いやきっとそうだ。


◇子どもの時も、親から制約を受けることもあって、どこが自由なんだろ
うと思っていたが(だから、早く大人になって自由になりたいなんて思っ
ていたが)、それがどうして、大人になったらなったで、不自由なのだ。

しがらみが多くなり、生活のために就業規則は守り、上司からの変な命令
を聞く羽目になり、やりたくもない仕事を笑顔でこなさないといけないな
んて、他人に命令されて、全然自由ではないのだ。全くルソーの言う通り
なのだ。


◇だがしかし、そうだからこそ、大人になったら、自由にふるまえる領域
を拡大していく楽しみがあるのだ。不自由な状況を自由な状況に変えよう
と大人は努力していくものだ。奴隷状態なんて真っ平ごめんだ!そういう
大人が、自分の自由の領土拡大のために、努力をしていくのだ。


◇大人しいだけの大人になるな!自由を獲得していく努力をしていこう。
他人から言われることじゃなくて、自分で自分に命令を下そう!そういう
大人になって自由を拡大していこう。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月25日

鬼塚 喜八郎

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:鬼塚 喜八郎
+─────────────────────────────────+
命まで取られへん、だめならやり直せばいい。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇私も今日の言霊のように思って生きてきた。失敗したって、命を取られ
るわけではないから、思い立ったらどんどんやってしまおうと考えていた。
会社をクビになるのも同じで、クビになったって、別に死ぬわけではない
から、正しいことを主張し、正しいことをやって生きていこうと。


◇私たちは、大したことでもないことを大したことのように思ってしまっ
て、自分を委縮させてしまう。失敗したら、どんなに恥ずかしいだろうか
とか、クビになったら、この先どうやって食べていけば良いだろうかとか、
色々なことを大きく考えてしまう。

しかし、一生懸命真剣にやってみればわかるが、そうそう大したことにな
らない。クビを覚悟して、進言したって、そうそうすぐには、クビにはな
らない。


◇だから、自分の思っていることをどんどんやっていこう。失敗したら、
やり直せばよいのだ。生きているうちは死なない。死ぬ時になって初めて
死ぬのだ。それまでは、正々堂々人生を生きていくことだ。思い立ったら
吉日!

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月24日

青森県学校教育相談研究会中南支部セミナー報告

1月8日に青森県学校教育相談研究会中南支部主催で実施された、教師セミナー第二弾

テーマ「セルフ・エスティームを高めるアプローチ」

ご参加の先生方からいただいたアンケートをご紹介いたします。


a2.png

a3.png

a4.png

a5.png

a6.png

受動態を使って会話を弾ませよう!


中学生英語は英語の基本です。
中学校英語を活用すれば日常に必要なことは
英語で会話ができます。

語彙力や構文力は重要ですが、
英語は音やリズムでも意味を伝えることが
できますから、完全な文を作ってから
話そうということは考えず、まずは話してみましょう。

このメルマガで紹介した受動態を使って会話を
試してみましょう。

マサ:Hi, A-kun. Do you know this novel?
A君:Sure, I know. It’s written by Soseki.
マサ:Exactly. Then how about this?
A君:Ah, By Soseki too.

マサ:やあ、A君。この小説知ってる?
A君:もちろん知ってるさ。漱石の作品だろ。
マサ:その通り。 じゃあこれは。
A君:あぁ、それも漱石だね。

どうですか、受動態は中学2年生で学ぶ表現です。
2年生の英語でも十分に会話を進めることが
できます。
まずは、臆せず口に出してみましょう。

----------------------------------------------------------------
★英語ワンポイント表現★
上の例文にも登場しましたが、
「じゃぁこれは?」と言う決まり表現は
How about this?
いろいろな場面で使えますよ。
伝えたい内容に応じてthisの部分を
置き換えることが可能です。

例)「じゃぁこの考えは?」
=How about this idea?」
例)「じゃぁ君は?」
=How about you?

----------------------------------------------------------------
That’s all for today.
Join us next Thursday.

----------------------------------------------------------------
このメルマガの作者 浅井正美の著書もご参照ください。
《板書&指導例でわかる》
プロ教師の中1英語「達人」レッスンプラン
プロ教師の中2英語「達人」レッスンプラン
プロ教師の中3英語「達人」レッスンプラン
----------------------------------------------------------------

ウォルター・リップマン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ウォルター・リップマン
+─────────────────────────────────+
人生は常に一回きりのプロセスだ。
それゆえ、未来は過去の反復ではありえない。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇時間は直線的に流れる。過去へは戻れない。現在にも留まれない。常に
時間は流れているから、同じ時間を反復することはできない。人生が、1
回きりだというのは、そういうことだ。


◇だから、私たちは、その1回きりの人生に全面参加することだ。自分の
環境や状況を嘆いて、ぐずぐずしている暇はない。誰かのせいにして、自
分を安全地帯においても、結局は、自分にすべてのツケが回ってきて、そ
のツケを払うようになる。

何もしなければ、しないだけ、ツケが大きくなって、後になって必ず支払
うことになるのだ。そんなはずではなかったと、過去に戻って取り返そう
と思っても無理だ。なにせ、人生は1回きりのプロセスだから。


◇自分の人生に全面参加していこう。言い訳を残すことのないように行動
していこう。すべて自分の人生の中で起こることは、自分の責任だと思っ
て生きていこう。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月23日

青森県学校教育相談研究会中南支部セミナー報告 2

新年早々の1月8日。 雪国青森県弘前市では三学期はまだ始まっていません。今年はとくに雪の量も多く、一面真っ白な世界で弊社井上郁夫が、青森県学校教育相談研究会中南支部の要請で学校教員の皆様へのセミナーを担当いたしました。 

テーマは「先生のためのコーチング講座」と「セルフ・エスティームを高めるアプローチ」の2本立て。2日間の連続講座です。

このブログでは、「先生のためのコーチング講座」のアンケートに記載された、先生方のご意見やご感想をご紹介いたします。


OK1.png


「ありがとう」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「ありがとう」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


先日のちびっ子書道教室にて。


僕が例によってつまんない冗談か何かを言ったら、小3のカリンちゃんが、
「つまんない」って感じで、眉間にシワを寄せ、唇をトンガらせました。


それを見て、「あー、今、めっちゃブサイクな顔だった!」とカリンちゃん
に言うと、「人にブサイクって言われたことないよー!」と彼女は言います。


「いやいや、そうじゃなくって、カリンちゃんはとっても可愛いけど、さ
っき口をドンガらせて、イーっってやった、その顔がブサイクだった、っ
て先生は言っているわけですよ」


それを聞いたタイセイくん(小4)がこう言います。

「先生、その『とっても可愛い』っていうの、なんかわざとらしいよ」。


「いやいやいや、そんなことないよ。カリンちゃんは可愛いし、タイセイ
も、とってもカッコいいよ。うん、カッコいい、カッコいい、タイセイ、
カッコいい!」

とふざけると、

タイセイくん、「なんか、ムカつく・・・」とひと言。


すると、今度は、カリンちゃんが言うのです。

「おんなじ男にカッコいいって言われてもあんまり嬉しくないよね」


「同性」という単語をまだ知らない彼女ですが、言いたいことは十分伝わ
ってきます。


「でもさぁ、カリンちゃんもよく言われるでしょ、女の子のお友達から
『カリンちゃん、カワイイね』って。そういうときは何て言うの?」


ちょっとはにかんで彼女が言った答えは、


「『ありがとう』って言う」。


「おー、大人だねぇ」と思わず言ってしまいました。


一応、その言葉、受け取っておくけど、社交辞令だって分かってますよ
ってな感じも伝わってきて、なんとも微笑ましく、また、女だねぇって
ことも感じられ、とても可笑しかったのでした。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

中村 天風

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:中村 天風
+─────────────────────────────────+
船に乗っても、もう波が出やしないか、嵐になりゃしないかしらん、
それとも、この船が沈没しやしないかしらんと、船のことばかり考えてい
たら、船旅の愉快さは何もなかろうじゃないか。人生もまたしかりだよ。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇今日の言霊は、与えられた状況を楽しめということを言っているのだ。
こんな状況で、この先どうなってしまうのだろうかと不安になっているだ
けではなくて、こんな状況をとりあえずは楽しんでみることだ。そうすれ
ば、この先に対するエネルギーが違ってくる。


◇今という状況のエネルギーをどう受け止めるかで、次が違ってくるはず
だ。今を逃げ出そうと先先ばっかり思っていたら、エネルギーも逃げてし
まって、次には続かない。私たちは、今を生きているのだ。その今から逃
げ出そうと考えているのか、それともこの今を徹底的に生きようと考えて
いるのかで、未来は違ってくる。


◇不安な時代だからこそ、今を徹底的に生きていこう。そうしているうち
に、不安は、消えてなくなっているはずだ。考える暇があるから不安がや
ってくるのだ。考えている暇を自分に与えるな!

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月22日

☆ 子どもの行動には目的がある ☆

** 今週のテーマ **********************

☆ 子どもの行動には目的がある ☆

********************************


このお正月、知り合いの家に年始に伺い1日を過ごしました。
そして、新年早々、子育てについて考えさせられることになります。


私たちが団欒している場所に小学校低学年の息子さんは、
沢山のおもちゃを持ってやって来ました。大人としては、別の部屋で
やってほしいところです。当然ながら親の口が開きます。

「何でこんなところで散らかすの!?」
「お客さんがみえているのよ。『他の部屋でやりなさい!』と言った
でしょ」
「何度言ったらわかるの!?」と機関銃のように捲くし立てるのです。
なかなかやんちゃな男の子は、なかなか引き下がりません。


最初は迷惑だと思っていた子どもに対する気持ちも、「かわいそう」
という同情の気持ちすらわいてきました。何でも、学校でも素行に問題
があり、何度も学校に呼び出されており、何とか落ち着いた子どもに
したいと厳しく躾けているようなのです。


さて、子どもの行動には目的があります。

この子の目的は、
・自分の持っているおもちゃを披露したかったのです。
・その扱いを知っている自分を賞賛してほしかったのです。
・自分の関心ごとに私たちにも関心を持ってもらいたかったのです。

それが証拠に、おもちゃの扱いに対して、「上手だね」と言うと
満足げでした。

「どうやって使うの?」と聞けば、私の手におもちゃを持たせて
丁寧に順序だてて教えてくれました。

本を持って来て、読めるところは自分で読んで、ドヤ顔。
そして、読めないところになると「ここから読んで!」とねだり、
読んであげると、一生懸命聞いていました。

「これから、ご飯にするから一旦片付けてくれる?」と頼めば、
「わかった!」と言って素直に片付けてくれます。

ここまで来ると、同情は共感になり、なんてかわいい、良い子
なんだと思うわけです。

今までの対応で効果が現れないと感じた時には、

『子どもの行動の目的を理解することに努めましょう』

子どもとの関係を悪化させずに、子どもに親の言うことをきいてもらう
ためのスタートラインです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ウォルト・ディズニー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ウォルト・ディズニー
+─────────────────────────────────+
幸福とは心の状態を言う。物事をどう見るかだ。幸福とは満足することだと
思っているが、これは金持ちであることを意味してはいない。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇どんな状況でも赤ちゃんは、自分が不幸だとは思っていないように見え
る。どんな状況でも赤ちゃんは、思いっきり笑い、泣き、そして、また笑
って、周りの大人を癒していく。究極的に言って、赤ちゃんだけは、その
存在すべてが、幸福なのかもしれない。なぜなら、幸不幸を考えていない
からだ。


◇それでは、大人である私たちは、どうだろうか。幸不幸をどういう基準
で考えているだろうか。今日の言霊も言うように、幸不幸をものの見方だ
と考えている人は、非常に少ないのではないだろうか。

幸福は、心の状態を言うのであって、物理的な状態を言うのではないと思
っている人は多いと思うが、幸福とは、どうものを見ていけば、心の状態
がウキウキするかだと思っている人は少ないのではないだろうか。

幸福は、ものの見方で決定するものだ。赤ちゃんが、幸不幸を考えていな
いように、私たちも客観的には、幸不幸を考えているのではないのだ。心
の状態が幸不幸を決定するということは、心の状態を決定する、ものを見
る視点が、幸不幸を決定するということだ。

そのことを赤ちゃんは、本能的に知っているのかもしれない。しかし、大
人になっていくことで、幸不幸を考え始めてしまう私たちは、そのことを
忘れてしまうのだ。


◇自分にとって幸せになるように、ものを見ていこう。マイナス的なもの
の見方は、マイナスの結果しか生まないものだ。プラスのものの見方をし
て、自分の心の状態を高めていこう。そうすれば、私たちの人生は、案外
面白いものだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月21日

アインシュタイン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:アインシュタイン
+─────────────────────────────────+
成功した人間になろうと思うな。むしろ、価値のある人間になろうとせよ。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇価値があるということは、どういうことなのか。価値は、ある基準の中
で決定されるものだ。人間の場合は、二つの基準の中で価値が決定される。
一つは、自分を基準として誰かを価値あるものと決定する場合。もう一つ
は、広く人間一般を基準として誰かを価値あるものと決定する場合だ。

つまり、前者が自分の目の前にいる人と自分を比べて、目の前にいる人に
軍配を上げる場合だ。この人は、私以上に色々なところで優れていると。
またはその逆だ。後者は、人間としてあの人は、優れている!と思う場合
だ。まるで天使のような人間だ!なんて、思う場合がそれだ。だから、価
値は、比べるものによってその内実は、違ってくるものだ。


◇それでは、今日の言霊の価値ある人間になるとは、どういうことなのか。
それは、自分自身の中にある固有のものに磨きをかけて、他人にはないも
のをどんどん伸ばしていけということだ。

そうすれば、誰と比べても誰とも違う何かがあるから、その限りで、価値
ある人間になる。人間は、すべて一人ひとりが違う何かを持っているのだ
から、その何かを徹底的に自覚して、それに磨きをかければ、良いのだ。
そうすれば、価値ある人間になれるのだ。人間一般を基準にした時に、価
値ある人間だと言われるようになるのだ。


◇つまり、価値ある人間になるとは、自分自身に徹底的になるということ
だ。自分を見つめ、自分のミッションに殉じ、自分の生を社会の役割に当
てはめながら生きていくということだ。社会と自分がどうつながるかを徹
底的に考えていく時、価値ある人間になっていくということだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月19日

「質問が行動を促す」

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「質問が行動を促す」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━

イメージしてみてください。

素敵な異性が目の前に現れ、デートに誘おうとします。


さて、「断られたらどうする?」と自分に質問してみてください。


断られる場面が思い浮かぶはずです。


断る相手の困ったような表情が浮かぶかもしれません。
その場を去る自分の姿が浮かぶかもしれません。

断られる言葉「ごめんなさい!」と言う言葉が聞えるかもしれません。
「ふられた!」という自分の心の声が聞えるかもしれません。

断られた時の落胆した身体の重みやその場から立ち去りたい
感覚がわいてくるかもしれません。

その結果、あなたは素敵な相手にイメージを膨らませることなく、
断られる恐怖に包まれデートに誘うことに尻込みすることになります。

一方、
「この素敵な人とデートができたらどんなにすばらしいでしょう?」
と質問してみます。

きっと楽しいデートの様子が浮かんでくるでしょう。

デート中の景色、楽しそうな相手の様子や表情が浮かぶでしょう。
自分自身の楽しそうな表情がイメージできるかもしれませんね。

相手の声や楽しい会話の声が聞えるかもしれません。
「楽しいな~」という自分自身の心の声も聞えるかもしれません。

温かくて軽い体の感覚や緩んだ自分の顔の筋肉の様子を感じるかも
しれません。


どんな質問を自分に投げかけるかによって、イメージはガラッと
変わります。


イメージが変われば行動力が変わります。

行動力が変われば結果も変わります。


良いイメージが描ける質問を心がけましょう。

私たち自身の為に・・・


+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2013年01月18日

マーガレット・ドラブル

─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:マーガレット・ドラブル
+─────────────────────────────────+
私たちは現在に賭けるのだ。ほかになにができようか。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇過去がなければ今がないのと同じように、今がなければ、未来はない。
苦しい時は、未来に期待して今を耐えることは大切なことだが、未来がな
いものと思って、今を徹底的に生き抜いていくことが、それにもまして重
要なことだ。


◇未来を用意する今を十二分に生きていくからこそ、今の時点では考えら
れない未来が待っているのだ。今を疎かにする姿勢では、未来を今以上に
することが出来ない。

今があってこそ、充実した未来が待っているのだ。徹底的に今を生きるか
らこそ、思いもよらない未来が待っているのだ。


◇今日の言霊も言うように、自分を全面的に賭けて生きることだ。余力を
残して、未来を迎えてはならない。力を出しきるからこそ、未来を乗り越
える新しい力がやってくるのだ。全力疾走していくことだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月17日

受動態を使う文3

Masa can read German. 
(マサはドイツ語を読める)
この文を受動態に書き換えることができますか?

学校で学んだ通りにやってみましょう。
①動詞readの目的になっているGermanが
受動態の主語になりますね。
②canはそのまま置いておきます。
③受動態なのでbe動詞が必要になります。
④be動詞の後は動詞の過去分詞形がきます。
⑤Masaは動作主だったので、byの後につけます。
このプロセスで次のようになりました。

German can be read by Masa.
皆さんも多くの先生にこのプロセスで
学んだと思います。
では、この英文が伝えている意味は???
「ドイツ語はマサによって読まれることが可能だ。」

変ですよね。
ドイツ語はマサにだけ読まれることができるのか?ということになりますね。
他の人にはドイツ語を読まれないということになってしまいます。


どうですか。
こんな場合も、能動態=受動態 にならないのです。


次週は典型的な受動態を使った会話例をご紹介します。


★ワンポイント英語表現★
「これで終了です。」と言う意味の決まり表現が
あります。使ってください。

“That’s all for today.”です。

「では、今日の学習はこれでおしまい。
来週の木曜日にまた会いましょう。」
That’s all for today.
Join us next Thursday.

…………………………………………………………
このメルマガの作者 浅井正美の著書もご参照ください。
プロ教師の中1英語「達人」レッスンプラン
プロ教師の中2英語「達人」レッスンプラン
プロ教師の中3英語「達人」レッスンプラン
…………………………………………………………

武者小路 実篤

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:武者小路 実篤
+─────────────────────────────────+
いいと思った事は、どんな小さな事でもするがいい。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇私たちには、一攫千金を狙うところがあるから、小さなことに興味を示
さないことがある。こんなことしたって、大したことにはならないと思う
と、途端に興味を失って、小さなことを忘れてしまう。


◇しかし、大きなことは、小さなことの結果であるから、小さなことを蔑
にしていると、結局、大きなことが自分には回ってこなくなる。そうなれ
ば、いつまでたっても一攫千金を待っているだけで、一攫千金を得るよう
にはならない。


◇私たちに大切なことは、今日の言霊も言うように、どんな小さなことで
も良いと思うことは一生懸命やることだ。小さなことを積み上げていって、
ある程度になった時に、大きな夢が見えてくるのだ。大きな夢を実現しよ
うと思うのであれば、小さな良いことを徹底して行うことだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月16日

「積雪に思う」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「積雪に思う」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

14日の成人の日。各地で大雪が降りました。
ここ横浜でもかなりの積雪でした。


着物を着て、成人式へ出かける新成人の方たちは、
さぞ大変だったことでしょう。

さて、この原稿、その翌日の15日朝に書いています。
前日の荒天が嘘のような晴天ですが、
当然、雪はあちこちに残り、それが凍っています。


僕は、自転車で通勤しているのですが、残雪の上をシャリシャリと
いつもよりゆっくりと漕ぎながら、会社までやってきました。


こうして自転車を走らせながら気付くことがありました。
それは、雪が残る道と全く残っていない道があることです。
当然、雪が残っていない道はいつもどおり、快適に自転車は走ります。


雪が残る部分と残っていない部分の差はどこにあるのでしょうか。
日が当たる・当たらないということではなさそうです。


なぜなら、雪が残るすぐその先で急に雪はなくなり、
またそのすぐ先で雪が残っていたりするからです。


答えはすぐに分かりました。
道中、雪かきをしている人たちを多数見かけました。
雪がない箇所は、誰かが雪かきをしてくれた誰かがいたのです。
そのお陰で、僕は自転車をいつもどおり走らせることができました。


それぞれが、それぞれのちょっとした他人への気遣いをすれば、
もしかしたら、それが大きく繋がって、雪のない快適な一本道を
築くことができるのかもしれませんね。


そんなことをふと感じた残雪の朝でした。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ルイ・パスツール

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ルイ・パスツール
+─────────────────────────────────+
チャンスは備えある心だけに微笑む。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇私は、学習塾で働いていた時に、受験生に向かってよく次のようなこと
を言っていた。「入試の当日には、実は合格するか不合格になるかは決ま
っている。入試に対してどのくらい準備をしてきたかで、合否が決まって
いるから、当日は、合格の手続きをしに行くだけだ。つまり、解答用紙に
名前と受験番号を書き、解答欄に自分の知っていることを書くだけだ。」


◇私たちが望むすべてのことは、準備によってある程度結果が決まる。今
日の言霊も言うように、チャンスは、準備をした心にしか、見えないもの
だ。準備をしていない人間の前には、チャンスは現れないものだ。


◇だとすれば、私たちは、良い準備(原因作り)をしていこう。良い原因
が良い結果を作っていく。その原因を作るのは、私たちの心の在り方だ。
ぜひ、万全の準備ができるようにしていきたいものだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月15日

マキャヴェリ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:マキャヴェリ
+─────────────────────────────────+
私個人の考えでは、用心深くするよりも、むしろ断行したほうがいいと
思う。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇慎重に慎重を重ねて、結局、何も実行しなかったというのでは、その
慎重さは何も意味をなさない。結局何もやらなければ、色々検討してみ
ても、時間の無駄だ。やらない決断をするために、慎重に検討するわけ
ではない。やるために、慎重に検討するのだから、行動を前提にものご
とを考えることだ。


◇だから、今日の言霊の言うように、結局用心しすぎて何もやらないの
であれば、決断をして、行動を起こした方が、よっぽどよい。行動を起
こせば起こすほど、環境に働きかけられるからだ。行動すれば、成功す
る可能性が出てくるからだ。それは、失敗を気にしすぎて、用心だけし
ていたら、全く無駄な用心だということになる。


◇用心をすることに越したことはないが、用心しすぎて何もしないよう
な結果にならないことだ。何もやらない結論を用意するような用心なら、
用心する必要がない。実行するために用心する!これが、用心の基本形だ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月14日

松下 幸之助

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:松下 幸之助
+─────────────────────────────────+
自分には、自分に与えられた道がある。広い時もある。せまい時もある。
のぼりもあれば、くだりもある。思案にあまる時もあろう。
しかし、心を定め、希望を持って歩むならば、必ず道は開けてくる。
深い喜びも、そこから生まれてくる。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇私たちの人生は、今日の言霊の言うように、山あり谷ありの道程だ。決
して順調に進んでいくことなどない。自分にとって都合の良い事態も都合
の悪い事態もどちらもやってくるし、簡単に解決できる問題も解決できな
い問題も生きていれば、必ず自分の身に降りかかる。安穏とした道ではな
いのが、人生の道程だ。


◇だから、どんな困難な事態になろうとも、逆に、どんなに順調な状況に
なろうとも、私たちは、腹をくくって生きていくしかない。逆境な時は、
こんな事態に負けないぞ!と気を引き締め、順調な時は、こんな事態にう
ぬぼれないぞ!と気を引き締めて、前に進んでいくことだ。良い時もあれ
ば、必ず悪い時もあるのだから、自分の状況に一喜一憂することなく、生
きていくしかないのだ。


◇私たちは、状況に左右されることなく希望を持て進んでいくことだ。自
分の前に大きな光を灯しながら、生きていくことだ。そうすれば、どんな
事態に遭おうともブレない生き方ができるというものだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月12日

「悪魔のささやき・天使のささやき」

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「悪魔のささやき・天使のささやき」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━

私はよく講演の中でこのワークを行います。

「悪魔のささやき」は、物事がうまくいかない時、自信のない時に、
自分自身の心の中で言っている言葉です。


一方、「天使のささやき」は、物事が順調に進んでいる時、自信に
溢れている時に、自分自身の心の中で言っている言葉です。

ワークでは、この二つのささやきを書き出してもらいます。

そして、パートナーに、まず「悪魔のささやき」を感情を込めて読み
上げてもらいます。

「悪魔のささやき」を聞く人は、ちょうどジェットコースターの恐怖に
ただただおびえる人、ただただ悲痛の絶叫してしまうが現れます。


次に、パートナーに「天使のささやき」を感情を込めて読み上げて
もらいます。

突然、表情も態度も自信に溢れた様子の人、むず痒くて仕方がない
けれど熱い熱い喜びで満ち溢れている人がいます。


自分の中にあるキーワードは、一気に私たちの感情に影響を与え、
態度や行動に影響を与えるパワーがあります。


さあ、あなたの「天使のささやき」を聞いてみましょう。

(1) まず、あなたの「天使のささやき」を再発見します。
(2) そして、「悪魔のささやき」が聞えるオーディオのスイッチを
  OFFにします。
(3) 次に、「天使のささやき」が聞える心のオーディオのスイッチを
  ONにします。
(4) 最後に、ボリュームを高めます。
  音漏れなんて気にする必要はありません。

どうです。あなたの身体のどこかにエネルギーがたまってきたでしょう。
+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+


2013年01月11日

体罰が指導ではなくなる時!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
『今日のテーマ』

体罰が指導ではなくなる時!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


高2自殺、主将就任以降に体罰集中か…母に話す


(2013年1月9日 読売新聞)

○大阪市立桜宮高校(大阪市都島区)の2年男子生徒(17)が昨年12
月、所属するバスケットボール部の顧問の男性教諭(47)から体罰を受
けた翌日に自殺した問題で、生徒が「今日も(顧問に)殴られた」などと
何度も母親に打ち明けていたことがわかった。


○生徒が同部キャプテンに就任した昨年9月以降に集中していたとみられ
る。しかし、市教委や学校に生徒への体罰を指摘する声は寄せられていな
かった。市教委は背景に、体罰が「指導」と同一視され、批判しづらい特
殊な環境があったとみて調査している。


○市教委によると、生徒は自殺前日の昨年12月22日の帰宅時、母親に
「今日もかなり殴られた」と話したが、遺族にさらに聞き取ったところ、
それ以前から「今日も殴られた」と頻繁に母親に話していたことが判明。
家族に勧められて、生徒は自殺数日前に体罰がつらいという趣旨の顧問宛
ての手紙を書いたが、顧問には手渡せぬままだった。


○手紙には「ほかの部員が同じミスをしても怒られないが、キャプテンの
自分だったら、きつく叱られ、たたかれる」とつづっていたことなどから、
市教委はキャプテン就任時の昨年9月以降、生徒への体罰が集中していた
とみている。顧問自身も、府警に事情を聞かれた際、「(生徒は)キャプ
テンなので厳しい指導をした」と話しているという。

---------------
私のコメント
---------------


◇今回の不幸な事件は、指導としての体罰がもたらしたものではない。
今回の事件は、一教師の異常な性格による暴力行為がもたらしたものだ。
この教師は、体罰という指導手法を建前にして、自分のストレスなのか、
何なのかわからないが、感情的なマグマを生徒にぶつけていただけのよう
な気がする。


◇記事を読んでみると、体罰が常態化していたようだ。体罰が常態化して
いるということは、体罰が指導としての効果を発揮していなかったという
ことだ。つまり、体罰が暴力化して、体罰を受ける生徒は、指導と受け取
るよりも、教師の暴力と受け止めていたのだ。その証拠に、自殺した生徒
は、教師にむけて、体罰は辛いと手紙を書いている。


◇この教師は、自分の指導力のなさを体罰という暴力で、カモフラージュ
しているように思える。だからこそ、体罰が常態化していったのだろう。
こんな事件が起こらないように、教師同士が、しっかりチェックすること
だ。教師同士が指導方法を議論することだ。教師も成長途上の人間だ。第
三者が意見を言える土壌を作ることだ。そうすれば、今回のような唯我独
尊的な教師は減っていくはずだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

アミエル

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:アミエル
+─────────────────────────────────+
生きるとは日に日に治り新たになることであり、また、再び自己を見出し
取り返すことである。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇私たちは、夜寝て、朝目覚める。この基本的なサイクルには、大きな不
思議が隠されている。まずは、寝るということの不思議。そして、目覚め
るということの不思議だ。寝るということは、意識が一旦なくなることだ。
こんな怖いことを日常繰り返しているのが不思議だが、意識が一旦なくな
ることを私たちは、本能的にコントロールしている。

そして、その一旦なくなった意識が、朝もう一度戻ってくるのだ。これも
また不思議だ。意識が朝になれば、戻ると誰が確信を持って言えるだろう
か。死んでしまう恐怖がつきまとう。それでも私たちは、本能的に目覚め
る。


◇私たちは、寝ることで、今日一日の痛みを癒す。大きな痛みならば、一
日寝るだけでは癒されないが、数日、数十日、数百日寝れば、どんな痛み
だって大概は、癒せる。寝るということは、痛みを癒すことだ。そして、
朝、私たちは、昨日とは違う自分になって、目覚める。新しい自己を見出
し、今日という新しい日を生きるのだ。


◇私たちは、意識しない限り、日常の連続性を生きているように思うが、
実は、昨日の自分と今日の自分は、目には見えない範囲で変化しているの
だ。その変化を自分自身でつかんでいる人は、成長の速い人だ。日々新た
な意識で、一日を生きることだ。そうすれば、自分の人生が、楽しくなる
はずだ。なぜならば、日々違った自分と出会えるからだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月10日

アラン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:アラン
+─────────────────────────────────+
宿命論が後悔を追い払うのは、
人ができることをすべてし尽くした場合にかぎる。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇今日の言霊を私たちは、肝に銘じるべきだ。私たちは、中途半端な努力
をして妥協に妥協を重ねて、中途半端な結果に甘んじる。その結果を運命
であるかのように、言い訳をしながら受け入れる。しかし、心の中ではも
う少し何とかなったな!と後悔する。こんな繰り返しが、私たちの人生だ。


◇こんな人生にピリオドを打つためには、今日の言霊の「できることをす
べてし尽くす」ことだ。自分ができるすべてのことを徹底的に行って、も
うこれ以上できることはないと腹をくくった時に、私たちは、結果の如何
を問わず、運命を素直に受け入れることができるようになる。「ここまで
してダメだったのだから、それは、運命だ!」と。


◇私たちの人生は、自分の思い通りにはいかないものだ。しかし、そうだ
からと言って、どうせダメだとあきらめることはない。自分の思い通りに
いく場合だってあるのだ。その確率を上げるためにも、必死になって取り
組むことだ。後悔なんてできないくらい必死になることだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

受動態を使う文2

中学校英語では受動態が能動態の書き換え表現
として指導されているために、
能動態=受動態という関係があると思っている人が
多いようですが、英語の世界では話題の主体が
誰(何)なのかで使い分けるということを
前回お伝えしました。


今回は、受動態で表現することが一般的な
文例をご紹介します。


①能動態では主語が不明な場合。
He was killed in the war.
(彼は戦争で命を落とした)
誰によってかを問うことはできない。


②動文の主語が文脈から明白に分かる場合
English is spoken in many countries.
(英語は多くの国で話されている)
その国の国民が使っていることが自明の理だ。


③受動態の主語の方が大きな関心を寄せられている場合
The village was attacked by typhoon.
(その村が台風に襲われた)
村の被害を強調したい。


このように、あなたが伝えたいことを
主語にするという前提で、能動態を使うのか
受動態を使うのかを考えることで、
より、明確にコミュニケーションができるのです。

受動態=能動態という考えは捨て、
あなたが何を伝えたいかによって使い分けましょう。


★チャレンジ
次の英文は受動態に書き換えることが
できますか?
Masa can read German. 
(マサはドイツ語を読める)
「○」ですか「×」ですか?


----------------------------------------------------------------
このメルマガの作者 浅井正美の著書もご参照くだいさい。
《板書&指導例でわかる》プロ教師の中1英語「達人」レッスンプラン
《板書&指導例でわかる》プロ教師の中2英語「達人」レッスンプラン
《板書&指導例でわかる》プロ教師の中3英語「達人」レッスンプラン
----------------------------------------------------------------

2013年01月09日

「100円か千円か」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「100円か千円か」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

こんなクイズがあるのをご存知でしょうか?

---------------
ある人がA君に千円札と100円玉を見せて、言いました。

「どっちか好きなほうをお前にやるよ」
(あなたなら、どっちを選びますか?)

A君は、なんと100円玉を選びました。

これを面白がった別の人が、同じように千円札と100円玉を見せて、
「お前にやるから好きな方を選べ」とA君に言います。

A君は、今度も100円玉を選びました。

こうして、みんなが面白がって、その後も何回も同じことを繰り返しますが
どんなに馬鹿だと言われても、必ずA君は、千円ではなく100円を選びます。

さて、なぜでしょうか?
---------------

答えがお分かりになりましたか?


100円玉を選び続ける限り、A君は濡れ手で粟の100円玉を獲得できます。
彼が千円を選んだ時点でこのゲームは終了です。


だから、彼はどんなに馬鹿にされても、100円を選ぶのです。
100円を選ぶからこそ、千円以上が手に入ることをA君は理解しています。
A君は、本当は賢い人間ですね。


なぜか、ふと、このクイズを思い出しました。


馬鹿にしているようで、実は、本当に馬鹿なのは、
もしかしたら、自分かもしれませんね。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

タゴール

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:タゴール
+─────────────────────────────────+
生命の特色はそのものだけでは完全ではないという点である。
生命は外に出なければならない。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇今日の言霊によれば、私たち人間は、自己完結できるような完全な存在
ではないということだ。私たちは、不完全であるがゆえに、他人とかかわ
って、他人と共に生きていかなければ、完全には近づけない存在なのだ。


◇このことは、人間の自我形成上の問題でも言えることだ。私たちは、生
まれてから、自分の心の中に他人を取り込み(内なる他者)、その他者を
モデルにして、社会的な自我を形成していく。完全ではないから、外から
モデルを取り込んで、社会生活上支障のないような自我を形成していくの
だ。


◇私たちは、完全な存在にはなれないのだ。だから、自分一人で完全にな
るような行動形式よりは、他人と共に生きていく行動形式を選び、他人と
共に完全になるような方向へ向かうことだ。簡単に言えば、幸せは複数形
なのだ。自分だけが、幸せになることはできないということだ。他人と共
に幸せでありたい。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月08日

MBAセミナー第三回目アンケート結果

2012年のMBAセミナー最終回は、12月9日と16日にそれぞれ東京と大阪で開催されました。
冬期講習が近い時期でもあり、お忙しい塾人の方々にも関わらず、第一回、第二回と変わらず大勢の方のご参加をいただきました。

第三回のテーマは集客の柱になる「設計」です。
「集客したけりゃ設計にこだわれ!」というタイトルの元、第一講座から第四講座まで、長時間に及ぶ熱のこもった内容でした。

ご参加の方々には、このセミナーを元にして、2013年度の設計をすでに完了し、来る春期講習に照準を合わせられていると思います。

では、アンケートの集計をご案内いたします。


%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%EF%BC%92.gif

MBAセミナー第二回目アンケート結果

2012年9月30日と10月21日の両日に開催されたMBAセミナー第2回の参加者アンケートの集計を、ご報告いたします。

2012年度は個別指導塾集客原点回帰セミナーという大きなタイトルの元、第2回目は内容を教務内容に絞り、「集客したけりゃ教務にこだわれ!」というテーマで実施いたしました。

教務内容に踏み込むとあって、会場は東京、大阪ともに予定以上のご参加をいただき、急きょ収容人数を増やし、何とかご希望の方全員にご参加いただくことができました。


%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%951.gif

☆受験前のアプローチ!☆

** 今週のテーマ **********************

☆受験前のアプローチ!☆

********************************


◇明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、入試のシーズンがやって来ました!センター試験を皮切りに、中学
入試、高校入試、一般大学入試と2月末まで、大変な時期です。

◇そんな中でも子ども達は、屈託のない笑顔でいますから、全然受験を意
識していないかと言うとそうでもないのです。子ども達だって、親同様、
不安で心配で、心の中は、色々な感情が、渦巻いているのです。そこで、
今回は、入試直前の精神的ケアについて考えてみたいと思います。


◇入試前は、誰でも不安になるものです。不安を解消させるためには、自
信を回復させることと具体的な行動を指示して、不安になる暇を与えない
ことです。


◇まず、自信を回復させるためには、勉強で辛かった経験を思い出させて、
それを乗り越えたという事実をもう一度実感させることです。


お母さん:最近、元気ないわね。風邪でも引きそうなの?
 A君 :全然!元気だよ。
お母さん:そう。それならいいけど。A君、去年の夏は、部活に勉強に頑
     張ってたけど、あの時は、どうだったの?苦しくなかった?
 A君 :はいっ!?苦しかったに決まっているでしょ!やらなきゃ、
     お母さん怒ってたでしょ。しょうがないから勉強もやったんじ
     ゃないか!
お母さん:でも、あの夏はA君凄かったわね。よくあの夏を乗り越えたと
     思うわ!あの夏乗り越えられたんだから、もう大丈夫よ。自分
     を信じて入試も乗り越えてね。
 A君 :そんなの分かっているよ!


◇昔の苦しい時を乗り越えたということを思い出させて、自信を回復させ
てください。いつのことでもいいのです。子どもが一番頑張っていた時を
確認してあげてください。

自分には、苦しい時を乗り越えるだけの力があるのだということを思い出
させて、前に向いてもらうようにするのです。


◇次に具体的な行動を指示することですが、これは、お母さんが、主体的
にやるというよりも、学校や塾の先生に具体的な勉強内容を聞いて、伝え
てあげることです。または、時間管理だけを提案することです。


お母さん:最近、元気ないわね。入試が近づいてるから?不安なの?
 A君 :元気だよ。
お母さん:そう。それならいいけど。学校の先生に聞いたんだけど、A君
     の受験する高校は、数学の場合は、教科書の最後のまとめの問
     題をしっかりやっていれば、大丈夫だって言ってたよ。英語は、
     教科書の最後にある単語リストをしっかり覚えることだって。
     ちょっと計画立てて、やってみたら。
 A君 :わかった!わっかた!
お母さん:やることがわからなかったら、学校の先生か塾の先生に具体的
     に何をすればいいですか?って聞くのよ。
 A君 :そんなの分かっているよ!


◇この時期、どの子どももお母さんやお父さんのアドバイスを聞いていな
いようで、聞いているものです。子どもを説き伏せて、勉強に向かわせる
のではなく、子どもの気持ちを考えて、何気なくアドバイスをしてみてほ
しいのです。彼らは本当は藁をも掴む気持ちでいるのですから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一遍

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:一遍
+─────────────────────────────────+
生ぜしものひとりなり、死するも独りなり。
されば人と共に住するも独りなり、そひはつべき人なき故なり。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇結局、人間は、どこまで行っても独りなのだ。生まれ出てきた時もひと
りなら、死ぬ時も独りだ。その生と死の間も、色々な人とかかわり合うが、
結局、独りなのだ。

それは、本当の意味で自分自身を理解してくれる他人なんていないからだ。
ある面は、理解してもらっても、本当の深い点で理解なんて他人が出来る
わけがないからだ。自分でも理解できないのに。


◇私たちは、孤独な存在なのだ。その孤独を何かで紛らわそうとしても駄
目だ。孤独を孤独として受け止めて生きていくことだ。みんなに理解され
なくても、愛する人に理解されなくても、そういう存在として人間がある
のだから、それに甘んじて生きていくことだ。

そうすれば、他人に対する期待も、甘えもなくなっていく。その時に、私
たちは、孤独なもの同士、対等に付き合っていけるのだ。


◇誰かに期待する前に、自分に期待することだ。自分以外に自分を救える
ものはいないのだ。自分を救えるのは、自分だけだ。この決意で、今年一
年私は生きていきたいと思う。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月07日

ラッセル

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ラッセル
+─────────────────────────────────+
知識を身につける機会があれば、たとえ不完全なものでも無視するのは、
劇場へ行って芝居を見ないのと同じだ。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇新しい1年がスタートしました。この1年をどんな1年にするのか、そ
れは、皆さん次第です。このメルマガが、皆さんの元気に少しでも貢献で
きように、今年も頑張りたいと思います。よろしくお願いします。


◇生きていれば、学ぶ機会は、山のようにある。しかし、その機会を生か
すか殺すかするのは、いつも人間の側だ。そして、たいていの人は、学ぶ
機会を見過ごしてしまって、学ぶ機会なんてなかったと思っているのだ。


◇今日の言霊で重要なことは、「不完全なものでも無視するのは」という
点だ。学ぶためには、不完全な機会かもしれないが、それでも、何かを学
び取ろうとする意欲が大切なことなのだ。そういう意欲がない限り、学ぶ
機会をみすみす取り逃がしてしまうものだ。


◇年の初めに誓おう。どんなことからも、学んでいこうと。どんな些細な
ことにも色々な意味がある。その意味を一生懸命掬い取っていこう。学ぶ
とは意味を受け止めることだ。神は細部に宿るのだから。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年01月05日

「目標は無理して決めない」

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「目標は無理して決めない」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━

新年を迎えて5日目になります。
新年と言えば「今年の目標」

既に明確な目標を決めた人。

どんな目標にしようか悩んでいる人。

どうせ目標を立てても守れないし、達成できないと考えないように
している人。

誰でも、一度は目標を持つものですが、目標を達成できなかった体験
が目標への意欲を減退させます。

これは目標の立て方に問題があるのです。

自分は何が欲しいんだろう?と考えても、そう考える限り、誰でも
もつ自分の思考の枠組みから逃れませんから本当に欲しているものとは
限りません。

私たちの心の欲しているものは、私たちが自分の外の世界をどのよう
に捉えているかをしることで実感できるようになります。

この5日間で何がありましたか?
この5日間で一番印象に残ったことは何ですか?
この5日間で目にとまったものは何ですか?
この5日間で耳に残った言葉は何ですか?
この5日間で楽しいと感じたことは何ですか?
この5日間で気づいたことは何ですか?

新年、皆さんの心が欲しているものに気づき、今年の目標の参考に
なれば幸いです。

私もこの5日間の思いを今年の12月31日につなげます。
+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2013年01月01日

「他人は変えられない」

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「他人は変えられない」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━


人を変えることは他人には出来ません。

人を変えようと無謀を試みるから人は苦しむのです。


人をコントロールすることも他人には出来ません。

人をコントロールしようと無謀な試みをするから人は苦しむのです。


では、人に出来ることは・・・?


新年を皆さんと共に迎えられたことに感謝しております。

人類が皆幸せでありますように。

本年もよろしくお願い致します。


+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

☆子どものセルフ・エスティームを高めるコミュニケーションを!☆

** 今週のテーマ ************************

☆子どものセルフ・エスティームを高めるコミュニケーションを!☆

**********************************


◇2013年、明けましておめでとうございます!

本年も「子どものやる気を引き出す! 親のアプローチ」を宜しくお願い
申し上げます。

◇このメルマガもスタートして、8回目の新年です。

11月から、私中土井と井上が、交互に原稿を書いていますが、ちょっと
テイストが変わって新鮮になったのではないでしょうか。


◇今年も昨年同様、色々な角度から子どもたちへのアプローチを書いてい
きたいと思います。

子どもたちのセルフ・エスティームを高めるために。そして、子どもたち
が元気になるような親子関係を構築していくために。

それでは、一年、宜しくお願いします。良い一年にしましょう!


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

「書き初め」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「書き初め」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


毎年、元日には、1年の目標を具体的に書きます。

全てとは言いませんが、書いて貼っておくだけで
結構な割合で目標が達成されるから不思議です。


もちろん、今日も心を込めて目標を書きます。

あなたの今年の目標は何ですか?
それを心に秘めておかないで、書き出してみてはどうでしょうか?

あなたの2013年が良い年になりますことを
心より願っております。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

種田 山頭火

+─────────────────────────────────+
■今日の言霊:種田 山頭火
+─────────────────────────────────+
・ひとりの火の燃えさかりゆくを

・お正月の鴉かあかあ

+─────────────────────────────────+
■考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇明けましておめでとうございます!

◇2013年が、明けました。
皆さんにとって、素晴らしい年でありますように!
そして、日本にとっても、世界にとっても平和な年でありますように!


◇2012年は、右往左往の年でした。
政治が更に大きく後退し、教育の荒廃がどんどん進行しました。政権交代
で、どう日本は変わっていくのか、未だ不透明ですが、個人として、今年
もどう自分の課題に取り組んでいくのか、正月に際し、真摯に考えていき
たいと思います。


◇今年は、情熱を持って自分の課題に取り組もうと思い、選んだものです。
昨年も書きましたが、人生という旅をもう一度自覚的に生きていこうと思
っています。


◇今年もこのメルマガを宜しくお願いし申し上げます。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

新しい教育観を!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
『今日のテーマ』

新しい教育観を!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


明けましておめでとうございます!
2013年も「教育記事から考える教育」を宜しくお願いいたします。


2012年は、いじめ問題や教員の不祥事、そしてそういう問題を捉える
教育委員会の欺瞞性が一挙に表に出た年だったように思います。また、総
選挙で、自民党の圧勝があり、今後教育の中にさらに新自由主義的な方向
性が強く打ち出されることになるように思います。


今年は、自民党の新自由主義的な愚民化政策に対して、チェックをしてい
ければと思います。日本のエリート教育は、底辺を拡大して行われる愚民
化の上に成り立っています。こんなバカげた教育にノーを突きつけなけれ
ばならないと思っています。


毎年、毎年、同じ抱負を語りますが、教育に関して生産的な議論になるよ
うにこのメルマガを通じて頑張っていきたいと思いますので、応援のほど
よろしくお願い申し上げます。


+────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+────────────────────────────────+

「『一年の計』は何ですか?」

**********************
My Dear Friends
  A Happy New Year
**********************

「一年の計は元旦にあり」ということで、
私たちはその一年の計を元旦に決めます。
英語で「一年の計」は
“New Year’s Resolution”です。

「みなさんの『一年の計』は何ですか?」
これを英語で表現すると、
What is your New Year’s Resolution?
です。

基本的な中学1年生の表現でも
こんな大きな質問ができるのですよ。

短い表現、単純な表現でもいろいろな
事が表現できます。
語学学習は小さな努力の積み重ねで大きな夢も叶います。
小さな努力でも続けていけば、
世界のどこででも通じる便利な言葉を
自分の手にいれるという夢が叶います。

そうすると世界の国々、世界の人々との距離が
少しずつ縮まっていきますよ。

皆さん、元気よく、スマイルいっぱいで
一緒に進んでいきましょう。


------------------------------------------------

塾の起業、経営に役立つMBAのメルマガへの登録はこちらから

MBAをお気に入りに追加する 塾経営のサクセスネットMBAのホームページはこちらへ

カレンダー

2013年09月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
塾の起業、塾経営についてお電話ください。045-651-6922まで。