塾経営、塾の起業コンサルタントが語るブログのトップへ戻る
« 2013年03月 || 2013年05月 »

2013年04月26日

アリストテレス

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:アリストテレス
+─────────────────────────────────+
ある人間の可能性がどんなものであるかは、
その人の生み出した作品しか現実的に認識させてはくれない。
+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇今日の言霊は、人間の可能性を推し量るためには、その人の行動の結果を
見ることだと言っているのだ。可能性があるかないかを判断するためには、
その人が出した今までの結果からしか判断できない。

それも能力があるかないかというよりも、これからどんなことがこの人なら
できるのかどうかを判断するのだから、結果が悪いか良いかではない。それ
よりも、結果として成功でも失敗でも、その結果から次の結果に大きな可能
性が感じられるかどうかが問題になるはずだ。

◇大きな失敗だったけど、面白い失敗なら可能性はあるだろうし、小さな失
敗でも面白みのないものなら可能性は少ない。そうやって可能性を判断する
ことだ。

◇自分の可能性が拡大するように、行動をしていこう。無難に人生を渡るよ
うな選択ではなく、自分の可能性が大きくなるような選択をしていこう。そ
うすれば、面白い人生になっていくはずだ。
+─────────────────────────────────+

2013年04月25日

ped

今回はpedal(ペダル)や
pedestrian(歩行者)に使われている
印欧語のpedをご紹介します。

グリムの法則によって、印欧語のpはfになります。
ped → fed です。語尾のdはtになってfetになります。
さらに音の歴史の中で母音変化を起こして
feetになりました。 feet・footは「足」ですね。

これでpedalペダルやpedestrian歩行者とfoot・feetの関係が
明確になりますね。
feetで漕ぐからペダル、on footで歩いているから歩行者です。

centipedeという言葉をご存知ですか。
中学英語では登場しないと思いますが、
centiはセンチメートルのセンチです。
centiはメートルの100分の1です。
それに足を表すpedがついて
100の足=百足の虫ですよ。
そうです。ムカデですね。

語源を知ると言葉の根源的な意味が見えて
面白いですね。

----------------------------------------------------------------------
○お問い合わせ・申込はこちら!
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
TEL:045-651-6922
e-mail: mailadm@management-brain.co.jp
----------------------------------------------------------------------

シラー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:シラー
+─────────────────────────────────+
おのれ自身を認識したければ、他人のふるまいを見るがいい。
他人を理解したければ、おのれ自身の心の中をのぞくがいい。
+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇自分の行動の鏡は他人の反応だ。自分が他人に何をしたかを知りたければ、他人の反応を見ることだ。他人の反応が、自分が他人にしたことを教えてくれる。逆に、他人が自分に何をしたかを明確に知りたければ、自分の感情を冷静に把握することだ。


◇私たちは、自分の行動を無意識にしている時があるが、そういう無意識の行動が、他人との軋轢を生んでしまうことが多い。だから、その無意識の行動を自分自身でチェックするためには、他人をよくよく見ながら、その反応を感じて、自分のやったことを振り返ることだ。

そういう習慣が出てくれば、無意識の行動を意識的な行動に変えることが出来るようになる。そうなれば、私たちは、随分と意識的に生きていくことが出来る。自分の行動の評価は、他人の反応に聞くことだ。自分では合格でも他人の反応が不合格だと言っている場合がある。そんな時は、他人の反応を優先させよう。

2013年04月24日

モンテーニュ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:モンテーニュ
+─────────────────────────────────+
他人の知識で物知りになれるとしても、
智恵者には私たち自身の智恵によってでなければなれない。
+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇なんでもよく知っている人がいる。何を聞いて
もなんでもすぐに答えてくれる人がいる。
しかし、そんな人の大半は、よく物は知っている
が、その知っていることを自分の人生に生かそう
とは思っていない人だ。私の周りにもそういう人
はいるが、博学ではあるが、それだけの人だ。

◇今日の言霊も指摘しているように、物知りにな
るように知識を獲得するのではなく、知識と知識
をつなぎ合わせて、知恵にするように、ものを知
り、その知ったものを現実に生かそうとすること
だ。そうしない限り、その物知りは、自分の人生
の役には立たない。知識を使おうと思っていない
からだ。

◇何かの目的で知識を獲得することだ。そうしな
い限り、知識は自分を助けてはくれない。知恵と
なるように、ものを知ろう。それが、知は力なり
ということだ。
+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

ゴーリキー

+─────────────────────────────────+
■今日の言霊:ゴーリキー
+─────────────────────────────────+
仕事をして稼いだものは、どんなものでも気持ちのいいものである。
仕事の苦労が多ければ多いほど、その快感もひとしおである。
+─────────────────────────────────+
■考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇自分に与えられた役割を全うするのは、非常に良い気分になるものだ。
今日の言霊も言うように、仕事を終えた達成感は、何にもまして、良いもの
だ。

そして、その後のビールも大変美味しい。それが、苦労して成し遂げたもの
であるなら、なおさら嬉しいものだ。私たちは、自分の使命に誠実に対応す
る時、こういう喜びが生まれるのだ。


◇それにしても、なぜ苦労が多ければ多いほど、その苦労が実ったら、嬉し
いのだろうか。それは、その苦労から解放されるという解放感かもしれない
し、苦しい状況を乗り越えた達成感かもしれない。

やり遂げたという思いは、障害があればあるほど、大きいものなのだ。だか
らこそ、難しいこと、苦しいことから逃げるのはやめよう。自分で乗り越え
なければならないことは、最後までやり抜こう。そうすれば、大きな喜びが
待っているはずだ。
+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月23日

☆ お父さん・お母さんが言われて嬉しい言葉 ☆

** 今週のテーマ **********************

☆ お父さん・お母さんが言われて嬉しい言葉 ☆

********************************
お母さん:「『言うまい言うまい。子どもを責めるようなことを言っちゃい
けない』と思いながら、つい言っちゃうんですよね。」


   私:「どんなこと言っちゃうんですか?」


お母さん:「何であなたを塾に通わせているのにこんなに成績が悪いの?」
「何であなたは何をするのも中途半端なの?」
「何であなたはテレビを見たり、ゲームが何の役に立つの?」
「もっとしっかり勉強しなさい!」


先日、ある子育て中のお母さんとこんな会話をしました。同じような悩みを
持っている保護者の方、また、あらためて「自分も言っているなぁ」と感じ
た保護者の方も少なくないのでは・・・。

そんなお父さんに伺います。

「あなた!毎日仕事に出かけているのに何でこれしか稼げないの?」
「何であなたは脱げば脱ぎっぱなしなの?」
「本当にあなたのような旦那を持って私は不幸だわ!」
「もっと、しっかり稼いで来て下さい!」

こんなこと、奥さんに言われたら「あっいけね!直そう!」と思いますか?

そんなお母さんに伺います。

「いつになったら旨い食事が作れるようになるんだ!?」
「何でお前はろくに掃除もできないんだ!?」
「服やバックばかり買って、お前に何の役に立つんだ?」
「お前みたいな妻を持って俺は不幸だよ!」
「家事ぐらいもっとしっかりやりなさい!」

こんなことご主人言われたら「本当に私駄目よね。そうだわ、がんばってやら
なきゃ!」って思いますか?

お父さん、お母さんに伺います。

どんな言葉をかけられたら、仕事や家事をしたくなりますか、家族を大切にし
たくなりますか?

発見したその言葉をお子さんにかけてあげて下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年04月22日

カント

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:カント
+─────────────────────────────────+
互いに自由を妨げない範囲において、
我が自由を拡張すること、これ自由の法則である。
+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇最近の私たちは、自由をはき違えていることが多い。社会的な領域で自分の好きなように行動をしているが、それは、自分の勝手な振る舞いを社会的な領域で行っているだけで、自由の行使ではない。自由とは、自分の私的領域か、自分と他人の私的領域で行うものか、心の中で行われる選択の自由を言うのであって、社会的な領域で行われる自分勝手な行為ではない。

◇たとえば、電車や通路で地べたに座っている人たちの行為は、明らかに迷惑だし、電車の中で化粧している若い女性の行為も、私的空間を社会的な空間に持ち込むもので、これまたお門違いだ。社会的領域でのルールを無視した勝手な振る舞いは、自由な振る舞いではないのだ。他人も私も認め合う自由な行為を私たちは、考えることだ。自由の行使は、そんなに簡単にできるものではないのだ。
+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

豊臣 秀吉

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:豊臣 秀吉
+─────────────────────────────────+
主人は無理をいうものと知れ。
+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇「さる」こと木下藤吉郎は、随分と無理難題を織田信長から指示されたこ
とだろう。織田信長の命令を木下藤吉郎は多分、無理なこととして聞くより
も、可能なことだと思って、実行したはずだ。そうでなければ、木下藤吉郎
という男は、歴史には登場しなかったはずだから。


◇逆に言えば、織田信長の無理難題が、歴史上の自分をもう一人作ったとも
言える。主人に鍛え上げられた木下藤吉郎は、自分の可能性をどんどん広げ、
その極限まで自分の可能性を広げて、とうとう豊臣秀吉にまでなったのだ。


◇だから、秀吉は、自分がトップになった後も、織田信長と同じように無理
難題を部下たちに命令し、部下たちの可能性を広げていったのではないだろ
うか。

無理難題には、可能性がある。それを知って、無理難題に取り組むことだ。
そうしなければ、自分の人生がもったいない。折角成長の機会を貰ったんだ。
この機会を活かして成長することだ。
+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月20日

「なぜ山に登るのか?」

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「なぜ山に登るのか?」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━

「なぜ山に登るのか?」の問いに
イギリスの登山家、ジョージ・マロリーは
「そこに山があるから」という有名なセリフを残しています。
大変ユニークな回答です。

しかし、質問者は、仮に一瞬「洒落ているな」と思ったにしても何か
腑に落ちないものを感じたはずです。

山登りが体力と気力の限界に挑戦する危険をはらんだスポーツである
ことは誰もが想像するところです。

そして、「それなのに、なぜ、わざわざ山に登るのだろう?」という
のは、大衆の疑問です。

しかし、この「なぜ?」は、回答するものにとって苦痛のある質問な
のです。「なぜって、だって山が好きだから」と浮かんだものの
「こんな回答でいいのかなぁ。なぜ、自分はわざわざ山に登るんだ
ろう・・・」と悩みだしてしまいそうです。

さて、どうしたら、質問する人と答える人の双方がしっくりできるで
しょうか?

質問者は、登山家が危険を冒しても、登りたい何かがあるはずだし、
それを知りたいのです。

そこで、「なぜ?」の変わりに、「何が?」に変えると会話がスムー
ズになります。

「山登りの魅力は何ですか?」
「あなたを山に駆り立てるものは何ですか?」

と問えば、爽快感。達成感。チャレンジ。云々という答えが返ってく
るかもしれません。

世の中には、特定の人を引き付ける様々な事柄があります。
「なぜ?」と訊く代わりに
「何が?」と訊いてみましょう
この方が、気軽に欲しい答えを引き出せそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆★☆ 後書きのような ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 あと1週間です。あと1週間。そう今年の連休スタートまで。私は
特に予定はありませんが、一年ぶりに初夏の空気を感じることを楽し
みにしています。皆さんはどんな素敵な予定をお持ちでしょうか。
それでは皆さん1週間がんばりましょう!
+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2013年04月19日

モンテーニュ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:モンテーニュ
+─────────────────────────────────+
私は他人にどう見えるかということよりも、むしろ私自身の中で、
どんな人間であるかを気にする。
借りものによってではなく、私によって富みたいと思う。
+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私は、若い頃から、仕事上では、こういう人間になりたいとモデルを持っ
て生きてきた。私がかっこいい人間だと思っていたのは、西郷隆盛や高杉晋
作、そして坂本竜馬に、織田信長。リンカーンも大好きだ。これらのアイド
ルを自分なりにアレンジして、モデルを勝手に作って、自分をそのモデルに
近づけようと思って生きてきた。

◇だから、今日の言霊のように、他人がどう思おうと私は仕事上ではあまり
気にしなかった。仕事以外の普段は、他人を気にしていたように思う。目立
たないように、軋轢が生じないようにと思って普段は生きてきたのだ。しか
し、そうだからと言って、それは、他人に支配されても良いと思っていたわ
けではない。これも自分だと思っていただけだ。

◇他人の目を気にしすぎて、自分を小さくしないようにしたい。自分は、自
分だとお思う場面があって良いのだ。そうしないと他人に押しつぶされてし
まうだけだ。自分が自分で生きていくこと。それが、人生を楽しくするのだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月18日

ラシーヌ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ラシーヌ
+─────────────────────────────────+
幸福は分かち合うようにつくられている。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇高校時代だったと思うが、横浜の相鉄線で学校
に向かう電車の中で横浜高島屋の交通広告を見て、
私は衝撃を受けた。「幸せは複数形」というキャ
ッチコピーが私を釘付けにしたのだ。まさにこの
キャッチコピーに私は打たれ、それ以来、それを
信条に生きてきた。そして、何年かに1回は、そ
のキャッチと同じような言霊をチョイスしてしま
う。


◇人間は、自分一人で生きていけるわけではない
から、当然、誰かにお世話になり、そして誰かを
お世話して生きていくものだ。その結果、苦労が
あり、幸せな出来事がある。そういう人生なのだ
から、当然、苦労も幸せも分かち合って然るべき
だ。幸せだけではなく、不幸ですら、分かち合え
るものだ。そうやって、自分一人では、背負いき
れないものを誰かと背負いながら生きていくもの
だ。

◇だから、自分一人で、苦しむことも幸せに浸る
こともしなくていいのだ。誰かと何かを分かち合
おう。それが人生だ。自分一人の人生なんかない
のだ。誰かとつながっているのだ。その誰かを信
じて生きていくことだ。
+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

英語の祖先は何?

haveやtakeそしてgetを使ってそれらの単語の
語源を紹介してきました。

その中で、印欧語という言葉を何回か使いました。
印欧語とはインドヨーロッパ語のことです。
英語を始めヨーロッパの言語はすべてこの
インドヨーロッパ語のグループですが、
それを発見した人はカルカッタに赴任した英国の官僚
ウィリアム・ジョーンズ卿といわれています。

彼は、インドの古語であるサンスクリット語の研究を
しているうちに、サンスクリット語とギリシャ語、
ラテン語、英語との共通性を発見したそうです。
18世紀のことだそうです。

皆さんは「南無阿弥陀仏」という念仏をご存知ですね。
これはサンスクリット語を漢字で表し、日本語の意味を
乗せたもので、元は日本語ではありません。

元の音は、mamu ameter Buddahだそうです。
mamu=name=名前を呼び上げる、
ameter=a meter=はかり知れぬ=無量
Buddah=仏陀
というように分解され、
mamu ameter Buddah
「はかり知れぬ仏陀の名前をあがめ唱えよ」
となるそうです。

南無阿弥陀仏は実はサンスクリット語で
英語と同じ意味と語彙を持っていることがわかります。


次回はpedalやpedestrianに使われている
印欧語のpedをご紹介します。
どのような元の意味があり、現在の英語では
何という単語になっているでしょう。

----------------------------------------------------------------------

2013年04月16日

ウィリアム・オスラー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ウィリアム・オスラー
+─────────────────────────────────+
どんな職業につこうと、
成功に向かう第一歩は、その職業に興味を持つことだ。
+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇新入社員の皆さんに、今日の言霊を送りたい。自分の職業に興味を持つと
はどういうことかというと、この職業の本質は何かと探ることだ。自分のい
るフィールドは、どういう原理で成り立っているのかと関心を持つことだ。

◇私は、大学を卒業する時に、定時制の高校に教師として就職が決まってい
たが、教員免許の必修単位を落としたために、その職をボーに振って、大学
に聴講生として残った。卒業はしたから、お金を稼がなければならないので
学習塾でアルバイトをした。

長年の夢である学校の教師の職を得たと思ったら、地獄に叩きつけられてし
まったわけだが、学習塾のアルバイトをするうちに、面白くなって、学習塾
の仕事の本質は何なのかなと考え始めた。

哲学をやっていたから、根本原理を知りたかったのだ。なんで学校で勉強し
ているのに、こんなに塾が一杯あるんだ!と疑問に思って、あれやこれや考
え続けた。そして、10年ぐらいたった時に、これだな!と思った。

丁度32歳だったように思う。試行錯誤をくり返し、何が成功し、何が失敗
したのかをいつも覚えて、仮説を作りながら仕事をしていたように思う。楽
しかった。


◇新入社員の皆さん。自分の仕事に精一杯取り組もう。試行錯誤をしながら
理由や根拠を問おう。成功も失敗も自分の財産だと思おう。そうすれば、本
質が見えてくるはずだ。そうなるまで、仕事をあきらめないことだ。峠を過
ぎれば、違う風景が待っているのだから。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月15日

フレデリック・ラングブリッジ

+─────────────────────────────────+
■今日の言霊:フレデリック・ラングブリッジ
+─────────────────────────────────+
二人の囚人が鉄格子から外を眺めたとさ。一人は泥を見た。一人は星を見た。
+─────────────────────────────────+
■考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私たちは、環境に影響を受ける動物だが、だからと言って、ただ環境に影
響を受けるだけの動物ではない。同じ環境にいても、人それぞれで環境から
くみ取る意味が違うのだ。だから、今日の言霊のように、囚人の身という同
じ環境でも、ひとりは、下を向いて泥を見、ひとりは、上を向いて星を見る。

つまり、同じ環境の中でも受け取る意味は、人それぞれで全く正反対にもな
るということだ。


◇ということは、自分次第で、環境から受ける影響をコントロールできると
いうことだ。もっと言えば、環境から影響を受けるというよりも、環境から
刺激を受けて、その刺激の意味を自分流に受け取っていると言うことだ。

であるなら、私たちは、自分にとってプラスになるように、いつでも刺激か
ら意味をくみ取ろう。自分にとってマイナスになるような意味を受け取るこ
とを拒否しよう。そうすれば、私たちは、前向きに生きられるはずだ。いつ
でも夜空の星を見ながら苦労を楽しみに変えていこう。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月13日

「相談を持ちかける」

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「相談を持ちかける」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━

年上の人や上司に相談することは一般的なことです。

相談というのは、問題を抱えた人が問題を解決してくれそうな人に持
ちかけるものです。

年上の人や上司は専門的な知識や経験が豊富にあるので問題解決につ
ながる貴重なアドバイスを受けることができる可能性が高いので自
然なことです。

ところで、年下の人や部下に相談することは、あまりありません。既
成の相談の概念からするとナンセンスなことです。

しかし、年下や部下に相談することは、知識や経験で曇った思考を払
いのける斬新なアイデアを得るチャンスでもあります。意外にも問題
解決につながることにもなります。

そして、何よりも都合の良いことは、相談することで、相談される人
にとって自尊心が高まるという事実です。ただでさえ相談されれば嬉
しいところに、年上や上司から相談を受けるとすれば、「自分は年上
や上司からも相談されるに値する人間だ」と承認を受けたと感じるか
らです。これで、年下や部下のモチベーションが上がることは必至で
す。

たまには、年下や部下に相談をしてみませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆★☆ 後書きのような ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
街に新入生や新入社員が目立つ季節です。大きな制服や着慣れないスー
ツに身をまとっている姿が新鮮でもあり滑稽でもあります(失礼)。
制服が身体にフィットし、スーツがただの服装になる時が楽しみです。
がんばれ1年生!
+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2013年04月12日

エピクロス

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:エピクロス
+─────────────────────────────────+
自分で得ることができることを神に頼んでも無駄である。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+

◇神頼みが意味を成すのは、人事を尽くした時だ。もうこれ以上できないと
全力を出してことにあたった時に、最後の一押しとして、神様に「どうか成
功しますように!」と頼むのだ。まだ、自分ができる余地を残した神頼みは
意味はない。

今日の言霊も言うように、神様ではなくて自分でできることがあるからだ。
神は人間を超え出た存在だから、人間のできることには関心がないのだ。
「まだ君ができることがあるよ。それが出来てから、私に頼みにおいで!」
そう神は天空で思っているはずだ。


◇ベストを尽くす。このベストの意味は、自分の持てる全ての力を出すとい
うことだ。それが出来て初めて神頼みは有効になる。神頼みができるぐらい
私たちは、自分の最大限の努力をしよう。神しか入り込む余地がないぐらい
徹底的に取り組もう。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

道徳教育は、ワークショップにするべきだ!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
『今日のテーマ』

道徳教育は、ワークショップにするべきだ!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
道徳教育教科化へ有識者が初会合…文科省

(2013年4月4日 )日経新聞

○文部科学省は4日、道徳教育の充実策を話し合う有識者会議の初会合
を開いた。政府の教育再生実行会議が道徳を正式な教科にするよう提言
したことを受け、具体的な内容を検討する。座長には元中教審会長の鳥
居泰彦慶応義塾学事顧問が選ばれた。冒頭、下村博文文科相は「評価を
どうするかも含めて議論してもらいたい。教科化へ向けて実践する時だ
」などと述べた。


 
○会議では道徳教材「心のノート」の改訂内容や教員の指導力向上策な
ども話し合う。この日の会合で、委員からは「教員養成のカリキュラム
の変更も必要」や「保護者も巻き込むべきだ」などの意見が出た。「心
のノート」については学年ごとに作成する案がでたほか、「教員が自分
なりに解釈できる内容にすべきだ」という意見もあった。
 
○会議の提言を受け、下村文科相は年内にも中教審に道徳の正式教科化
を諮問する。大津市で中2男子が自殺した問題などを受けて、教育再生
実行会議はいじめ対策のため、子供の規範意識を高めることが必要とし
道徳の教科化を提言した。心の内面を成績評価することには批判が根強
く、下村文科相も「なじまない」としている。

---------------
私のコメント
---------------
◇道徳教育は、人間の内面を問題にすることには変わりないが、しかし
道徳なるものは、社会の場面で使われてこそ意味と価値のあることだ。

だとすれば、この道徳心を養おうとする道徳教育は、机上の教育では意
味がない。知識として知ることではないからだ。行動を通して人間関係
を健全な状態に保つための一つの配慮が道徳心だ。
人間の内面にある思い=配慮を社会場面上で実行していくことだ。

◇であるから、学校教育における道徳教育は、教科というよりは、ワー
クショップによる体を使った実践型のものであるべきだ。ここに教育上
の評価はいらない。お互いがお互いを評価し合うしか、こういう実践型
のワークショップは意味がない。

◇ぜひ、有識者の皆さん、道徳教育を教科のように扱うのはやめていた
だきたい。道徳教育のゴールは、知行合一であるはずだ。だとすれば、
勉強ではないのだ。実践型の授業をぜひ、考えてほしい。

そしてその評価は、教師がするのではなく、そこにいる子どもたちが行
動と同時に相互に行うべきだ。そういう発想で、道徳教育を議論してほ
しい。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月11日

つかむ関連でget

3回前のhave前回のtakeに続いて、頻繁に登場する
役に立つ単語getを紹介します。
haveとtakeとgetを覚えていると会話には困らないと
言われるほど頻繁に登場する便利な言葉です。

中学英語でもgetは頻繁に登場します。

例文
I got some books.
本を数冊手に入れました。
I got you.
君の言うことは分かったよ。


※米語会話などで良く、
Gacha! という音で表されるのが
このI got you. です。

対話例
生徒:What does “get to”mean, Mr. Asai?
先生:It means “arrive.”
生徒:Oh, I’ve got it. Thank you, Mr. Asai.
生徒:浅井先生、「get to」の意味は何ですか?
先生:「arrive(到着する)」という意味だよ。
生徒:わかりました。浅井先生。

さてgetの語源はghend(つかむ)だそうです。
ghendのghはhendと読んでも良いそうで、
そうなるとhendは(ヘンド)になり、それは
hand(手、つかむ)になりました。
getの意味に「手でつかむ」というニュアンスがあるのが
分かりますね。

では hendとgetの綴りの関係はどうでしょう。
最初のghendに戻って ghendが古英語のgeteanになり
anが落ちて get になったということです。

getの意味は「手でつかむ」ということになり、
handの親戚ということが分かります。

本来の意味が理解できると覚えやすいですね。

--------------------------------------------------

ジョン・メーソン・ブラウン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ジョン・メーソン・ブラウン
+─────────────────────────────────+
われわれは、明日を思いわずらうことで今日の経済性を台無しにして
しまうことがあまりにも多い。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇人間は、過去に引きずられながら生きている。昨日の出来事に今日も影響
を受けてしまうし、「明日は明日の風が吹く」という言葉も、実は過去に
引きずられる人間が、それを断ち切るために考え出した言葉だ。それほど
私たちは過去を引きずって今日や明日に臨むのだ。

◇そして、人間はそれだけにとどまらない。今日の言霊も言うように、明日
のこと、未来のことを心配して、今日という一日を不完全燃焼させてしまう。

明日も未来も今日という結果が生むものだから、あれこれ心配しても今日を
どうするか決定しない限り、何も明日や未来の心配や不安は解消しないのに
明日や未来の不安に引きずられて、今日を台無しにしてしまう。
過去にも未来にも影響を受けて、今ここで生きることに全力投球できないの
が人間だ。

◇今日という一日をどうするのか、決定しよう。今日を全力投球できない人
間に明日の保証はない。必死になって今日を解決していくことだ。今日の自
分を決定しよう!

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月10日

セオドア・ルーズベルト

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:セオドア・ルーズベルト
+─────────────────────────────────+
働き甲斐のある仕事に精を出している人々を見ると、私は立派だと思う。
だが、社会的地位がどんなに良かろうと悪かろうと、精を出して働かない
連中は実に哀れなものだ。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇自分の仕事が、社会とどうつながっているか、明確に分かれば分かるほど
私たちは、仕事に生きがいを感じる。自分の行動が、具体的に社会とつなが
っていると実感できれば、やっていることに間違いはないんだと思えるか
らだ。そして他者貢献する歓びが、生まれるからだ。

◇そして、仕事に生きがいを感じている人は、必死になって仕事に取り組む
から、余計ないことに時間をさくことはない。つまり、他人の足を引っ張る
こともないし、他人をねたむ暇もない。他人と共に自分の仕事を楽しむ人だ

◇私たちは、迷うことなく自分の仕事に自分を賭けよう。必死になって何か
を行えれば、その分だけ、生まれてくる何かは必ず社会のためになるものだ
社会の中で生きている私たちは、社会からエネルギーを頂いている存在だ。
だから、その恩返しを社会にするために、必死になって仕事に取り組むこと
だ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月09日

☆ 親の期待を習い事で押し付けない! ☆

** 今週のテーマ **********************

☆ 親の期待を習い事で押し付けない! ☆

********************************


◇小学校6年生になったばかりのお子さんを持つお母さんから相談をいた
だきました。子どもが全ての面で、無気力になっているように思うのだけ
れども、どうすればよいのでしょうかという相談でした。


◇詳しい事情を聞いてみると、その子は週に習い事を数多くやっていまし
た。習字、水泳、ピアノ、公文式、個別指導塾と、ほとんどの曜日で習い
事をやっているのです。 タレントのような状況です。


◇何でそんなにやらせているのか、そのお母さんに尋ねてみると、将来、
大きくなった時に、色々な選択肢を持っておいた方が良いからと言ってい
ました。そんなに習わせても中途半端になるだけではないかと言うと、う
ちの子はみんな一生懸命やっていますから、それは心配ないとお母さんは
言うのです。しかし、お子さんは無気力になっているのです。


 中土井 :お子さんは、どの習い事をしている時が楽しそうですか?
 お母さん:そうですね。これと言って特別楽しそうにやっているものは
      ないと思います。
 中土井 :そうですか。それでは、本人に本当にやりたいものは何?と
      聞いてみたことはありますか?
 お母さん:ありませんがみんな頑張っているので、きっと全部やりたい
      と言うと思います。
 中土井 :そうですか。しかし、お子さんは無気力なんですよね。
      お母さんはどんな点が心配なんですか。
 お母さん:最近、何をするにしても自信がないような感じなので、
      ちょっと心配だったのです。
 中土井 :そうですか。お子さんは、なんでそんなに頑張っているの
      でしょうか。お母さんが、もし今のお子さんの立場だったら、
      この1週間の過密スケジュールをどう感じますか?ちょっと
      想像してみてください。


◇こんな会話をしながらお母さんに、今の子さんの状況を想像してもらって、
お子さんと話をしてもらうようにしました。子どもに色々な期待を持つこと
は、親として当然のことですが、その期待を子どもに現実的な形で、どんど
ん押し付けてはいけないかもしれません。

こんなに習い事が多ければ、自分の中でなんでこの習い事をやっているのか、
意味が見出せなくなってしまうはずです。そうなれば、親の期待に必死に応
えようとして頑張っていた子どもの気持ちが、切れてしまっても仕方がない
のです。

何のための習い事なのか、子どもにとっての習い事とは何なのか、その辺を
しっかり親は整理しておきたいものですし、子ども本人と確認しておきたい
ものです。


『親の期待を習い事で押し付けない!』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大隈 言道

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:大隈 言道
+─────────────────────────────────+
すべて世の中の諸道、近道というものなし。
+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇最近の私たちは、「一夜にして大金持ち!」的な人生に憧れを持っている。
1秒で何億も稼ぐといって宣伝している若い経営者もいるし、何も努力しな
くても、インターネットで簡単にお金が稼げると豪語する人たちもいる。
世は、近道を探した人が勝利するような、そんな風潮が、蔓延している。


◇しかし人生は、そんな都合のよいことにはならない。先ほどのような数秒
で何億も稼ぐ人は、人間離れした能力がある人なのだ。一般人ではないだろ
う。天才的な商才を持ち合わせた人なんだろう。だから、そんな脅威的なこ
とがやれるのだが、一般人としての私たちの人生には、そんな近道はない。


あるのは、コツコツ自分の道を究めていくためのプログラムだけだ。予想外
の障害や思わぬ幸運やつまらない平坦な道やめんどくさい作業が、私たちの
人生には、十分すぎるほどプログラミングされている。そして、そういう道
を歩いていくだけしかできないのだ。


◇今日の言霊は、私たち凡人にとっての真理だ。人生に近道はない。何かを
究めるのに近道はない。あるのは、正しい道と間違った道だけだ。私たちは
自分が苦労する道を歩んでいこう。そうすれば、それが必ず正しい道になる
はずだ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月08日

「モモになる」

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「モモになる」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━

私の知り合いがコーチングを学び始めました。
そして、その方のお子さんから「迷惑だ」という気持ちを打ち明けられ
ました。

「何か悩みはないの?悩みがあるなら私に相談してね」

「あなたの夢は何なの?きっと本当に望んでいる夢があるはずよ!」

コーチングを知り始めた人が陥る罠です

コーチングは、コーチングマインドの基礎の上に成り立つスキルなのです。

人が自分で問題解決する意志と能力を持っていると信じることなのです。
問題を感じた人は自ら解決に向けた行動をすると信じることなのです。


ミヒャエル・エンデの創造するモモを思い出します。彼女こそ最高のコー
チング実践者だと思います。
ただただ聴いているだけ、つまり相手を大切にしているだけで相手が元気
になってくるのです。

聴く人も凄いが、何のアドバイスがなくても自分で元気になれる。自分で
問題を解決できる。そんな能力を私たちはみな持っているのです。凄い。

「人は自ら自分の課題に立ち向かい前進する」と信じて接してみませんか?
そうすれば誰でもコーチング実践なのです。

そんなことを感じる今日この頃です。そういう私もずいぶん沢山の方にコ
ーチングを武器にしてしまったことを懺悔です。

+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2013年04月05日

A・シリトー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:A・シリトー
+─────────────────────────────────+
勝つというのは生き残ることだ。五分の魂を失わないで生き残ること。
それが勝つということだ。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇「一寸の虫にも五分の魂」と言うけれど、五分の魂とは何か。それは虫
なら虫のありようだ。人間なら人間のありようだ。


◇私たち動物は、生きていることが勝っていることだ。生命を維持してい
くことこそが、生の最大の目的だからだ。しかし、生きていると言うだけ
ではダメでどう生きているかが、人間という動物では重要なことなのだ。
自分の尊厳を維持してと言うことになるのだ。


◇人間として生きる。そう決めよう。そして、どんな人間として生きるか
決めよう。「どんな人間として」このことが、自分の人生の質を決定する
ものだ。五分の魂とはそういう生き方だ。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月04日

今回も頻繁に登場する単語takeをご紹介します。

前回takeの語源のdegからdeg→teg→tek→takと音声変化し、
さらに、母音が二重になって、takeになったと掲載しましたら、
読者の方から、どうしてそうなるのかという質問をいただきました。

これは印欧語(インドヨーロッパ語)から英語の元になった
ゲルマン語への変化の際に、一定の法則があります。

その法則は………
印欧語のp, t, kの音がゲルマン語ではf, th, hの音に、
印欧語のb, d, gの音はゲルマン語ではp, t, kに、
印欧語のbh, dh, ghの音はゲルマン語ではb, d, gになった
こういう法則です。
それで印欧語のdegがtekになったのです。
長い間に母音の変化が加わり、takeになりました。

前述の「子音の変化の法則」はグリムの法則と呼ばれています。
法則の発見者はグリム童話を書いたグリム兄弟の兄、ヤーコブ・グリムです。


今回はtakeを使った熟語表現の中で中学英語で頻繁に使われるものを
ご紹介します。
take の意味は「接触してつかみ取る」ということでした。

それぞれの熟語にその意味を読み取ることが
語学感覚を磨くのに役立ちます。

take off(脱ぐ…つかんでいたものを離す)
Please take off your shoes here.
ここでは靴をお脱ぎください。
※off=離れるという意味

take a look(しっかり見る…見ることをつかみとる)
Everyone, please take a look at the blackboard.
皆さん、黒板を見てください。

take part in(参加する…パートをつかみとる)
Will you take part in our club?
僕らのクラブに所属してください。

take a rest(休む…休憩をつかみとる)
Let’s take a rest here.
ここで休みましょう。

take a picture(写真を撮る…画像をつかみとる)
Shall I take some pictures of you?
あなたの写真をお撮りしましょうか?

対話例
A:I took a long walk and I am very tired.
B:Take a good rest here.
A:長く歩いたのでとっても疲れたよ。
B:ここでゆっくり休んでください。

take はいろいろなシーンで使われます。
語源と共に知っておくと大変役立ちます。
----------------------------------------------------------------------
○お問い合わせ・申込はこちら!
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
TEL:045-651-6922
e-mail: mailadm@management-brain.co.jp
……………………………………………………………

ガンジー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ガンジー
+─────────────────────────────────+
生は死から生ずる。麦が芽ぐむためには種子が死なねばならない。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇私たちは、死と再生の物語を生きている。成長するとは、自分のある面
が死んで新しい面が自分に出てくるということだ。生き続けるためには、
死と再生を繰り返すことなのだ。これが出来なければ私たちは、生きてい
ることにはならない。死んでいるのだ。


◇生きていくとは、日々自分が新たになっていくことだ。昨日の自分と今
日の自分はどこかが違っているはずだし、明日の自分はもっと違っている
はずだ。

生きていくために私たちは、自分の中の何かを殺して、何かを新しくして
いく作業をしなければならないのだ。


◇今日の言霊の「生は死から生ずる」は、人間全体のことだし個人のこと
だ。生の連鎖は、全体にも部分にもしっかり根付いているのだ。日々新た
な自分になろう!

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月03日

藤本 義一

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:藤本 義一
+─────────────────────────────────+
迷ったらダメなんだな。人生の答えなんて、考えたってわかるものじゃない。
ただ、そのとき、そのときを、ぎりぎり一杯生きているヤツだけに、
その答えは見えてくるんじゃないだろうか。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇私たちは、学校で答えの見つけ方を勉強する。学校では、人生を自分で
生きるための練習問題を一杯解く。人生の初心者だから学校で学ぶことは、
一つの問題に一つの答があるものから練習していく。

そして、徐々に複雑になり、すぐには解けない問題まで練習はするのだが、
しかし、そこは学校なので答えが一つに決まっている問題で終わるのだ。


◇私たちは、そうやって学校を卒業し人生の本番を迎える。人生上で起こ
る数々の問題には、答えが一つのものから答えが無限にあるものまで、バ
ラエティーに富んでいる。

どっちの道に行っても正解かもしれないし、不正解かもしれない。そんな
問題もあって人生の中で下す決断は、非常に勇気のいるものになる。


◇だから私たちは、人生上の問題に対して全身を賭けて取り組むことにな
る。学校で教わった方程式や関数のような公式は、人生上にはない。自分
で自分の人生の問題に自分という公式を使って解決するしかないのだ。問
題解決の道具は自分自身だ。精一杯問題に取り組む以外に道はない。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月02日

羽仁 進

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:羽仁 進
+─────────────────────────────────+
幸福とは価値であり、価値を生み出す主体は、人間以外のなにものでも
ありえない。価値は本来人間の外に存在するものではなく、その内側から
生まれてくるのである。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇幸せを追い求めるのは、人間以外にはいない。それは、人間だけが価値
を求めるからだ。人間だけが色々なものに価値を見出し、その価値を所有
したいと望むからだ。


◇たとえば、人間は樹齢何千にもなる木を眺めては、素晴らしい生命力だ!
と感動し、その木に価値を見出す。野生動物に言わせれば、ただそこにあ
る大きな木以外の何物でもないが、人間は、そんな自然のものにでもその
存在以上に意味を感じ、価値を見出すのだ。


◇だから、何に価値を見出しても、それはその人の勝手だから、実は人そ
れぞれで見出す価値は、全く違うのだ。そして、それは幸せにも当てはま
る。

つまり、幸せのあり方は、人の数だけあるということだ。だからこそ、幸
せは自分の心が決定するのだ。幸せは追い求めるものではない。幸せは自
己決定するものなのだ。そう思って生きていこう。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年04月01日

モリエール

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:モリエール
+─────────────────────────────────+
自分の行いがばかげている人に限って、まっさきに他人を中傷する。

+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇バカな行動をしている人は、自分の行動を客観的に見られない人だから、
バカな行動をしてしまうのだ。だから、そんな人は自分のバカさを棚上げ
して、というか、全く振り返らずに他人のアラを探しては、他人のバカさ
を指摘するのだ。そうやって他人を貶めないと、自分の立場が不安になる
からだ。


◇しかし、そういう私も案外、似たようなところがある。政治家や芸能人
がドジなことをやると、ついつい自分を棚に上げて、「奴は物事がわかっ
ていない!」と賜ってしまう。不遜にも、すべてを知った人間のように。


◇気を付けたいものだ。今日の言霊の指摘をしっかり心に刻もう。バカな
奴に限って、他人をバカだと言うのだ。自分の自信のなさのせいで。

+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

塾の起業、経営に役立つMBAのメルマガへの登録はこちらから

MBAをお気に入りに追加する 塾経営のサクセスネットMBAのホームページはこちらへ

カレンダー

2013年09月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
塾の起業、塾経営についてお電話ください。045-651-6922まで。