塾経営、塾の起業コンサルタントが語るブログのトップへ戻る
« 2013年06月 || 2013年08月 »

2013年07月31日

セネカ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:セネカ
+─────────────────────────────────+
重要なことはなにを耐え忍んだかということではなく、
いかに耐え忍んだかということだ。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私たちは、ほとんどの苦痛・苦悩を耐えることが出来る。現に私も両親の
死を乗り越え、会社を6回もクビになる痛手に耐え、そして椎間板ヘルニア
の激烈な痛みにも耐え、こうして四捨五入すれば100歳になるまで生きて
きた(念のため52歳ですが)。先日も仕事上の大きな失敗をし、ショックの
あまり1週間も酒を飲み続け、やっと平静さを取り戻した。

◇だから、耐え忍ぶことが重要なことではなくて、苦痛や苦悩をどう耐え忍
んだのかが重要なことだ。耐え忍び方が人間を決めるのだ。

◇苦痛や苦悩を我が物にし、その事実をバネにして耐え忍ぶか、先日の私の
ように、現実回避的に酒を浴びながら、こんなことをしている暇はない!と
やっとのことで立ち上がるのかでは、全く耐え忍ぶ価値が違ってくるのだ。

◇人間は、どんなことにでも耐えられるものだ。ただし、その耐え忍び方が
違っているのだ。価値ある耐え忍び方を、私たちはすることだ。次のステー
ジにプラスになるように耐え忍ぶことだ。私も耐え忍び方を変えたいと思う。

2013年07月30日

シュバイツァー

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:シュバイツァー
+─────────────────────────────────+
精神は行動にならなければなりません。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇感情は、表に出ない限り、わからない。愛は、告白しても言っているだけ
では、わからない。愛は、相手に対して行動を起こさない限り、相手には通
じない。口だけの愛で、相手を動かせる人は、誰もいない。

◇ということは、今日の言霊の言うように、心で思う全てのことは、行動を
要求するのだ。もっと言えば、行動こそ、心=精神なのだ。行動を見れば、
その人の精神はわかってしまうのだ。

◇私たちは、どんな行動を日々しているだろうか。行動が心=精神を表すな
ら、私たちは、身体は除いて、精神は丸裸で外に出ているというのだ。そん
な意識で生きているだろうか。見え見えの下心だとすれば、その下心を立派
にするしかない。

2013年07月29日

ツルネーゲフ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ツルゲーネフ
+─────────────────────────────────+
自由には義務という保証人が必要だ。
それがなければ単なるわがままとなる。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私たち人間の成長は、義務と権利を交互に教えられながらなされる。人間
は、徐々に自分で義務と権利を使えるようになって大人になっていくのだ。

◇だから、権利ばかり主張して、場の中の義務を怠っている間は、誰も彼を
大人だと認めない。自由を謳歌しているだけの人間を大人だとは誰も思わな
いのだ。

◇今日の言霊が言うように、人間が自由であるためには、義務を果たしてい
るということが前提になっているのだ。だから、自由という権利の行使には、
義務という不自由な決まり事がセットになってついてくる。

◇そのことを、私たちは学びながら大人になっていかなくてはならない。こ
の真理を最近の教育では、子どもに直接に教えなくなってしまった。これは、
まずいことだ。

◇自分は自分だ!と言えるためには、場の義務を果たしている時だ。そのこ
とを脇に置いて自分の権利を主張しても、そんな自分勝手は誰の心にも響か
ない。自由は不自由とセットになっているから自由に出来るのだ。そのこと
を忘れないようにしたい。

2013年07月27日

「感情を俯瞰する」

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「感情を俯瞰する」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━

人間関係のトラブルは、感情的に行われることが非常に多いものです。
トラブルの当事者は、「つい感情的になって・・・」と言うものです。

「意志でなく自然発生的に込み上げてきた感情が原因だ」と言います。
はたして感情が込み上げてくると、私たちは自分自身の行動をコント
ロールできなくなるのでしょうか。

アドラー心理学では、人間のすべての行動には目的があると考えます。
人間は、自然現象や他の動物と異なり意志を持っています。ゆえに、
人間のすべての行動は意志をもった行動であり、行動には目的があると
考えます。

さらに、感情も目的を持った行動と考えるわけです。感情は、パワフ
ルです。感情が込み上げてくると、冷静ではできないこともすんなり
とできてしまうほどです。日頃、おとなしい人も感情的になると、大
きな声をあげたり、怒鳴ったり、暴力をふるうことさえできます。

「弱い犬ほどよく吠える」との諺があるように、いきりたつことで、
日頃以上の力を発揮することが出来るのです。ところで、弱い犬(人)
が吠える(粋がる)目的は何でしょうか?

自分の弱さ、未熟さを隠して、自分を守ることが目的だと考えられます。

つい感情的な行動をしてしまいがちな人は、「感情を何のために使おう」
としているのか?考えてみましょう。また周りの人が感情的な行動を
したら、目的を推測してみましょう。

次に、その感情的行動で、「本来の目的が達成できるのか?」「達成で
きたとしても失うものは何?」と考えてみましょう。

ネガティブな感情を使った行動を恥ずかしいと感じたり、リスクを考
えると空恐ろしくなったりするはずです。

大人、特に社会的に人の上に立つ人、指導者は、自分の感情を俯瞰する
ことができれば、社会的な信頼を失うことはないでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆★☆ 後書きのような ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
埼玉県浦和駅での女性救出劇のニュースが海外でも絶賛だそうです。
ホームに落ちた女性を居合わせた駅員、多くのお客さんが車両を押して
救出したというものです。日本も世界も、国際関係も、まだまだ捨てた
ものじゃありません。みんないい人なんですよね。
+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2013年07月26日

森 鷗外

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:森 鷗外
+─────────────────────────────────+
己の感情は己の感情である。己の思想も己の思想である。天下一人それ
を理解してくれなくたって、己はそれに安じなくてはならない。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私たちは、他人の痛みを他人と同じように理解することは出来ない。しか
し、他人の痛みを想像することはできるし、あの時の自分の痛みと同じ痛み
なのだな、と類推することも出来る。がしかし、全く同じように他人の痛み
を正確に理解することはできない。

◇今日の言霊の言うように、自分の感情は自分の感情以外のものではないか
らだ。だから、世界に一人だけの感情として自分の感情はある。他人と感情
を完全一致して共有することは無理な相談なのだ。

◇だから、誰にも理解されないからと言って嘆くことはないのだ。誰もが誰
にも理解されないものだからだ。自分一人が孤独なのではない。誰もが孤独
なのだ。誰にも理解されなくとも自分の道を進めばよいのだ。人間とはそう
いう生き物だ。

2013年07月25日

諺(Proverb)11

この諺シリーズを通して、世界の中での「私たち」の
物事のとらえ方と、共通部分・相違部分を紹介し、
英語を通して「グローバルマインド」を養う
ヒントになればと思います。

「馬子にも衣装」という諺があります。
どのような人でも身なりを整えると立派に見えるという
意味で使われます。

英語の世界では、Apparel makes a man. と言います。
Apparelとは「衣装」という意味ですから、
「衣装が人を作る」と言うことです。
他にも、Fine feathers make fine birds.
「羽の素晴らしさが鳥の美しさ」
という言葉もあります。

外見も大切ですが、実際の世の中では、
一言しゃべっただけで中身の愚かさが露見して
しまうのではいけません。
やはり、中身で勝負です。
中身を磨くことが人としての生きる意味だ、
こう思うのは世界共通です。

この点では、
Clothes do not make the man.
「衣装で人は作れない。」
The cowl does not make the monk.
「衣ばかりで僧侶はできない。」
などが中学英語で理解できる表現です。

高校英語の範囲まで入ると、少し含みがでます。
It is not the beard that makes the philosopher.
「あごひげを生やしても哲学者にはなれない。」
If the beard were all, the goat might preach.
「あごひげがすべてなら、山羊でも説教ができる。」

結局は、
「見目より心」
=振る舞いの立派な人こそ立派な人。
=Handsome is as handsome does.
ということになります。

英語を学習するならば、どの国の人からも
He is really smart.と言われ、
一目おかれる存在になることが本分なのでしょう。
グローバルな場面でも、他者のことを中心に
考えて行動できる人が、
Handsome is as handsome does.
と言われる人です。

※トムハンクス主演の映画Forest Gumpの中で、
Forest が、この諺をもじって、
Stupid is as stupid does.
「バカな振る舞いをする人がおバカさん」
と言っていたことを教訓として思い出しました。

****************************************************
このメルマガの著者、浅井正美の中学英語指導者研修を
以下の日程と内容で開催いたします。
第1回 10月6日(日曜)
・簡単にできるフォニックスルール指導法
・音・語彙・構文が身に付くパターンプラクティス指導法
・会話につながる対話指導
第2回 11月10日(日曜)
・中学生がつまずく文法事項の簡素化指導法
第3回 12月8日(日曜)
・高校入試の変化に対応する文章読解力養成指導法
自由英作文指導法
★会場 東京都品川区大井町きゅりあん
★時間帯:13時15分~16時15分
全回模擬授業での実践指導法をお見せします。
★定員 20名
参加費用 各回  8,400円
     3回  24,000円
****************************************************
○お問い合わせ・申込はこちら!
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
TEL: 045-651-6922

アミエル

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:アミエル
+─────────────────────────────────+
情熱がなければ、人は単なる潜在力と可能性とにすぎない。
+─────────────────────────────────+
■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+

◇ベンツにしろBMWにしろジャガーにしろ、どんな良い車も、ガソリンが
入っていない限り、動かない。またガソリンが入っていても、運転手が運転
しない限り、動かない。素晴らしい車も動かない限り、動いたら早いだろう
なとか、かっこいいだろうなとか、可能性の領域からは抜け出せないのだ。

◇今日の言霊が指摘するのも同じようなことだ。どんなに良いアイディアも、
それを実行するエネルギーと人間がいない限り、絵に描いた餅なのだ。きっ
とこのアイディアは素晴らしいんだろうね、で終わってしまって、現実にど
うなのか、全く分からない。つまり、どんなアイディアもそれをやろうとす
る情熱とセットでない限り、価値はないのだ。

◇だから、まずは情熱。それからアイディア。この順だ。情熱をもって物事
に立ち向かう時、素晴らしいアイディアが浮かんでくるというものだ。情熱
を抜きにしては、人生は可能性だけで終わってしまう。人生は、可能性を現
実にしていってこそ面白いのだ。情熱を持ち続けよう。

2013年07月24日

クラウゼヴィッツ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:クラウゼヴィッツ
+─────────────────────────────────+
危険と責任感は、名将の判断力を活発にするが、
凡将の判断力をだめにする。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇優秀なリーダーは危機に際して冷静に判断するが、無能なリーダーは、危
機に際して一方的に判断する。つまり、優秀なリーダーは、状況をしっかり
知って、プラスマイナスを勘案して決断するが、無能なリーダーは、自分が
見ている状況だけで決断してしまう。危機という状況に耐えられないので、
一方的に判断してしまうのだ。

◇私たちに必要なことは、状況に対する責任感だ。自分が決断する。そして、
その決断がどういう結果になろうともそれを引き受けるのは、自分だという
自覚が、私たちには必要なことだ。

その責任感があれば、危機に際してしっかりと色々な決断ができるはずだ。
危機を招いた責任とその危機を解決する責任は、自分にあるのだという自覚
が、私たちを強くするのだ。

◇自分の人生を責任を持って生きよう。誰が何と言おうと、自分の人生の責
任は自分にしかとれない。だとすれば、逃げないで生きていくことだ。

2013年07月23日

ニーチェ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ニーチェ
+─────────────────────────────────+
自分が何であるかを知りたいと思うならば、
自分がなにを好むかをみればよい。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私たちは、私たち固有の価値観に縛られている。意識するかしないかは別
にして、価値観に基づいて判断をしているのだ。

価値観とは、簡単に言えば、好きか嫌いかの基準だ。何を大切にしているの
かしていないのか、ということだ。

◇今日の言霊で「自分がなにを好むかをみれば」自分が何者であるかがわか
るというのは、自分の価値観を知れば、自分がどんな人間かわかるというこ
とだ。

私たちは、子どもの時から自然と培った価値観に縛られているから、自分の
行動原理が良くわからないのだ。だから、自分の価値観を意識的に知って、
これからの人生を意識的に生きていくことだ。

◇自然と身に付いた価値観は、意識しない限り、乗り越えられない。価値観
に無意識に縛られた人生を歩むか、それとも意識的に価値観をコントロール
して、自分自身にプラスになるような人生を歩むかは、自分自身の意識にか
かっている。自分の価値観を乗り越えろ!

2013年07月22日

ヴィルヘルム・フォン・フンボルト

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ヴィルヘルム・フォン・フンボルト
+─────────────────────────────────+
働くことは、私の感じでは、食べることや眠ることよりも、
人間に必要である。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇仕事とは、人格を磨く砥石だと私は思っている。仕事が要求するミッショ
ンを誠実に遂行しようとする時、私たちは、自分の在り方を問う。

どうすればこの仕事をしっかりやり遂げることが出来るのか、と自問自答す
ることを通して、私たちは自分を振り返り、再構成しながら、仕事が要求す
る人間に変化していく。そうやって、自分自身を磨いていくのだ。

◇だから今日の言霊も言うように、食べることや眠ること以上に、仕事が私
たちにとっては重要なことになるのだ。仕事を通して私たちは、自分の人格
を磨いているのだ。だからこそ、仕事を一生懸命にやることだ。

◇義務として仕事をやるということではない。自分を高めるために、仕事を
やることだ。どんな仕事でも仕事は、それを行う人間の在り方を問う。仕事
が要求するミッションに君は殉じられるのか、なりきれるのか、そう仕事は
問う。仕事を通して人格を磨いていこう。

2013年07月20日

「罰では適切な行動は学べない」

前回、私の体調不良によって本メルマガを休刊させていただきました。
毎週、本メルマガを楽しみにしてくださっている読者の皆様には、
ご期待に応えられなかったこと、ご心配をおかけしましたこと、
心よりお詫び致します。どうか今後とも本メルマガをよろしく
お願い致します。私が言えた立場ではありませんが、猛暑が続いて
います。読者の皆様におかれましてもくれぐれもお体ご自愛ください。
(著者:井上郁夫)

** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「罰では適切な行動は学べない」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━

野球の試合でエラーした。A監督に「エラーを防ぐため」と特訓を課
せられた。野球の試合でエラーした。B監督に「気が弛んでるからだ!」
と言われて殴られた。野球の試合でエラーした。C監督に「ミスの意
味を知れ!」とグランド100周を命じられた。

一番合理的な対応は、どの監督だと思いますか?

そうです。A監督ですね。失敗を繰り返さないように練習をする。こ
れは当然の成り行きです。理に適っています。

B監督、C監督の対応には、失敗を改善するための合理性がありません。
このように失敗に対して合理的でない対応を罰と定義すると罰のリス
クが見えてきます。

1.罰では適切な行動を学べない
2.罰の有無によって行動が変わってしまう
3.罰はエスカレートしてしまう
4.罰は発展的な人間関係を損なってしまう

これでも、指導の一環として罰を積極的に使いたいとお考えですか?


罰に変わる合理的かつ効果的な指導法はアドラー心理学の中にヒント
があります。

アドラー心理学は、人間について大変ポジティブな理論です。教育指
導者、子育て中の保護者に必須の姿勢とスキルを提案します。


キーワードは、「セルフ・エスティーム」「受容と共感」「相互尊敬・相
互信頼」「縦の関係から横の関係へ」などです。

読者の皆様にとっては、既にご存知かも知れませんね。初めて聞いた
人、忘れた方のためにアドラー心理学的なアプローチを今後随時紹介
してまいりましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆★☆ 後書きのような ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実は、NPOピースコミュニケーション研究所主催セミナーの中で
「体罰がなくても子どもが変わるコミュニケーション術」と題して
小学校、中学校の先生方向けにお話しをします。時は8月3日土曜日。
テーマに関心のある先生、ご都合のつく先生。是非お越しください。
+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2013年07月19日

トマス・ア・ケンピス

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:トマス・ア・ケンピス
+─────────────────────────────────+
自己の弱点を知るは、損失をつぐなう第一歩。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇人間に完全なものはいない。人間は何かが欠けているからこそ、人間なの
だ。欠点のない完全無欠な人間は、神様の領域に行ってしまっている人だか
ら、そんな人を相手にしても意味はないし、そうなろうと思っても意味はな
い。人間はあくまで欠陥だらけの動物なのだ。

◇だからこそ、今日の言霊の言うように、自分の弱点を知ることが重要なこ
とで、それは、のちのちの損失を最小限に抑えることになる。

自分の弱点や欠点の自覚が、私たちの将来を補てんすることになるのだ。生
きているうちに冒してしまう失敗を、自分の弱点や欠点を知ることで少なく
することが出来るからだ。

◇自分の弱点や欠点を自覚して生きよう。そうすれば、私たちの失敗は少な
くなっていくだろう。それは、無謀なこと、無理なことを自分で分かるよう
になるからだ。自分を見つめることは、生きていく上で非常に重要なことな
のだ。

2013年07月18日

諺(Proverb)10

「洋の東西を問わず」という表現があります。
世界中の人々は人種、民族や歴史的な背景により、
見た目や言葉そして考え方に違いがありますが、
反面、行動や考え方に様々な共通点があるのも
事実です。
それがこの「洋の東西を…」という表現に表れて
いるのでしょう。

この諺シリーズを通して、私たちの物事のとらえ方との
共通部分も相違部分も紹介し、英語を通して
グローバルマインドも養うヒントになればと思います。

本日の諺は、
Live every day as though it were last. です。
「毎日をその日が最期と思って生きよう」という
意味です。

日本語では、どんな諺に相当するでしょうか。
これを「その日」とせずに、「その機会」として
考えると「一期一会」という諺に似ています。
ご存じの通り、利休に始まる茶道で用いられる
言葉です。
「一期」とは仏教用語で、生まれてから死ぬまでを
意味し、「一会」は人の集まりを意味しています。

ここから、2つの諺を比較すると、
どちらも、「今」最期の機会のようにとらえて
「今」最善の行動をとろう、という点が共通して
いますが、その一方で…、
「一期一会」は他者との関わりの大切さが行動の
源泉にあり、英語の世界では、他者ではなく、
「機会」という環境に出会うことが行動の源泉に
あると考えていると理解できないでしょうか。

(注)上記の諺には仮定法過去形が使われています。
中学英語の文法領域からは離れています。
命令文の応用表現としてご使用ください。
****************************************************
このメルマガの著者、浅井正美の中学英語指導者研修を
以下の日程と内容で開催いたします。
第1回 10月6日(日曜)
・簡単にできるフォニックスルール指導法
・音・語彙・構文が身に付くパターンプラクティス指導法
・会話につながる対話指導
第2回 11月10日(日曜)
・中学生がつまずく文法事項の簡素化指導法
第3回 12月8日(日曜)
・高校入試の変化に対応する文章読解力養成指導法
自由英作文指導法
★会場 東京都品川区大井町きゅりあん
★時間帯:13時15分~16時15分
全回模擬授業での実践指導法をお見せします。
★定員 20名
参加費用 各回  8,400円
     3回  24,000円
****************************************************
○お問い合わせ・申込はこちら!
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
TEL: 045-651-6922

与謝野 晶子

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:与謝野 晶子
+─────────────────────────────────+
特別に女子のためとして創られた書物は、
すべて女子を低能児たらしめる劣等の書である。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇子どもに合わせて作ったものという時、子どもをどう見て、子どものどこ
に合わせて作ったのかということが問題だ。今日の言霊も指摘しているよう
に、ある先入観をもって作られたものは、結局は、最低の結果になるのだ。

◇今日の言霊の時代背景は、性差別の非常に強い時代だったから、与謝野晶
子は、女子を男から見た枠にはめると劣悪になると喝破したが、これは一般
にも当てはまる。

ある先入観を持って配慮したことは、結局その配慮された方の人間を限定し
てしまうために、全く意味がないものになってしまうのだ。いわゆる「こん
なものだ」とわかった風の判断なり配慮が、結局は、他人のためという思い
を裏切ってしまうのだ。

◇安易な妥協や優しさは、自分も含めて相手をダメにしてしまう。ここまで
到達出来て初めて素晴らしいのだと引っ張り上げていこう。そういう思いこ
そ、相手に対する配慮なのだ。

2013年07月17日

ダンテ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ダンテ
+─────────────────────────────────+
汝の道を歩め、人々をしてその言うにまかせよ。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇自分が決心をして、こうやるぞと思ったことを徹底的にやることだ。途中
で誰がどう言おうと、自分が決めた道を必死に歩んでいくことだ。

◇私たちは往々にして、他人の言動に、それも自分のことを評価する言動に
引きずられて、自分の行動を修正してしまうか、辞めてしまう。

他人の評価的な言表に左右され、自分が決断した動機を捨てて、自分の意志
を断念してしまう。誰かに支えられないと不安で仕方がないのだ。

◇しかし、そんなことでは、自分の大きな夢は実現しない。大きな夢とは、
他人にはすぐに理解できないものだ。だから、まずは一人で決断して、進ん
でいくことだ。

その途中で不安になっても、揺れてはダメだ。他人がどうのこうのと言った
ところで、自分の人生を肩代わりしてくれるわけではないのだ。

だから、自分の道を進むことだ。自分がこうしたいと思ったことをやること
だ。後悔しないために。なぜならば、たった一度の人生だから。

2013年07月16日

ルター

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ルター
+─────────────────────────────────+
希望は強い勇気であり、新たな意志である。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+


◇人間だけが未来に期待する動物だ。つまり、人間だけが今だけに拘束され
る動物ではないということだ。どういうことかというと、人間は今という状
況を受け止めて、未来はこうしたいと意志を持ち、その意志を実現しようと
今を超え出る営みをする動物だということだ。


◇なぜならば、人間だけが未来に向かって生きていくことが出来るからだ。
動物は今を必死に生きているだけだが、人間は未来にはこういう人間になっ
ていたいと意志を持って生きることが出来る。そういう意志を希望と呼ぶ。
つまり、人間のみが希望を持っているということだ。


◇だから、私たちは希望を捨ててしまってはダメなのだ。人間として生きて
いこうとする限り、希望をもって生きていくことだ。未来に向かって意志を
持つことだ。その意志が、私たちを幸せに導いてくれる道標だ。

☆ 過去と子どもは変えられない! ☆

** 今週のテーマ ************************

☆ 過去と子どもは変えられない! ☆

**********************************

もうすぐ子どもにとっては楽しみな夏休みです。そして、その前に立ちはだ
かるのが学校の通知表です。


母:「何なのこの成績は!だから勉強しなさい!って、あれほど言ったでしょ
う。どうするの?こんな成績じゃ、高校なんて行けなわよ!今年の夏は旅行
も中止ね。」

お母さんとしては、このように言わなきゃいられない気分になるかもしれま
せんね。互いにしばらくの間、気まずい雰囲気になりそうです。

さて、結果は、過去の成果です。過去はどうしても取り返すことが出来ませ
ん。取り返すことが出来ないことを話題にして子どもとの関係を悪くしたの
では、全く得るものはないのです。

過去は変えられません。そして、変えられるものは、未来と、親自身の態度
だけなのです。以下は、未来を変えようと、親自身の態度を変えた会話例です。

母:「欠席が全くないわね。1学期中、健康でよかったわ」

子:「まあね・・・」

母:「自分の成績を見て、どう思う?」

子:「よくない」

母:「そう全体としては良くないって感じているんだ。逆に良いところは何処?」

子:「国語がんばった」

母:「なるほど。国語の成績は確かに上がっているし、先生もあなたの漢字の
努力を認めてくれているわね。他には?」

子:「数学はあがるかと思ったけどあがらなかった」

母:「がんばったのに、ちょっと悔しい感じね。今度はどんな成績だったら
うれしい?」

子:「国語は、このままで、数学を上げたい。できたら英語も上がったらい
いな」

母:「漢字を頑張って国語の成績を上げられたのだから、少し時間をかけたら
数学も英語も上がると思うわ。仮に上がらなかったとしても、上がるって思
えるだけの勉強はしてほしいな」

子:「うん頑張る。でも何したらいいんだろう?」

母:「そう良かった。それじゃ、まず学校の宿題は何があるか書き出して、
いつごろまでに終わらせるか決めてみて、それから1学期の中間テストと期
末テストを100点が取れるまでやってほしいな。部活もあるから大変だけど
塾の宿題も必ずやってね。」

子:「わかった」

母:「今年の夏も暑そうだけれど、お互いに仕事と勉強がんばりましょう。
お母さんはあなた達とみんなで旅行に行けるのを楽しみにしているのよ」

子:「僕もだよ。早めに宿題終わらせよう~と」


皆さんの家庭で親子ともども楽しく充実した夏になりますように・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年07月15日

モンテーニュ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:モンテーニュ
+─────────────────────────────────+
運命は、我等を幸福にも不幸にもしない。
ただその材料と種子とを我等に提供するだけである
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇採用面接をしていると、面白い人たちと出会う。高学校歴の人でも、劣等
感を感じ、自分をダメにしている人がいるのだ。逆に、低学校歴の人が、卒
業した学校なんかに全然こだわらず、自分の道を自信を持って進んでいたり
する。

どうして東大卒業の人が、そんなところに劣等感を抱くのだろうと思う時も
あるし、どうしてこんな大学しか出ていないのに、自信満々に多くのことを
語るのだろうと思う時もある。人間は、自分が依って立つ基準によって全く
自己評価が違ってきてしまうのだ。

◇人間は、どんな状況を生きていても、結局は自分がどういう意味をその状
況からくみ取って生きていくかにかかっているのかもしれない。恵まれた環
境でも、恵まれない環境でも、人は自分自身でその環境を材料にして、色々
なことをし、色々な意味を力に変えて、自分を形成していくものなのだ。

◇だから、今日の言霊も言うように、自分が幸福を選ぶか、不幸を選ぶかな
のだ。誰かから押し付けられた幸福も不幸もないのだ。自分が自分の意志で
環境から材料をもらって、幸福になるか、不幸になるかなのだ。

なんで俺は不幸なんだろうと嘆くのではなくて、何で俺は幸福になろうとし
ないんだろうと振り返ることだ。

2013年07月12日

マーク・トウェイン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:マーク・トウェイン
+─────────────────────────────────+
アダムはリンゴがほしかったから食べたのではなかった。
禁じられていたからこそ食べたのだ。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇人間は、禁じられれば禁じられるほど、その命令を破りたくなるものだ。
「やってはいけない!」と禁止されれば、ついついやってみたくなるものだ。
今日の言霊も言うように、それが、人間の性なのだ。

◇なぜそうなのか。それは、人間が過剰だからだ。自然からはみ出してしま
った人間は、すべての命令に対して自由になってしまったのだ。

自然界からの命令に対して、人間だけは、その命令を聴くことはない。いや、
聴くことが出来ない。はみ出してしまった人間は、自分の命令にのみ従って
生きていけるからだ。

◇今日の言霊から学ぶことは一つだ。それは、自分の意志で自由になった人
間は、その行動の結果を自分自身で負うということだ。

自然界からの禁止命令を破った人間は、その意識的な行動の結果として楽園
を追われたのだ。このことを自覚して、私たちの自由意志を行使することだ。

教員の質は、採用試験で決定する!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
『今日のテーマ』

教員の質は、採用試験で決定する!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

教員免許失効隠して応募、小学校で担任…神奈川
【読売新聞7月11日】


○神奈川県相模原市教育委員会は10日、臨時的任用教員として今年4月か
ら同市南区の市立小学校で勤務していた女性(44)(同市在住)が、教員
免許の失効を隠して採用されていたと発表した。市教委は同日、4月に遡っ
て女性の任用を無効とした。

○市教委によると、女性は福島県で教員免許を取得後、同県教委から、職務
遂行に支障のある場合が対象となる分限免職処分を受けた。

 
○2012年4月、採用志願書などの職歴欄に処分歴を記入せず、埼玉県教
委に正規教員として採用されたが、虚偽記載が発覚して同年10月に懲戒免
職となり、免許も失効した。その際、教員免許状は「紛失した」と同県教委
に説明し、返納していなかったという。

 
○女性は今年2月、相模原市教委の臨時的任用教員に応募。福島、埼玉両県
での処分歴を隠した上、資格証明書として教員免許状を提出。4月1日に採
用され、4年生の担任をしていた。
 

○今月1日、女性の指導力などに疑問を感じた同僚教諭がインターネットで
名前を検索したところ、埼玉県のホームページに掲載されている女性の処分
情報を発見。市教委は同県教委などに事実関係を確認し、3日付で女性を自
宅待機とした。

 
○教員の懲戒処分情報は、全国の教育委員会で共有する仕組みがあるが、市
教委は「免許状の実物が提出されたため信じてしまい、情報との照合を怠っ
ていた」と釈明。女性については、有効な免許を持たずに教員になったなど
として、教育職員免許法違反容疑などで刑事告発を検討するという。
 

○今回の事態を受け、市教委に登録されている臨時的任用職員と非常勤講師
計約1700人についても確認したが、同様の問題は見つからなかったという。


---------------
私のコメント
---------------

◇私が、私立中高の理事をしていた時に、教員の採用を企画し、その選考過程
を作り、すべての採用試験に立ち会った。採用の選考は、学科試験、面接試験、
模擬授業の3過程で、面接は、2次まで行った。新卒から現役教師までの応募
者に対して、この過程を経て、合否を決定するので、今回のようなことは起こ
らなかった。

指導力が全くない人は、模擬授業と面接でわかるからだ。また、
精神的にタフかタフではないかもある程度、面接と模擬授業でわかるので、そ
ういう意味でも、変な人間を採用するリスクは大幅に減った。


◇今回の事件も、多分、面接をしっかりしていれば、防げたかもしれないし、
模擬授業を試験に加えていれば、指導力をもっと具体的に見られたかもしれな
い。また、教員の免許の番号照合は、必ずするべき事項だ。なぜならば、教員
の不祥事がこれほど多いからだ。


◇今、就活で苦労している多く学生は、何に苦労しているのかといれば、採用
面接という大きな関門だ。ここに企業は大きなウエイトを占めている。なぜな
らば、応募者のコミュニケーション能力が見られるからだ。これは、実は教員
の採用でも重要なことだ。ここをしっかり見ないような面接では意味がない。
実は、試験官にもこのコミュニケーション能力が問われるが、それも含めても
う一度教員採用についてしっかり考えることだ。そうしなければ、教員の質は
向上しないと思う。


+─────────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+─────────────────────────────────+

2013年07月11日

諺(Proverb)9

日本語には「以心伝心」という言葉があります。
仏教、特に禅宗の用語で
「言葉や文字を借りず、
師の心から弟子の心に
伝える」という意味です。

言葉で意味を伝えることを重視している
「英語の世界」では、言葉を介さずに
意志を伝えることはないのではないかと思い、
これに相当する諺を探しましたが、解説表現はあっても、
直接この意味と同義の諺は今のところ見つかりません。
やはり、明確に相手が理解するまで、
言葉を用いてしっかりと意味を伝えるのが、
英語文化の特徴なのでしょう。

ただし、言葉と同じかそれ以上に効果的に
意志を伝える方法があるのは、英語圏でも共通なようです。

その諺がこれです。

The eyes have one language everywhere.
(目には共通の言葉がある)

日本語では、「目は口ほどに物を言う」という表現に
当たる諺です。
どこの世界でも、目(心)が語っていることが
相手に伝わるので、気持ちを込めて心から伝えよう。
虚言は見抜かれますし、誠意ある言葉も目が伝えますよ。
ということですね。
コミュニケーションでは
相手の目を見て(相手に自分の目を見せて)伝えることが
大切なのです。

****************************************************
このメルマガの著者、浅井正美の中学英語指導者研修を
以下の日程と内容で開催いたします。

第1回 10月6日(日曜)
・フォニックスルール指導法
・パターンプラクティス指導法
・会話につながる文法指導
第2回 11月10日(日曜)
・生徒がつまずく文法事項とその簡単指導法
第3回 12月8日(日曜)
・入試に役立つ文章読解力養成指導法・自由英作文指導法

★会場 東京都内(会場未定)
★時間帯:1時15分~4時15分
全回模擬授業での実践指導法をお見せします。
★定員 20名
参加費用 各回  8,400円
      3回  24,000円
****************************************************
○お問い合わせ・申込はこちら!
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
TEL: 045-651-6922

パスカル

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:パスカル
+─────────────────────────────────+
人間の偉大は、彼が自己の悲惨を知っている点において偉大である。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇人間が他の動物と違い際立って素晴らしい点は、自己を客観的に見つめ、
その自己を客観的に受け入れようとするところだ。それは、主観と客観が人
間自身の中に組み込まれているということだ。この点が、他の動物とは圧倒
的に違う点だ。

◇だから人間は、自分自身の欠点も弱点も知っていることになるが、しかし、
その欠点も弱点もなかなか見つめられるというものではない。

今日の言霊の言うように、自己の悲惨さを知ることが偉大なことだとすれば、
人間は、その可能性があるというだけで、なかなかその悲惨さを自分で真正
面から引き受けることが出来ない。

◇私たちが自分自身を偉大の領域まで持っていくためには、自己の悲惨さを
引き受けることだ。自分のすべてを受け入れることだ。それなくしては、偉
大な領域には行けない。ぜひ、自分自身のすべてを引き受けよう。そう努力
しよう。

2013年07月10日

ジョゼフ・アディソン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ジョゼフ・アディソン
+─────────────────────────────────+
人間は笑うという才能によって、他のすべての生物よりすぐれている。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇人間が笑う時は、どんな時だろうか。一つは、愉しい時、うれしい時だ。
もう一つは、文脈が突然変わって、面白い時、おかしい時だ。そして最後に、
自分の本心を隠したい時、誤魔化したい時に、人間は笑う。

◇動物の感情は、基本的に怒りと恐怖と安心だ。人間はそれに加えて、悲し
みだったり、不信だったり、喜びだったり、様々な感情がある。それを表す
のに、泣く、叫ぶ、怒るだけではない足りないものだ。そこで発達したのが、
笑うという表現形態だ。

◇笑うことで、自分の心が和む場合も、場が和む場合もあれば、場が白ける
場合も、みんなが不快になる場合もある。皆さんの笑いは、どういう場合に
出るのだろうか。できれば、自分も含めた皆を元気にする場合に笑いたいも
のだ。

2013年07月09日

アインシュタイン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:アインシュタイン
+─────────────────────────────────+
すべての人は、目には見えない笛吹きの曲にあわせて踊っている。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇人間は何に踊らされているのだろうか。一番有名な説は、リチャード・ド
ーキンスの「利己的遺伝子」説だ。私たちは遺伝子に操作されながら、その
遺伝子が生き残るように動かされている。一生懸命人間が生きるのは、遺伝
子が人間を操って、優秀な遺伝子を各世代へとつなぐためだという説だ。

◇私は科学者ではないから、この説が正しいのかどうか判断が付かないが、
確かに人間は何かによって生かされているなと思う時がある。自分の意志と
は違うところで、何かが動いているなと思う時がある。

人間は全知全能の神ではないから、すべてをお見通しなわけではない。だか
ら、今日の言霊の指摘のように、目には見えないものに踊らされているとし
ても不思議ではない。

◇それでは何に踊らされているのだろうか。できれば私は、自分以外の人間
に踊らされてしまうのだけは御免こうむりたい。自然法則や宇宙の原理に踊
らされるなら、まあ、我慢しよう。そして、どういう曲で踊っているのかは、
知りたい気がする。皆さんは、誰に、どんなことに踊らされているだろうか。

生徒を集める室長養成セミナー 第3回

■2013年7月7日に開催された、
第3回生徒を集める室長養成セミナーの参加者アンケートの集計をご報告致します。

学習塾の教室長・室長候補者の方を対象とした、
中土井流集客術を学ぶ「生徒を集める室長養成セミナー」、
第3回目は「教務をマネジメントする」というテーマで実施いたしました。

大変人気のセミナーで、お席を増やしての実施となりました。


★参加された皆様のご意見を一部抜粋して紹介させていただきます。★

%E7%AC%AC4%E5%9B%9E%E5%AE%A4%E9%95%B7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%91.png
%E7%AC%AC4%E5%9B%9E%E5%AE%A4%E9%95%B7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%92.png
%E7%AC%AC4%E5%9B%9E%E5%AE%A4%E9%95%B7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%93.png
%E7%AC%AC4%E5%9B%9E%E5%AE%A4%E9%95%B7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%94.png
%E7%AC%AC4%E5%9B%9E%E5%AE%A4%E9%95%B7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%95.png


受講して頂きました先生方誠にありがとうございました!!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

次回は9月8日(日)、テーマは「保護者をマネジメントする②」です。
各回ごとにお申込みが可能ですので、ご希望の方はこちらをご覧ください!
http://www.management-brain.com/2013/kyousitucho.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2013年07月08日

本田 宗一郎

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:本田 宗一郎
+─────────────────────────────────+
一番必要なものは弾力性のある見方、物の考え方であり、アイデアである。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇人間は、固定的に物事を見てしまう傾向がある。自分固有の視点があって、
その視点にそって物事を見てしまうのだ。

だから、いつもとは違う状況になるとすぐには対応できない。人間の物の見
方はなかなか軌道修正出来ないものだ。

◇だからこそ、今日の言霊も言うように、柔軟性のある見方、考え方が重要
なのだ。そして、そうだからこそ、新しいアイデアが生まれるのだ。

自分固有の固定的な視点を動かしてみることが出来れば、物事は違って見え
る。意識的に視点が動くことが大切なことだ。

◇実は、すべての物事はそれを見る人間の視点によって意味が違ってくるも
のだ。視点を意識的に動かすことを私たちは、いつも心がけよう。弾力性の
ある見方は、自然とできるわけではない。自分の意識がそれを行うのだ。

2013年07月06日

「言ってみる」


** 今週の元気の素 ********************

■  生きるヒント

「言ってみる」

*******************************

━━━━━━━━━━
●ひとくち解説
━━━━━━━━━━

Aさん:「見てください。こんなに集まったんですよ!」

私は、清涼飲料水についている20枚程度のシールが貼付された台紙
を見せられました。

私:「何かもらえるの?」

Aさん:「○○枚集めると、タンブラーがもらえるんです」

Aさん:「今から楽しみなんです」

もう、シールで満たされた台紙をイメージしているのか、既にタン
ブラーを手にしたところをイメージしているのか。取らぬ狸の何と
やらのニコニコ顔でした。

さて、しばらくすると、Aさんのまわりに、
「そのシールなら何枚かあるよ」
「ハイ。これ!」
とシールを持った人が集まるのです。Aさんにとっては、大切な
シール。他の人にとってはただのシール。そして、「Aさんが喜ぶ
なら」とみるみるうちにシールが集まるのです。

私も思わず、お店でそのシールをみかけ、初めてその商品を購入し、
勿論シールはAさんに渡しました。

先日、久しぶりにAさんに会うと、「ありがとうございました。こ
んなに集まりました」と笑顔で伝えられました。Aさんが一人で集
めると、軽く1万円は超えていたはずです。

しかし、皆さんの協力で三分の二程度の費用で、収集期間も三分の
二で済んだのです。

ただ、自分が何者か?自分は何をしているか?表現するだけで、コ
ミュニケーションの機会になり、もしかしたら協力者を得られるか
もしれません。

「こんなこと言ったら・・・笑われる。馬鹿にされる」という不安
もありますが、言うことで得られるものも大きそうです。

〈読者様からのご意見〉
先週のメルマガについて、読者様から次のようなご意見を頂きました。

「今日のお話、Bさんの立場でも書いて下さい。

最近はAの立場、弱っている人の権利ばかりが叫ばれ、周りは気を
遣い気を遣い、一つのミスも犯さぬことが望まれています。

Bの気持ち、Bの権利は蔑ろにしていいんでしょうか?
それではAが病気になるかBが病気になるかの違いしかありません。

Aのように自分は優しくされて当然、特別扱いをされて当然と考え、
少しでも気に入らなければ相手を罵倒するような人が多い気がします。


AB両者とも相手を思いやる必要があるということを、もっと広めて
いただきたいです。」

ご意見ありがとうございました。参考にさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆★☆ 後書きのような ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週はじめ、岡山からうれしいニュースがありました。
3歳児に対する生体肺移植手術の成功です。小さな命が救われることは
本当にうれしいものです。希望が湧いてきます。それぞれの専門家の
努力で不安を幸せに変えられる世の中にしていきたいものです。

+───────────────────────────────+
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+───────────────────────────────+

2013年07月05日

リルケ

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:リルケ
+─────────────────────────────────+
この世のことはどんなに些細なことでも予断を許さない。
人生のどんな小さなことも、予想できない多くの部分から組み合わされ
ている。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇私たちの現実は、実は非常に多くの要素から成り立っている。今私は、新
幹線でこのメルマガの文章を書いているのだが、パソコン、USB,椅子の
背にあるテーブル、そして、私が座っているイスを支える新幹線の数々の部
品など、言い表せないぐらい多くの要素に支えられて、作業をしているのだ。

◇目に見えるものは目に見えないものが支えているといっても良い。そうい
う連鎖で人生は成り立っている。だから、どんなに小さなことでも、その小
さなことを支えている数々の要素があるのだ。

だとすれば、その小さなことを粗末にするということは、その奥で支えてい
る数々のものを粗末にするということと同じだ。そう考えれば、どんな小さ
なことでも粗末にはできないはずだ。

◇「神は細部に宿る」のだ。細部も大切にすることだ。大枠や大きなことだ
けでは人生は成り立たない。大枠や大きなことを支える小さなことまでしっ
かりやることだ。人生にとって、小さなことなんか一つもないと決めること
だ。人生を大切にしよう。

2013年07月04日

諺(Proverb)8

<今日の諺>
Never put off until tomorrow what you can do today. 
という諺があります。

関係詞whatが使われていますが、
新学習指導要領から、中学でも紹介が可能になりました。

「今日できることは明日に回してはいけません。」
という意味です。
日本語でも
「今日の仕事を明日に延ばすな」という諺がありますね。

今日できるのに、「明日やればいいさ。」と言って、
先延ばしにし、結局はできなかったり、
やらなかったりしたことがありませんか。

そのことを戒めている諺ですが、
この諺も東西変わらず、人は億劫なことや
面倒なことを先延ばしにする傾向があるのでしょう。

Tomorrow never comes. 
これも同じ意味で使われています。
「明日は決して来ない」と言うことですが、
「明日やろう」の明日はこないので、
結局はいつやるの?ということです。

その意味で考えると、
流行中の言葉「今でしょ!」を英語では
Tomorrow never comes.と訳しても
良いのかもしれませんね。

Do it now!
It’s high time.
Not now, then when?
など「今でしょう」と訳される英語表現に
含蓄がある一言として加えては
いかがでしょう。

****************************************************
このメルマガの著者、浅井正美の中学英語指導者研修を
以下の日程と内容で開催いたします。
第1回 10月6日(日曜)
・フォニックスルール指導法
・パターンプラクティス指導法
・会話につながる文法指導
第2回 11月10日(日曜)
・生徒がつまずく文法事項とその簡単指導法
第3回 12月8日(日曜)
・入試に役立つ文章読解力養成指導法・自由英作文指導法
★会場 東京都内(会場未定)
★時間帯:1時15分~4時15分
全回模擬授業での実践指導法をお見せします。
★定員 20名
参加費用 各回  8,400円
     3回  24,000円
****************************************************
○お問い合わせ・申込はこちら!
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
TEL: 045-651-6922
***************************************************

フランシス・ベーコン

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:フランシス・ベーコン
+─────────────────────────────────+
冗談に本気を混ぜて変化をつけるのは、よいことである。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇冗談だけでも、真剣だけでも人生は息苦しい。だらだらと緊張感のない人
生もつまらなければ、生きるか死ぬかをいつでも強いられる緊迫した人生も
これまたつまらない。緊張しなければならない時に緊張し、弛緩しても良い
時にゆっくりしている、そんなメリハリが人生では必要だ。

◇今日の言霊も言うように、冗談とも本気ともつかない表現で受け手の気持
ちを真剣にも気楽にもさせるというのは、大切なことだ。真剣に言っただけ
では怖さが生まれるかもしれないが、冗談のようにも受け取られれば、気楽
さも生まれ、やりやすくなるからだ。

◇人生という場をどうするか。私たちは、いつでも考えなければならないこ
とだ。メリハリの利いた生き方を目指そう。冗談とも本気ともつかないよう
な大きな考えを、私たちは楽しむことだ。そうすれば、真剣だけど楽しい生
き方が出来るはずだ。

2013年07月03日

井原 西鶴

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:井原 西鶴
+─────────────────────────────────+
人間は、欲に、手足の付(つい)たる、物そかし。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇人間には、動物にはない欲望がある。動物は、本能に縛られているから欲
求はあるが、それ以上の欲望はない。欲求が満たされれば、動物はそれで満
足するのだが、人間は本能が壊れているから、さらに欲求以上の欲望を持っ
ているのだ。

だから、欲求が満たされても満足するわけではない。お腹を一杯にすれば動
物はそれでよいが、人間はお腹を一杯にすることだけでは満足しない。何を
食べてお腹を満たすか、どんなところで食事をするか、誰と食事をするか、
そんな余計なことをすべて満たして初めて満足が生まれる。これは、欲求で
はなく欲望というものだ。

◇今日の言霊が言う「欲」とは、欲望のことだ。人間は欲望の塊だというの
だ。最低限のものを獲得するのでは満足しない人間は、次から次へと自分の
望むものをエスカレートさせて、どんどん欲望を拡大させていく。強欲な動
物が、人間なのだ。

◇これが人間の本性だとすれば、私たちはよくよく自覚しなければならない。
そして、動物がしているように、足るを知ることを自覚的に行っていかなけ
ればならない。なぜなら、欲望にはきりがないからだ。

このきりのない欲望に身を任せていては、有限な存在である人間は不満足な
まま死んでいくしかなくなってしまう。そんなつまらない人生の終わり方は
しない方が良い。

2013年07月02日

シュテファン・ツヴァイク

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:シュテファン・ツヴァイク
+─────────────────────────────────+
不幸のうちに初めて人は、自分が何者であるかを本当に知る。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇人間は、どんな時に大きな影響を受けるのか。それは、大きな力を受けた
時だ。特にマイナスの力を外界から受けた時に、大きな影響を受けるのでは
ないか。

今日の言霊が言うのもそういうことだ。不幸を自覚した時に、人間は自分と
は何ぞやと振り返り、自分自身の存在を探り、その存在に意味を見出して、
不幸を克服していくものだ。そういう意味では、不幸が契機になって、自分
を見つめ直し、規定し直し、再構成して、自分自身を創造していくのだ。


◇だから、不幸になることは、人生の否定ではないのだ。自分の人生にとっ
て、非常に有益な状態が不幸なのだ。もっと言えば、人生を肯定する契機と
なるものだ。

一体、この自分はなんだったんだ!?と自分の存在に自分自身でノーという
契機として不幸があるのだ。しかし、そのノーは、必ずイエスとなって、自
分に向かう。それは、自分を、人生を、肯定することになる。そんなきっか
けが不幸だ。


◇私たちは、不幸を避けてはいけない。不幸を受け入れなければならない。
そこからしか、再スタートは切れない。人生のすべてを受け入れるところか
ら、第2のスタートがあるのだ。

☆ 子どもに自分自身を語ってもらおう! ☆

** 今週のテーマ ************************

☆ 子どもに自分自身を語ってもらおう! ☆

**********************************

◇子どもに自分のことを語ってもらったことがあるでしょうか。

 母親:A君、あなたってどんな子どもなの?

 A君:えっ?そんなの知らないよ。


 母親:A君って、学校では元気がいいって、先生が言ってたよ。

 A君:元気がいいかな。


 母親:部活とか頑張ってるんじゃない。あとは、どんなことがある?

 A君:あと?別にないんじゃない。


 母親:A君が、好きなことは何?やってて面白いなって思えることは何?

 A君:なんだろう?学校の奴らと遊ぶことかな。


 母親:嫌いなことはある?

 A君:えっ?嫌いなこと? 勉強かな!


 母親:牛乳もでしょ。

 A君:怒られるのも・・・。


◇たまには、こんな会話を子どもとしてみたらどうでしょうか。子どもの思
っていることをドンドン引き出して、子どもが思っていることを共有してみ
てください。

◇子どもが母親に理解されていると感じれば、子どもは安心するはずです。
たまには、子ども自身のことに興味を持って、正面から見つめてみてはどう
でしょうか。ちょっと、心が和む時間が作れるかもしれません。

『子どもに自分自身を語ってもらおう』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔個別指導塾の高校部の創り方教えます(福岡会場)〕開催

弊社主催『個別指導塾集客実現セミナー』
〔個別指導塾の高校部の創り方教えます〕が6月30日
福岡会場で催されました。

mbafukuoka.jpg

盛況のうちに幕を閉じられたこと、受講者の皆様、
協賛企業の皆様に感謝申し上げます。

★アンケートの集計をご報告いたします★
%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95.png

☆皆様のご感想を一部、紹介させていただきます!!☆
ank2.png

ank1.png

ank4.png

ank3.png

ank5.png

ank6.png

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
東京、大阪、福岡で、第2回の開催が決定いたしました!
テーマは「入塾率アップ!入会面談・体験授業法」です。
詳しくはコチラまで
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.management-brain.com/2013/koukoubu.html
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2013年07月01日

デカルト

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:デカルト
+─────────────────────────────────+
より困難なものを、より美しきものと見ること、
これが人類の通弊である。
+─────────────────────────────────+

■ 考えるヒント
+─────────────────────────────────+
◇今日の言霊には、色々な読み方があるかもしれない。

自分が挑戦しようとするものが困難であればあるほど、素晴らしいものに見
えてくるとか、自分では理解できないものについて、素晴らしいものだと勘
違いして、変なものを崇めてしまうとか、理解不能なものを大切にしてしま
うとか、そんな解釈がこの言霊には出来るかもしれない。


◇私は、久しぶりにこの言霊を見たのだが、今は、より困難なものを困難な
まま崇めないで、シンプルにして考えてみることが人間には求められている
のだなと思ったのだ。「人類の通弊」をやめようと思ったのだ。


◇複雑で困難な問題をそのままにしておかないで、その問題を自分サイズに
分割して考えてみることは、デカルト的には、非常に重要なことだと思う。

二元論の元祖であるデカルトだけれど、今またデカルト的な思考が必要な時
かもしれないと私は思う。

塾の起業、経営に役立つMBAのメルマガへの登録はこちらから

MBAをお気に入りに追加する 塾経営のサクセスネットMBAのホームページはこちらへ

カレンダー

2013年09月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
塾の起業、塾経営についてお電話ください。045-651-6922まで。