塾経営、塾の起業コンサルタントが語るブログのトップへ戻る

2013年03月27日

「選ぶ」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「選ぶ」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「何物かを選ぶことは、他の一切を捨てることである」。

ギルバート・ケイス・チェスタートンの言葉です。
(「ブラウン神父」シリーズを私も学生時代に読みました)
「選択する」ということの本質を実に見事に捉えていると思います。

続きを読む "「選ぶ」" »

2013年03月20日

「桜」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「桜」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

まだ3月も20日になっていないのに、東京では、
先日、桜の開花宣言がありました。


いったいどうしちゃったんだよ、予定が狂っちゃうよ、
とお花見の計画を前倒しにしている方も多いのではないでしょうか。

続きを読む "「桜」 " »

2013年03月13日

「笑顔」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「笑顔」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


生来のひねくれ者のせいなのでしょうが、
「それってホントかなぁ」とふと思ってしまうことが時折あります。


最近もまた思ってしまいました。
それは「日本の子どもの笑顔とは違って輝いている」です。

続きを読む "「笑顔」" »

2013年03月06日

「10の指針」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「10の指針」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

先日、面白いものを見つけたので、ご紹介します。


「勝者(賢者)と敗者(愚者)分ける10の指針」というもので、
もともとは、米スタンフォード大学の学生が運営している
ホームぺージ上にアップされていたもののようです。

続きを読む "「10の指針」" »

2013年02月27日

「夢は叶う!?」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「夢は叶う!?」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

塾のチラシをパラパラと眺めていて、あるチラシに目が留まりました。
そのチラシのキャッチコピーにはでっかくこう書いてありました。

「夢は叶う!」

続きを読む "「夢は叶う!?」 " »

2013年02月20日

「雪が降る」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「雪が降る」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

この原稿を書いている現在、窓の外では雪が降っています。


2~3回降ったぐらいで「また雪か!」なんて言うと、
北国の方々に怒られそうですが、「また」と言いたくなるぐらい
今年、首都圏では雪が降っている印象があります。


続きを読む "「雪が降る」" »

2013年02月13日

「子供はなぜ走るのか」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「子供はなぜ走るのか」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

子供が猛ダッシュで走る映像を
テレビで見ていたヨメがボソっと言いました。

続きを読む "「子供はなぜ走るのか」 " »

2013年02月06日

「海外の日本人」(後編)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「海外の日本人」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

海外の事件・事故における報道と
スポーツ報道における日本人選手の報道について論じています。
その続きです。

続きを読む "「海外の日本人」(後編)" »

2013年01月30日

「海外の日本人」(前編)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「海外の日本人」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


海外の事件・事故がテレビ、新聞等で報道されると、
「日本人の安否は・・・」「日本人の犠牲者は・・・」など、
その場に「日本人」がいるかどうかということが必ず言われます。

続きを読む "「海外の日本人」(前編)" »

2013年01月23日

「ありがとう」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「ありがとう」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


先日のちびっ子書道教室にて。


僕が例によってつまんない冗談か何かを言ったら、小3のカリンちゃんが、
「つまんない」って感じで、眉間にシワを寄せ、唇をトンガらせました。

続きを読む "「ありがとう」 " »

2013年01月16日

「積雪に思う」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「積雪に思う」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

14日の成人の日。各地で大雪が降りました。
ここ横浜でもかなりの積雪でした。


着物を着て、成人式へ出かける新成人の方たちは、
さぞ大変だったことでしょう。

続きを読む "「積雪に思う」 " »

2013年01月09日

「100円か千円か」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「100円か千円か」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

こんなクイズがあるのをご存知でしょうか?

---------------
ある人がA君に千円札と100円玉を見せて、言いました。

「どっちか好きなほうをお前にやるよ」
(あなたなら、どっちを選びますか?)

続きを読む "「100円か千円か」" »

2013年01月01日

「書き初め」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「書き初め」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


毎年、元日には、1年の目標を具体的に書きます。

全てとは言いませんが、書いて貼っておくだけで
結構な割合で目標が達成されるから不思議です。

続きを読む "「書き初め」" »

2012年12月26日

「サンタクロースなるもの」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「サンタクロースなるもの」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

先日のちびっ子書道教室にて。


「先生のプレゼントもサンタさんにお願いしといて」
と戯れに言ったところ、
「手紙書いたら来るよ、先生も書けば!」という流れになり、
その場で、オッサンの僕もサンタさんに手紙を書くこととなりました。

続きを読む "「サンタクロースなるもの」 " »

2012年12月19日

「名前」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「名前」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

あるサイトのお問い合わせフォームに
入力しようとしていたTさんがぼそっと一言。

「名前のフリガナの入力って平仮名とカタカナがあるけど、
どう違うんだろ。まぁ、どっちでも一緒か」

続きを読む "「名前」" »

2012年12月12日

「良い子」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「良い子」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

街を歩いていても、クリスマスイルミネーションが目に付く季節です。
日本の子供たちの多くが、サンタクロースへのお願いで
頭がいっぱいになっているのではないでしょうか。


続きを読む "「良い子」 " »

2012年12月05日

「制限」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「制限」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最近、ある人から送られてきたメールに
「時間は作るものだと考えております」という一文があり、
とてもお忙しい方なので、その発想はとてもスゴイなぁと思いました。

続きを読む "「制限」" »

2012年11月28日

「居場所」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「居場所」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

僕がちょっと惹かれるフレーズに「大人の隠れ家」があります。
誰にも知られずにひっそりと、自分だけの空間を満喫する。
その場にいるだけで贅沢な時間が過ごせそうです。

続きを読む "「居場所」 " »

2012年11月21日

「無意識」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「無意識」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

子供は、大人が書けないようなとても素晴らしい創作の「書」を書きます。

続きを読む "「無意識」" »

2012年11月14日

「真似る」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「真似る」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

知り合いから聞いたお話しです。
その男性を仮にAさんとしておきましょう。


続きを読む "「真似る」 " »

2012年11月07日

「人を外見で」(後編)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「人を外見で」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


前回、「人を外見で判断するな」に対する僕の意見を書きました。
「人を外見で判断するな」に関しては、そのとおりだと思います。
僕はなるべく外見で判断しないようにしたいと思っています。


続きを読む "「人を外見で」(後編) " »

2012年10月31日

「人を外見で」(前編)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「人を外見で」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「外見で人を判断しないでほしい」という知人の若い女性がいます。
以前、いろいろと嫌な思いをしたのかな、と察せられます。


続きを読む "「人を外見で」(前編) " »

2012年10月24日

「達成感」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「達成感」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

書道教室では、毎月、清書を提出します。
お手本練習をした成果を、清書という形で一枚提出し、
その出来で昇級が判断されます。

続きを読む "「達成感」 " »

2012年10月12日

「競争」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「競争」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

競争。
あなたはどんなイメージをお持ちですか?

続きを読む "「競争」" »

2012年10月03日

「米」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「米」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

僕のような凡人が、平々凡々と暮らしていると、何の変化もなく、
「ただ、いっさいは過ぎていきます」という文言がまさにぴったりですが、
それでも、普段は気付かない「なぜ?」に気付く瞬間もあるわけで。

続きを読む "「米」 " »

2012年09月28日

「ライバル」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「ライバル」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「4年生にもなって泳げないのはちょっとね・・・・」と
小4のコウイチ君が言います。

続きを読む "「ライバル」" »

2012年09月19日

「世界新」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「世界新」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

15日の岐阜国体で、鹿児島の志布志高3年生、山口観弘選手が200
メートル平泳ぎで世界新記録を出しました。

続きを読む "「世界新」 " »

2012年09月12日

「質問」(後編)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「質問」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

前回は、通信添削をされている女性の方から伺った、
答案で子供達がする「質問コーナー」の質問の「幅」が狭い
ということをお伝えしました。


僕にも似たような経験があります。
書道教室の小2のちびっ子が可愛く僕に聞くのです。

続きを読む "「質問」(後編) " »

2012年09月05日

「質問」(前編)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「質問」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

学習塾以上に、勉強している子供たちの数が多いのが「通信添削」です。

通塾するとなると、送り迎えの必要も出てくる家庭もありますし、
価格も塾に通うよりも安いです。

続きを読む "「質問」(前編) " »

2012年08月29日

「ダンス」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「ダンス」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ダンスを習う子供たち、ではなく、ダンスを習う先生たち、
数ヶ月前ですが、何かのテレビニュースで見ました。


新学習指導要領で、中学生の体育の授業で「ダンス」と「武道」が
必修化されたからです。

続きを読む "「ダンス」 " »

2012年08月22日

「寝る」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「寝る」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

背中を若干丸めて右向きに横たわる。あわせて足もくの字に曲げる。
両手は胸のあたりでやはり曲げる感じで。


これ、僕の寝る時の体勢です。この形が一番落ち着いて寝られます。

続きを読む "「寝る」" »

2012年08月16日

「再会」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【ある日の教室】作者:荒木崇 Vol.502
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「再会」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

教え子のN君が久しぶりに訪ねてきてくれました。
なんと、N君、先日30歳になったとか。そりゃ、僕も歳をとるわけです。

続きを読む "「再会」" »

2012年08月08日

「正々堂々」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「正々堂々」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

寝不足の人も多いことでしょう、ロンドンオリンピック。僕がとっても
気になったことが一つあります。


それは女子サッカー代表「なでしこジャパン」の戦略。決勝戦までアメ
リカと当たらない、会場の移動がない、という理由で予選リーグを2位
通過するということを狙って行いました。

続きを読む "「正々堂々」" »

2012年08月01日

「塾講師から見た子供の世界」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「塾講師から見た子供の世界」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

このメールマガジン「ある日の教室」は、「塾講師から見た子供の世界」
という副題がついていました(と過去のことにしてはいけないのかもし
れませんが)。

続きを読む "「塾講師から見た子供の世界」" »

2012年07月25日

「夢を諦める」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「夢を諦める」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

この前の日曜日、とあるイベントに出かけた先に、アルバイトスタッフに
大学生の女の子がいました。

続きを読む "「夢を諦める」 " »

2012年07月18日

「手段と目的」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「手段と目的」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

子供に何かを教えるのはとても難しいなとあらためて感じます。


私は長年国語を教えてきましたし、最近では書道を子供たちに教えていま
す。

続きを読む "「手段と目的」 " »

2012年07月11日

「就活」

昨日は、弊社の会社説明会でした。対象は大学生です。黒いスーツに身を
包んだ10数人の学生が横浜の開港記念館に集まってくださいました。バ
スで関西から来てくれた学生もいました。ありがたいですね。


私も話す機会をいただきました。大学を卒業してから大手学習塾に勤め、
この会社で勤めて修行し、書道教室を開校するに至ったその中でどんなこ
とを感じ、学んできたのか、ということをお伝えしました。

続きを読む "「就活」" »

2012年07月04日

「雨」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「雨」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

梅雨だけれども、今年の横浜は雨があまり降らないなぁ、と思うのは私の
勝手な思い込みでしょうか。


あなたは、雨降りの日をどう思われるでしょうか。

続きを読む "「雨」 " »

2012年06月27日

「20年」

決まって寝る前に思います。
「あぁ、今日も一日終わって、死に近づいたなぁ。一日分死んだなぁ」と。


ここ半年ぐらいでしょうか。こんなことを思うようになりました。


続きを読む "「20年」 " »

2012年06月20日

「団扇」

この前の日曜日は父の日でした。
いろんな感謝が交わされた1日だったのではないでしょうか。


私の書道教室ではお父さんの名前を漢字で書きました。
紙にではなく、団扇に書いて父の日の贈り物としました。

続きを読む "「団扇」" »

2012年06月13日

「転換」(後編)

+─────────────────────────────────+
■ 今日の言霊:ジャン・ポール・サルトル
+─────────────────────────────────+
人間は現在もっているものの総和ではなく、彼がまだもっていないもの、
これからもちうるものの合計である。
+─────────────────────────────────+

続きを読む "「転換」(後編)" »

2012年06月06日

「転換」(前編)

先日、田舎から親父がやってきました。
そういうわけで、久しぶりにサシで呑んだのですが、もう高齢の親父はコッ
プ2杯のビールを呑んだだけでそれ以上は口にはしません。


大病をしてから酒量も減ったのでしょうが、それでも去年は海外旅行でヨル
ダン、シリア、コソボなどへ行ったと嬉しそうに話していました。

続きを読む "「転換」(前編)" »

2012年05月30日

「ヤダ」

子供書道教室に4月、5月でたくさんの生徒さんに入会いただきました。
その中に小4のアキ子ちゃん(仮名)という女の子がいます。


お母さんからのお話しだと、毎回、楽しみにしてくれているらしく、本当に
嬉しく思います。


さて、先日、このアキ子ちゃんと、こんなやり取りがありました。

続きを読む "「ヤダ」" »

2012年05月23日

「けど、面白い」

ゴールデンウィークの真っ只中の二日間、東急ハンズ新宿で筆文字のワーク
ショップを行ってきました。


「筆文字でかっこ良く自分の名前を書こう!」というイベントです。
1回につき約40分で、定員は4名です。
練習をして、最後に色紙2枚に清書を書きます。これを1日7回実施いたし
ました。

続きを読む "「けど、面白い」" »

2012年05月16日

「枠」

先日のゴールデンウィークの真っ只中の二日間、東急ハンズ新宿店でワーク
ショップを開催してきました。


「筆で自分の名前をカッコ良く書こう」という1回40分ほどのイベント
です。1回4名参加で1日7回実施しました。

続きを読む "「枠」 " »

2012年05月09日

「子供扱い」

前々回で、小田急線の車掌さんが書道教室の子どもにカードをくれた話を
書きました。今回は、その後です。


子供たちはカードを大切にしまい、小田急線で目的地にたどり着きました。
そこには、同じ書道会の子供と大人がたくさんいます。
展覧会へ向けての合同練習会です。

続きを読む "「子供扱い」" »

2012年04月25日

「小田急に乗って」

先日の日曜日。書道教室のちびっ子たちを連れて電車に乗って、とある場所
へ行きました。横浜からJRに乗り、次に小田急線へ乗り換えます。


「いきものがかり」のデビュー曲「SAKURA」の中の一節、♪小田急線の窓に
今年もさくらが映る♪ に登場するあの小田急線です。

続きを読む "「小田急に乗って」 " »

2012年04月18日

「花の下にて」

横浜の桜もほとんどが葉桜となってしまいました。
散りゆく桜を眺めながら散歩していると、ふと浮かんできたのが西行の有名
な歌です。


願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃

続きを読む "「花の下にて」 " »

2012年04月11日

「酒での話」

先日、久しぶりにK君と会って呑みました。
学生時代からの新友でもあり、僕にとっての人生の師匠でもある彼とは年に
数回会っていろんな話をします。

続きを読む "「酒での話」" »

2012年04月04日

「始まり」

四月になりました。


何かが終わる三月。しかし、終わったままではなく、何かが始まるのが四月
です。

続きを読む "「始まり」 " »

2012年03月28日

「長所」

先週に続き、履歴書の話です。いろんな方の履歴書を眺めていて、あらため
て気付きました。「長所」を人に伝えるのって難しいな、と。


例えば、こんな長所がありました。
『責任感があり、最後まで物事をやり通します』。

続きを読む "「長所」" »

2012年03月21日

「経験」

昨日、ある理由から履歴書を目にしました。
今年40歳になられる男性、Aさんが応募なさったものです。もちろん、
中途採用です。Aさんの前職は保険の営業でした。

続きを読む "「経験」" »

2012年03月14日

「一年」

東日本大震災から一年が経過しました。
厳しい状況の中、それでも顔を上げて進んでいこうとする人々の姿を見ると、
胸がグッと熱くなります。

続きを読む "「一年」" »

2012年03月07日

「なんで?」

先日、二人のお子様に立て続けにお会いしました。
一人は幼稚園の年少さんの女の子。もう一人は小学1年生の男の子。初対面
です。(そして、再び会うことはないでしょう。)

続きを読む "「なんで?」" »

2012年02月29日

「大切」

「あなたの一番大切なものは何ですか?」


ある理由から、今度、子供たちにこれを考えてもらうことになりました。
年齢は、下は5歳から上は中学1年生です。
さて、どうしようかと思案中なのですが、あなたなら、どうしますか?

続きを読む "「大切」" »

2012年02月22日

「AKBEXILE」

ついさっき、ラジオから流れてきたのは尾崎豊さんの「卒業」でした。
高校のとき、友人が「オザキいいよねぇ」と本当に力を込めて熱く語ってい
たのを今でも覚えています。

続きを読む "「AKBEXILE」" »

2012年02月15日

「エレベーター」

自転車によく乗ります。運動不足解消と、少々ケチ臭いですが、電車賃の
節約という目的もあります。


自宅のマンションを出るとすぐ線路です。線路の向こうに渡るために歩道
橋を使います。
しかし、この歩道橋、階段だけで、スロープがついていません。
自転車でこの歩道橋を渡ろうと思うと、持ち上げてエッチラオッチラ階段を
上らなくてはなりません。

続きを読む "「エレベーター」" »

2012年02月08日

「塾通い」

同じマンションに住むお知り合いの3人のお母さんから、ご相談も含めて
最近あるお話しを次々と伺いました。
皆さん、小学4年生のお子さんをお持ちです。

続きを読む "「塾通い」 " »

2012年02月01日

「2月1日」

首都圏の中学入試が今日から始まります。
このメールマガジンが配信されている頃、受験生達は、緊張の中、待機して
いることでしょう。

続きを読む "「2月1日」" »

2012年01月25日

「はなまる」

昨年の4月から子ども書道教室を初めて10ヶ月が経とうとしています。
最近、生徒を教えていて気付いたことがありました。
自分自身の指導が最初のころと異なっているのです。
良くなっているのではなく、最近の指導の良くない点が浮かび上がってきた
のです。それは何か。

続きを読む "「はなまる」 " »

2012年01月18日

「できない」

生きていれば自分には「できない」ことにたくさん直面することでしょう。
当たり前ですが、僕達はできないことがたくさんあります。


「できないこと」に直面したとき、あなたならどうするでしょうか。

続きを読む "「できない」" »

2012年01月11日

「身長」

電車の中で、自分の背の高さについて会話する男子高校生がいた。
自分の見た目が気になる年頃だ。


決して身長の高くなかった僕も、高校生のときは、「成長期」に一縷の望み
をかけたものだ。身長は低いより高いほうがいいにきまってる。
だってそのほうがカッコいいじゃないか、と思っていた。

続きを読む "「身長」" »

2011年12月28日

「サイン」

先日のこと。小1のちびっ子、テルヤくんがポケットから大切に折りたた
まれた紙片を僕に見せてくれた。


そこに書いてあったのは・・・・、


ここにサインをください(←テルヤの文字)

続きを読む "「サイン」 " »

2011年12月21日

「短所とか長所とか」

その人物のどこに着目するのか、それをどう受け取るかで評価は随分と
違ってくるものだなぁ、と実感する出来事がつい最近ありました。
それを今回はご紹介したいと思います。

続きを読む "「短所とか長所とか」" »

2011年12月14日

「小説文(物語文)とは。その7」

○前回のまとめ

前回は、『「馬鹿なことを言うなよ」と太郎くんは花子さんに言った。』と
いう一文から、「太郎くんは照れている!」という状況も導き出せることを
確認しました。

一見、マイナスのような情景ですが、実は状況次第でガラっと様相が変わる
のです。

続きを読む "「小説文(物語文)とは。その7」" »

2011年12月07日

「小説文(物語文)とは。その6」

○前回のまとめ

前回は、『「僕はイカだ!」と太郎くんは言った。』という一文から、太郎
くんがどんな状況にあるのか考えました。


「そして、前回の最後に質問を投げ掛けました。

『「馬鹿なことを言うなよ」と太郎くんは花子さんに言った。』

続きを読む "「小説文(物語文)とは。その6」" »

2011年11月30日

「小説文(物語文)とは。その5」

○前回のまとめ

前回までで「小説文」は「推理文」であるということを生徒に教えるのに
どのように授業展開していくのかについてお伝えしました。

今回は、別のアプローチで小説文について考えてみます。
------------------------------------------------------------------

続きを読む "「小説文(物語文)とは。その5」" »

2011年11月23日

「小説文(物語文)とは。その4」

○前回のまとめ

前回は「ヒロシ君は優しい。」、「お母さんはお父さんより強い。」という
例で「小説文=推理文」について生徒に考えさせました。

そして最後に「友達って素敵だ。」ということを、直接そう言わずに、あな
たならどう表現するのか、考えてみてくださいとお伝えしました。

続きを読む "「小説文(物語文)とは。その4」" »

2011年11月16日

「小説文(物語文)とは。その3」

○前回のまとめ

前回、具体例を挙げて、「小説文=推理文」についてお話ししました。

「ヒロシ君は嬉しい。」ということを「嬉しい」という言葉を使わずに表現
するにはどうしたらいいか。

・ヒロシは笑顔になった。
・ヒロシはガッツポーズをした。
・ヒロシは「やったー!」と叫んだ。

など、生徒は答えてくれます。

今回も新たに例を挙げて「推理文」について考えてみます。

続きを読む "「小説文(物語文)とは。その3」" »

2011年11月09日

「小説文(物語文)とは。その2」

○前回のまとめ

前回、小説文とは「推理文」であると定義しました。
推理文とは「言いたいことをはっきりと書かない文章」であり、「作者は、
こう表現することで何を読者に伝えたいのだろう?」と考えながら読む文章」
です。


今回は具体例を挙げて、「小説文=推理文」について考えてみましょう。

続きを読む "「小説文(物語文)とは。その2」" »

2011年11月02日

「小説文(物語文)とは。その1」

今回から、国語の授業の文章読解にあたって、僕が教えてきたことを書いて
いこうと思います。


最初に断っておきますが、他の先生からご指導いただいり、書籍等から学ん
だりした知識も含みます。
もちろん、僕自身が授業の中で得たものもあります。
知識やスキルとして至らない点、未熟な点もあるかと思いますがそれは、
全て僕自身の不勉強によるものです。

続きを読む "「小説文(物語文)とは。その1」" »

2011年10月26日

「国語の指導」

先日、ある塾の先生から国語指導に関するご質問をいただきました。

「国語は他の教科と違い、明確な単元が存在しない。だから、文章を読んで、
問題を解かせて終わりになってしまう。これでいいのだろうか?」

これと似たような疑問をこれまでにも受けたことがあります。国語の指導は
難しいということも何回も言われました。

続きを読む "「国語の指導」 " »

2011年10月19日

「汚さないで」

以前にも書きましたが、今年の4月から小中学生を対象に硬筆と毛筆の指導
をしています。
ここに通ってきてくれる小学2年生の女の子がいます。
仮にカンちゃんとしておきます。

続きを読む "「汚さないで」 " »

2011年10月12日

「悩み事」

ある県の中学生の意識調査で、悩み事があるときに誰に相談するのかという
アンケート項目がありました。


勉強や進路、学校のことは親に相談すると回答した生徒が多かったです。
意外でしたが、自分の進路は家族の問題であるという意識が強いのでしょう。

続きを読む "「悩み事」 " »

2011年10月05日

「怖いものなし」

昨日、久しぶりにお会いした元上司のK先生がおっしゃいます。

「何か怖いものなしって感じだね」。

僕の言動をご覧になっての感想です。

続きを読む "「怖いものなし」" »

2011年09月28日

「善悪」

答えのない話。話せば話すほど深くなっていく話。
そんな話が嫌いではありません。
特にお酒をちびりちびりとやりながら、あぁでもない、こうでもない、と他
人の意見を聞いたり、自分の意見を述べたりする時間は楽しいものです。

続きを読む "「善悪」" »

2011年09月21日

「比べる」

先日、知り合いの20代後半の女性とちょっとしたお悩み相談のようなもの
をする機会がありました。
仮にYさんとしておきます。彼女とは、およそ1年ぶりにお会いしたのです
が、その際も、ごく短い時間でしたが、やはり彼女の悩みをお伺いしたので
した。

続きを読む "「比べる」 " »

2011年09月14日

「半年過ぎて」

3月11日から半年が過ぎました。原発の問題は解決していません。
行方不明の方々もまだ大勢いらっしゃいます。
困難な生活を強いられる人々も絶えません。

続きを読む "「半年過ぎて」 " »

2011年09月07日

「演説」

またもや日本の首相が変わりました。
新首相誕生の決め手となったのは、演説だったそうです。
自分の言葉によって人を動かしたのですから、たいしたものだと思います。

続きを読む "「演説」" »

2011年08月31日

「言うな」

「絶対に言っちゃダメ」と子供に言ったとします。おそらく、その内容が
話される確率はかなり高いと思われます。

続きを読む "「言うな」 " »

2011年08月24日

「心の声」

私たちは声に出さなくても心の中で言葉を発している。人は言葉によって
思考する。思考は言葉によって作られる。

続きを読む "「心の声」 " »

2011年08月17日

「横線」

前回は、私が指導する子どもの書道教室で、子どもたちが、水差しに水を
入れられないというお話を差し上げました。
今回も、子どもたちに字を教える中で発見したことをお伝えしたいと思いま
す。

続きを読む "「横線」" »

2011年08月10日

「水差し」

4月より近所の子どもたちに筆と鉛筆で字を書く指導をしています。
いわゆる「習字」ってやつです。
一番下の子で小学1年生、上は小学4年生です。
彼らと接していると、いろんな発見があります。

続きを読む "「水差し」 " »

2011年08月03日

「野球少年」

「ボンッ」という低い音がした。アクセルを緩めて、左側の公園を見ると、
中学生らしい数人の男の子たちが青い顔をして、僕が走らせる車を見てい
る。

続きを読む "「野球少年」" »

2011年07月27日

「その先」

とあるイベントで手作りの陶器を売っているおじさんがいました。
滋賀県の人で、全国各地のイベントに年間25回も出店しているそうです。
いろんなお店にも陶器を卸しているとのことで、結構な売れっ子です。

続きを読む "「その先」 " »

2011年07月20日

「優勝に思う」

多くの方が興奮しただろうと思います。
サッカーなでしこジャパンのワールドカップ優勝です。


時差の関係もあり、深夜の生中継は観ていないのですが、僕も再放送などで
何試合か観戦しました。
サッカー、大好きなんです。

続きを読む "「優勝に思う」 " »

2011年07月13日

「カッコイイ」

「あなたは他人からどんな言葉を言われると嬉しいですか?」先週のことで
すが、雑談の流れで、こんな話になりました。


O氏が「いつも『面白い』ってばっかり言われてきたよ」と言うので、他人
から「面白い」と言われたい僕は、「それ、いいですねぇ、僕は、『面白い
人』と言われたいです」と応じました。

続きを読む "「カッコイイ」 " »

2011年07月06日

「言葉」

「パンがなければお菓子を食べれば良いのに」。


マリー・アントワネットの言葉です。
フランス革命が起こる前、民衆が食料難と貧困で苦しんでいるときに発せら
れたと言われています。

続きを読む "「言葉」" »

2011年06月29日

「TOMORROW」

うちのお隣りのお子さん、Mちゃん(小4の女の子)が出演するということ
で、あるミュージカルを、先日観劇してきました。

続きを読む "「TOMORROW」 " »

2011年06月22日

「当たり前」

先日、従兄弟と久しぶりに呑みに行くことになりました。
ちょうど週末でどこのお店も混んでいて、待たなければなりません。
仕方ないので、私たちも、比較的早く入れそうな、ある居酒屋で待つことに
しました。

続きを読む "「当たり前」" »

2011年06月15日

「替え歌」

昨日、デッカイ声で歌いながら下校する小学生の男の子数人とすれ違った。
その歌に思わず吹き出してしまった。

続きを読む "「替え歌」 " »

2011年06月08日

「ガム」(後編)

ごついガタイをしたヒゲ面のアンちゃんが、足を組んで、ガムをくちゃくちゃ
やるその姿は、やはり近づきがたいものがあります。
異様なオーラを発しています。


授業が始まります。僕の記憶が確かならば、先生の名前は「ヤマジ」でした。

続きを読む "「ガム」(後編)" »

2011年06月01日

「ガム」(中編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◯前回のあらすじ

大学時代のこと。第2外国語としてドイツ語を選択した僕は、ドイツ語は
全く分からぬものの、その授業で親友たちに会うのが楽しみだった。

ある日のこと。ほんのちょっとした出来事がドイツ語の時間に起こった。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「ガム」(中編)" »

2011年05月25日

「ガム」(前編)

大学時代のことです。それはドイツ語の時間でした。
今思えば、第2外国語として、なぜドイツ語を選択したのか、その理由は定
かではありません。
その前年、ベルリンの壁が崩壊したのですが、おそらく、そんな歴史的な大
事件とは全く無関係でしょう。

続きを読む "「ガム」(前編)" »

2011年05月18日

ホームページ

ある日のこと。AさんとBさんがそれぞれのパソコン画面を見ながら仕事の
話をしている。その流れの中で。

続きを読む "ホームページ" »

2011年05月11日

「想像力」

「よしっ、このテレビ番組を見るぞ!」と狙って見るものは数少ない。
だから、つけたらたまたまやっていたものを流して見る、ということが多い。
きっと、そんな人は多いだろうと思う。

続きを読む "「想像力」" »

2011年04月27日

「名前」

うちの近所のチビッ子たちから聞いた。


「学校だと、まだ習っていない漢字は書いちゃいけないんだよ」


そりゃ、習ってない漢字を学校で書く機会なんてないでしょ、と思われる
かもしれない。実は、それがあるのだ。自分の名前だ。

続きを読む "「名前」" »

2011年04月20日

「すぐそこ」

「あぁ、すぐそこだよ」と人に言われて、あなたはどのくらいの距離だと
思うだろうか。


僕の4回しかない海外旅行経験は全てアジアだ。うち2回が縁あってタイ。
そして、マレーシアと中国。

続きを読む "「すぐそこ」" »

2011年04月13日

「言葉」

桜が満開です。人の営みとは関係なく四季は巡ってきます。


震災からひと月が経過しました。まだまだ胸が苦しくなるニュースが続き
ます。
被害のない自分がこんな状態です。被災された方々の心中は、とうてい計り
知ることなんて不可能です。

続きを読む "「言葉」" »

2011年04月06日

「学問」

震災でさまざまな問題が起こっている。Tさんとそれらについて話ながら
理系がどれだけ役に立っているのか、という話になった。

続きを読む "「学問」 " »

2011年03月30日

「希望」

被災地域の避難所からのテレビ映像が増えてきた。
そこで生活を余儀なくされている人々の大変な様子が映し出されている(も
ちろん、テレビで流されることが全てではなく、想像以上に大変であること
を意識しなくてはならない)。

続きを読む "「希望」" »

2011年03月23日

「根っこは同じ」

震災からもうすぐ2週間になろうとしています。
復興にはこれから何年もの歳月がかかることでしょう。

続きを読む "「根っこは同じ」" »

2011年03月16日

「応援」

東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様、お見舞い申し上げます。
不明者の方々がご無事でいらっしゃること、被災地域の一日でも早い復旧を
強く願ってやみません。

続きを読む "「応援」" »

2011年03月09日

嬉しいもの?

小さい頃は、お祝いで何か買ってもらえた。だから嬉しかった。
誕生日とはそういうものだった。

続きを読む "嬉しいもの?" »

2011年03月02日

「感謝」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

突然、衝動に駆られて部屋の大掃除を始め、5年間、収納にしまってあった
小型のダンボールを開けたところ・・・。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「感謝」(後編)" »

2011年02月23日

「感謝」(前編)

なぜだろう。ふと胸の底からグッと気持ちが湧き上がる。
そうしたら行動せずにはいられない。いわゆる衝動ってやつだ。

続きを読む "「感謝」(前編)" »

2011年02月16日

エロマンガ

あなたは、世界地図を開いて懸命に探した経験はないだろうか。


休み時間。教室の後方でヤンチャな男連中3人が、珍しくそれぞれの地図帳
なんてものを開いている。
黙って、ある者は、地図をじっと目で追い、ある者は、人差し指でなぞって
いる。

続きを読む "エロマンガ " »

2011年02月09日

どっちが先か

「お二人の、あのひと言は本当に衝撃だったんだよ」とI先生がおっしゃっ
た。そんなに感じるところがあったとは正直驚きだったのだが。

続きを読む "どっちが先か" »

2011年02月02日

優しそうな人という評価に対する考察

一応だが、僕にもヨメさんという人間が存在する。


「ハンコを押した書類を役所へ提出するだけで『夫婦』になれるだなん
て、随分と簡単だな」と思ったのは、ハンコを押した書類を役所へ提出
した日のことだ。その日、メデタク「ヨメ」が誕生した。

続きを読む "優しそうな人という評価に対する考察 " »

2011年01月26日

死角

坊主頭にしてほぼ1年になる。
この1年、その前の僕を知っている人は、会うたびに、ニュアンスは違えど、
「何をやらかしたんですか?」と、訊いてきた。

続きを読む "死角" »

2011年01月19日

遠いから

昨年の夏、知り合いがニューヨークに引っ越した。彼女のご主人が、仕事の
関係でニューヨーク支社に転勤になったからだ。

続きを読む "遠いから" »

2011年01月12日

盗んでないバイクで走り出す

人生で一度だけですが、中型バイクの後ろに乗せてもらったことがあります。


学生のときでした。親友がバイクを持っており、終電もとっくに終了し、
彼の下宿から僕の下宿へ二人で移動する手段として用いたのです。

続きを読む "盗んでないバイクで走り出す " »

2011年01月05日

大人の定義

ふと思う。大人って一体どういう人間なんだろう。


「大人」にはいろんな定義がある。分かりやすいのは20歳。
法律上では20歳がひとつの区切りとなっていて、例えば、酒もタバコもO
Kとなっている。

続きを読む "大人の定義 " »

2011年01月01日

2011謹賀新年

2011謹賀新年
明けましておめでとうございます。


たくさんの日本人を元気にする、笑顔にする。
強く優しい日本にする。


今年はさらにこれを追求していきます!


「ある日の教室」ではありますが、今年はもっと教室の外へ出て、
子供たち大人たちの生き方を考えていくメルマガにしたいと思います。


本年もよろしくお願いいたします。

2010年12月22日

僕にできること

先日起こった取手駅でのバス襲撃事件。私立学校の生徒たちが被害に遭って
しまった。
今回のことはもちろん、ここ数年、似たような事件が起こり、その度に犯人
に対して、とてつもない憤りを感じる。

続きを読む "僕にできること " »

2010年12月15日

「何度言っても」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

僕には、嫁に何度注意されても直らないことがあります。

「仕事部屋の扉を開けっ放しにしない」
「パンツを裏返しに脱がない」

この二つです。

何度注意されても、どうしてこうも抜けてしまうのか、自分なりの答えを
探してみました。今回は、「パンツを裏返しに脱がない」です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「何度言っても」(後編)" »

2010年12月08日

何度言っても」(中編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

僕には、嫁に何度注意されても直らないことがあります。

「仕事部屋の扉を開けっ放しにしない」
「パンツを裏返しに脱がない」

この二つです。

何度注意されても、どうしてこうも抜けてしまうのか、自分なりの答えを
探してみました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "何度言っても」(中編) " »

2010年12月01日

何度言っても

「部屋の扉はちゃんと閉めて!」。
よく怒られます。僕が、です。ヨメに、です。

続きを読む "何度言っても" »

2010年11月24日

1つずつ

最近、子供向けに音楽教室を開校された女性の方から、相談を受けました。
2箇所で教室を開き、この女性の明るくハキハキした人柄のせいもあり、生
徒は順調に集まっているようです。
相談とは、生徒の指導についてです。

続きを読む "1つずつ" »

2010年11月17日

申し訳ない

日曜日に、ある男性とお会いして10分程度お話しする機会がありました。
年齢は65歳くらいでしょうか。初老といった感じの方です。

続きを読む "申し訳ない " »

2010年11月10日

空気を読む

私は、学習塾で国語を教えている(教えていた)のですが、最近、また国語
というものを、特に中学受験における国語についてふと考えることが多くな
りました。


続きを読む "空気を読む " »

2010年11月03日

公開授業にて

ある私立のA学校で月に数回、教員の指導をしているI先生から、興味深い
話をたくさん伺った。その一つをご紹介したい。

続きを読む "公開授業にて" »

2010年10月27日

一歩引いて

学習塾でも学校でもかまわないのですが、授業が上手な先生が、自分のお子
さんを指導したら、やはり「仕事」のように上手くいくのでしょうか。


続きを読む "一歩引いて " »

2010年10月20日

朝焼け・夕焼け

ふとしたきっかけで、とある首都圏の私立中学校の国語の入試問題を読んだ。
自然の中で暮らす人間が描かれている物語文だ。


続きを読む "朝焼け・夕焼け " »

2010年10月13日

活かす

先日、教え子3人と酒を酌み交わした(もっとも、断酒中の僕はずっとコー
ラだったのだが)。


続きを読む "活かす " »

2010年10月06日

「行ってらっしゃい」

先日、朝のラッシュをちょうど過ぎたくらいの時間に横浜からJRの下り電
車に乗った。
しかし、空いているはずの電車は、僕が乗った車両だけ、多くの人で賑わっ
ていた。

続きを読む "「行ってらっしゃい」" »

2010年09月29日

人の力

『もし、あなたが「末期ガン」だと宣告されたら、どうしますか?』


最近、Cさんという女性と知り合った。
彼女は、めちゃくちゃ明るくて、パワフル。話からも元気オーラをビンビン
感じる。


続きを読む "人の力 " »

2010年09月22日

「馬鹿らしいことをやる」

最近ですが、口に出して「私はツイてる」と言うと、ツキがやってくるとい
う話を聞きました。


続きを読む "「馬鹿らしいことをやる」" »

2010年09月15日

「朝のファミレスで」

あなたのほんのちょっとの行動が、多くの人にシアワセをもたらすのかもし
れません。ほんとに些細なことでしたが、そんなことを目にしました。


続きを読む "「朝のファミレスで」" »

2010年09月08日

「相手目線」

最近、CSテレビを見ることが多い。いや、見るというより聞く。
音楽専門チャンネルを流しっぱなしにして本を読んだり、ヨメと会話したり
する。


続きを読む "「相手目線」" »

2010年09月01日

「分かってくれない」

誰かに何かを伝える。どうしても伝えたい。分かってもらいたい。
たくさんの言葉を費やして、ありったけの思いを込めて、相手にぶつける。

続きを読む "「分かってくれない」" »

2010年08月25日

「義務なのか」

8月出産予定です。はい、僕の知り合いのお話です。


お酒大好きな彼女がお酒をやめたのは、およそ10ヵ月前。
妊娠が分かったからでした。


出産予定は8月。

続きを読む "「義務なのか」 " »

2010年08月18日

「道」

当たり前のことだけど、やめなきゃ、続くんだなぁということを実感してい
る。よくここまでやったなぁ、と。


続きを読む "「道」 " »

2010年08月11日

「生きる意味についての考察」

「何のために生まれてきたのか、自分が生まれたことにどんな意味があるの
か、生きる意味とは何なのか」。


続きを読む "「生きる意味についての考察」 " »

2010年08月04日

「健康診断にて」

先ほど、年に一度の健康診断へ行った。
この暑い中、胃の検査のため、昨晩から水分を一切取れない苦しさと空腹に
耐え、1時間強の検査を終えて帰還した。

続きを読む "「健康診断にて」" »

2010年07月28日

「シイタケにまつわる思考」(後編)

前回のあらすじ

「シイタケ」の嫌いな僕は、人にそのことを言うと、「じゃぁ、マツタケ
は?」と言われることが多い。
「ニンジンが嫌いなんです」という人に「じゃぁ、大根は?キャベツは?
玉ねぎは?ジャガイモは?」とは質問しないのに・・・。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「シイタケにまつわる思考」(後編)" »

2010年07月21日

「シイタケにまつわる思考」(前編)

突然ですが、シイタケが嫌いです。


幼稚園のころ、チラシ寿司に入っている細切りのそれをせっせと取り除いて
いた記憶がありますから、「物心ついたときから嫌い」と言って差し支えな
いでしょう。


続きを読む "「シイタケにまつわる思考」(前編)" »

2010年07月14日

「存在感」

あなたはどんなときに自分の存在を感じますか?


僕の場合「僕と関わることで相手が笑顔になったとき」、「他人の話を聴く
ことで、その人が元気になったり、前向きになったりしたとき」、そういう
ときに自分の存在を感じることが多いように思う。

続きを読む "「存在感」 " »

2010年07月07日

「本を読ませる・勉強させる」

「子供がゲームばかりする、子供がテレビばかり見る。だから家で本を読ま
ない、家で勉強しない」。こんな悩みをお持ちの保護者の方がたくさんいらっ
しゃると思う。

続きを読む "「本を読ませる・勉強させる」" »

2010年06月30日

「合格一つ。」

夏を制する者は受験を制す。

かなり手垢の付いた表現ではあり、「本当にそうなの?」と疑う人もいるか
もしれないが、実際、夏の勉強は非常に大切だ。

続きを読む "「合格一つ。」 " »

2010年06月23日

「One for all, all for one.」

恥ずかしながら、小説「三銃士」(アレクサンドル・デュマ)の中の一説だ
とさっき知った。

続きを読む "「One for all, all for one.」 " »

2010年06月16日

「最高の演出」

最近、横浜の結婚式場のウエディングプランナーの男性(Tさん)と知り合
いなり、いろいろとお話しを伺った。

続きを読む "「最高の演出」 " »

2010年06月09日

「見せたくない」

社団法人日本PTA全国協議会が公表している「子どもとメディアに関する
意識調査」をご存知だろうか。


続きを読む "「見せたくない」 " »

2010年06月02日

「遊び塾」

『外で友達と遊ぶ子ほど「高学歴・高収入に」』というちょっと刺激的な新
聞記事を先日読んだ。


『子ども時代に自然に触れたり、子ども同士で遊んだりした体験が豊かなほ
ど学歴が高く、大人になってからの収入も多い』とのことだ。

続きを読む "「遊び塾」 " »

2010年05月26日

「教科書の思い出」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

インターネットで「国語 教科書 思い出」などで検索したら、結構な数の
掲示板などがヒットした。

私にも思い出の教科書作品があるのだが、一番のそれは、高校生のときに
習った作品だ。それは僕の甘酸っぱい思い出と結びついて忘れられないも
のとなっている。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「教科書の思い出」(後編) " »

2010年05月19日

「教科書の思い出」(前編)

新学習指導要領の実施に伴い、教科書も厚くなるらしい。
2004年の検定で合格した現在の教科書よりも、全体で25%も増加になるとの
ニュースを少し前に見た。

続きを読む "「教科書の思い出」(前編) " »

2010年05月12日

「ケイタイ」

何かで見聞きしたのだが、お風呂の中にまで携帯電話を持って入る人がいる
そうな。ビニール袋かなんかに入れるらしい。よっぽどお仕事が忙しい人な
のだろうと思っていたら、高校生や大学生に多いらしい。

続きを読む "「ケイタイ」" »

2010年05月06日

「字を書くということ」(後編)

「字を書く」という話と「小学校」という話題が出たところで、ふと思い出
したことがある。小学校2年生のときの僕の思い出だ。

続きを読む "「字を書くということ」(後編)" »

2010年04月28日

「字を書くということ」(前編)

「字を書く」ということにコンプレックスを持っている人が意外と多いこと
に驚く。
僕が書道をやっていることを話すと「字がきれいに書けるといいですよね」
としみじみとお話になる人が結構いるのだ。

続きを読む "「字を書くということ」(前編)" »

2010年04月21日

「坊主」

2月初めのことだが、坊主頭にした。知っている人に会うたびに、「何をや
らかしたんですか?」と100%きかれてしまった。
普段、そんなに素行が悪い印象なのだろうか・・・。

続きを読む "「坊主」" »

2010年04月14日

「つながる」

ご存知の方も多いと思うが、「twitter(ツイッター)」という140文字
制限のショートブログが流行っている。あのオバマ大統領も選挙期間中に活
用したらしい。

続きを読む "「つながる」" »

2010年04月07日

「親父のひと言」

先日、親父が田舎から横浜へやってきた。東京で仕事があったらしく、その
夜、久しぶりに一緒に酒を飲んだ。

続きを読む "「親父のひと言」" »

2010年03月31日

「目的と束縛と」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○前回のあらすじ

ふと見たテレビ番組で、「クレーンゲームの達人」という男性が登場してい
た。どう考えても不可能だろうと思われる景品を次から次へ獲得していく達
人。そのやり方を見て、重要な視点にハタと気付いたのである。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「目的と束縛と」(後編)" »

2010年03月24日

「目的と束縛と」(前編)

先日、滅多に見ない朝の情報番組をたまたまテレビで見た。ヨメさんがテレ
ビをつけっぱなしにしていたのだが、久しぶりの休日ということもあって、
コーヒーを飲みながら眺めていたら、クレーンゲームの達人という方が登場
した。

続きを読む "「目的と束縛と」(前編)" »

2010年03月17日

「91」

91歳で卒業。これを聞いてあなたは何を思うだろうか。


先日、こんなニュースを見つけたのでご紹介したい。
-------------------------------------------------------------------

続きを読む "「91」" »

2010年03月10日

「入試報告会から」

小学6年生の女の子。彼女は子どもが好き。だから、将来なりたい職業
は・・・。さて、何だと思います?

続きを読む "「入試報告会から」 " »

2010年03月03日

「卒業」

通勤途中、若い女性たちの着物の一段とすれ違う。ちょっと行くと、「卒業
式会場はこちら」という看板を持った男性がいた。近くの大きな専門学校の
卒業式らしい。

続きを読む "「卒業」" »

2010年02月24日

「出力」

「テストで良い点数を取るにはどうすればよいか」。

これについて、多くの小学生、中学生、高校生が悩んでいることだろう。
いや、学生だけでなく、資格試験や検定での合格を目指す大人だって同じ
疑問を持っているに違いない。

続きを読む "「出力」" »

2010年02月17日

「ずいぶん前」

駅の改札へ向かう階段で、幼稚園の制服を着た男の子がお母さんと手をつ
なぎながら、ヨーイショと一段ずつ上がっていた。

続きを読む "「ずいぶん前」 " »

2010年02月10日

受験を終えて

東京、神奈川でも国私立中学入試も一段落した。主要塾のホームページを
見ると合格実績が掲載されている。「A中学○○名」というぐあいに中学
校名と数字がずらっと並んでいる。


続きを読む "受験を終えて" »

2010年02月04日

「四季」

Iさんのお子さん、太郎君(仮)は、朝が苦手だ。いつものっそり起きて、
朝食も悠長に食べる。お母さんに言わせると「グズグズしている」
という表現になるのだが。

続きを読む "「四季」" »

2010年01月27日

「気付いてない」

1年半前とまた同じ現象が起こり、改めて思い出す。


最近、仕事の関係で東海地方のある都市と関わりがある。H市というそ
こそこ名の知れた街ではあるのだが、全国的に超有名かというと、そん
な感じでもない。

続きを読む "「気付いてない」" »

2010年01月20日

「弁当屋のあんちゃん」


確か、中学生のときだ。僕の住むど田舎にもチェーンのお弁当屋ができた。
仕出し弁当はあったのだが、お弁当を専門に売る店は初めてだったように
思う。

続きを読む "「弁当屋のあんちゃん」 " »

2010年01月13日

「名前」

ある塾の先生と生徒の話になり、「アトム」君という名前の男の子がいる、
ということを聞いた。会ったこともなく、名前だけで話題にしてしまうの
は申し訳ないのだが、ちょっと興味もわいてくる。

続きを読む "「名前」" »

2010年01月06日

「恐怖」

小4の生徒を教えていたときのこと。教えて間もないそのクラスで、ある
女の子が宿題を忘れてしまった。その子に僕は尋ねる。

「今日は、宿題、どうしたの?」

と、突然、泣き出した。僕の心中は「えーーーーっ!!」である。別に怒
ったわけでもなく、優しく、本当に優しくきいたつもりだったのに・・・。

続きを読む "「恐怖」" »

2009年12月24日

「いくつ?」(後編)

○前回のあらすじ

スケート場での「貸しスケート靴カウンター」でのアルバイト。家族連れ
の小さな女の子に「いくつ?」と靴のサイズをきいたら、「6さい!」と
いう答えが返ってきた。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「いくつ?」(後編) " »

2009年12月16日

「いくつ?」(中編)

○前回のあらすじ

学生時代、スケート場の「貸しスケート靴カウンター」でアルバイトをし
ていた。貸し靴券と引き替えに、お客さんの足のサイズを聞き、スケート
靴を貸し出す。土日祝日、冬休みはものすごい混雑で、一日で千人を超え
る人がやってきた。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「いくつ?」(中編) " »

2009年12月10日

「いくつ?」(前編)

突然ですが、「いくつですか?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか?

続きを読む "「いくつ?」(前編) " »

2009年12月02日

「神社にて」

先日、ある有名な神社へお参りに行った。日が傾き、辺りは暗くなってい
たが、それでもかなりの人がお参りの人がいた。


普段から、とても良くしてくださる知り合いの方が病気で手術することに
なり、その成功と無事回復を願ってのことだった。

続きを読む "「神社にて」" »

2009年11月25日

「苦労も努力も」

先日、テレビを見ていたら、ある年配の方がおっしゃっていた。僕はその考
えがあまり好きではない。


それは「人生、苦労しなければならない」である。「苦労」の部分を「努力」
としてもいい。よく耳にする言葉であるが、はたして本当にそうなのだろう
か。

続きを読む "「苦労も努力も」" »

2009年11月18日

「因果」

思わず大きな声を出してしまった。


「そんなの、全然関係ないですよ!」と。


そんな考え、正しくない、と僕は思った。

続きを読む "「因果」" »

2009年11月11日

「めんどくさいのは」

「悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ」と言った人がいる
らしい。名言だと思う。

続きを読む "「めんどくさいのは」 " »

2009年11月05日

「受験英語」

朝、駅で電車を待っていると、私立の中学生らしい女の子二人組みの会話
が聞こえてきた。


「受験英語って役に立たないんでしょ。やる気になんない。英会話とか勉
強するほうがいいよね」

続きを読む "「受験英語」 " »

2009年10月28日

「アナログ」(後編)

○前回のあらすじ

横浜駅でJR東海道線に乗った。僕の隣に腰掛けた青年が英語の問題集を
解き始めた。

続きを読む "「アナログ」(後編)" »

2009年10月21日

「アナログ」(前編)

新橋まで行く用事があり、横浜駅でJR東海道線に乗った。横浜で降りた
乗客が多く、BOX席の裏側の二人掛けの席に運良く座れることができた。


私の隣に同じように横浜駅で青年が腰を掛けた。茶髪に黒いパンツとジャ
ケット。足の間にバッグをドンと置いた。

続きを読む "「アナログ」(前編)" »

2009年10月14日

「モデル」(後編)

○前回のあらすじ

僕は感化されやすいが、もちろん、しょっちゅう影響を受けるわけではな
い。「かっこいいな」、「すごいな」、「なるほどな」と思える対象がいて、
初めて感化される。

このことは、子供たちも同じだろう。子供だからこそ、余計、その傾向は
強いはずだ。

続きを読む "「モデル」(後編) " »

2009年10月08日

「モデル」(前編)

根が単純なのだろう。僕は非常に感化されやすい。


最近は「ノート」を付け始めた。日記とは違う。日々の仕事のこと、気付
いたこと、必要事項、短期目標や長期目標などを書き残すのだ。

続きを読む "「モデル」(前編) " »

2009年09月30日

「頑張れ!」

教師なら、いや、教師でなくても、口癖のようになってしまっている言葉
「頑張れ!」。

続きを読む "「頑張れ!」" »

2009年09月25日

「野球少年」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

イチロー選手の9年連続200本安打のメジャーリーグ新記録達成のこ
とだ。

記録達成のおかげで、改めて、イチロー選手についていろんな逸話が紹
介されている。その中で、とても興味深く、超一流の思考について感動
した話があった。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「野球少年」(後編)" »

2009年09月16日

「野球少年」(前編)

グローブも持っていた。バットも買ってもらった。ボールも何個かあった。
僕の親父は野球が好きで、阪神ファンで、息子の僕にそれらを買い与えた。

続きを読む "「野球少年」(前編)" »

「野球少年」(前編)

グローブも持っていた。バットも買ってもらった。ボールも何個かあった。
僕の親父は野球が好きで、阪神ファンで、息子の僕にそれらを買い与えた。

続きを読む "「野球少年」(前編)" »

2009年09月09日

「ドラえもん」

あなたが初めて買ったマンガは何だろうか?


僕が、物心ついて、初めて買ったマンガは「ドラえもん」だ。近所の
知り合いの本屋さんで百円玉をいくつか握り締めて買いに行ったのを
覚えている。

続きを読む "「ドラえもん」 " »

2009年09月03日

「登校日」

彼は、やってきた。いったいなぜ?


ある私立高校での話だ。高校2年生のA君という生徒がいる。彼は、素行
が悪く、教師からも目をつけられていた。

続きを読む "「登校日」 " »

2009年08月27日

「ハンバーグ」

今日は、国語の知識分野について少々。


国語の授業で熟語という場合、二つ以上の漢字が結合してできた語を指す。
例えば、「国語」という言葉。「国」と「語」という二つの漢字が組み合わ
さってできている。こういうのが熟語である。というわけで「熟語」とい
う言葉も熟語である。

続きを読む "「ハンバーグ」 " »

「自由」

例えば、嫁さんから「今日の夕飯、何がいい?」と聞かれたとする。
「何でもいいよ」と答えると、「何でもいいが一番困る!」と怒られる。

続きを読む "「自由」" »

「人として」

先日の報道で、「成績と親の年収が比例する」というニュースがあった。
小6の全国学力調査の結果を分析したところ、親の収入が多いほど、子供
の正答率が高かったらしい。

続きを読む "「人として」" »

2009年08月05日

「娘とお父さん」

前々から、疑問に思っていたことがある。どうして、あんなにまで「頑な」
なのだろう。過日、テレビを見ていて、偶然、その場面に出くわした。


続きを読む "「娘とお父さん」" »

2009年07月29日

「カオル」

残念ながら、天気が悪く、見られなかった人も多かったようだが、先日は
『日食』で日本中が盛り上がった。

46年ぶりの皆既日食。ここぞとばかりに張り切った人の中には、中学入試
の作成担当の先生もいらっしゃったに違いない。

続きを読む "「カオル」 " »

2009年07月23日

「嘘」(後編)

○前回のあらすじ

塾で嘘をつくことには何の意味もない。例えば、テストの点数の虚偽申告、
やっていない宿題をやっていると言うなど。しかし、生徒は自分の得にな
らないことを知りながら、それでも嘘をつく。

続きを読む "「嘘」(後編) " »

2009年07月15日

「嘘」(前編)

先日、ある雑誌社の方が来訪され、弊社の代表に取材を行った。「子供の嘘」
が主なテーマだったこともあり、その後も、弊社では、そのことがしばらく
話題になった。

試しにインターネットで検索してみると、かなりの「嘘」に出会うことが出
来た。

続きを読む "「嘘」(前編) " »

2009年07月10日

「ひと言」(後編)


○前回のあらすじ

小学校のときのことだ。卒業式を数日後に控えたホームルーム。
先生が一人ひとりにみんなの前でメッセージをくれた。
そのひと言が今でも忘れられない。

続きを読む "「ひと言」(後編) " »

2009年07月01日

「ひと言」(前編)

図抜けてできたというわけではない。ただ、ちょっとはできた。できる子
が三人ぐらいいて、その次ぐらいだったように思う。僕の小学校の頃の勉
強の話だ。

続きを読む "「ひと言」(前編) " »

2009年06月24日

「名前」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

昨年のことだが、「ブタがいた教室」という映画が話題になり、先日、D
VDも発売された。平成2~4年にかけて大阪の小学校で行われた、豚の
飼育を通しての「いのちの教育」がもとになっている映画だ。


この話で、命とか、教育とか、そういうこととは別次元で、感じたことが
「名前」の尊さである。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「名前」(後編)" »

2009年06月17日

「名前」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

覚えていらっしゃるだろうか。国語の文法の時間で習うのだが、名詞の種
類に「固有名詞」というものがある。

固有名詞とは、簡単に言うと、人名や地名、書名、社名など、この世に一
つしかない存在につけられる名前のことだ。

もちろん、あなたの名前も「固有名詞」である。

続きを読む "「名前」(前編)" »

2009年06月10日

「思いと願い」(その5)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

1月30日。東京・神奈川の私立中学入試解禁日の2月1日を前に、校舎
では、受験に臨む6年生への壮行会が行われた。

教師が一人ずつ、彼らへ向けて激励の話をする。僕の前に話したのが神戸
出身のR先生だった。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「思いと願い」(その5)" »

「思いと願い」(その5)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

1月30日。東京・神奈川の私立中学入試解禁日の2月1日を前に、校舎
では、受験に臨む6年生への壮行会が行われた。

教師が一人ずつ、彼らへ向けて激励の話をする。僕の前に話したのが神戸
出身のR先生だった。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「思いと願い」(その5)" »

2009年06月03日

「思いと願い」(その4)

○前回のあらすじ

大病を患ったI先生。生徒たちに「誰かお医者さんになって、先生の病気
を治してくれよ」と冗談交じりによく言っていた。数年後、その言葉を覚
えていた生徒から「医者にはなれなかったけれど、薬剤師になった」とい
う報告をもらった。

続きを読む "「思いと願い」(その4)" »

2009年05月27日

「思いと願い」(その3)

○前回のあらすじ

僕は、生徒たちに「優しくなってほしい」、「僕よりも賢くなってほしい・
いろんなことを知ってほしい」と思いながら授業を行っていた。

続きを読む "「思いと願い」(その3)" »

2009年05月23日

「思いと願い」(その2)

○前回のあらすじ

僕は、漠然と「みんな優しい人間になってほしいなぁ」と思いながら指導
していた。みんなが優しい大人になって、優しさを世界に振り撒いてほし
いなぁ、そうすれば世界平和も訪れるかもしれないなぁ、と。


それから、「優しくなってほしい」という願いのほかに、もう一つあって、
それを思いながら、国語という教科を教えていた。

続きを読む "「思いと願い」(その2)" »

2009年05月15日

「思いと願い」(その1)

「将来、○○(な)大人になってもらいたい」。


お子さんをお持ちの方であれば、多かれ少なかれ、○○に自分の希望や期
待を込めて、お子さんの成長を願っていらっしゃることだろう。

続きを読む "「思いと願い」(その1)" »

2009年05月08日

「塾選び」


仕事柄、知り合いのお母さんから、お子さんのことでご相談を受けること
も少なくない。

続きを読む "「塾選び」 " »

2009年04月29日

「やる人(後編)」


○前回のあらすじ

「やる人」と「やらない人」。この世には2種類の人間がいるような気がする。
さて、最近、身近に「やる人」を発見して、とっても感動した。

続きを読む "「やる人(後編)」 " »

2009年04月23日

「やる人(前編)」

いわゆる「大人」であろう人種になって随分経つと思われるが、
最近、僕なりになんとなく理解したことがある。


「この世には2種類の人間がいるであろう」ということだ。

続きを読む "「やる人(前編)」 " »

2009年04月15日

「ハシラ」

春。生徒は新しいクラス、新しい仲間で新鮮な気持ちで新学年のスタート
を切っている。塾でも新入生を迎える数が一番多いのもこの季節。そして
新しいのは生徒だけでなく、教師も。

続きを読む "「ハシラ」 " »

2009年04月08日

「鈍感」

「かわいそぉ~~」と言われて、一瞬、何のことだか分からなかった。
「うん?」という僕の疑問顔を見たのだろう。典子(中2)が注意の
意味も込めて説明してくれた。

続きを読む "「鈍感」" »

2009年04月01日

「授業」

中学生に実施した何かのアンケートで、「どんな授業がつまらないですか」
という質問があったのを覚えている。

続きを読む "「授業」" »

2009年03月25日

「父子」

あるお父さんと息子さんの話をご紹介したい。お父さんの職業は教師。
英語を教えている。息子さんは中2の男の子で、名前を仮に健治君と
しよう。

続きを読む "「父子」" »

2009年03月18日

「私立中学入試から」

先日、3つの大手中学受験塾の入試報告会に聴衆として参加してきた。
入試の志願者動向や塾の取り組みや方針、今年度の入試の特徴などが説
明された。

続きを読む "「私立中学入試から」" »

2009年03月12日

「大切なモノ」

あなたのとってもとっても大切なモノは何ですか?
ちょっと考えてみてください。

続きを読む "「大切なモノ」 " »

2009年03月04日

「ジンカンセイについてのブツゴ」

I先生が言う。


「メールアドレスからメールアドレスかと思っちゃったよ」


一瞬、何のことか分からず「どうしたんすか?」と聞き返す。I先生は、
名刺を見ながらパソコンにメールアドレスを打ち込んでいた。

続きを読む "「ジンカンセイについてのブツゴ」" »

2009年02月25日

「見えるもの」

16年の沈黙を破って半年になる。


といっても、さほど大袈裟なことではない。半年前から車に乗っている
のだ。運転免許証は学生時代に取っていたのだが、取得以来乗っておら
ず、典型的なペーパードライバーであった。僕にとっての免許証はすな
わち「身分証明書」でしかなかった。

続きを読む "「見えるもの」 " »

2009年02月23日

「あいうえお」

あめんぼ あかいな あいうえお うきもに こえびも およいでる
かきのき くりのき かきくけこ きつつき こつこつ かれけやき
ささげに すをかけ さしすせそ そのうお あさせで さしました

続きを読む "「あいうえお」 " »

2009年02月13日

「引く」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前号のあらすじ

自習の見回りをしていたとき、慶介(中学受験5年)は算数の図形問題で
困っていた。それはとても単純な問題だったのだが、これ以降、生徒の様
子を見ていたら、やはり彼と同様のことでつまずいているような気がした。

続きを読む "「引く」(後編) " »

2009年02月07日

「引く」(前編)

授業の空き時間があり、自習の見回りをしていた。教室には小学生が10人
ぐらいいた。「分からない問題があったら質問しろよ」と声を掛けて回る。

続きを読む "「引く」(前編) " »

2009年01月28日

「頑張れ!」

首都圏の国私立中学入試は、2月1日に始まり、約1週間続く。一人当た
り3~6校という複数受験だ。

続きを読む "「頑張れ!」" »

2009年01月21日

「車掌さん」

子供に夢を与えるとってもステキなお話をある方から聞いたのでご紹介し
たい。

続きを読む "「車掌さん」" »

2009年01月14日

「急落」(後編)

○前回のあらすじ

僕の知り合いで、小6の娘さんをお持ちのMさんという方がいらっしゃる。
この娘さんが二月に中学受験をするため、猛烈に勉強中なのだが、それま
で、65前後、調子のいいときは70も越えることのあったクルミちゃん
(娘さん)の模擬試験の偏差値が、最近45ぐらいまで急落したという。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「急落」(後編)" »

2009年01月07日

「急落」(前編)

仕事抜きでも、知り合いのお母さんと話す機会があると、やはり必ずお
子さんの話題になってしまう。


僕のほうもつい「お子さん、最近どうですか?」なんて聞いてしまうも
んだから、必然、子供の話になるのだけれど、ちょっと水を向けると堰
を切ったかのように話し始めるお母さんが少なくない。

続きを読む "「急落」(前編)" »

2009年01月06日

年始のご挨拶

明けましておめでとうございます。
あまり景気の良い話が聞こえてこないまま新年を迎えました。

続きを読む "年始のご挨拶" »

2008年12月24日

「メリークリスマス!」

二人のお子さんをお持ちのIさんは、今年もお子さんから手紙を受け取り
ました。ご本人は「もらっちゃった」という表現で困惑ぶりを表現してい
ました。それでも、それを語る表情は笑顔です。

続きを読む "「メリークリスマス!」 " »

2008年12月17日

「そっくり」

ちょっとした騒ぎになっている。


冬期講習初日。授業前、受験を控えた小6生たちが、入り口からある教室
を覗いている。

続きを読む "「そっくり」" »

2008年12月10日

「声」

僕は地声がでかい。


塾の講師として、それは悪いことではない。大きな声は「元気」や「熱意」
が伝わる。大きな声を出すと、自分も元気になる。声=エネルギーだ。

続きを読む "「声」 " »

2008年12月03日

「死ぬな」(後編)

○前回のあらすじ

3年間、クラス替えもなく、担任の先生も替わらなかった高校時代の担
任の先生は、長い休みに入る前日のホームルームに決まってこう言った。


「いいか、みなさん、死ぬなよ」と。


正直、「またか」と思う。「死なないよ」と思う。ボクと同じ気持ちな
のだろう。他のみんなも苦笑している。


しかし、先生は真顔で言うのだ。「死ぬな」と。

続きを読む "「死ぬな」(後編) " »

2008年11月27日

「死ぬな」(前編)

子供が「死ね」とか「殺す」なんていう言葉を吐く場面に遭遇することが
ある。

続きを読む "「死ぬな」(前編) " »

2008年11月12日

「佐藤君の話から」(前編)

今日は僕の友人の話をします。仮に佐藤君としておきます。


彼は小学五年のとき、北海道から神奈川県の横浜市に引っ越してきま
した。転勤族のお父さんの仕事の関係でいろんなところに住んだよう
ですが、ようやく横浜に落ち着くことになりました。

続きを読む "「佐藤君の話から」(前編) " »

2008年11月05日

「疲れるから」

「疲れるから」。これが塾を嫌いな理由である。


少し前に文部科学省から公表された「子どもの学校外での学習活動に関す
る実態調査報告」の中に、『塾を嫌いな理由』の各項目の割合が掲載され
ていた。

続きを読む "「疲れるから」 " »

2008年10月29日

「剣道と先生と命と」(後編)


○前回のあらすじ

小3から地元の少年剣道団で、週3回剣道を習っていた僕は、とても弱く、
それを見るに見かねた母親が近所の魚屋のおじさんに特訓をお願いした。

その道では結構有名なそのおじさんのもと、週1回、弟と「先生」の息子
さん兄弟と練習を重ねた。

続きを読む "「剣道と先生と命と」(後編)" »

2008年10月22日

「剣道と先生と命と」(中編)

○前回のあらすじ

小3から地元の少年剣道団で、週3回剣道を習っていた僕は、とても弱く、
それを見るに見かねた母親がある先生に特訓をお願いした。

続きを読む "「剣道と先生と命と」(中編)" »

2008年10月15日

「剣道と先生と命と」(前編)

人の命の重さを初めて実感したのは、小学6年生だった。もしかすると
それが最初で今のところ最後かもしれない。

続きを読む "「剣道と先生と命と」(前編)" »

2008年10月08日

「探す」(後編)

○前回のあらすじ

小4の算数の授業が始まっていたが、裕未がまだ来ていない。
家へ電話をした事務スタッフのEさんは焦った調子で僕にこう伝えた。

「裕未ちゃん、随分前に家を出たって!」

続きを読む "「探す」(後編)" »

2008年10月01日

「探す」(前編)


塾で一番あってはならないこと。


それは、生徒の成績が下がることでも、不合格でもない。
もちろん、それらが起こることは望ましくない。
成績を上げる、志望校に合格する。
そのために生徒たちは日々、頑張っているのだから。

続きを読む "「探す」(前編)" »

2008年09月24日

「名言」

突然だが、あなたの好きな言葉は何だろうか。


知人に尋ねてみると、「一期一会」や「全力」といった熟語や、高杉晋作
の「面白きこともなき世を面白く」というような偉人の名言までいくつか
挙がった。

続きを読む "「名言」" »

2008年09月17日

「完璧主義者」(後編)

前回のあらすじ

居酒屋にてI先生との会話は、仕事のことから、お互いの性格の話になる。
『完璧主義者』のI先生は、「どうして、そうなったのか」という僕の質問
に興味深い話をしてくれた。

続きを読む "「完璧主義者」(後編) " »

2008年09月10日

「完璧主義者」(前編)

「そんなことにまで、言われちゃうんだよ」。

そう言って、I先生は、ジョッキに残ったビールをクイッと呑む。

「僕が完璧主義になったのは、やっぱり、ああいうことの積み重ねのせい
だと思うんだよね」

続きを読む "「完璧主義者」(前編) " »

2008年09月03日

「邂逅」

日常のふとした瞬間に出会うことがある。


コンビニのレジで。
買い物途中の雑踏で。
仕事帰りの居酒屋で。
チョイ込みの電車の中で。


確信はあっても、僕からは声をかけられない。
「僕のことなんて忘れている」と思うからだ。

続きを読む "「邂逅」" »

2008年08月27日

「ドラ」(後編)

○前回のあらすじ

小6中学受験の授業で、「物語文の続きを書く」という記述問題を扱った。


中学生の淡い恋愛を描いた物語文だったのだが、主人公の女の子の、男の子
を好きだと思う気持ちは明白なのだが、実は、彼も彼女を好きだという気持
ちを読み取るのが難しく、

二人は両想いでハッピーエンドとなる話を書くのは、生徒にとってなかなか
難しかった。

続きを読む "「ドラ」(後編)" »

2008年08月20日

「ドラ」(前編)

のび太クンは学校に行ってるし、居間で寝転がってドラ焼きをかじりなが
ら、テレビで「昼ドラ」をボーっと見る。「ある意味、こんな贅沢な時間っ
てないよねぇ」とつぶやくネコ型ロボット。


彼女の頭の中で、きっとこんな映像が一瞬のうちに駆け抜けたに違いない。

続きを読む "「ドラ」(前編)" »

2008年08月18日

「文学史」(後編)

○前回のあらすじ

夏期講習。
中3難関国私立高校受験クラスの国語の授業では、文学史を扱う。


毎年、時代背景、作品名と作者を教えるのだが、定着があまり良くない。
そこで、ある年の夏期講習、なんとか後々までも覚えておいてくれるよ
うに、一計を案じ、視覚にも訴えることにした。

続きを読む "「文学史」(後編)" »

2008年08月06日

「文学史」(中編)

○前回のあらすじ

夏期講習。
中3難関国私立高校受験クラスの国語の授業では、文学史を扱う。


毎年、時代背景、作品名と作者を教えるのだが、定着があまり良くない。
そこで、ある年の夏期講習、なんとか後々までも覚えておいてくれるよ
うに、一計を案じることにした。

続きを読む "「文学史」(中編)" »

2008年07月30日

「文学史」(前半)

講習中は学校の授業がない。
いや、むしろ、学校が長い休み期間だからこそ、塾で講習をやると言ったほ
うが正しいだろう。

続きを読む "「文学史」(前半)" »

2008年07月23日

夏の始まり

T室長が嬉しいことを言ってくれた。

「『小3の担当は、また荒木先生ですか?』って声が多いですよ」

春期講習で小3の授業を担当した。講習が終わって、そのまま入塾して
くれた生徒もいれば、そうでない生徒もいた。

続きを読む "夏の始まり" »

2008年07月16日

「直してほしいこと」

一昔前なら、長電話、今は・・・・。


先日、個人的に知り合いの、個人塾の先生が面白いことを教えてくれた。
小学生の生徒にあることを書いてもらったそうだ。


テーマは、「お母さんに直してほしいこと」。

続きを読む "「直してほしいこと」" »

2008年07月09日

「保護者会」(後編)

○前回のあらすじ

保護者会で初めて話すこととなった。
一回目のリハーサルでは、ダメ出しばかりだった。

次回のリハーサルまでに修正しなければならない。
ただ、自分としての目標があり、それは、ぜひ達成したかった。

続きを読む "「保護者会」(後編)" »

2008年07月02日

「保護者会」(前編)

人前で話すのはやはり緊張する。


授業ではいつも生徒の前で話しているではないか、と思われるかもしれな
い。そうなのだが、実は、授業で緊張することも少なくない。初めてのク
ラスで授業を行うときは間違いなく、ドッキドキだ。

続きを読む "「保護者会」(前編)" »

2008年06月25日

「手を振る」

自宅の目の前に私鉄の線路が通っている。


もちろん、道路と線路の間には高い網状の柵が設けられ容易に線路内には
入れない。


その線路脇で、小さな男の子がお母さんと一緒に電車を眺める光景をよく
見かける。

続きを読む "「手を振る」" »

2008年06月18日

「習字の先生」(後編)

○前回のあらすじ

僕は小3から小5まで、地元では名士と言われる人に書道を習っていた。

僕が小5のときだ。
新年の朝の有線電話の放送で、百人一首の朗読が行われた。1日二十首ず
つ、平日1週間かけて毎朝放送された。

続きを読む "「習字の先生」(後編) " »

2008年06月11日

「習字の先生」(中編)

○前回のあらすじ

僕は小3から小5まで、地元では名士と言われる人に書道を習っていた。
厳しい先生だったが、お正月には生徒を集めて新年会を開いてくれた。

新年会では坊主めくりに百人一首をやった。
百人一首の読み手は、先生の奥さんだ。

奥さんは子供にとても優しいお婆ちゃんで、先生が子供を叱ると、
それをたしなめるような人だった。

威厳ある先生と優しい奥さん。理想的な老夫婦だったのだが。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「習字の先生」(中編) " »

2008年06月04日

「習字の先生」(前編)

みんな、そうだが、かつて僕も生徒で、「先生」からいろいろと教わった。
それは、学校だけでない。僕が育った田舎には学習塾なんてものは当時な
く、学校以外の「先生」といえば、それは習い事の先生だった。

続きを読む "「習字の先生」(前編) " »

2008年05月28日

「黒板」

生徒への授業アンケートで、こう書かれたことがある。ある中2の女生徒
だった。


「黒板を叩かないでほしい」。

続きを読む "「黒板」" »

2008年05月21日

「乙女」

最初はちょっと驚いたが、周りの生徒にとっては別段変わったことではな
いらしい。そんな様子を見て、「案外、いい時代になったんじゃねぇの」と
思った。

続きを読む "「乙女」" »

2008年05月14日

「つづらの中身」(後編)

○前回のあらすじ

先日、知り合いが、あるお寺へ座禅の修行に行ったとき、そのお寺の僧侶
の方がお話になった内容がひどく印象に残ったそうだ。

お坊さんは、昔話の「舌切り雀」の話をした後、修行の参加者にこう問い
かけた。

「もし、お爺さんが大きなつづらを持って帰っていたら、その中身は何で
あっただろうか?もし、お婆さんが小さなつづらを持って帰っていたら、
その中身は何であっただろうか?理由まで考えてください」と。

続きを読む "「つづらの中身」(後編)" »

2008年05月07日

「つづらの中身」(前編)

先日、知り合いから面白い話を聞いたので、今回はそれをご紹介したい。
彼が、あるお寺へ座禅の修行に行ったとき、そのお寺の僧侶の方がお話に
なった内容がひどく印象に残ったらしい。

生徒やお子さんに同じ話をしたら、彼らはどのように答えるだろうか。
もし、よければ、話してみてほしい。

続きを読む "「つづらの中身」(前編)" »

2008年04月30日

「居残り」(後編)

○前回のあらすじ

中3難関国私立選抜クラスでの初めての漢字テスト。
範囲となる漢字は1週間で75問。
同じ漢字の読みと書きがあるので、150ほど覚えてこなければならない。

満点合格のそのテストで、20人中、不合格者は、全員男子で、10人ほど。
当初の約束どおり居残りである。しかも、全員が居残り初体験であった。

続きを読む "「居残り」(後編) " »

2008年04月23日

「居残り」(前編)

ホントはそんなこと生徒に言わせちゃいけない。
それなのに。

国語では、小3だろうが、中3だろうが、どの学年も関係なく、授業の
最初に「漢字テスト」を行う。

テスト範囲は、前もって指定してあり、生徒は1週間でその範囲を練習
し、覚えてくる。

続きを読む "「居残り」(前編) " »

2008年04月16日

達人

面白いように、ポンポンと、的となったドラム缶に当ててゆく。
その様子に目を見張った。手で投げているわけじゃないからだ。

白球を右手ですくい、バットをコンッとぶつけ、ボールを飛ばす。
いわゆる「ノック」というやつだ。

続きを読む "達人" »

2008年04月10日

「境目」

駅のホームで電車を待っていると、小中学生の頃よく聞かされたのに似た、
非常に不快な甲高い声が、左斜め後ろから流れてきた。


激しく降る雨がホームの屋根にぶつかり、バラバラと音を立てていたが、
それでも、その声ははっきりと僕の耳まで届いた。

続きを読む "「境目」" »

2008年04月02日

「春期講習2限目」

○前回のあらすじ

講習授業では、授業に入るクラスの順番がだいたい決まっている。
F校舎にいたときの僕の春期講習の時間割は、1限目に小学3年生、2限
目に中学3年生(難関国私立コース)、3限目に小6(受験)というパター
ンが多かった。

続きを読む "「春期講習2限目」 " »

2008年03月26日

「春期講習1限目」

講習授業では、授業に入るクラスの順番がだいたい決まっている。


F校舎にいたときの僕の春期講習の時間割は、1限目に小学3年生、2限
目に中学3年生(難関国私立コース)、3限目に小6(受験)というパター
ンが多かった。

続きを読む "「春期講習1限目」 " »

2008年03月19日

「誘惑」

「最近は特にいろんなモノがありますからね。TVやマンガだけでなく、
パソコンやゲーム、それに携帯電話を持っている子も多いですね」


あるTV番組で、出演者の誰かが言っていた。子供たちを「誘惑」して
しまうものだ。流してみていたのでよく覚えていないが、家で勉強をし
ない原因、みたいな話の流れだったと思う。

続きを読む "「誘惑」" »

2008年03月12日

「いくつ」

生徒が言う。「先生、いくつ?」

僕が答える。「58キロ」

不満顔で生徒が言う。「そうじゃなくてさぁ・・・」

すっとぼけて僕が答える。「あぁ、ゴメン、ゴメン、167センチ」

「・・・・」

続きを読む "「いくつ」" »

2008年03月05日

「驚愕」(後編)

○前回のあらすじ

とある大手中学受験塾の、ある教室における驚きの出来事を聞いた。
小6のA子ちゃんのお母さんとその教室の室長の面談で、開口一番、
驚きの一言が・・・。

続きを読む "「驚愕」(後編)" »

2008年02月27日

「驚愕」(前編)

おそらく、僕が聞いた話の中で、その驚愕度合いは1、2を争うであろう。
とある大手中学受験塾の、ある教室での実際の出来事である。


「うそー、ホント、マジで~~~~!?で、その生徒どうしたの?」と思
わずでかい声が出た。

続きを読む "「驚愕」(前編)" »

2008年02月20日

「クシャっ」

ある日の中学受験6年生の授業のこと。

「はい、時間!そこまで!!」と問題演習を切り上げた。
すると「もう、ホント、やだ!」とぼやいたのは美羽である。

続きを読む "「クシャっ」" »

2008年02月13日

「激励」

フラフラっとやってきたS先生。足元がどことなくおぼつかない。
目も腫れぼったいが、ま、それは僕もおんなじだ。


「しかし、どうしてS先生がここに?」

続きを読む "「激励」" »

2008年02月06日

「モチベーション」(後編)

○前回のあらすじ

小4あたりから中学受験勉強を始めるご家庭が多いだろう。
ただ、小4は学習に対するモチベーションを維持させるのがなかなか
難しい。

そんな小4に関することで、先日、ある中学受験塾の先生からこんな
話を聞いて、なんだかちょっと悲しくなった。

続きを読む "「モチベーション」(後編) " »

2008年01月30日

「モチベーション」(前編)

だいたい小学4年生あたりから、私立中学入試に向けての受験勉強を始め
るご家庭が多いのではないか。昨今の中学受験ブームで、小3・小2から
という人も少なくないだろう。

続きを読む "「モチベーション」(前編) " »

2008年01月23日

「回す」

日本語って難しい。人に何かを伝えるのって難しい。


ふとしたことでそんなことを思う。


2歳になる女の子をお持ちのお母さんからこんな話を聞いた。

続きを読む "「回す」" »

2008年01月16日

「約束」

先日、こんな話を聞いて、考えさせられた。

小学5年生の男の子が大好きな習い事をやめることになった。
いや、正確に言えば「やめさせられた」。彼の母親によって。

理由は、約束を破ったから。

続きを読む "「約束」" »

2008年01月09日

「部活」

塾に通う小学6年生だからといって全員が私立中学受験をするわけではな
い。


中学受験者率はここ数年上昇しているが、それでもやはり、一般的には受
験をしない6年生のほうが圧倒的に数は多い。

続きを読む "「部活」" »

2008年01月07日

【元旦特別号】ある日の教室

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

続きを読む "【元旦特別号】ある日の教室" »

2007年12月26日

「上から」(後編)

○前回のあらすじ

生徒が回答した授業アンケートの集計結果を見ていたら、中1のあるクラ
スの英語で『荒木先生がいい』という自由記述欄の意見を発見した。

しかし、僕はそのクラスでは授業を受け持っていない上に、英語は、中2
で週1コマ担当するだけで、ほとんどが国語の授業である。

続きを読む "「上から」(後編) " »

2007年12月19日

「上から」(前編)

意表を突かれた。「うん?どうしてオレの名前が出てくるんだ?」

続きを読む "「上から」(前編) " »

2007年12月12日

「面白さ」(後編)

○前回のあらすじ

小5の授業で次回から「詩」の授業になることを予告すると、一番前の席
に座っている友恵が「詩はつまんないから、イヤだ」と言った。

続きを読む "「面白さ」(後編)" »

2007年12月05日

「面白さ」(前編)

国語は他の教科と違って教える単元(分野)が少ない。


文章に限れば「小説文/物語文」、「論説文/説明文」、「随筆文」、「古文」、
「漢文」、「韻文(詩・短歌・俳句)」、大きく分けてこの6つである。

続きを読む "「面白さ」(前編) " »

2007年11月28日

お父さん(後編)

○前回のあらすじ

面談で、「お父さんにもっと協力してほしい」という美優(小5中学受験)
のお母さんにあることを提案した。

続きを読む "お父さん(後編)" »

2007年11月21日

「お父さん」(前編)

美優(小5中学受験)のお母さんが面談でため息混じりに言う。


「もうちょっと協力してくれるといいんですけど、『好きにやればいい』、
『頑張ればどこでもいい』って、いつもそういう調子なんです」

続きを読む "「お父さん」(前編)" »

2007年11月14日

「ある疑問」

以前から気になっていたことがある。はたして本当なのだろうかと。
しばらく忘れていたのだが、先日、その疑問をまた思い出してしまった。

続きを読む "「ある疑問」 " »

2007年11月07日

「電車内」(後編)

○前回のあらすじ

子供たちに「電車で化粧をする行為をどう思うか」きいてみたところ、
大半の生徒が反対意見だった。子供は意外にモラリストなのだ。

続きを読む "「電車内」(後編) " »

2007年10月31日

「電車内」(前編)

子供たちは大人よりずっとモラリストだと思う。意外かもしれないけれど。


以前、生徒に「電車の中でお化粧する女性をどう思うか?」ときいたこと
がある。確か中学受験する小学6年生だった。授業で扱う説明文でも「マ
ナー」に関するものは少なくない。

続きを読む "「電車内」(前編) " »

2007年10月24日

「事件」

いきなり後ろから口を塞がれて連れて行かれそうになった。

幸い、周りに友達がいた。

その子たちが男の背中を必死に叩くなどして、大事には至らなかった。

続きを読む "「事件」" »

2007年10月17日

「過去問」(後編)

○前回のあらすじ

夏期講習が終わり、9月に入ると、中学受験生は本格的に「過去問演習」
の指導が始まる。

志望校ごとに、生徒それぞれでいろいろと戦略が必要なのだが、当然、
学校の入試傾向に合わせるのに、随分と苦労する生徒もいる。千春もそ
の1人だった。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「過去問」(後編) " »

2007年10月10日

「過去問」(中編)

○前回のあらすじ

夏期講習が終わり、9月に入ると、中学受験生は本格的に「過去問演習」
の指導が始まる。

志望校ごとに、生徒それぞれでいろいろと戦略が必要なのだが、当然、
学校の入試傾向に合わせるのに、随分と苦労する生徒もいる。千春もそ
の1人だった。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

続きを読む "「過去問」(中編) " »

2007年10月03日

「過去問」(前編)

夏期講習が終わり、9月に入ると、中学受験生は本格的に「過去問演習」
の指導が始まる。


「過去問演習」とは、簡単に言うと、各学校の過去の入試問題を解き、
入試に向けて実践的な学力をつけていくものである。

続きを読む "「過去問」(前編) " »

2007年09月26日

「そんなに」

先日、僕が目にした親子について今日は書きたい。
「どうして、そんなに怒るの?」と強く思ったからだ。

休日に書道教室に通っている。僕が通う教室には大人クラスと子供クラス
があり、子供クラスは平日の夕方、大人クラスは土日、平日の午前・昼に
設定されている。

続きを読む "「そんなに」" »

2007年09月19日

「誤解」

一体どこからそんな考えを仕入れてくるのか。子供同士の会話を聞いてい
ると、そんなことを思う瞬間がある。

マスコミの影響も多少はあるのだろうが、やはり、お母さんやお父さんの
影響が一番強いように感じる。

続きを読む "「誤解」" »

2007年09月12日

「電話」(後編)

○前回のあらすじ

個人担当の真子のお母さんから電話がかかってきた。しかし、なかなか
本題へと入らない。ようやく本題へ入るがその内容に少なからず驚いた。

続きを読む "「電話」(後編)" »

2007年09月05日

「電話」(前編)

教室にはよく電話がかかってくる。やはり保護者の方からかかってくる割合
が多い。欠席連絡やお子さんの学習相談などが主な内容だ。


その日も、いつものような一日で、いつものように授業の教材準備をしてい
たときに、いつものように職員室にある5台の電話が鳴った。

続きを読む "「電話」(前編)" »

2007年08月29日

「品評会」(後半)

○前回のあらすじ

先日、嫁が面白いことを言い出した。
運動音痴の嫁曰く「体育は品評会」であるらしい。

続きを読む "「品評会」(後半) " »

2007年08月22日

「品評会」(前半)

「入隊」というらしい。なにやら物騒な物言いに最初は何事かと思った。
「Billy's Boot Camp」というダイエットDVDだと後に知る。


ビリーなるアメリカの方のエクササイズDVDが爆発的に売れているようだ。
DVDを見ながら一緒に体を動かすのだが、購入した僕の知り合いによると、
その運動量は半端でないらしい。

続きを読む "「品評会」(前半) " »

2007年08月20日

「がんばる」

漢字練習ノートを返したら、絵美(小5受験)の喜ぶ声が聞こえてきた。
そうか、そんなことでもやっぱり嬉しいんだな、と改めて感じた。

続きを読む "「がんばる」" »

2007年08月08日

「言われたこと」

「言われたことしかやらないんですよ」


この言葉を今まで何度も耳にしてきた。


「言われたことだけじゃなくて、自分からもっと進んでいろいろ勉強してほ
しいんです」

続きを読む "「言われたこと」 " »

2007年08月01日

「M」

Mという同期入社の先生がいた。サルみたいな顔をしたチンチクリンで、
なかなか調子のいいヤツだった。


彼と僕は、研修を終えて同じ校舎に配属された。今思えば、新人が全く同
じ校舎に配属になるのは珍しいことだったように思う。

続きを読む "「M」 " »

2007年07月25日

「元○○」

ここ数年なのだが、ちょっと納得いかないことがある。
こんなことを言うと、「ひねくれ者」、「天邪鬼」と言われるかもしれないが。


それは、元ヤンキーだの、元暴走族だの、いわゆる、若い頃はヤンチャして
とっても悪かったが、今は更生してこんなに立派になってますよ、という報
道やニュースのあり方である。

続きを読む "「元○○」 " »

2007年07月18日

「帰国」(後編)

○前回のあらすじ

帰国子女の舞とお母さんが塾へやってきたのは小6の5月だった。
中学受験を希望しているのだが、他の塾では断られたらしい。

しかし、僕たちは大歓迎だった。
室長も僕もある確信があったのだ。

続きを読む "「帰国」(後編)" »

2007年07月11日

「帰国」(前編)

舞とお母さんが塾へやってきたのは、確か5月の連休が明けた頃だった。


お母さんの話によると、「他にも2件ほど塾を回ったが、受付の段階で断
られた」とのことだった。


なぜか。ちょっとした事情があったからだ。


続きを読む "「帰国」(前編)" »

2007年07月04日

「場面設定」(後編)

例えば英語の「受動態」の授業。これも僕は前から疑問に思っていた。
ある塾用テキストの例文がこれである。


『This computer is used by Ken.』
(このコンピューターは健によって使われています。)


「不自然でしょ、これ?」と思う。

続きを読む "「場面設定」(後編)" »

2007年06月27日

「場面設定」(前編)

職員室。質問なのか、それとも、個別に呼び出されたのか、中3の麻美が
なんだか納得いかない顔でM先生の話を聞いている。


怒られているのではない。ある英語の一文の和訳の説明を受けているのだ。

続きを読む "「場面設定」(前編)" »

2007年06月20日

「対決」(後編)

○前回のあらすじ

授業前の空き教室で、自習をしている生徒がいた。
中2の涼子と香織、小6、中学受験生の翔平だ。

しばらくすると、涼子と香織のはしゃぎ声がする。
このままでは翔平の勉強の邪魔になる。

そこで、彼女たちにちょっと刺激を与えてやろうと思った。

続きを読む "「対決」(後編)" »

2007年06月13日

「対決」(前編)

子供たちにとって学習塾という場所は、実は学校よりも多様な世界なの
かもしれないと思う。


空き教室で中学生が中間テストのための自習をしているかと思えば、同
じ教室で小学生が個別課題に取り組んでいる。


「この子、いっつも一番だよね、すごいね!」


小学生の模擬試験の順位表を見ながら中3の女の子たちが話している。


小学生にとっての中学生、中学生にとっての小学生。お互い、なんとな
く刺激になる部分もあったりするのではないか。

続きを読む "「対決」(前編)" »

2007年06月06日

「歌詞」(後編)

○前回のあらすじ

詩の授業で、歌詞を用いて比喩などの表現技法を教えたことがある。

比喩や体言止めなどの解説をまず行い、「これらの表現技法が使われている部分を探してみよう!」と言いながら、あらかじめ用意しておいた歌詞のコピーを配布した。

続きを読む "「歌詞」(後編)" »

2007年05月30日

「歌詞」(前編)

勉強が大好きで、だから塾に来ている。そんな生徒は数えるほどしかない
のではないか。


多くの生徒は、「受験のため」や「成績を上げるため」に塾に来る。


また、「親が行けと言うから」と理由も少なくないように思う。


「やらなくていいのなら、勉強なんてしたくない!」というのが彼らの本
音だろう。かく言う僕もそうだった。

続きを読む "「歌詞」(前編)" »

2007年05月23日

「偏差値」(後編)

○前回のあらすじ

小学4年生の女の子で中学受験を考えていらっしゃる
お母さんのお話をうかがった。

友人の、知り合いのお子さんがY学園にお通いになっているらしく、
Y学園の受験を考えていらっしゃるとのこと。

お母さんは「偏差値は50くらいですよね?」という
ことをおっしゃった。

学校の偏差値は、その年によっても、そして学習塾によっても異なる。

続きを読む "「偏差値」(後編) " »

2007年05月16日

「偏差値」(中編)

○前回のあらすじ

小学4年生の女の子で中学受験を考えていらっしゃる
お母さんのお話をうかがった。

友人の、知り合いのお子さんがY学園にお通いになっているらしく、
Y学園の受験を考えていらっしゃるとのこと。

お母さんは「偏差値は50くらいですよね?」ということをおっしゃっ
た。

続きを読む "「偏差値」(中編) " »

2007年05月09日

「偏差値」(前編)

塾へ直接ご来訪いただいたお母さんのお話をうかがったときの話だ。


お子さんは小学4年生の女の子で中学受験を考えていらっしゃるとのこと。
塾経験はない。


「どこかお考えの中学校はございますか?」と訪ねてところ、女子校のY
学園の名前が挙がった。


続きを読む "「偏差値」(前編) " »

2007年05月02日

「連休!」

ゴールデンウィークなんぞ関係なく、授業を行ったり、特訓を行ったり
する学習塾も少なくない中、ありがたいことに、当時、僕が勤める塾は
一般企業並みの大型連休となっていた。


もちろん、生徒達もこの間は休講となるわけで、それ相応の宿題が課さ
れることとなる。

続きを読む "「連休!」 " »

2007年04月25日

「採点」

どうやら、先生同士で揉めているらしい。


小テストの採点についてである。


先日、知り合いの塾の先生に誘われてお酒を呑みに行った。

その先生は大手中学受験塾で働いている。

身分は正社員ではなく時間講師である。

続きを読む "「採点」" »

2007年04月18日

「スタート」

紆余曲折を経て、4月から社会人の仲間入りを果たした教え子のN君。
彼が社会人になる前の最後のアルバイトが個別学習塾の先生だった。


保護者の方々の中には、学生のアルバイトの先生を嫌がる方も
いらっしゃる。


『学生=未熟』というイメージがあるのだろう。アルバイトなので
片手間にやられるのではないか、という心配もあるのだろう。

続きを読む "「スタート」" »

2007年04月11日

「変化」

案の定、光太郎(中2)のお母さんは驚きの声をあげた。学校名を丸で囲
み、ボールペンの先で数値を指し示した直後のことである。


「えっ、こんなに高いんですか!!」


新入生の光太郎。お母さんとの面談はその日が初めてだった。そうでなけ
れば、こんなに驚くこともない。僕は答える。

続きを読む "「変化」" »

2007年04月04日

「買い物」(後編)

○前回のあらすじ

つい最近、衝撃的な話をとある学習塾の先生から聞いたのだ。
「買い物」にまつわる話である。

続きを読む "「買い物」(後編) " »

2007年03月28日

「買い物」(前編)

テレビを見て涙ぐむなんていうことは滅多にない。よくドラマを見て泣
く人がいるが、感受性が豊かでないのか、ドラマでは今一つ泣けない。


しかし、そんな僕にもツボがある。スポーツと子供だ。ある選手の引退
試合かなんかで、その選手の子供が花束を持って来ちゃったときにゃぁ、
最高に泣けちゃうのだ。


しかし、そんな場面は滅多にない。だから、泣ける番組ということでぱ
っと思いつくのは「はじめてのおつかい」なる番組である。ご存知の方
も多いだろう。

続きを読む "「買い物」(前編) " »

2007年03月21日

「マイケル」(後編)

○前回のあらすじ

普段、国語しか教えていない僕が「新中学1年生準備講座」の英語の授業
を担当することとなった。


国語教師「荒木又衛門」は「マイケル荒木」と名を変え、授業に備えなけ
ればならなくなった。


歌にゲームにパフォーマンス。練習して授業に臨んだ。

続きを読む "「マイケル」(後編)" »

2007年03月14日

「マイケル」(中編)

○前回のあらすじ

普段、国語しか教えていない僕が「新中学1年生準備講座」の英語の授業
を担当することとなった。


国語教師「荒木又衛門」は「マイケル荒木」と名を変え、授業に備えなけ
ればならなくなった。

続きを読む "「マイケル」(中編)" »

2007年03月07日

「マイケル」(前編)

「マイケル荒木」である。


今思うと、ひねりも何もない、実に安直な―というと、ジャクソンを始め
とする世界中のマイケルさんに失礼か―名前である。

続きを読む "「マイケル」(前編)" »

2007年02月28日

「しょっぱさ」④

○前号のあらすじ

絶対間違いないと思われていた明恵のF学院不合格。僕の担当教科である
「国語」が足を引っ張ったのは間違いない。

輝彦の繰上げ合格の様子を見て、明恵のことを思わずにはいられなかった。

続きを読む "「しょっぱさ」④" »

2007年02月21日

「しょっぱさ」③

○前号のあらすじ

輝彦が、第一志望校のA中学の繰上げ合格を知らせに塾へやってきた。
合格発表から1週間後のことだった。

みんなに祝福され、はにかむ様子を見て、嬉しい気持ちの反面、どうし
ても明恵のことを思い出さずにはいられなかった。


続きを読む "「しょっぱさ」③" »

2007年02月14日

「しょっぱさ」②

○前号のあらすじ

一週間前、中学受験を終えたばかりの輝彦。第一志望のA中学は残念なが
ら不合格になり、第二志望のZ中学への進学が決まっていた。
その彼が塾へやってきて、「先生」と声をかけてきた。


受験を終えた輝彦がわざわざ来てくれた。一体どんな用件なのか。努めて
明るく声をかけながら彼の元へ。


すると彼は両のこぶしを握り、両腕を突然上げた。

続きを読む "「しょっぱさ」②" »

2007年02月07日

「しょっぱさ」①

「先生」と呼ぶ声がした。


顔を上げると、輝彦が立っている。彼は一週間前、中学受験を終えたばか
りだ。第一志望のA中学は残念ながら不合格になり、第二志望のZ中学へ
の進学が決まっていた。

続きを読む "「しょっぱさ」①" »

2007年01月31日

「納得」

学生時代の友人とたまに会って呑むことがある。


語らないですますことができるのなら、そう願いたいが、しかし、やはり互いの仕事の話になってしまうのはやむを得ない。

以前、大学時代の親友Kと呑んだときのことだ。最近、仕事で起こった面白い出来事が話題となった。

続きを読む "「納得」" »

2007年01月24日

「三者面談対策」(後編)

今回の入試制度の話は主に神奈川・東京をもとにしています。各県によ
って入試制度はさまざまであることを最初に断っておきます。

また、前回、私立高校の入試制度について簡単にご説明いたしました。
後編を読むにあたり、そちらをご参照ください。

続きを読む "「三者面談対策」(後編)" »

2007年01月17日

「三者面談対策」(前編)

今回の入試制度の話は主に神奈川・東京をもとにしています。各県によ
って入試制度はさまざまであることを最初に断っておきます。

「お母さん、中学校の三者面談では、あくまで第一志望は公立のK高校
だと担任の先生に伝えてください。そして、K高校の押さえとして私立
の併願のことを聞いてください。

続きを読む "「三者面談対策」(前編)" »

2007年01月10日

「赤ちゃん」

ホントに突然である。あまりに意表を突かれ、イスからずり落ちそうに
なった。


ドタドタッと健太郎(小5受験)が職員室へやってきて、僕の横にすっ
くと立つ。そして言い放った一言がこれである。

続きを読む "「赤ちゃん」" »

2007年01月01日

元旦特別号

明けましておめでとうございます。


受験生の皆さんはお正月どころではないでしょう。


家庭で、塾で、最後の追い込みのために机に
向かっているのではないでしょうか。

続きを読む "元旦特別号 " »

2006年12月27日

「激励」(後編)

○前回のあらすじ

もう10年以上前のこと。中学受験の激励へ初めて経験した。
入試日の朝、Y学院の前で、この学校を受験する勇斗を待った。

先輩のA先生から、「受験生がドバーッと来るから、よく見てな
いとダメだよ」と言われ、僕は緊張した。

続きを読む "「激励」(後編)" »

2006年12月20日

「激励」(前編)

もう10年も前だ。学習塾で働いて、初めて受験に臨んだ。もちろん、
試験を受けるのは生徒だが、同じように僕も緊張した。


2月1日。東京・神奈川の私立中学入試の初日。早朝、僕はY学院へ向
かった。この学校を受験する生徒の激励のためだ。

続きを読む "「激励」(前編)" »

2006年12月13日

「ヘルプミー」

教え子のN君からメールが来た。件名は「ヘルプミー」。


彼は大学四年生。来春からの就職も決まり、僕は一応、社会人の先輩と
して、就職に関する彼の話などをたまに会って聞いていた。


僕の大学四年のときと比べると、はるかにいろんなことを考え、野心も
あり、とびっきり頭も良い。会う度に「将来、俺の面倒見てくれ」と半
ば本気でお願いしていたくらいだ。

続きを読む "「ヘルプミー」" »

2006年12月06日

「最近の子供達の自殺についての私見」

生徒達の「自殺」が後を絶たない。自殺の大きな原因に「いじめ」がある
ことは周知の事実である。


今回は、この件について日頃感じていることをここで述べたいと思う。も
ちろん、僕の私見である。不快な気持ちなどをお持ちになったとしたら、
それは全て僕自身の責任である。

続きを読む "「最近の子供達の自殺についての私見」" »

2006年11月29日

「報告」(後編)

○前回のあらすじ

授業前、亮太と正浩(小6受験)は「どこまで高い所に手が届くか」と
いう競争をし、黒板の上の時計を落とし、文字盤を覆うガラスを割って
しまった。

二人は室長へ呼ばれ、職員室へ。室長が二人に何やら話したのだが・・・。

続きを読む "「報告」(後編)" »

2006年11月22日

「報告」(前編)

受験生、それも「中学受験」をする小学生と聞いて、どんなイメージを
皆さんは思い浮かべるだろうか。


続きを読む "「報告」(前編)" »

2006年11月15日

「小2」

散々だった。酷かった。思いっきり自己嫌悪である。


先日、小学2年生の国語の授業を担当した。普段担当している先生が病
気でドクターストップとなり、ピンチヒッターで僕の出番となった。

続きを読む "「小2」" »

2006年11月08日

「申告」(後編)

○前回のあらすじ

授業で毎回行う小テストで、自己採点後の申告では、いつも満点の真治
(小6・受験)。

ある日の授業。明らかに誤答があったにもかかわらず、真治は「10点満
点」の申告を行った。

続きを読む "「申告」(後編)" »

2006年11月01日

「申告」(前編)

頭を思いっきりはたいた。いわゆる『体罰』ってやつになるのだろう。

もし、真治(小6受験)が、母親にこのことをしゃべっていたら、謝罪に出向き、
厳重処分となっていたかもしれない。

続きを読む "「申告」(前編)" »

2006年10月25日

「Kさんのお話」

月に数回、とある集まりで、大人の方達と話す機会がある。


職も違えば、年齢も様々。芸術家、サラリーマン、テレビマン、主婦、
スポーツコーチ・・・。上は六十代から、下は二十代まで。


お子さんをお持ちの方が多いので、話題は、子供の話、教育の話なるこ
とが多い。

続きを読む "「Kさんのお話」" »

2006年10月18日

「文化祭」(後編)

○前回のあらすじ

祐子(中3)の文化祭でのクラスの出し物は『ボンダンス』であることを
知る。はたして、ボンダンスとは・・・。

続きを読む "「文化祭」(後編)" »

2006年10月11日

「文化祭」(前編)

『ボンダンス』と書いてある。


初めて目にするその単語がとても気になる。それは一体何か。予想してみ
る。やはり、これは「ダンス」を一塊として考えたほうが良いだろう。な
らば、「踊り」の種類ということだ。


「パラパラ」なるダンスが流行っていたが、そういう類かもしれない。で
は、ポイントは「ボン」である。

続きを読む "「文化祭」(前編)" »

2006年10月04日

「見回り」(後編)

○前回のあらすじ

帰宅時間の遅い生徒が増え、授業終了後の見回り強化がミーティングで
決められ、早速、その日の授業後、コンビ二を中心に見回りに出た。


そして、塾から一番近いコンビ二で中2の男子を発見した。

続きを読む "「見回り」(後編)" »

2006年04月30日

ゲーム

「なぜ、勉強しなくちゃいけないのか?」

数年前まで、この質問こそ、生徒(子供)に言われて困る最強の質問だと僕は思っていた。

しかし、最近、これに匹敵する(と少なくとも僕は思っている)質問を発見してしまった。

続きを読む "ゲーム" »

塾の起業、経営に役立つMBAのメルマガへの登録はこちらから

MBAをお気に入りに追加する 塾経営のサクセスネットMBAのホームページはこちらへ

カレンダー

2013年09月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
塾の起業、塾経営についてお電話ください。045-651-6922まで。